タグ:自然美 ( 215 ) タグの人気記事

裏山の秋色

f0219710_18292974.jpg
カマツカの実と黄葉

f0219710_18303267.jpg
岩場の頂部が明るいな

f0219710_18311762.jpg
そのセンターは山櫨

f0219710_18324359.jpg
山頂から西方の眺め

f0219710_18332806.jpg
ウリ楓

f0219710_18340727.jpg
コナラ

f0219710_18344725.jpg
捻木と古紙油

f0219710_18352825.jpg
クロ文字

f0219710_18355681.jpg
古紙油

f0219710_18371070.jpg
先日登った大峯山が向山、窓が山西峰の左後方に見える

f0219710_18375203.jpg
山陽道沼田パーキングのスマートインターチェンジ取り付け道路建設がが急ピッチ

f0219710_18392090.jpg
ヤクシソウ

f0219710_18400802.jpg
山陽道敷地内の紅葉が見事だ!


by yuzu-miu | 2017-11-14 18:27 | 紅葉狩り | Comments(0)

大峯山

f0219710_18410716.jpg
大峯山(1050m)は広島市佐伯区と廿日市市佐伯町の市境に位置する。
広島市の最高峰とされているが、広島市側からの登山道利用者は少ない様です。

ガイド本通りに下川上登山口駐車場に車を止め8:50発~山頂11:00 11:50~駐車場13:00着 11,000歩

f0219710_18520013.jpg
登山口から見上げる大峯山、頭部は既に落ち葉の様で灰色の木々が見える。

f0219710_18553627.jpg
薄暗い植林帯を抜けると、黄葉で一気に明るくテンションアップ!

f0219710_18581624.jpg
この山の黄葉の主役はシロモジだ。我が裏山には殆ど見かけないが・・・美しいなあ~

f0219710_19013233.jpg
紅葉は少ないが、私はこの色が好きだ!

f0219710_19040023.jpg
尾根に出て20分程結構な急登を行く。

f0219710_19074342.jpg
展望岩付近から、本峰の廻り縁(断崖)が見えた。 あッ誰かテラスに立ってるぞ!

f0219710_19110427.jpg
あれはきっと、先ほど追い抜いていった人だな。Sさん、Tさん僕たちもあそこへ行って
弁当食べるよ! ええ~ッ!

f0219710_19152075.jpg
1040mの三角点を過ぎ、ホツツジの向こうにほら山頂が見えたよ~

f0219710_19182412.jpg
2m程のハシゴ場2か所を昇り降りして

f0219710_19202978.jpg
山頂に立つ。 お二人さん良く頑張りました! ヤッター!!

f0219710_19222881.jpg
迂回して山頂下の休憩所へ下り、祠に寄り木彫り仏像に無事登れた事を感謝し、下山の無時も祈願する。

f0219710_19293464.jpg
廻り縁の上に立って西方、雲の影に入り紅葉の色が出ない。遠くに三倉岳が見える。

f0219710_19322666.jpg
東方には阿弥陀山や東郷山。眼下の紅葉は雲の影

f0219710_19351806.jpg
少し明るくなった

f0219710_19361589.jpg


f0219710_19413073.jpg
眼下を覗くのは足が震えて・・・直ぐに座り込む。
この廻り縁の上で昼食を取り、オカリナ・ハーモニカ演奏をちょっとだけ・・・

このもう一段下にもテラスがあり回り込み出来そうですが、怖くてパス(この回り込みが本来の廻り縁なのか?)

f0219710_19480177.jpg
ズームして、黒く矛先の様な山が窓が山、その後ろ台形の山が向山、そのすぐ右後ろの三角が
我らの裏山火山だよ!右端が丸山だ。

f0219710_19553087.jpg
本当にこの山はシロモジの黄葉が多いな~

f0219710_19574669.jpg
ベンチまで降りてきた、もう安心だよ! でももう一息気を引き締めて最後まで!

