人気ブログランキング |

火山ー丸山ー大茶臼山ー柚木城山縦走予定が〰️

雨が予想される中、夏山遠征の訓練として少しロングをと…
裏山(火山)から柚木城山縦走を決行した。

が、、、途中立ち入り禁止の区間があり、長い回り道で一時間半もの
タイムロス。その為大茶臼山迄でエスケープの羽目に会った。

f0219710_12442758.jpg

f0219710_12445074.jpg
緑の線が予定コース、✖印が立入禁止区域。畑峠から車道を長々と下り登り返し5㎞、2時間を要した。

f0219710_12465044.jpg
山陽自動車道のトンネルを抜けると、沼田高校の石碑と左手に沼田スマートインター下り線の入り口が

f0219710_12472127.jpg
その横断歩道の右手道をしばらく登る




f0219710_12492443.jpg
道は行きどまりとなり、踏み跡を探してちょっとだけ藪漕ぎすると直ぐに広い道に出て、

f0219710_12571358.jpg
左手の谷沿いに20分も登れば、中国電力のこの標識。通常は此処から右手に急登し鉄塔尾根へ出て火山だが、
今回は訓練で、そのまま真っ直ぐ進み

f0219710_12500568.jpg
そして沢を渡り左手の急登を登る。

f0219710_12504129.jpg
安西高校正門ルートに合流する鉄塔下から阿武山を望む。

f0219710_12514743.jpg
火山への途中の展望岩場から我が町を見下ろす。安佐南区スポーツセンタープールのド―ム屋根が見える。

f0219710_12522426.jpg
火山山頂(488m)

f0219710_12532831.jpg
八畳岩からこれから歩く、小堀山、石山、観音山、丸山の尾根、左奥の山は宗箇山。

f0219710_13012278.jpg
二つ目のピーク(小堀山)を越えて権現峠へ。真新しい標識が嬉しいね!


f0219710_12550999.jpg
三つ目のピーク石山から我が街並みを見下ろす。

f0219710_12555888.jpg
丸山手前の展望岩から市立大と西風新都を望む

f0219710_12591555.jpg
展望大岩へ寄り道。

f0219710_12564695.jpg
今歩いてきた火山、石山、観音山の尾根を振り返る。


f0219710_12580065.jpg
そして南広島湾を望む

f0219710_13000250.jpg
此処まで花は山ツツジだけ


f0219710_13021523.jpg
宗箇山分岐。標識の上に張り紙が、、、何々畑峠から大茶臼へは直接行けず、回り道するようにとのお触れ。
行けば行けたのだろうが、未知の道を歩くのもいいかなと・・・
f0219710_13025512.jpg
車道を40分程下って、やっと登山口近くの老人ホーム「いこいの園」の傍、後方に大茶臼山頂のアンテナ
が見えてきた。

f0219710_13033077.jpg
慌てて手前の道を登ると、直ぐに行きどまり。戻るのはシャクだ!この先左手の尾根に本道があるハズだ・・・

f0219710_13041092.jpg
10分程藪漕いで本道に合流し20分ほどで、階段の上に目指すアンテナ塔が。ふう~やっと!

f0219710_13050950.jpg
三角点へは寄らず展望岩へ向かうと、オカトラノオの群生が


f0219710_13064386.jpg
ジ アウトレットが見える、今日も駐車場は一杯だなあ~!

f0219710_13070358.jpg
東を見れば、基町高層アパート群と駅前の高層マンション群。
もう時間は2時半だ、柚木城山への時間は無い。五月が丘へ降りよう。

f0219710_13074728.jpg
またまた途中から登山道を外れ沢沿いを降りると、小学校と中学校の間の上部の堰堤の上へ出た。
プールに子供たちが見える。

f0219710_13082370.jpg
大きな堰堤を超えて振り返る。左岸を高巻するのが大変だった。
電話が鳴って「今奥様をお届しました、早く帰って下さい!」と

流しのタクシーは無い物かと歩きながら探すが、見つからず結局アストラム広域公園前駅まで歩き
やっとタクシーが拾えた。この間5㎞、50分を要し帰宅は4時前。

「ただいま帰りました!」すぐさま夕食の支度・・・・本日は結局7時間程の歩行で、とても良い訓練
となりました。

いやあ~疲れたなあ~!


by yuzu-miu | 2018-06-29 12:27 | 山歩き | Comments(2)

