人気ブログランキング |

タグ:山野草 ( 423 ) タグの人気記事

星山~扇山~五輪山~櫃ヶ山縦走


岡山県真庭市の湯原温泉の近く、勝山美しい森ビジターセンターから星山~扇山~五輪山と大小の
アップダウンを繰り返して櫃ヶ山への縦走をして来た。

f0219710_09155091.jpg
20人程のツアーバスに乗り、星山東登山口から出発する。

f0219710_09181000.jpg
いきなり センボンヤリの歓迎を受け

f0219710_09203646.jpg
ダイセンキスミレにも

f0219710_09220078.jpg
幅広くきれいに刈られた登山道は最後までずっと続く。あの右手のヒノキの森の直ぐ向こうが
星山の山頂か?

f0219710_09252562.jpg
アケボノスミレ

f0219710_09264190.jpg
ほらヒノキの森がもうそこに、山頂が近いぞ!

f0219710_09280940.jpg
360度展望の星山山頂に立つ

f0219710_09295649.jpg
大山や蒜山もかすかに見えましたが、写真には撮れませんでした。

f0219710_09323830.jpg
植林の中の道 殆どは木陰の無い登山道、もう暑くて半そでシャツ一枚に

f0219710_09351194.jpg
あの一番先は五輪山でその更に先に櫃ヶ山かな? 一番手前が扇山だろう!

f0219710_09384433.jpg
地理院地図には記載が無いけれど

f0219710_09424961.jpg
道はまだまだ続く あの先の黒い頂が櫃ヶ山で手前が五輪山?

f0219710_09452831.jpg
ヤマルリソウが応援してくれる

f0219710_09465544.jpg
エンレイソウも頑張ってと言っている

f0219710_09484451.jpg
ヤマザクラの花吹雪の中を行く

f0219710_09494848.jpg
随所で見かけた三つ葉ツチグリ

f0219710_09514698.jpg
ミヤマキケマン

f0219710_09525084.jpg
ええッ! キクザキイチゲが未だ咲いていたよ!

f0219710_09542285.jpg
五輪山山頂

f0219710_09561207.jpg
また下り、あの先端が櫃ヶ山で間違いなし!

f0219710_09583434.jpg
やっと着いたぞ櫃ヶ山

f0219710_10000035.jpg


f0219710_10011168.jpg
ここから一気の急降だ! 気を付けて 温泉が待っている!

f0219710_10033913.jpg
さあ~バスの待つ林道出会いまで、残り300mだよ!

f0219710_10051564.jpg
オドリコソウが労ってくれた。

f0219710_10063063.jpg
イカリソウももう碇降ろして大丈夫よ!

f0219710_10084130.jpg
林道の傍らにはカキドオシが はいお疲れ様と

f0219710_10101496.jpg
バスのドライバーさん お待たせしましたね! 

久々に楽しい山旅が出来ました。気にしていたショートステイ先からのメールも入らず・・・
カミさんも頑張てくれたんだ、有難う!お陰で楽しい一日となりました。


by yuzu-miu | 2018-04-24 10:14 | 山歩き | Comments(2)

大江高山(808m)


16,17年に続き 今年も高山の出雲コバイモ、ミスミソウ、ギフチョウに逢いに行ってきた。

午後には雨が予想される中、カミさんをデイサービスに送り出し・・・すぐさま出発!

f0219710_07583049.jpg
山田登山口から山頂~飯谷~山田登山口を周回。登り2時間半、下り1時間(滑る雨の中)丁度で。

f0219710_08023166.jpg
ミヤマスミレ?

f0219710_08030515.jpg
イカリソウ

f0219710_08033710.jpg
何じゃろか?

f0219710_08040602.jpg
スミレサイシン


f0219710_08050058.jpg
マムシグサ


f0219710_08053962.jpg
エイザンスミレ(葉の深い切れ込みが特徴)

f0219710_08062464.jpg
ヒゴスミレ?

f0219710_08074034.jpg
ヤマブキ

f0219710_08080800.jpg

f0219710_08085883.jpg
???

f0219710_08093788.jpg
コスミレ?

f0219710_08101117.jpg
アケボノスミレ

f0219710_08111509.jpg
モミジイチゴ

f0219710_08120382.jpg
タラの芽

f0219710_08122809.jpg
ミスミソウ 雨風で開花出来ないでいる。

f0219710_08131550.jpg
ナガバノスミレサイシン

f0219710_08135680.jpg
エンレイソウ

f0219710_08143229.jpg
イズモコバイモ

f0219710_08150366.jpg

f0219710_08161311.jpg

f0219710_08164407.jpg
キジムシロ

f0219710_08172392.jpg
シハイスミレ

f0219710_08181561.jpg
ミヤマキケマン

f0219710_08185589.jpg
???