時間がたっぷりあるから、紅葉の三倉岳公園に寄って帰りましょう!

f0219710_20021070.jpg
三倉岳公園へやってきた。

f0219710_20033617.jpg

f0219710_20044346.jpg
なんやスマホの画像の方が綺麗だよ。

f0219710_20060857.jpg
このメンバーで、きっと登ろうね~~  大丈夫登れるから。






by yuzu-miu | 2017-11-13 20:10 | 紅葉狩り | Comments(0)

三段峡散策

4日、冬型の天気 北部山地は雨も予想される中、仲間たちと三段峡散策に

f0219710_19061236.jpg
正面口から出来れば二段滝までと思いながら出発したが、自分ひとりの歩きと違いゆっくりペース
且つ途中から雨も降りだした・・・

また、黒淵でヤマメの塩焼きが食べたいと言う人もいて・・・お昼は黒淵で、ならば蛇杉橋(吊り端)
を折り返せば、その時間になるだろうと・・・早くも予定変更だ。

f0219710_19183103.jpg
うん いい感じだね

f0219710_19210262.jpg

f0219710_19213447.jpg
久し振りのメンバーで 私はハイテンション

f0219710_19232211.jpg


f0219710_19235736.jpg
う~ん いいいい渓谷に映える紅葉

f0219710_19252133.jpg
赤滝で優しく美形なワンちゃんに逢い、以後前後しながら進む

f0219710_19280724.jpg


f0219710_19283963.jpg


f0219710_19290783.jpg


f0219710_19295235.jpg
黒淵の渡し船に乗り

f0219710_19312614.jpg
振り返れば山腹の紅葉も奇麗だ

f0219710_19332008.jpg
黒淵荘つり橋の後方の山肌も奇麗だ、アップしてみよう!

f0219710_19353811.jpg
もう少しすれば、もっと奇麗になるだろうな~

f0219710_19371174.jpg
黒淵荘で休憩後、次の吊り橋まで行って戻れば丁度お昼時間に・・・ヤマメの塩焼き食べるぞ~!

f0219710_19403704.jpg
雨降ってます。晴れてれば最高だったのにな~

f0219710_19424395.jpg
雨の中でも楽しい歩きが出来ましたよ! また付き合ってね!

f0219710_19444022.jpg


f0219710_19452583.jpg
ヤマメを食べて(美味しかった!) 帰りは崖上から黒淵荘を見下ろす

f0219710_19470197.jpg


f0219710_19472756.jpg


f0219710_19475564.jpg
今度は何時行けるかな紅葉狩り。 本格の山歩きがしたいな~~~




by yuzu-miu | 2017-11-05 19:50 | 紅葉狩り | Comments(2)

比婆山縦走

               リフレッシュ リセットして来ました127.png166.png162.png
f0219710_12334628.jpg
                         比婆山立烏帽子の紅葉です。

週末は超大型の台風接近の予報。 なら今日(金)しか無いじゃん!

「(m´・ω・`)m ゴメン…ね、今日はどうしても 山行きたいから リハビリには連れて行きませんから」
「お昼は これとこれを食べて、薬は忘れずに 飲むんだよ」

と言い置き7時に出発!

f0219710_12353782.jpg
県民の森公園センターを9時出発~出雲峠~出雲烏帽子山~比婆山(御陵)~池の段~立烏帽子~公園センター
14時着 休憩を含め5時間工程でした。 10km 22000歩

f0219710_12412759.jpg
公園センター前 薄暗く時折ガスが走るけど、天気になるという予報を信じて出発!

f0219710_12445188.jpg
センター廻りは紅葉が始まったばかり、立烏帽子の方は少し早い感じかな~

f0219710_12472196.jpg
出雲峠の少し手前 ウリ肌カエデの赤絨毯を踏んで歩く。いい気分だ!

f0219710_12500757.jpg
出雲峠。ここで小雨だがポンチョを被る

f0219710_12514918.jpg
ガスが漂う薄暗い植林帯を行く

f0219710_12532841.jpg
暗い足元で何やらが跳ねた・・・わッ 脅かすなよガマ! いや脅かしたのは俺の方か?

