タグ:山歩き ( 540 ) タグの人気記事

鷹ノ巣山・カンノキ山

16日曇り空の中、首記の山へ3回目の登山

過去2回は仲間が居たこともあり、整備された通常のTの字歩きだったが・・・

今回は単独なので、カンノキからほぼ廃道化した道を歩いて見た。


f0219710_07434581.jpg
公園駐車場9:40発~公園遊歩道周回~登山口10:30~分岐10:50~鷹ノ巣山頂11:20 11:40~
分岐11:55~カンノキ山頂12:20 12:30~公園駐車場14:20ゴール

f0219710_07572850.jpg
鷹ノ巣迄は手入れされた杉林の中を歩く

f0219710_07594199.jpg
分岐から山頂まではコアジサイロードが延々と続く、6月半ばが見頃かな?

f0219710_08023571.jpg
鷹ノ巣山頂 ガスの為全く展望が無し・・・

f0219710_08041981.jpg
しょげてる私を慰めてくれたのは、レンゲツツジ。そこここと満開で待っていてくれた。

f0219710_08064308.jpg
カンノキ山頂の岩 カンノキとは叶木というらしい。岩に登り願いを・・・

f0219710_08082816.jpg
願いが叶ったのか?ガスが晴れ、先ほど登った鷹ノ巣が見えてきた。
手前の白い花は何だろうか?

f0219710_08095930.jpg
ズームしたが、ガマズミ?  ウラジロカシワ??

展望も花も少なかった山行きはチョッピリ寂しかったな~~~





by yuzu-miu | 2018-05-21 09:12 | 山歩き | Comments(0)

古稀祝い&花愛でる

9日はカミさんの誕生日、今年は70歳古稀に当たり、プレゼントを奮発しました。
f0219710_19571772.jpg

先日のショートステイ中に、山口県萩市の江舟岳にキンラン・エビネとシャクナゲを見に行く
予定だったが、雨になる予報で中止してたが・・・

カミさんのデイサービスを見送って、鎌倉寺山でも行って見ようかと・・・

f0219710_19395012.jpg

こんな岩場を楽しんで
f0219710_19410054.jpg

f0219710_19415094.jpg

f0219710_19430240.jpg


日本シャクナゲのオンパレードを愛でて
f0219710_19442655.jpg

f0219710_19451495.jpg

f0219710_19460110.jpg

f0219710_19470427.jpg

f0219710_19475547.jpg


最後に今年初見のギンリョウソウ
f0219710_19491409.jpg

鎌倉寺山 過去何度も登ったが、これほどのシャクナゲが咲くとは知らなんだ!
来年以降が楽しみだ。



by yuzu-miu | 2018-05-10 19:55 | 独り言 | Comments(0)

雨のサンカヨウ

私は日帰りの山行きを雨の日に選んだ事は過去に一度も無い。

今回初めて雨の日を選んで出かけた。何故って?

それはね、雨の日にしか見られないガラス細工のサンカヨウに逢うためだ。

10年ほど前にサンカヨウの花を知り、以後毎年の様に大万木山(おおよろぎさん)

に出かけていたが、雨の日には花びらがガラス細工の様に透きとおる事知り、

その写真も見た。以後一度は実際を肉眼で見てみたいとの願望が・・・

5月1日、遂に行って来ました。


f0219710_20201619.jpg

f0219710_20211033.jpg
普段はこの様に、純白な花びらで 清く可愛い花です。大好きな花です。

これが雨に濡れたら、透けて見える様な花びらになる。時々霧吹きをした様な形跡の花を

見かけた事があったが・・・全く変わりない姿でした。

雨の日のサンカヨウの花びら、見て来ました。ほらッ・・・

f0219710_20310233.jpg
長靴とヤッケに雨傘のいで立ちでブナ林の道を行く

f0219710_20330177.jpg
イカリソウもスミレも雨に打たれてうなだれて、ミヤマカタバミもこの通り花を閉じている

f0219710_20352715.jpg
大木の幹の足元に苔と一緒に守られてスミレが一厘咲いていた。

f0219710_20374258.jpg
開花は未だこれからだが

f0219710_20393024.jpg
それでもポツリぽつりと、私の為に咲いてくれていた。

f0219710_20412185.jpg
透き通った感じが上手く出せないが

f0219710_20425077.jpg
いや~逢いたかったよ~ 感動です!


by yuzu-miu | 2018-05-03 20:44 | 山野草 | Comments(2)

