タグ:山野草 ( 395 ) タグの人気記事

琴引山~草ノ城山~指谷奥~指谷山縦走 -ロングトレイル- (その2)

琴引から和恵縦走路へ戻り、草ノ城山へ向かいます。

f0219710_19014421.jpg
今度は白衣の天使が頑張って~と

f0219710_19025841.jpg
ヤマツツジも

f0219710_19035829.jpg
ブナの大木も現れて来た

f0219710_19045684.jpg
ヤマシグレ


f0219710_19082496.jpg
草ノ城山頂

f0219710_19094880.jpg
これから向かう1005ピーク、そして右に

f0219710_19113473.jpg
指谷奥へまだまだ遠いな~

f0219710_19123835.jpg
和恵展望台で掬びを食べて、草生い茂るこの急登道へ入る。どうなろうかこの道は?
と思えたが、直ぐに道は見える様になった。

f0219710_19161716.jpg
ウリノキが咲いていた。

f0219710_19183077.jpg
セリバオウレンの群生、と言っても花は種に

f0219710_19202418.jpg
1005ピーク。きのこ園から琴引が2.6km、琴引から此処まで5.9km合計8.5㎞ 丁度半分か。

f0219710_19251171.jpg
此処から一旦急降下

f0219710_19262585.jpg
尾根道はイワカガミの群生地だが、今は完全に咲き終わり葉っぱは緑に変化

f0219710_19284439.jpg
ッルアリドウシの蕾がびっしり

f0219710_19301252.jpg
指谷奥山頂

f0219710_19311306.jpg
ブナの大木が多くなった。

f0219710_19323967.jpg
道の両脇にはミヤマヨメナが群生

f0219710_19335169.jpg
この時期の指谷は初めてだが、和恵縦走路もこの指谷縦走路も、この花に癒された。
f0219710_19343498.jpg
f0219710_19372476.jpg
大ブナも多いし、秋の紅葉時期も楽しみだな。

f0219710_19383578.jpg
指谷山頂 広大ワンダフォーゲルブナの木会殿 ブナを守ろうね!

f0219710_19412765.jpg
南には神野瀬川の蛇行が見える

f0219710_19425333.jpg
木地屋谷展望台。あちこちに展望台が設置してあるが樹木の生長で展望不良。

f0219710_19461587.jpg
トリアシショウマ

f0219710_19470444.jpg
タツナミソウ

f0219710_19480312.jpg
毎度のササ百合

f0219710_19490558.jpg
ニガナが沢山

f0219710_19494817.jpg
マタタビの半化粧。花はまだまだ固い蕾でした。

f0219710_19513358.jpg
ピンクが可愛い山アジサイ

f0219710_19522130.jpg
純白のヤマボウシも・・・色々な花を楽しむ琴が出来ました。

カープ菊池の満塁弾が出て5回で早や13点、明日に残そうぜ!



by yuzu-miu | 2017-06-23 19:55 | 山歩き | Comments(4)

琴引山~草ノ城山~指谷奥~指谷山縦走 -ロングトレイル- (その1)

15日の恐羅漢~旧羅漢~十方~丸子頭縦走に続き

今回22日は琴引山(1013m)~草ノ城山(976m)~指谷奥(1048m)~指谷山(967m)のロングトレイル
に挑んだ。

広島県庄原市と島根県飯南町の県境部、島根県民の森を囲む山である。

f0219710_12263578.jpg
オートキャンプ場にほど近い、きのこ園前駐車場に車を停め、時計回りの周回コースを選んだ。

きのこ園7:20発~琴引別れ8:20~琴引山9:02 9:15~琴引別れ9:42~草ノ城山10:38 10:45~
和恵展望台11:15 昼食 11:30~1005ピーク11:50~指谷奥13:00~指谷山13:50~木地屋谷展望台
14:00 14:05~きのこ園駐車地14:45

歩行距離:17km超 全行程:7時間25分 歩行時間:6時間29分 歩数:33,000歩超
登山道は良く整備されており歩き安かったが、和恵展望台昼食後の1005ピーク、指谷奥、指谷の

登り下りは超急登・超急降であったが、水平道や緩い下りなどは殆ど駆け足だった。この午後の
コースは3時間殆ど休憩なしの強行軍。何とか門限(17時)内に帰宅出来ました。

f0219710_13032041.jpg
きのこ園を通る

f0219710_13043069.jpg
きのこ園終わり、此処から登山道

f0219710_13055145.jpg
不意に襲われない様に、二個の鈴を鳴らし、笛を吹き・・・でも遭遇出来たらな~の好奇心も

f0219710_13082559.jpg
歩き安い道が、上部を走る林道まで続く

f0219710_13100584.jpg
ササ百合が優しく微笑む

f0219710_13111946.jpg
山アジサイもちらほら咲きだしている。

f0219710_13123258.jpg
一旦林道に出てすぐにまた山道に入る。熊・マムシ注意の看板が立つ

f0219710_13144428.jpg
ナルコユリ

f0219710_13161545.jpg
蔓アジサイを愛でつつ

f0219710_13172247.jpg
琴引別れ、此処から1.2㎞の往復だ!