f0219710_12560381.jpg
今度は黄色のウリ肌カエデの絨毯を踏んで

f0219710_12573739.jpg
もうすぐ烏帽子山頂だが、雨脚が強くなったな~ 大丈夫かな~~

f0219710_12595660.jpg
烏帽子山山頂(1225m)

f0219710_13021686.jpg
うわ~ッ 何これ 立ち枯れのブナの木にびっしりと生えたキノコ

f0219710_13044356.jpg
ブナハリタケと思うが 食用だと思いますが やっぱり怖い。

f0219710_13122982.jpg
御陵 あの中央の石下にイザナミノミコトが眠るそうだ。

f0219710_13144203.jpg
ブナの黄葉はもう最盛期、台風で散るばかりだろうな。

f0219710_13180781.jpg

f0219710_13191932.jpg

f0219710_13200376.jpg
ホツツジの紅葉が出てきたな もうすぐ池の段だ!

f0219710_13242330.jpg
ヒヤッホー 立烏帽子の紅葉が  ガスが切れるのを待ちながら・・・日が差さないかと待ち望むが・・・
40分以上粘ったが叶わなかった。

f0219710_13302581.jpg

f0219710_13312609.jpg

f0219710_13323892.jpg

f0219710_13333587.jpg

f0219710_13344757.jpg

f0219710_13354790.jpg

f0219710_13364835.jpg
彩の主役はこのウリ肌カエデと

f0219710_13381987.jpg
このホツツジです。

f0219710_13393326.jpg

f0219710_13410849.jpg
立烏帽子山頂(1299m) 今年も素敵な景色を有難う!

f0219710_13434701.jpg
展望園地から牛曳山

f0219710_13462155.jpg
伊良谷山これ等が真っ赤になるのは、もう半月あとかな?

f0219710_13484985.jpg
遠く猫山、道後山も今が見頃かな~

16時に帰宅して夕食の支度を始めたが・・・「あッ また昼食後の薬飲むのを忘れてるよ!」
















by yuzu-miu | 2017-10-21 13:54 | 山歩き | Comments(8)

馬背山

石見冠山下山後、断魚渓のツツジ公園駐車場に行き車中で掬びを食べて・・・

f0219710_18233246.jpg
駐車地12:14~3,馬背(まのせ)山頂12:50 13:10~駐車地13:53着

f0219710_18294651.jpg
断魚渓散策マップの右上に馬背山の表示があるが・・・

f0219710_18315607.jpg
駐車地北方に見える岩稜が目指す山。右手の林の方から攻める様である

f0219710_18361817.jpg
今や廃墟のあの階段を登り、左手にあるこれも廃墟のデイケアセンターの間を進む

f0219710_18385690.jpg
薬師如来堂に寄って

f0219710_18395685.jpg
安全祈願をして・・・

f0219710_18405902.jpg
直ぐに真新しい砂防流木堰堤が現れ、左手の土手に上がる

f0219710_18432660.jpg
そこから左手にあの岩稜が覗いている。草むらを少し入るとグリ石を敷き詰めた林道が伸びる

f0219710_18463023.jpg
その林道の真ん中に、えッ熊じゃないよね~・・・・朽ちた木の根っこでした(チョットびっくり!)

f0219710_18492654.jpg
一つ目のピークを乗り切ると、物凄い絶壁が! 岩尾根を更に進む

f0219710_18521765.jpg
この登りが山頂への最後の難関。三点支持で慎重に登る

f0219710_18551480.jpg
真下にツツジ公園の駐車場とその右手に断魚渓の流れが見える

f0219710_18570482.jpg
下流にはヘアピン連続の流れが見え、三方を川に囲まれた集落が

f0219710_19012986.jpg
その集落をズーム、川は右手前から時計回りに集落を廻って右手へ・・・

f0219710_19034541.jpg
ぐ~んと引いて、手前の岩場と集落の後ろにはまた登攀欲をそそる権現山が迫る。
写真では余り高度感がないが、撮影中は足元がブルブル震えていたよ!