星山~扇山~五輪山~櫃ヶ山縦走


岡山県真庭市の湯原温泉の近く、勝山美しい森ビジターセンターから星山~扇山~五輪山と大小の
アップダウンを繰り返して櫃ヶ山への縦走をして来た。

f0219710_09155091.jpg
20人程のツアーバスに乗り、星山東登山口から出発する。

f0219710_09181000.jpg
いきなり センボンヤリの歓迎を受け

f0219710_09203646.jpg
ダイセンキスミレにも

f0219710_09220078.jpg
幅広くきれいに刈られた登山道は最後までずっと続く。あの右手のヒノキの森の直ぐ向こうが
星山の山頂か?

f0219710_09252562.jpg
アケボノスミレ

f0219710_09264190.jpg
ほらヒノキの森がもうそこに、山頂が近いぞ!

f0219710_09280940.jpg
360度展望の星山山頂に立つ

f0219710_09295649.jpg
大山や蒜山もかすかに見えましたが、写真には撮れませんでした。

f0219710_09323830.jpg
植林の中の道 殆どは木陰の無い登山道、もう暑くて半そでシャツ一枚に

f0219710_09351194.jpg
あの一番先は五輪山でその更に先に櫃ヶ山かな? 一番手前が扇山だろう!

f0219710_09384433.jpg
地理院地図には記載が無いけれど

f0219710_09424961.jpg
道はまだまだ続く あの先の黒い頂が櫃ヶ山で手前が五輪山?

f0219710_09452831.jpg
ヤマルリソウが応援してくれる

f0219710_09465544.jpg
エンレイソウも頑張ってと言っている

f0219710_09484451.jpg
ヤマザクラの花吹雪の中を行く

f0219710_09494848.jpg
随所で見かけた三つ葉ツチグリ

f0219710_09514698.jpg
ミヤマキケマン

f0219710_09525084.jpg
ええッ! キクザキイチゲが未だ咲いていたよ!

f0219710_09542285.jpg
五輪山山頂

f0219710_09561207.jpg
また下り、あの先端が櫃ヶ山で間違いなし!

f0219710_09583434.jpg
やっと着いたぞ櫃ヶ山

f0219710_10000035.jpg


f0219710_10011168.jpg
ここから一気の急降だ! 気を付けて 温泉が待っている!

f0219710_10033913.jpg
さあ~バスの待つ林道出会いまで、残り300mだよ!

f0219710_10051564.jpg
オドリコソウが労ってくれた。

f0219710_10063063.jpg
イカリソウももう碇降ろして大丈夫よ!

f0219710_10084130.jpg
林道の傍らにはカキドオシが はいお疲れ様と

f0219710_10101496.jpg
バスのドライバーさん お待たせしましたね! 

久々に楽しい山旅が出来ました。気にしていたショートステイ先からのメールも入らず・・・
カミさんも頑張てくれたんだ、有難う!お陰で楽しい一日となりました。


by yuzu-miu | 2018-04-24 10:14 | 山歩き | Comments(2)

あれこれ

4月のあれこれ
f0219710_18491218.jpg

菜園は昨冬からのタマネギ、そら豆、エンドウ豆にニンニクが順調に育ち
ジャガイモ、大根、ニンジン、春菊、枝豆、トウモロコシが順調に発芽。

トマト、ナス、キウリ、カボチャ、ピーマン、キャベツ、レタスもまあまあ順調だが・・・
里芋が3週間経っても、未だに芽を出さないが??大丈夫かな?


裏山歩きは4回、毎回コースを変えて
f0219710_19022712.jpg

今年初めて山頂に咲くサイフリボクを見た。

カミさんとのデートも続いています。

f0219710_19053079.jpg

ASA ZOOにやって来た。

f0219710_19074111.jpg


f0219710_19083127.jpg

夏日の車押しに汗かいた。

f0219710_19100887.jpg

子供は喜んで、頭もシャツもずぶ濡れではしゃぐ

f0219710_19115271.jpg

我が姫君は 糖尿病も気にせずに ソフトクリームを要求される。

f0219710_19142707.jpg


f0219710_19152191.jpg
ゴリラの前では奇麗に見えるよ!
可愛い!

f0219710_19164531.jpg

新緑が眩しい季節になりましたね~!