f0219710_13200159.jpg
白い花道

f0219710_13210299.jpg
エゴノキの花だ。縦走路のアチコチでこの様な光景を見る。

f0219710_13230102.jpg
琴引山頂です。ケルンの向こうには大万木山が見える。

f0219710_13244351.jpg
何故か飯南のロゴを付けた招き猫。その後方に三瓶山が見える。少し左手には大江高山も見えた。

f0219710_13271731.jpg
琴引神社。夫婦岩の奥に建つ

f0219710_13292642.jpg
白いコアジサイが目立つ

f0219710_13303246.jpg
うっそうと茂るブナ林の中、日差しが当たらない為かな?

f0219710_13324976.jpg
この間は直径10~30㎝の若ブナが多い

f0219710_13343366.jpg
草ノ城縦走路へ戻った。

続きは(その2)で・・・

by yuzu-miu | 2017-06-23 13:39 | 山歩き | Comments(0)

恐羅漢~十方~丸子頭縦走  ーロングトレイルー (その2)

f0219710_14163333.jpg
オオヤマレンゲとしっかりお見合いした後は

500m程を下って

f0219710_11110332.jpg
あの峰を目指す

f0219710_11123787.jpg
色の薄いサラサ

f0219710_11133413.jpg
これからは未知の道、以前水越峠付近で熊を見かけた事があるので、気おつけて・・・

f0219710_11165984.jpg
コケイランが咲いてたが、座り込まず立ったままズーム

f0219710_11190656.jpg
一気に急降し、今度はこの獅子ヶ谷登山口から十方山へ登り返す

f0219710_11214011.jpg
沢伝いを登り

f0219710_11223295.jpg
山頂尾根道ではこんな可愛い

f0219710_11234195.jpg
アカモノの出迎えあり

f0219710_11251423.jpg
遅めの弁当を食べ、三脚を出してハイチーズ!

f0219710_11264645.jpg
次はあの山、奥三ツ倉

f0219710_11285603.jpg
奥三ツ倉とうちゃこ

f0219710_11305899.jpg
那須別れ

f0219710_11321148.jpg
オオナルコユリ  じっくりピント合わせはやってられない(いつ熊がおそってくるやら)

f0219710_11340326.jpg
藤本新道は植林帯の端っこ、此処には熊は現れ無いだろう

f0219710_11354713.jpg
藤本新道を降りて来た。この車道を1~2km程内黒峠へ行った所でも熊を目撃した事がある。

熊の写真も撮りたいが、一人っきりでは怖さが強く・・・ホット胸をなでおろす。



by yuzu-miu | 2017-06-17 11:40 | 山歩き | Comments(4)

恐羅漢~十方~丸子頭縦走  ーロングトレイルー (その1)

15日(木)九重山系のミヤマキリシマから一週間・・・

今度はオオヤマレンゲを求めて・・・何処に行こうか?迷ったが、

安芸太田町の広島県最高峰である恐羅漢山(1346m)~旧羅漢山(1334m)~
十方山(1319m)~奥三つ倉(1322m)~丸子頭(1236m)の5座縦走を計画した。

実ルートは↓図で、本来予定の夏焼ルート登山と彦八ノ頭~彦八~内黒峠下山を
諦めた。いつの日かまたリベンジしたい。

f0219710_13034885.jpg
S,二軒小屋駐車場を8:04出発~1,立山ルート登山口8:45 :53~2,立山分岐9:55~3,恐羅漢山頂
(10:02 :05)~4,旧羅漢山頂(10:33 :55)~5,獅子ヶ谷登山口(11:37 :45)~6,十方山頂(13:10
昼食 13:35)~7,三つ倉山頂(13:53 :55)~8,那須別れ(14:08)~9,丸子頭山頂(14:30)~10,
藤本振動別れ(14:53)~11,新道下山口(15:18)~G,駐車場(13:25)

徐行距離:15km 歩行時間:6:16 休憩時間:1:05 全行程:7時間21分 29,000歩
雨が長い事降ってないので、湿地帯も泥濘は無く快調に歩けたが、熊生息域での一人旅は