f0219710_08193981.jpg
ヤマルリソウ(ピンボケ)

f0219710_08200874.jpg
神社通過して振り返る

f0219710_08204826.jpg
ヤマエンゴサク

f0219710_08214101.jpg
キランソウ

f0219710_08221470.jpg
イチリンソウ

f0219710_08224360.jpg
この地方特産米の田起しが始まった。

開花したミスミソウ、ミヤマカタバミ それにギフチョウを撮影出来なかったのが残念だし、

お花は山ガールと一緒に見るものかな? チョッピリ寂しい山旅でもあった。






























by yuzu-miu | 2018-04-06 08:23 | 山歩き | Comments(6)

みちのく福寿草



帝釈峡を後に、今年は雪が多く開花が遅れていた為重谷の福寿草を見に・・・

f0219710_07152764.jpg
ようやく満開に近づいたかな?

f0219710_07175093.jpg

f0219710_07184199.jpg

f0219710_07200400.jpg

f0219710_07211861.jpg
さあ 来週は大江高山のコバイモ&ミスミソウに
そしてギフチョウに逢いに行こう!


by yuzu-miu | 2018-03-31 07:23 | 山野草 | Comments(2)

ケスハマソウかミスミソウか?


逝ってしまったひーちゃんを偲んで、二年前にひーちゃんご夫婦と歩いたコースを

その時一緒だった方と、当時を思い出しながら・・・

f0219710_07551233.jpg
ケスハマソウの自生する、そこは この自然トンネルの向こうの崖の上です。


f0219710_07494560.jpg
私は手持ちの25倍ズーム(コンデジ)で ・・・ ブレなしで撮るのは大変 まともな物は1/5程

f0219710_07512429.jpg
ミスミと言われる三つ葉、花径の毛も見える  だからこれはケスハマソウだ!


f0219710_07521957.jpg
これには毛が見えないから ミスミソウ?


f0219710_07561693.jpg
さあ~ここを出て雄橋まで行ってみよう!

f0219710_08114499.jpg
のらさんに教えて貰った、三本に枝分かれした大木の近く 2年前に比べ数が少ない様に思えたが
しっかり近場で見せてくれました。

f0219710_08144492.jpg
うっすらピンクがかっているのだが、 コンデジカメラは識別出来ないな。

f0219710_08171110.jpg
渓谷もみどりの新芽が覗きだし春の訪れを奏でている。

f0219710_08195141.jpg
ほら!大木に生い茂る苔もすくすくと

f0219710_08212618.jpg
二年前には気づかなかったダンコウバイの花

f0219710_08231581.jpg
頭上遥か先、手振れ無しではこれ以上ズームは出来ません。

f0219710_08255499.jpg
上下に連なってスズシロソウ

f0219710_08272534.jpg
さあ戻って 次のフクジュソウを見に行こう!











by yuzu-miu | 2018-03-30 08:29 | 山野草 | Comments(0)

梅花オウレン群落


f0219710_08240575.jpg
想定外の近場に想定外の梅花オウレンの群落を見た。

渓谷の杉林の中、半径30mの範囲にびっしりと咲き誇っていた。


f0219710_08245713.jpg

f0219710_08271164.jpg
f0219710_08275503.jpg




by yuzu-miu | 2018-03-29 08:30 | 山野草 | Comments(0)

裏山の春

大山の疲れ【太股の凝り】療法で、裏山歩きをしてきた、

カミさんのあのショートステイを嫌がる原因は何だろう??? 独房的な所に入れられるのだろうか?

兎に角最初の日から 「もう絶対行かない」と・・・何かトラウマになる原因があったのだろうか?