5月の連休は北アルプスの常念岳ー蝶が岳に登り・・・

f0219710_19183920.jpg

槍・穂高のこの姿を見たいものと・・・

f0219710_19215960.jpg

これ程までの残雪は無いだろうが、見たい 見たかった 何で~・・・
ツアー参加者が少なくて中止との連絡が入る クッソ~

7月には燕岳から表銀座を縦走し、右手の東鎌尾根から50年ぶりの槍ヶ岳に登る予定。
姫君様 おとなしくショートステイに入所して下さいよ~ お願い お願い申し上げ候なり!





by yuzu-miu | 2018-04-23 19:30 | 独り言 | Comments(0)

大江高山(808m)


16,17年に続き 今年も高山の出雲コバイモ、ミスミソウ、ギフチョウに逢いに行ってきた。

午後には雨が予想される中、カミさんをデイサービスに送り出し・・・すぐさま出発!

f0219710_07583049.jpg
山田登山口から山頂~飯谷~山田登山口を周回。登り2時間半、下り1時間(滑る雨の中)丁度で。

f0219710_08023166.jpg
ミヤマスミレ?

f0219710_08030515.jpg
イカリソウ

f0219710_08033710.jpg
何じゃろか?

f0219710_08040602.jpg
スミレサイシン


f0219710_08050058.jpg
マムシグサ


f0219710_08053962.jpg
エイザンスミレ(葉の深い切れ込みが特徴)

f0219710_08062464.jpg
ヒゴスミレ?

f0219710_08074034.jpg
ヤマブキ

f0219710_08080800.jpg

f0219710_08085883.jpg
???

f0219710_08093788.jpg
コスミレ?

f0219710_08101117.jpg
アケボノスミレ

f0219710_08111509.jpg
モミジイチゴ

f0219710_08120382.jpg
タラの芽

f0219710_08122809.jpg
ミスミソウ 雨風で開花出来ないでいる。

f0219710_08131550.jpg
ナガバノスミレサイシン

f0219710_08135680.jpg
エンレイソウ

f0219710_08143229.jpg
イズモコバイモ

f0219710_08150366.jpg

f0219710_08161311.jpg

f0219710_08164407.jpg
キジムシロ

f0219710_08172392.jpg
シハイスミレ

f0219710_08181561.jpg
ミヤマキケマン

f0219710_08185589.jpg
???

f0219710_08193981.jpg
ヤマルリソウ(ピンボケ)

f0219710_08200874.jpg
神社通過して振り返る

f0219710_08204826.jpg
ヤマエンゴサク

f0219710_08214101.jpg
キランソウ

f0219710_08221470.jpg
イチリンソウ

f0219710_08224360.jpg
この地方特産米の田起しが始まった。

開花したミスミソウ、ミヤマカタバミ それにギフチョウを撮影出来なかったのが残念だし、

お花は山ガールと一緒に見るものかな? チョッピリ寂しい山旅でもあった。






























by yuzu-miu | 2018-04-06 08:23 | 山歩き | Comments(6)

裏山の春

大山の疲れ【太股の凝り】療法で、裏山歩きをしてきた、

カミさんのあのショートステイを嫌がる原因は何だろう??? 独房的な所に入れられるのだろうか?

兎に角最初の日から 「もう絶対行かない」と・・・何かトラウマになる原因があったのだろうか?

別の園に行けば どうだろうか? 色々と考えながら・・・

f0219710_19451008.jpg
クロモジの花

f0219710_19460754.jpg
山頂のタムシバ

f0219710_19464473.jpg
北尾根のタムシバ 今年は花の付きがいい、見ごたえがある。

f0219710_19472615.jpg
このツツジはか細いが優しく可愛い 姫みたいにかわいいから きっとヒメなんちゃら?
ヒメツクシツツジ? そんなのあったかな?

f0219710_19480486.jpg
柔らかい

f0219710_19483789.jpg
細い幹(枝)が特徴

f0219710_19490252.jpg
枝先に花が付き ほとんどは一輪だが、数個固まって咲いている物もある。
pu-mamaに教えて貰った気がするが・・・?

f0219710_19494196.jpg
藪椿も花付きがいい

f0219710_19500079.jpg

f0219710_19502838.jpg
アセビの吸蜜するテング蝶 毒は気にならないのかな?

f0219710_19514213.jpg
我が菜園に咲く この花は

f0219710_19521189.jpg
花びらが多い シデコブシかな?

f0219710_19523046.jpg
花の付け根に緑が見えるから、タムシバではない・・・モクレンでもない
あれっつ!カマキリの卵も付いていた。

f0219710_19530587.jpg
スミレは全く区別出来ません

f0219710_19533395.jpg
菜園の雑草 ホトケノザ 良く見ると可愛さもあるな!!

