火山の土砂崩れ

下3枚は8月2日の状況。
此処から崩壊場所を降下して、全体像を調べた。

場所・地形図はyamap.co.jp/mypage/486228の本日の記事を参照ください。
幅は数十m、長さは250mあり、終点部は傾斜が緩くなる直前の狭い谷に

倒木や土砂が折り重なり集積・堆積し満杯の砂防堰堤の様になって止まっている。
其処から70m程下に砂防堰堤があるが、この上の堆積土砂が崩れると直ぐに満杯になりそうです。

f0219710_17053797.jpg
又激しい雨が降れば、今は留まっているこれらの石は底を洗われて落石するだろう!

f0219710_17062555.jpg

以下は今日17日の状況です。

f0219710_17142504.jpg
始発部分

f0219710_17160052.jpg

f0219710_17164301.jpg

f0219710_17181793.jpg

f0219710_17191333.jpg

f0219710_17200655.jpg

f0219710_17205973.jpg

f0219710_17215608.jpg

f0219710_17224371.jpg

f0219710_17233096.jpg
終点部倒木・土砂・石がすごく堆積している。

f0219710_17240877.jpg
堆積部を下から見た。高さ7~8m程に堆積している。

f0219710_17243561.jpg
真砂土は更に下の方にまで流れている。

この状況を公民館に知らせて、松宗町内会会長(兼地域防災会長)へ報告することとなった。

直ぐに対応処置は必要ないと思うが・・・現状確認とその後の追跡調査をお願いしたいものだ。




by yuzu-miu | 2018-08-17 17:02 | ボランティア | Comments(0)