別の園に行けば どうだろうか? 色々と考えながら・・・

f0219710_19451008.jpg
クロモジの花

f0219710_19460754.jpg
山頂のタムシバ

f0219710_19464473.jpg
北尾根のタムシバ 今年は花の付きがいい、見ごたえがある。

f0219710_19472615.jpg
このツツジはか細いが優しく可愛い 姫みたいにかわいいから きっとヒメなんちゃら?
ヒメツクシツツジ? そんなのあったかな?

f0219710_19480486.jpg
柔らかい

f0219710_19483789.jpg
細い幹(枝)が特徴

f0219710_19490252.jpg
枝先に花が付き ほとんどは一輪だが、数個固まって咲いている物もある。
pu-mamaに教えて貰った気がするが・・・?

f0219710_19494196.jpg
藪椿も花付きがいい

f0219710_19500079.jpg

f0219710_19502838.jpg
アセビの吸蜜するテング蝶 毒は気にならないのかな?

f0219710_19514213.jpg
我が菜園に咲く この花は

f0219710_19521189.jpg
花びらが多い シデコブシかな?

f0219710_19523046.jpg
花の付け根に緑が見えるから、タムシバではない・・・モクレンでもない
あれっつ!カマキリの卵も付いていた。

f0219710_19530587.jpg
スミレは全く区別出来ません

f0219710_19533395.jpg
菜園の雑草 ホトケノザ 良く見ると可愛さもあるな!!

明日は早春の花を求めて備北の谷筋へ行こう!



by yuzu-miu | 2018-03-26 19:38 | 山野草 | Comments(2)

2つの ベニマンサク

秋吉台から帰った翌日

今日は何処へ行くの?車椅子をリースしてから出かける事が楽しみみたいだ。

しょうがないな~  ひーちゃんお勧めの 2つのベニマンサクにでも連れて行こう!

先ずは大野自然観察の森のベニマンサク。

f0219710_19534957.jpg
羊草は咲いてるか?午後2時だから咲いてると思うけど?

f0219710_19552933.jpg
ほらあれが羊草、スイレンの原種と言われているんだよ!羊時頃に開花するところからこの名前が付いたそうだよ。

f0219710_19582229.jpg
一番紅葉している部分を選んで、 今月半ば過ぎが見頃かな~?

次のマンサクは宮浜温泉のべにまんさくの湯

f0219710_20011162.jpg
初めて来ました、奇麗なお風呂でした。

f0219710_20041611.jpg
わたやさんの食堂、カキ三昧定食美味しかった。

f0219710_20060928.jpg
食堂のベランダから瀬戸の海。正面に宮島の岩船岳

ああ楽しかった!また行こう~~

先が思いやられるね~~~~

by yuzu-miu | 2017-10-03 20:10 | あれこれ | Comments(2)

秋吉台

秋吉台へ行ってもいい! うんいいよ。
初めて前もって山行きを告げて、快い返事を貰って

9月30日に出かけて来ました。

f0219710_11555711.jpg
のんびりさん達のルート(駐車地から西に直接龍護峰を行く)を行くつもりが、駐車場に入る前に龍護峰登山口
の標識を見つけたので、てっきり此れを行けばいいやと・・・

ところが北に真っ直ぐ一本道で何時まで経っても西への道が無い。ええいッこのまま行こう!

家族旅行村の駐車場を出発~龍護峰・西の西峰分岐~御鉢山。連れのご婦人の歩きから判断し龍護峰への
アップダウンは諦めて、西の西山へ。分岐まで来て、これも諦めて展望台~駐車場となりました。

f0219710_12150717.jpg
あそこが龍護峰? いやあれは御鉢山で龍護は見えません。
木が一本も無い草原、秋の日差しとはいえ汗ばみました。

f0219710_12190928.jpg
此れってツリガネニンジンだよね! のんびりさんは、サイヨウシャジンとか書いてたけど・・・
どこでどう見分けるのかな?(白い花も在りました)

ツリガネはこんなに長い蕊を持ちません、ツリガネの下部も広がらずすぼみ気味だそうです。
これは蕊が長いね~ サイヨウシャジンが正解だね!

f0219710_12223648.jpg
これは何?と聞かれても、私も初めて見る花です。

f0219710_13420193.jpg
じゃあこれは? ええッ!これも初めてだな~ヤマルリトラノオ???

f0219710_13443216.jpg
う~ん何かな?

f0219710_13462570.jpg
めちゃピントボケですが
f0219710_13492827.jpg
のんびりさんの画像はこの様にピントバッチリですが、それでも分かりにくい花ですね~
いや!これは未だ蕾と言うことです。

f0219710_13525398.jpg
開花したらこのようにアザミの様になるそうです。近ければ開花後にまた来たいけどね~~

f0219710_13555932.jpg
ナンバンギセルはもう終わりを告げていた

f0219710_13571741.jpg
御鉢山到着です。龍護へ行くのは諦めましょう!引き返して展望台の方へ行って見ましょう!

f0219710_14003164.jpg
北→東→南180度の展望。日本一のカルストはさすがにスケールがでかい。

f0219710_14034284.jpg

f0219710_14051058.jpg
羊が何匹いるのかな?