この動画を見て頂ければ、震えているのが良くわかります(笑い)



f0219710_19120539.jpg
帰りもこの岩場を後ろ向きで・・・

f0219710_19131771.jpg
久々に岩場歩きの醍醐味を味わい振り返る。左手の岩上を歩くルートは無いのかな?
あれば、もう一度トライしたいもんだ。

今日も15時には家に帰り、夕飯の支度にかかる事が出来ました。感謝!

by yuzu-miu | 2017-08-18 19:17 | 山歩き | Comments(4)

石見冠山

ナツエビネに逢いたくて、島根県巴南町の石見冠山に・・・

f0219710_07174337.jpg
広島から断魚トンネル手前900m、JAのプロパンタンクが左手に見えてきたら
右手に右折(冠山の看板あり)し野原谷登山口に駐車(数台の狭い駐車場あり)

駐車場8:33発~1,冠山頂10:29 ~西峰~冠山頂10:36~駐車場11:46着
歩行距離:5.4㎞ 登り:1時間56分 下り:1時間10分 累積標高差:±750m

f0219710_07332579.jpg
登山口

f0219710_07342382.jpg
500m程水平道が続く

f0219710_07361437.jpg
草アジサイが可愛い

f0219710_07373117.jpg
水平道の終わりに水場。この先から段々と沢沿いの急登となる。

f0219710_07401051.jpg
キツネノカミソリが点々と

f0219710_07421108.jpg

f0219710_07432654.jpg
メタセコイアの巨木を見上げる

f0219710_07452083.jpg
主尾根鞍部、左は瑞穂町高原とあるが・・・どの辺りへ下りるのだろうか?

f0219710_07482491.jpg
2,冠山頂 廿日市からの先客ご夫婦あり。遠くに大江高山が見える

f0219710_07511998.jpg
西峰に向かう途中で咲き残りのコオニユリが待っていてくれた。他は既に種に・・・

f0219710_07535704.jpg
ママコナも沢山咲いていた

f0219710_07552481.jpg
西峰山頂から、田んぼの稲が少しばかり色付いている。

f0219710_07574891.jpg
苔むした古い大きな倒木の上に7本ものナツエビネが今最盛期(ラッキー)というのも
例年水平道に見られた所が、盗掘に逢ったのか全く花が無く、株も一つ二つだけだったから。

f0219710_08035680.jpg
f0219710_08051423.jpg
f0219710_08060887.jpg

f0219710_08070110.jpg
ミズヒキ
f0219710_08080207.jpg
ノブキ
f0219710_08090173.jpg
トチバニンジンの実が可愛い

f0219710_08112377.jpg
駐車地に到着(11:56) 良しこれなら馬背山にも登れそうだ!





by yuzu-miu | 2017-08-18 08:13 | 山歩き | Comments(4)

龍頭峡

恐羅漢を12:30に下山後すぐさま龍頭へ~~

f0219710_07214327.jpg
なめら滝の滝壺で水遊びするパパと子供達、ママさんは滝上部でトドの昼寝をしています。

f0219710_07253875.jpg
咲いてましたイワタバコ。遊歩道の片隅で、興味がない人は見逃して歩く。

f0219710_07281046.jpg

f0219710_07284969.jpg

f0219710_07292363.jpg

f0219710_07295674.jpg
満足な写真が撮れなかったな~

f0219710_07313686.jpg

f0219710_07321906.jpg
光る飛沫! 納得出来ないな~

f0219710_07341667.jpg
草アジサイ これも色合いが今一だ!

じゃあ、この滝を眺めて、お涼み下さい
                 
いや これは私の作じゃないや!