明日は早春の花を求めて備北の谷筋へ行こう!



by yuzu-miu | 2018-03-26 19:38 | 山野草 | Comments(2)

あれこれ



花粉症に悩まされながらも、あれこれと頑張っています。

先ずは奥様の機嫌取り

f0219710_19212879.jpg
こころの梅園でデートです。

f0219710_19215506.jpg
ピンクが可愛いね!

f0219710_19221727.jpg
濃いピンクも

f0219710_19224439.jpg
貴女も愛しいよ!

団地内のウォーキング

f0219710_19231609.jpg
外れに咲くコブシの花、これから一斉に咲くだろう

春の園芸は・・・

f0219710_19422959.jpg
ジャガイモとサラダ菜・キャベツを植え付けた。

f0219710_19445844.jpg
大根・人参などの種まきも準備が整いました。

裏山歩きも続いています。

f0219710_19472614.jpg
山頂で立ち見る 風景も春めいてきた。

f0219710_19500961.jpg
山頂のタムシバもそろそろ開花しそうです。

f0219710_19514106.jpg
故人をしのびつつ、家内安全・無病息災 南無阿弥陀仏を唱えます。

通院の付き添い・待ち時間にも

f0219710_19565492.jpg
古川沿いをデジカメ散歩

f0219710_19580004.jpg
ホトケノ座

f0219710_19592569.jpg
トラツグミ

f0219710_20003078.jpg
ジョウビタキ(雌)

f0219710_20013557.jpg
もう旅立ちの時では? コガモさん

じっくりといい写真をと思うのですが、どうしても速足のウォーキングに・・・

遠出が出来ず、近場の山はすべて登っているので、同じ山でも歩いた事のない道を探して

東郷山の廃道をたどりました。

f0219710_20050419.jpg
佐伯区側の大森や湯来側からはよく登られているが、安佐南区戸山地区からの報告は少ない。

f0219710_20142144.jpg
中畑地区の法隆寺下に車を止め

f0219710_20155769.jpg
地点1、右手の道を進む、地点3、五段返しの滝までは舗装林道です(車で行けます)。

f0219710_20194123.jpg
結構迫力のある五段返しの滝です。

f0219710_20220616.jpg
地点3、から8、までは荒れてはいるが、昔作業道として使われていたのであろう、石積みもある。

f0219710_20254122.jpg
地点4、谷筋に沿ってこの先道は左に大きくカーブするが、右手の尾根へ取り付く道は無し。
いきなり藪漕ぎで尾根に・・・

その先地点5、の102鉄塔までは、道らしい道は無く、倒木をくぐったり、跨いだり藪漕ぎの連続で
且つテープなどの目印も全く無い。地図・コンパスにヤマップアプリとにらめっこしながら進む。

f0219710_20351683.jpg
f0219710_20362382.jpg
歩けそうな所を探し、且つ目的地へのルートを外さない様にルートファイティング(これが楽しい!)

f0219710_20392918.jpg
地点5、102鉄塔にたどり着くと、熊が出たかと思ったよ!と鉄塔周辺の伐採調査中の作業者に逢う。

f0219710_20434580.jpg
鉄塔から山頂までは、とてもよく整備された道。三角点の傍で掬びをほおばる。

山頂から大森への分岐を直進し、送電鉄塔の下を尾根中央部を直進する。
が・・地点8、の十字路(鞍部)までもテープ案内はあるものの、殆ど藪漕ぎ状態を進む。

8、の鞍部から寒山へ向いて直進したが、時計を見たらもう14時を回っていたので、鞍部に
戻り下山する事に(帰宅時間の制約が無ければと、後ろ髪ひかれながらも)

f0219710_20584345.jpg
8、鞍部から深い谷筋へ急降する。谷の左や右どちらを歩けば良いかと見極めながら、渡渉を
繰り返す。大小の滝も現れ、本当に深い渡渉地点もあり・・・水量の多い時期は無理かな?と

f0219710_21022193.jpg
f0219710_21074229.jpg
f0219710_21090389.jpg
ザイルが嬉しかった渡渉点

f0219710_21111248.jpg
寒山への未練残して、窓が山(西峰)の見えるゴール近くまで無事生還!