f0219710_14063507.jpg
鬼の穴の向こうてっぺんにホテル(グランドホテルだったかな?)。

f0219710_14104752.jpg
遠く一番高い所が登って来た御鉢山その左後方のピークが断念した龍護峰。
咲きはじめのススキも奇麗だね!

f0219710_14133608.jpg
盛りのススキも輝いて美しい

f0219710_14151281.jpg
展望台までやって来た。観光客が沢山いるな~

f0219710_14170998.jpg
あの林と草地の境目をずっと左から歩いて右端まで行き、手前へこの展望台で歩いたね!
右の高い峰が西の西山、今度来たらあの峰も登ってみたいな~

f0219710_14235731.jpg
少しづつ秋色が出つつあるが、此処の紅葉はどうだろね~

f0219710_14260724.jpg
駐車場に着いて、龍護峰で吹きたかったオカリナの二重奏を聞きました。

お疲れ様!また付き合ってね~

のんびりさん ヨシオガマ、ヒナノキンチャク、セキワタに逢いたかったよ~~


by yuzu-miu | 2017-10-02 12:24 | 山野草 | Comments(10)

栗拾い

昨夜は雨風が強かったので、栗や銀杏が落ちてるかもね~

pu-mamaの情報による花みどり公園の彼岸花も見ておかないとね~

とも思い、カミさんの運動も兼ねて花みどり公園へ・・・

f0219710_19473698.jpg
もう盛りを過ぎていたが、結構群生している。

f0219710_19490776.jpg
カートを押して・・・最近二人で出歩く事が嬉しいようです。

f0219710_19510609.jpg
正直私は満足出来ないのだが・・・

f0219710_19525303.jpg
あさひが丘団地方面へ向かう道の脇に神社があり、其処に大きなイチョウの木

f0219710_19543905.jpg
駐車広場に やっぱり落ちてたよ銀杏の実が、臭い匂いにメゲズ拾い続けて

f0219710_19572703.jpg
こんなにも・・・後はお父さんお願いしますだって!

f0219710_19584676.jpg
又途中の峠道で栗の実も拾いました。(2升近く)この調理もお任せしますだって・・・

少しだけでいいのに、沢山拾って~めんどいのは私だよ~!





by yuzu-miu | 2017-09-28 20:03 | 独り言 | Comments(4)

彼岸花 ー吉舎町ー

23日(土)お彼岸に、あの有名な吉舎町の彼岸花群生地を尋ねて

カミさんをあっと言わせてやろうと・・・連れだって出かけたのはいいが・・・

f0219710_13124967.jpg
何これっ!家の近くにこれ以上の場所は幾らでもあるよ!
カートを押して歩くのが楽で安心なのです。

f0219710_13165091.jpg
彼岸前後に間違いなく開花するから彼岸花。曼殊沙華、狐の松明、天蓋花、痺れ花、死人花、幽霊花
等とも呼ばれています。

169.png 赤い花なら曼殊沙華 阿蘭陀屋敷に雨が降る 濡れて泣いてるじゃがたらお春
  未練な出船のああ鐘が鳴る ララ鐘がな~る

f0219710_13245258.jpg
一番多く咲いてる所でこんな状態。

f0219710_13261152.jpg
例年ならこんなに咲くのだが・・・

f0219710_13274147.jpg
出かける前にこの新聞見たら来なかったに!
春先に鹿が葉っぱを食べつくしてしまった為、光合成がならず球根に養分の蓄積が不十分となったのが
原因だろうと言われています。

この花は別名 葉知らず花知らず とも言われるように、葉と花が一緒には見られません。
花が終わって朽ちると、葉が出てきて冬を越し、春から夏に掛け光合成で球根を太らせて絶えます。

その後秋の彼岸前から茎を伸ばして花を付けるのです。

f0219710_13394826.jpg
まあ残念だったけど、満足な写真が撮れたので 良しとしましょう!

f0219710_13463702.jpg
赤い蜘蛛糸の様なところから red spider lilyとも 「悲しき思い出」「あきらめ」「情熱」

f0219710_13412077.jpg
直ぐ近くの河原に コスモス(秋桜)が

169.png 薄紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽だまりに揺れている

f0219710_13451626.jpg
乙女の純真 美しいね~

2,000歩程度の歩きで、汗も出ませんでしたが・・・君田温泉 「森の泉」に浸かって帰りました。

ああ~あ やっぱり機嫌取りは疲れる~!


by yuzu-miu | 2017-09-24 13:54 | 山野草 | Comments(4)