雨のサンカヨウ

私は日帰りの山行きを雨の日に選んだ事は過去に一度も無い。

今回初めて雨の日を選んで出かけた。何故って?

それはね、雨の日にしか見られないガラス細工のサンカヨウに逢うためだ。

10年ほど前にサンカヨウの花を知り、以後毎年の様に大万木山(おおよろぎさん)

に出かけていたが、雨の日には花びらがガラス細工の様に透きとおる事知り、

その写真も見た。以後一度は実際を肉眼で見てみたいとの願望が・・・

5月1日、遂に行って来ました。


f0219710_20201619.jpg

f0219710_20211033.jpg
普段はこの様に、純白な花びらで 清く可愛い花です。大好きな花です。

これが雨に濡れたら、透けて見える様な花びらになる。時々霧吹きをした様な形跡の花を

見かけた事があったが・・・全く変わりない姿でした。

雨の日のサンカヨウの花びら、見て来ました。ほらッ・・・

f0219710_20310233.jpg
長靴とヤッケに雨傘のいで立ちでブナ林の道を行く

f0219710_20330177.jpg
イカリソウもスミレも雨に打たれてうなだれて、ミヤマカタバミもこの通り花を閉じている

f0219710_20352715.jpg
大木の幹の足元に苔と一緒に守られてスミレが一厘咲いていた。

f0219710_20374258.jpg
開花は未だこれからだが

f0219710_20393024.jpg
それでもポツリぽつりと、私の為に咲いてくれていた。

f0219710_20412185.jpg
透き通った感じが上手く出せないが

f0219710_20425077.jpg
いや~逢いたかったよ~ 感動です!


# by yuzu-miu | 2018-05-03 20:44 | 山野草 | Comments(2)

シャクナゲ・エビネ

毎日でも山登りして、春山の花々に逢いたい・・・ヤマシャク・アケボノツツジ・シャクナゲ ああ逢いたいな~

山行けないならしょうがない・・・栽培種のシャクナゲでも見に行こう!

5月1日:久地の花みどり公園に行くと、本日は定休日(火)えへッ しょうがない飯室右平の

右平「花園の里」n行こう!

f0219710_08095722.jpg

f0219710_08111839.jpg

f0219710_08122905.jpg

f0219710_08130481.jpg

f0219710_08133845.jpg

f0219710_08141040.jpg

f0219710_08145795.jpg
シャクナゲを愛でた後、山小屋のお手製のテーブル・椅子に着き 何食べる?

f0219710_08153842.jpg
葉わさびうどん&葉わさび押寿司セットを頂きました。 美味しかったです、ご馳走さんでした。


f0219710_08161667.jpg
庭には九輪草

f0219710_08164961.jpg
各種エビネが沢山

f0219710_08172212.jpg
キエビネも

ここ「花園の里」には 桜200本 シャクナゲ15,000本 カルミア150本 エビネ2,500株 アジサイ5,000株など

植えられているそうで、これからのカルミア・アジサイが楽しめます。





# by yuzu-miu | 2018-05-03 08:04 | 山野草 | Comments(2)

窓が山の花めぐり


月曜日のデイサービスは13:30迄、それまでに戻れる山ケアは何処にしよう?
前日、旧山仲間に連絡したところ窓が山に行くことが決定。

7時に家を出て、7:30に南登山口を出発し~東峰~北尾根コース~中央登山口~南登山口に9:30
2時間ばかりの山歩きでしたが、 

目的の花がすべて満開見頃だった事とこれを仲間と一緒に堪能できた。
素晴らしい山ケアが出来ました。 感謝!

f0219710_14330816.jpg

f0219710_14333826.jpg

f0219710_14340436.jpg

f0219710_14344788.jpg

f0219710_14351052.jpg

f0219710_14353693.jpg

f0219710_14361390.jpg

f0219710_14364356.jpg

f0219710_14371586.jpg

f0219710_14374322.jpg


f0219710_14380420.jpg

f0219710_14383836.jpg

f0219710_14390155.jpg

f0219710_14392566.jpg

f0219710_14395602.jpg

f0219710_14402327.jpg




# by yuzu-miu | 2018-04-30 14:44 | 山歩き | Comments(4)