by yuzu-miu | 2018-03-15 19:18 | 独り言 | Comments(4)

困ったもんです❗

我が家のだだっ子さん、
今日は山登りに行くから、淋しいだろうけど
ショートステイ頑張ってね❤
いやいやと首を振るーーー

台所を片付け、居間に戻ると姿が無い
かくれんぼしてるのかな⁉  トイレやクローゼットを
探すが、(゜Д゜≡゜Д゜)?にも居ない。

40分後 約2kmほと先で保護されていた。
娘が休みなので、面倒見てもらいーーー

雪山トレーニングへ吉和冠山へ

f0219710_08595299.jpg
先ずはピッケルを使って積み上げられた雪を乗り越え登山道へ


f0219710_09002728.jpg
アイゼン装着しての歩きは疲れるね~いっぷくです。


f0219710_09010545.jpg
木橋に積もった雪上歩き、補助員さんがガードして


f0219710_09013548.jpg
オオタキの上林道でハーネス・カラビナ装着の実践指導


f0219710_09015481.jpg
カラビナの付け替え移動の仕方を教わる、
この後山頂部急傾斜地で実践あり


f0219710_09023085.jpg
山頂に立ちました。ガスっていて、懸崖の景色も望めず
新雪も霧氷も何にも無い。

50~70度の急傾斜で滑落時のピッケル制動訓練などをして、

下山は尻滑りしながら楽しみながら・・・

くたくたで帰りついて、駄々っ子さんを風呂に入れ、体を流し洗髪もしてやり、

寝る前にインスリン注射をして、今日は色々あったから 早く寝なさいと・・・

優しい旦那様ですね~

次回の大山登山は、ショートステイに行って、安心して楽しませてね!お願いお願い致します。




by yuzu-miu | 2018-03-05 08:42 | 山歩き | Comments(2)

あれこれ



だいぶ春めいて来たように思われるこの頃 ですが来週からまた寒波が来るらしい・・・


f0219710_15431966.jpg
バレンタインチョコ 義理チョコですが、貰えばやっぱり嬉しいや162.png


f0219710_15440703.jpg
3ヶ月ぶりに畑仕事 タマネギ畝の草取りと寒肥を施す


f0219710_15443894.jpg
畑の入り口に古タイヤの花壇  下にトタンを敷いているのは笹根侵入防止策


f0219710_15450647.jpg
そしてタマネギの横にジャガイモの畝を耕した、来月に入ったら親芋の植え付けだ!



f0219710_15454269.jpg
21日 臥龍山登りにやってきた。アイゼンで歩けるかなと思っていたが・・・
緩い雪でワカンによる登山となりました。



f0219710_15461516.jpg
コダマの丘から目標の臥龍の尾根を目指す


f0219710_15465640.jpg
直ぐに左手の尾根林へ入り、尾根センターを登る


f0219710_15473469.jpg
ブナの成木 よくぞ生き延びた生命力 遠くに掛頭山が見える。


f0219710_15481969.jpg
このアーチを潜り抜ける


f0219710_15484731.jpg
えらく捲れあがっているが、サルノコシカケだよね!


f0219710_15492165.jpg
蔓紫陽花のドライフラワーが可愛い


f0219710_15495099.jpg
掛頭山への縦走路1100mピーク ソフトクリームに見えました。


f0219710_15501656.jpg
急いで下山中 左足がずぶりと50㎝以上沈み込んだ。
すがりつく物が無いが・・・そうだ!ストックを二本合わせて、そこへ手を乗せて
よっコラショッ!楽々と抜け出せた。先日学んだ事が生きたよ~


f0219710_19425195.jpg
春を待ちわびる


f0219710_19445270.jpg
オオカメノキ 兎のようですね~



f0219710_15504738.jpg
再びコダマの丘へ降りてきた 後方のゲレンデは191スキー場


f0219710_15510838.jpg
ゴールの苅尾茶屋が見えてきた

f0219710_19484571.jpg
ひろしまいこいの村入り口 後方の深入山 地肌が見え始めている。
道路は奇麗に除雪されているが、明日以降の寒波でまた積もるのかな?


来月初め頃の吉和冠山は 締まり雪のアイゼン登山出来るのかな?
ワカンやスノーシュー歩きはもう飽きたぞ~~~



by yuzu-miu | 2018-02-23 15:39 | あれこれ | Comments(2)