聖山ー高岳

22日  山遠征の訓練としては、高さも距離も物足りないが
相方のデイサービス時間帯での行動としてはやむを得ず。

f0219710_07083428.jpg

岩国米軍のジェット機が飛び交うことも、誰一人とも出会う
ことも無い静かな山旅をして来ました。

f0219710_07382258.jpg
聖湖畔にやって来た。対岸の山は臥龍山、昔は樽床ダムと言っていた。

f0219710_07391642.jpg
十文字峠までは林道をゆっくりと山アジサイやコアジサイを愛でながら

f0219710_07401305.jpg
山アジサイとコアジサイのあいの子様な・・・

f0219710_07411992.jpg
コナスビ

f0219710_07421356.jpg
十文字峠、此処から右手の山道へ

f0219710_07425665.jpg
ギンリョウソウの実、目玉オヤジですね!

f0219710_07435365.jpg
聖山頂は標識類は何もなく道も藪っています。

f0219710_07443510.jpg
かっては、日本海が遠望出来た展望台も
今は木立が茂って見えません。

f0219710_07452872.jpg
途中で右手に顔をだす山は高岳ならず臥龍山。こちらから見る姿はまた違うなあ~

f0219710_08101511.jpg
県境コルにやって来た。真新しい案内板が、

f0219710_07461925.jpg
此処から更に、野田、奥匹見峡への県境ルートが復元された様で・・・
一度歩いて見たいなあ~

f0219710_07470030.jpg
ブナの股に挟まれた倒木が龍の置物に見えました。

f0219710_08111170.jpg
此処にもあったタコブナ

f0219710_08090658.jpg
オオナルコユリやっとピントがとれました。

f0219710_07480326.jpg
高岳山頂、ヤマボウシの木がシンボルツリー

f0219710_08064663.jpg
眼下に聖湖、向かいは深入山

f0219710_08080924.jpg
まるで箱庭の様です。


f0219710_07495807.jpg

シンボルツリーのヤマボウシ、日に焼けてピンクに染まりまた美しい!

f0219710_07505423.jpg
アザミに止まるキアゲハ.山は深入山

f0219710_07521243.jpg
ヒヨドリバナの向こうは臥龍山。この花が咲きだしたという事は・・・どこかにアサギマダラが???

f0219710_07531185.jpg
あッ恐羅漢山が見えた。左手前が歩いてきた聖山。

f0219710_07541359.jpg
やあ~いたいたアサギマダラ

f0219710_07545569.jpg
何と美しい乙女


f0219710_07555610.jpg
聖湖に降りてきた。ここは紅葉のベストポジション

f0219710_07570896.jpg
マムシグサと思うのですが、テンナンショウでしょうか?

f0219710_07575531.jpg
新緑と湖面のさざ波のコラボが美しい

f0219710_07583184.jpg
私もコラボしています、イワガラミ

f0219710_07591647.jpg
湖面に目を落とし何思うのかこのササユリは? えッ私と同じことを!!

f0219710_08012620.jpg
クララと言ったかなこの花は?

f0219710_08023357.jpg
三つ滝へ降りてきた


f0219710_08032567.jpg
ミヤマシグレはこれからだ!


f0219710_08041753.jpg

f0219710_08054781.jpg

f0219710_08050027.jpg
聖湖堰堤にゴールです。





by yuzu-miu | 2018-06-26 07:02 | 山歩き | Comments(2)

錦帯橋 菖蒲園

週一度の👬デートです。
岩国市の錦帯橋に行って来ました。

f0219710_08370357.jpg

f0219710_08383799.jpg

f0219710_08393553.jpg

f0219710_08405563.jpg

f0219710_08414586.jpg

f0219710_08421642.jpg

f0219710_08434967.jpg

f0219710_08445747.jpg



by yuzu-miu | 2018-06-23 08:27 | 介護記録 | Comments(2)

畑の草取り

随分ほったらかしにしていた菜園、草ぼうぼうで〰️
余りにも恥ずかしいので、午前中だけども三日間かけて

スッキリ‼️  追肥も施した。

f0219710_07533621.jpg

f0219710_07541915.jpg

f0219710_07545691.jpg

f0219710_07555016.jpg

f0219710_07564500.jpg

f0219710_07572247.jpg

今年はさつまいもは止めておこう‼️


by yuzu-miu | 2018-06-19 07:43 | Comments(4)

恐羅漢山

オオヤマレンゲに逢いたい❗
f0219710_19133357.jpg

f0219710_19142010.jpg

f0219710_19145834.jpg

f0219710_19153417.jpg

f0219710_19164176.jpg

f0219710_19174043.jpg

f0219710_19182212.jpg

f0219710_19185862.jpg

f0219710_19195486.jpg

f0219710_19203390.jpg

f0219710_19210005.jpg

f0219710_19240887.jpg

f0219710_19245365.jpg

f0219710_19252468.jpg

f0219710_19260814.jpg

f0219710_19264209.jpg

f0219710_19270679.jpg

f0219710_19275809.jpg

f0219710_19282947.jpg


by yuzu-miu | 2018-06-14 19:09 | 山歩き | Comments(6)