私の作は

                 




by yuzu-miu | 2017-08-15 07:40 | 山野草 | Comments(2)

恐羅漢山

白馬岳から帰って2週間、裏山歩きで我慢していたが・・・

もう我慢できません。朝食の片付けを済ませ、今日は山歩きに行くからね

お昼の食事は、此処に用意してるから・・・そして薬は此処に、忘れずに飲むんよ!と言い置き・・・

f0219710_14134488.jpg
のんびり夫婦さんのマップを拝借し、同じルートを辿る

駐車場8:50発~夏焼キビレ9:18~台所原分岐9:32~台所原10:14 10:55~恐羅漢山頂11:49 11:51~駐車場12:30着
休憩なし3時間40分の強行。

f0219710_14311784.jpg
台所原分岐、此処を下って林道へ

f0219710_14334879.jpg
林道と言っても、場所によってはこんな夏草茂る中を行く

f0219710_14352812.jpg
今年も少し遅かったのか、この林道区間で逢えたアサギマダラはたったの2頭

f0219710_14372784.jpg

オトギリソウ

f0219710_14393312.jpg
オオマツヨイグサ
f0219710_14413706.jpg
未だ紅色になり切ってないナツアカネ

f0219710_14434374.jpg
ヒヨドリバナに泊まるのはキンモンガばかり

f0219710_14461528.jpg
ヒョウモンだ 何ヒョウモン?
f0219710_14492683.jpg
アカソ

f0219710_14501185.jpg
トモエソウ
f0219710_14510035.jpg
ウリハダカエデがもう紅葉してるよ

f0219710_14523277.jpg
台所原へやって来たが、途中でキレンゲは全然ダメでしたと聞いていたが・・・

f0219710_14545609.jpg
えへーっ ホントだ花が全く見えない、茎がなぎ倒された状態に

f0219710_14573904.jpg
しょうがない落ちてた花を集めて

f0219710_14593224.jpg
奥深い渓谷に別れを告げ 恐羅漢山へ

f0219710_15013054.jpg
ムラサキニガナ
f0219710_15032362.jpg
老いても逞しい
f0219710_15043806.jpg
こいつの生血を飲めば元気に成れるかな?

f0219710_15061427.jpg
高い標識だが、2mの積雪時に来た時は1mも出てなかったな

f0219710_15092087.jpg
ゲレンデ最上部でまた1頭のアサギマダラに逢う

f0219710_15111684.jpg
ゲレンデを一気に駆け降りる

f0219710_15123504.jpg
駐車場に咲くこの花は 春トラノオ?なの?

f0219710_15140808.jpg
目的のキレンゲに逢えず、オミナエシに別れを告げ

掬びを食べながら車を走らせ、龍頭峡谷のイワタバコは待ってくれてるだろうか?逢いに行こう!




by yuzu-miu | 2017-08-14 15:20 | 山歩き | Comments(6)

白馬三山縦走 -その3-

白馬三山縦走 -その3- は白馬鑓温泉から猿倉までの完結編です。

f0219710_18412591.jpg
4時半 今日こそは天気になって、小日向のコルから縦走して来た
白馬三山の雄姿を見させて欲しいものだ!

f0219710_18473319.jpg
皆も同じ気持ちだろう

f0219710_18503035.jpg
温泉小屋を振り返りながら

f0219710_18520557.jpg
直ぐに雪渓を下ります。

f0219710_18532209.jpg
振り返る、例年になく残雪が多く 結構長い雪渓下りです

f0219710_18551858.jpg

f0219710_18562132.jpg
雪渓が終わると、今度は斜面のトラバース。こんなにロープにしがみ付いちゃ逆に
ふらついて歩けないよ~  ロープは左手で軽く持ち、あくまでも自立して歩かなきゃ!

f0219710_19015405.jpg
今度は急斜面の雪渓トラバース、要領は前と同じ、但し足元の雪に歩幅を小さくして滑らない様に・・・

f0219710_19062697.jpg
小日向コルの登りに来たが、白馬三山どころか一つの頂きも見えませんでした。

f0219710_19112515.jpg
サンカヨウの花が未だ咲き残って

f0219710_19130272.jpg
ニリンソウも

f0219710_19140557.jpg
ニッコウキスゲ

f0219710_19145494.jpg
オオバギボウシ

f0219710_19161004.jpg
ミヤマアキノキリンソウ

f0219710_19172072.jpg
やっと会えたよシモツケソウ

f0219710_19182450.jpg
モミジカラマツ

f0219710_19201613.jpg
オタカラコウ

f0219710_19211782.jpg
最期にタマガワホトトギス、これは初めての出会いでした。

今日も予定を1時間以上遅れ、温泉でゆっくり汗を流す余裕もなく14時半にバスへ・・・
22時半に広島着でした。

私にとっては、バスの中の方がしんどい山旅でした。
一緒に登った皆さんもブログ友も長い付き合い有難う!

