紅葉狩り 第一弾(2)

伊予富士を下山して、本来なら瓶ヶ森林道を西進すれば30分ほどで土小屋にいけるのだが・・・
瓶ヶ森辺りで道路崩落があり不通という。仕方なく寒風山トンネル口まで戻り、高知県いの町長沢=長沢ダム
=よさこい峠=シラザ峠=土小屋へと1時間半もの山岳ドライブを余儀なくされた。

土小屋の白石ロッジは満員。駐車場は溢れかえりスカイラインの道路脇にもズラリと駐車。


懸案の明日の登山ルート・・・・どうしようか?色々考えて眠れないかなと思っていたが・・・今日のドライブと
伊予富士登山の疲れか、直ぐにぐっすりと眠れた。

f0219710_620379.jpg

6時過ぎ朝食の前にロッジのベランダから、朝焼けに染まる石鎚山。今日もいい天気だぞ!

f0219710_622340.jpg

今日の登山ルートは? 前々から迷っていたのは・・・一般ルート(赤波線)は一般登山者で溢れ、クサリ場
では成就ルートからの登山者とも一緒になり、大混雑だろうし。

東稜基部からの岩稜歩きは、経験浅い今回の仲間には無理がないだろうか?・・・
かと言って、私は岩稜コースを未だ登ってないから行きたいし・・・ ままよ東稜基部まで行ってからだ!


歩行距離:9km  歩行時間:4時間  累積標高差:800m? 歩数:15,000歩




f0219710_633461.jpg

7時に出発しベンチ2まで来ると、石鎚ガリバーが見えて来た。

f0219710_6345182.jpg

左のオデコは南先鋒、鼻は天狗岳そして顎は弥山です。ヒゲ面のガリバーが見えるでしょう!

f0219710_6382457.jpg

彼女達これからが大変な事になりそうだよ、頑張ってね~!

f0219710_6411790.jpg

東稜基部のベンチ3で休憩後、東稜コースに入る人を見かけ、私の気持ちは決まった!
皆を説得し、脇道に入るといきなり進入禁止の看板が・・・前途の多難を思わせる。

f0219710_6455334.jpg

段々熊笹が深くなり、傾斜もきつくなる(後方の左が岩黒山、右が筒上山)

f0219710_649851.jpg

熊笹を掴みながら四つんばいで苦しんだが・・・これからはあの左右の大石の間を直登するよ!

f0219710_652502.jpg

あれが矢筈岩かな?紅葉は綺麗だが、道は更に険しくなる。

f0219710_6542310.jpg

さああの岩と岩の間を突き進め!  使う事が無い事を祈りつつも、ザイルを取り出して・・・

f0219710_6564711.jpg

見事な自然美。名うての庭師も、これに勝るものは作れまい。

f0219710_65964.jpg

南先鋒ががんと立ちはだかる。これから岩登りが続くぞ

f0219710_713976.jpg

南先鋒の頂きに人影が見える。あれは弥山から縦走してきた人達だろう。

f0219710_74132.jpg

最大の難関を切り抜けて一息(後方は岩黒と筒上)

f0219710_762853.jpg

命を預けるには心もと無い、細い古びたロープにぶら下がり、死ぬかのの覚悟で登ってくれた仲間達
良く私を信じて頑張ってくれましたね、有り難う(後方は瓶ヶ森)。

f0219710_7112888.jpg

この尾根にはシャクナゲが群生しているな。今度は花の季節に来て見たいものだ。

f0219710_7131186.jpg

カニの横ばい。niさん岩にしがみ付かずに、体を起こして!それでは足元が見づらく、体も動きづらいよ~

f0219710_717596.jpg

maさん、muさん その調子 いいよ頑張れ!

f0219710_7183134.jpg

手前の絶壁が天狗岳北壁、右遠くが弥山頂上。

f0219710_7203750.jpg

よくもまあ、この岩峰の隙間を縫って登って来たものだ!