アジサイ祭り

広島湾を臨む高台にあるあじさい寺、観音寺に行って来ました。
広島に来て50年以上経ちますが、初めての訪れです。

f0219710_13220815.jpg

f0219710_13225523.jpg

f0219710_13233034.jpg

f0219710_13240567.jpg

f0219710_13244417.jpg

f0219710_13251874.jpg

f0219710_13255033.jpg

f0219710_13262159.jpg

f0219710_13264662.jpg

f0219710_13271110.jpg

f0219710_13273640.jpg

f0219710_13280284.jpg

f0219710_13283310.jpg

f0219710_13290979.jpg

f0219710_13294170.jpg
愛妻も車椅子から降りて、すっかり感動して散策しました。

f0219710_13300308.jpg

f0219710_13302168.jpg

f0219710_13304927.jpg

f0219710_13310967.jpg

f0219710_13312845.jpg

f0219710_13315232.jpg

f0219710_13321441.jpg

広島市にこんなに凄いアジサイ寺が在ったとは‼️


by yuzu-miu | 2018-06-12 13:14 | デジカメウォーク | Comments(2)

莇ヶ岳ー弟見山 縦走

f0219710_08315116.jpg

f0219710_08325140.jpg

f0219710_08332533.jpg
ウリノキ (葉っぱの形が瓜に似てるから)


f0219710_08341054.jpg

f0219710_08345568.jpg
このクサリ場は迂回して



f0219710_08353631.jpg
三つ目の此処を途中まで


f0219710_08362251.jpg

f0219710_08365735.jpg
スタッフさんが補助ロープを設置しています。

f0219710_08373676.jpg
私は此処まで、殆どクサリにもロープにも頼らずに来ましたが、これから先は登らないで、左の巻き道に
入って下さいと念押され・・・仕方なく左へ迂回する。


f0219710_08380809.jpg
クサリ場最上部に立つ。本場石鎚山三の鎖より厳しいな~


f0219710_08384452.jpg

f0219710_08391253.jpg

f0219710_08394054.jpg
弟見山へは心地良い道を進


f0219710_08401048.jpg

f0219710_08403583.jpg

f0219710_08410202.jpg
莇ケ岳(弟)を振り替える。


f0219710_08413090.jpg

f0219710_08415032.jpg
ベニドウダンツツジの群落が続く尾根道


f0219710_08421451.jpg

f0219710_08423597.jpg

f0219710_08425748.jpg

f0219710_08434396.jpg



by yuzu-miu | 2018-06-10 08:29 | 山歩き | Comments(6)

野原歩けば

雨降れば歩けませんが、
上がれば直ぐに飛び出して〰️

f0219710_10550032.jpg

f0219710_10554077.jpg

f0219710_10560678.jpg

f0219710_10565080.jpg

f0219710_10571242.jpg

f0219710_10573158.jpg

f0219710_10575272.jpg

f0219710_10580831.jpg



by yuzu-miu | 2018-06-08 10:51 | Comments(0)

阿佐山~西ドウゲン~三つ石山~天狗石山 -単独行-



夏入りの6月1日 : 先日の猿政山~大毛無山~毛無山縦走に続き、今度は単独で周回縦走をして来た。

コース図や歩行軌跡など詳細は:http://yamap.co.jp/mypage/486228 を参照して下さいね!

此処を選んだのは、阿佐山に咲くと言われるピンクのギンリョウソウと天狗石山のオオヤマレンゲの開花は
どうかな?と調べに行くためだ。


f0219710_13420201.jpg
県道細見ー大朝線から大暮谷の阿佐山登山道に向かうが、登山口手前200mで道路は崩壊していた。

f0219710_13300770.jpg
二つの堰堤の右側を巻いて登る

f0219710_13434807.jpg
おんやッ 誰宛のオトシブミ(落とし文)?

