人気ブログランキング |

大山(1729m)

8月6日:昨夜は一年ぶりのテントであまり良く眠れなかったが・・・今日もすっきりしない天気だろうか?
今日の大山鳥越コースまでは決まっているが、振子沢からか槍尾根から行くか、迷っていた・・・

f0219710_7232356.jpg

スタート時点では健康の森遊歩道から鳥越峠⇔駒鳥山小屋⇔振子沢⇔象ヶ鼻(ユートピア)⇔天狗ヶ峰⇔剣ヶ峰のピストンを想定していたが・・・

鳥越峠から振子沢に降りていく時、帰りはこれを登り帰すの辛いな~・・・槍尾根を下ろうと決心。
その槍尾根を降りる途中で人に会い、キリン峠あたりは下りは超危険!三の沢を降りたほうが良いですよ!

の助言あり、登山道の標示は無いが幾つも続く砂防堰堤をめざして降りた。
最終的なコースと時間工程は

健康の森登山口(6:40発)・・・鳥越峠(7:40)・・・駒鳥山小屋(8:30)・・・振子山分岐(10:45)・・・象ヶ鼻(11:00)・・・1636ピーク(11:35)・・・天狗ヶ峰(11:50)・・・剣ヶ峰(12:00)・・・天狗ヶ峰(12:15)・・・槍ヶ峰(12:25)・・・三の沢分岐(12:40)・・・三の沢登山口(13:50)・・・鍵掛峠・・・健康の森登山口(14:20)⇒江府⇒日野⇒日南⇒庄原IC⇒西風新都IC⇒自宅(17:00着)

山の中に約8時間、歩行時間は6時間半にも及びました。いや~キツカッタ!!

f0219710_820359.jpg

振子沢から仰ぐ象ヶ鼻あたりか?

f0219710_8225164.jpg

振子沢で出会った松江からの青年達。狭い谷底の道を登ります。

f0219710_8255062.jpg

やっと振子山分岐の標識が見えてきた。

f0219710_8272835.jpg

甲ヶ山が見えた、あの山にも近いうちに登りたい!

f0219710_8295566.jpg

傾斜部は花々のオンパレード。

f0219710_8323495.jpg

三鉾峰、山頂に人影が見える。

f0219710_8342478.jpg

ユートピア小屋辺りにもかなりの人が見える。あそこへ行くのは止めよう(人ごみ嫌い)。

f0219710_9242527.jpg

ピンクのシモツケソウが目立つが、オオバギボウシ、クガイソウ、サラシナショウマ、コオニユリ、シコクフウロなど沢山咲いて、最高の花シーズンでした。

f0219710_9253535.jpg

ほんの一瞬ですが、弓ガ浜、境港まで見えました。

f0219710_8445062.jpg

崩れ行く北谷

f0219710_8471551.jpg

天狗への道、写真ではあまり恐怖感が出てませんが・・・太ももに力が入ります。この頃よりガスが濃くなり
視界20~50m位、南から吹き上げる風に煽られないかと気を使う。

f0219710_851446.jpg

天狗ヶ峰(1700m位かな?)

f0219710_8543413.jpg

槍への道、ここも狭い。

f0219710_8553797.jpg

踏み外すと間違いなく数百メートルは滑落でしょう。

f0219710_8572266.jpg

槍ヶ峰に積まれたケルン。

f0219710_8584114.jpg

あの向こうへがキリン峠だ!

ここで鳥越峠から登ってきた人が、「登ってくるのは、何とかなるが、下るのは危険すぎる。この先から三の沢へ降りれますから、そうされる事を進めます」との助言あり。ここは素直に聞き入れて・・・

f0219710_942239.jpg

といっても、このガレ場を下るのか・・・所謂砂滑りで、砂利や石と一緒に下っていく。

f0219710_98333.jpg

降りてきた槍尾根を振り返る。

f0219710_995159.jpg

三の沢の崩落は著しく、今もガレ撤去や新しい堰堤建設が続いている。

f0219710_9123417.jpg

車道を鍵掛峠から少し下ったところで、昨日登った烏ヶ山が見えた。

一人旅よくも長い事歩いたものだ!私もまだまだ元気だぞ!

烏ヶ山、大山の山野草の写真はまだまだ沢山あるので、二回に分けてアップしま~す!

by yuzu-miu | 2011-08-08 09:18 | 山歩き | Comments(2)

Commented by babakzk9271 at 2011-08-08 14:51
一人旅気をつけてくださいよう・・しかしアーチさんまだまだお元気でなによりです。
いい登山をされましたね うらやましいです。
ユートピア小屋付近のお花畑はきれいですものね・・・
又行きたいでーすが もう無理かな??
それにしてもうらやましい!!
Commented by yuzu-miu at 2011-08-09 06:56
noraさんへ
一人旅はしたくないけど、気の合った同じ体力の仲間がいません。本格的な山登りは何時も一人、この感激を分かち合える仲間が欲しいです。