f0219710_7225761.jpg

さあラストの登り、笹藪の少し上に人影が見えるだろ!あそこを登って行くよ!

f0219710_7251124.jpg

やっと登り切った南先鋒より二ノ森山を望む、右に弥山と天狗も見える。

f0219710_7284272.jpg

小松、西条方面の街並と瀬戸の海も見える。

f0219710_7455776.jpg

成就神社からの一般道が眼下に見える

f0219710_7493738.jpg

あと一息で天狗岳(1982m)

f0219710_750578.jpg

天狗に登頂!

f0219710_7515482.jpg

てるこちゃ~ん、一人楽しんで御免なさい、愛してるよ~!
と懺悔しています。muさん足をしっかり持っててね!

f0219710_7551933.jpg

天狗を後に弥山へ

f0219710_7562996.jpg

二ノ森(1829m)も美しいなあ~何時か来るからね!

f0219710_7592461.jpg

弥山へ 平均台の様な岩を渉り

f0219710_80407.jpg

ごった返す弥山

f0219710_812947.jpg

休む間も無く記念撮影(弁当は下山途中で食べよう)

f0219710_834212.jpg

クサリ場(三の鎖は工事中)は避けて迂回路を・・・・途中で熊笹の向こうに筒上山、今度行くから持ってろよ!

f0219710_862995.jpg

最後にお山にお別れを

f0219710_872477.jpg


f0219710_874222.jpg

アサマリンドウにもお別れを

f0219710_883124.jpg

泊まった白石ロッジにもお別れを

f0219710_893989.jpg

スカイラインの途中から見上げる石鎚

f0219710_8103516.jpg

ほらあの右側の岩尾根をよじ登ったんだよ! 左のほうに山頂小屋も見えるね。

山登り始めて日が浅い皆さんに大変な思いをさせて御免なさい。
だけど、きっと忘れられない思い出をプレゼント出来たと、嬉しく思います。

これも皆さんの私を信じての頑張りの賜物です。また今度は烏ヶ山・蒜山を楽しみましょう!

お疲れさん、腕や腿の張りは治りましたか?

by yuzu-miu | 2013-10-16 08:18 | 山歩き | Comments(6)

Commented by usatyu4 at 2013-10-16 22:12
すごい山を登るのですね。 みなさんは多分私と同年代でしょうが、
とてもお元気です。楽しく見せtれもらいました。
Commented by 広島県人 at 2013-10-18 00:01 x
こんばんは。お天気も紅葉もよかったですね。
それにしてもすごい難コースを登られましたね。
皆さん、お疲れ様でした。いい思い出が出来ましたね。

私は2005年9月に一般道を登りました。写真を拝見しながら弥山から天狗岳に行くのもハラハラドキドキしながら登ったのをなつかしく思い出しましたよ。

Commented by babakzk9292 at 2013-10-18 14:34
すごい みなさんご苦労様でした。
一生忘れられない登山になりましたね
朝焼けに染まる石鎚山も見れて良かったですね 
アーチさん元気ですね・・・
ハラハラ ドキドキしながら見せてもらいました。
Commented by yuzu-miu at 2013-10-19 06:56
うさこちゃんへ
いいえ一回りほど若いですよ。でも未だ一年程度の経験者で心配も
しましたが、良く頑張ってくれました。
Commented by yuzu-miu at 2013-10-19 07:04
yokoさんへ
へえ~登られた事があるんですか、一般道は人人で数珠繋ぎ、それが
嫌であえて難コースを・・・・でも難コースは単独登山するべきかなと・・・
感動は大きかったでしょうが・・・怪我でもされたらね~
Commented by yuzu-miu at 2013-10-19 07:10
noraさんへ
自分が行きたいコースへ無理やり引き込んだ気がします。山登りは
危険と隣り合わせ、無事に済んで良かったと棟をなでおろしています。
こんなコースは単独か同レベルの仲間と行く所です。