f0219710_13310120.jpg
ピンクは無いか?目を皿にして探すが・・・

f0219710_13321098.jpg
白花ばかり

f0219710_13315264.jpg
二十丁峠。右に行けば毛無山、時間が許されるなら毛無山から縦走するところだが・・・

f0219710_13330635.jpg
ナナカマド

f0219710_13334510.jpg
西ドウゲン(阿佐山北峰)から阿佐山本峰を振り返る

f0219710_13340996.jpg
北を見れば、降雪機のはるか向こうに大江高山が見える

f0219710_13342778.jpg
瑞穂ハイランドの山頂リフト。この左手の茂みに入り三つ石を目指す

f0219710_13360013.jpg
途中所々で藪化した所もあるが、踏み跡はしっかりしており、迷う事は無い。

f0219710_13445061.jpg
ヤブデマリ 5枚の額の一枚が退化して4枚に

f0219710_13453851.jpg
こちらはコマユミかな?

f0219710_13463038.jpg
三つ石山頂 

f0219710_13471093.jpg
開けた場所に出てきた、前方の山が天狗石だ!

f0219710_13473931.jpg
天狗石山頂展望台から  直ぐ下の岩の下に

f0219710_13480797.jpg
オオヤマレンゲの蕾が白くなり開花の準備をしていた。

夢中で撮影していたら、足元に何やら動く物の気配が!! ワオッ マムシじゃ!
皆さん、この岩にはマムシが巣窟しているようですよ!気を付けて下さいね。

f0219710_13484698.jpg
佐々木新道を下りきったところでコケイラン

f0219710_13491305.jpg
ヤグルマソウに出会った。



by yuzu-miu | 2018-06-05 13:36 | 山歩き | Comments(2)

猿政山~大毛無山~毛無山 大縦走 他

5月27日:猿政~毛無を大縦走  予てより行きたかった藪尾根縦走。

登山口と下山口が遠く離れた、且つ一般交通手段の無い縦走は仲間と車2台が必要で、
なかなか実現しなかったが、この度バスツアーに参加する事で実現した。

f0219710_18592878.jpg
猿政山には過去二度程、島根県奥出雲の内尾谷側から登りピストンだった。
10年前頃まで、広島県側からの登山道は地主さんの立ち入り禁止措置の為登れないと言われていたが??

何時からか登れるようになった様で、初めて広島県庄原市高野町から登る事に・・・
f0219710_19113259.jpg
登山口までバスで、18名の仲間と一緒 いきなり急登が続きます。

f0219710_19111606.jpg
道は良く整備されていて(この日も一人で整備されてる人に会う、感謝!)
サンカヨウの実が出迎えた。

f0219710_19110092.jpg
ロープ場も数か所

f0219710_19104290.jpg
タニウツギが綺麗!

f0219710_19101684.jpg
一時間半程で猿政山頂  湯川小学校の校歌が掲揚されている。

f0219710_19095741.jpg
さあ~ここから先は、凡そ登山道と言われる道は無い。肩まで茂る笹薮踏み跡は殆ど消失している。

f0219710_19094082.jpg
こんな所にも踏み込んで進む

f0219710_19085983.jpg
仲間との間が空くと、直ぐに姿が見えなくなり  お~い待ってくれえ~!

f0219710_19084150.jpg
後ろはついて来てるか~!

f0219710_19082213.jpg
そんな笹薮の中でも、上を見るとブナの新緑が美しい

f0219710_19080361.jpg
2時間程で大毛無山頂に 展望も休憩場所も無く、更に先に進む

f0219710_19074400.jpg
尾根の笹薮を避けて斜面を巻いていたら、ミヤマヨメナに会った、 感激!

f0219710_19072560.jpg
そして、満開のタニウツギが頑張れ!と声援してくれた。

f0219710_19070673.jpg

f0219710_19064559.jpg
まだまだ藪漕ぎが続く、時には頭も隠れる

f0219710_19062730.jpg
おお~ッ! 純白のタニウツギ 初見かな!?

f0219710_19060665.jpg
これは何? ホツツジじゃ無いし・・・

f0219710_19054990.jpg
毛無山頂は少し開けているだけで三角点も標識も無し

f0219710_19052641.jpg
この先はしっかりとした踏み跡を下る

f0219710_19050581.jpg
林道に出たが、迎えのバスは落石の為この先20分程歩かねば

f0219710_19044332.jpg

f0219710_19041994.jpg

f0219710_19035336.jpg
ウマノアシガタ

f0219710_19033548.jpg
早くもカワラナデシコが

f0219710_19031393.jpg
タツナミソウ

f0219710_19024702.jpg
ヤブデマリなどが咲いてたので、石ころ林道歩きも苦にならず

f0219710_19022762.jpg
迎えのバスにたどり着く

思い出に残る貴重な体験が出来た、仲間の皆さん有難う!

もう一度行きますかと問われたら・・・きっとこう言うでしょう  もう止めときます!と





























by yuzu-miu | 2018-06-03 08:03 | 山歩き | Comments(2)