帰広ごは、しっかりカミさん孝行、機嫌取りしています。






by yuzu-miu | 2017-08-04 19:31 | 山歩き | Comments(10)

白馬三山縦走 -その2-

ーその2ーは白馬山荘から杓子岳(2812m)~鑓ヶ岳(2903m)~鑓温泉小屋まで

f0219710_19133352.jpg
この日も6時間以上になるだろう。
f0219710_19153343.jpg
丸山でこれからの難所をどう乗り切るか思案中か?ガイドさん

f0219710_19195388.jpg
時折ガスが切れるが、これ以上にはならず

f0219710_19212014.jpg
本来ならここで立山・剣岳が正面に見えるのだが・・・う~ん残念

f0219710_19234262.jpg
暫くガスが上がるのを待ってみたいが・・・

f0219710_19260602.jpg
ガイドさんは先へ急ぎたい・・・

f0219710_19272230.jpg
山荘から1時間20分、杓子岳に到達

f0219710_19291422.jpg
杓子から一旦下り、小鑓へ登り返すコースを進む

f0219710_19311116.jpg
鞍部近くまで雪渓が残る

f0219710_19332513.jpg
手形千鳥の群生する花畑

f0219710_19345885.jpg
振り返ると・・・あれは旭岳かな?

f0219710_19390408.jpg
小鑓の途中で目指す最後のピーク鑓ヶ岳。今日も頂は見られないのか?

f0219710_19423546.jpg
我が3班の美女二人

f0219710_19435418.jpg
そしてブ男二人・・・展望は望めません。

f0219710_19472273.jpg
このベンガラの道を降りて大出原。ここで昼食(時刻は10:00です)。パンとジュースとソーセージ

f0219710_19532513.jpg

f0219710_19541993.jpg
お花畑で

f0219710_19564996.jpg
見えて来たぞ鑓温泉小屋、もう少しだ 気を引き締めて!

f0219710_19583510.jpg
混浴の露天風呂。家族連れの先客があり・・・目のヤリどころに困ったよ~
この日も予定より1時間オーバーの7時間。

この間で見た花は

f0219710_20024003.jpg
ハハコグサ

f0219710_20034911.jpg
手形千鳥と思うけど?

f0219710_20052265.jpg
ヤマルリソウ

f0219710_20065050.jpg
ノダケ

f0219710_20110121.jpg
コマクサ(初めての現物)

f0219710_20123136.jpg
ズーミングしてピントボケ(泣く)

f0219710_20141811.jpg
あれはハクサンコザクラそれともオオサクラソウ?

f0219710_20172635.jpg
チングルマ

f0219710_20183835.jpg
コバイケイソウ

f0219710_20195065.jpg
キバナシャクナゲ?

f0219710_20213049.jpg
コイワカガミとチングルマ

f0219710_20230417.jpg

f0219710_20241278.jpg
タカネバラ

f0219710_20252319.jpg
オオヒョウタンボク

f0219710_20264931.jpg
???

f0219710_20275501.jpg
アカモノ

f0219710_20304020.jpg
イワイチョウ

f0219710_20322977.jpg
キバナコマノツメ

f0219710_20340195.jpg
ニッコウキスゲ

f0219710_20345379.jpg
ニガナ(シロバナ、キバナ)

f0219710_20363934.jpg
ヨツバシオガマ

f0219710_20380328.jpg
オオシモツケ この山には白いシモツケが多かった。

f0219710_20395072.jpg
ウツボグサで良いのかな?大きくて鮮やかな青紫だ。

明日はどんな花に逢えるかな?







by yuzu-miu | 2017-08-02 20:41 | 山歩き | Comments(4)