大鈴や熊ベルを響かせながらも、目は周辺を見張りきょろきょろ!
岩国米軍基地のジェット戦闘機がひッきり無しに飛び交うので、カッコウやオオルリの

鳴き声も途切れてしまい・・・耳を劈くこの音何とかなりませんかね~

f0219710_13370966.jpg
カザグルマの花

f0219710_13382136.jpg
コアジサイ

f0219710_13391168.jpg
ウツギ

f0219710_13403443.jpg
ササユリを愛でながら車道歩き40分

f0219710_13425683.jpg
スキー場下の登山口。左ゲレンデ端を行く立山コース、右夏焼キビレコース・・・左近道へ

f0219710_13470798.jpg
ゲレンデ歩きは陰が無く、足元からむせかえる。

f0219710_13490112.jpg
ブタナ(黄)と薊に彩られるゲレンデが美しい。後方は未だ登っていない内黒山とサバの頭だな!

f0219710_13545404.jpg
もうすぐ主尾根、サラサドウダンの応援を受ける

f0219710_13571331.jpg
恐羅漢山頂。後ろの大木はナナカマド

f0219710_13585128.jpg
大ナナカマドに絡みつく蔓アジサイはやっと開花し始めた。

f0219710_14004799.jpg
旧羅漢への道はタンナサワフタギや

f0219710_14023021.jpg
f0219710_14032138.jpg
サラサドウダンの道

f0219710_14043380.jpg
何時もの湿地は雨不足でモリアオガエルの卵も見えないからっから。

f0219710_14062130.jpg
旧羅漢山に付きました。三笠宮殿下登頂記念碑が建つ。後ろの岩裏へ・・・

f0219710_14100075.jpg
ええッ 未だ蕾ばっかりじゃないか****

f0219710_14114109.jpg
あれはもうすぐだが・・・全然ダメか? 奥へ下へ降りて行く

f0219710_14133141.jpg
やったー 一個咲いてるぞ! 足元の悪い岩へ下り、見上げるポジションに

f0219710_14154386.jpg
f0219710_14163333.jpg
有難う!俺の為咲いてくれたんだね!

もう目的は達成した、あとはピストンするのが面白くない・・・

十方山を周回して帰ろう!

続く・・・


by yuzu-miu | 2017-06-16 14:20 | 山歩き | Comments(2)

亜・レ・子・レ

亜:八幡湿原

掛頭~臥龍を縦走し長者原からニ川キャンプ場にチャリンコ移動しながら・・・

f0219710_06130783.jpg
レンゲツツジとカキツバタのコラボレーション

f0219710_06141934.jpg

f0219710_06150528.jpg

f0219710_06153724.jpg
灌木の花

f0219710_06170450.jpg
あの黄色の花は?

f0219710_06175021.jpg
サワオグルマだ! 明日は坊ガツルでも逢えるかな~

レ:裏山にて

f0219710_06202646.jpg
ヤマツツジの先に広がる広島市街

f0219710_06214004.jpg

子:サツマイモ植えつけ準備

f0219710_06250439.jpg
5m3本の畝を耕した、梅雨入りの来週に蔓を植えつけ予定です。

f0219710_06284200.jpg
ナス・ピーマン・トウモロコシ・枝豆・インゲン豆・胡瓜・ほうれん草・キャベツ・南瓜・プリンスメロン
・ジャガイモなどの他

f0219710_06321385.jpg
トマトなど順調に生育しています。 早く完熟もぎたてが食べたいな~

レ:おまけ

f0219710_06343283.jpg
畑への登り道 散り花一杯

f0219710_06355900.jpg
テイカカズラが終わりを告げています。

f0219710_06365011.jpg
ツルアリドオシの可愛い姿が見られる様になりました。

8日、9日と九重山系に遠征し坊ガツルでキャンプして、三俣山・大船山・平治岳のミヤマキリシマ
を堪能して来ます~~!






by yuzu-miu | 2017-06-07 06:41 | デジカメウォーク | Comments(4)

掛頭山(1126m)~臥龍山(1223m)

          4日は広島県の山の日だった。猿政か大万木~鯛の巣も候補に挙げていたが、
         一番近場の山行になった。

          先日の立岩~市間縦走での1時間以上の林道歩きに閉口して、早速チャリンコ
         を購入。今回はこれを初使用することに・・・

f0219710_05350404.jpg
         臥龍山の西詰、国道191から少し長者原に入った農道12地点にチャリンコを下ろし
        二川キャンプ場入り口の道端1,に駐車。

         今日は広島県山の日の為、かりお茶屋やキャンプ場には沢山の賑わいだった。
        二川キャンプ場は広島高校山岳部の国体予選のゴール地点になっていた。

         1,駐車地8:50発~2,土草峠9:05 :08~3,掛頭山頂9:53 10:10~4,林道別れ10:14
~5,林道出会い10:35~6,猿ノ木峠10:31~7,1124mピーク10:50~8,臥竜山頂

         11:23 :40~9,大岩11:47 :52~10,林道別れ12:19~11,国道191出会い12:35~
        12,駐輪地点12:45着。 以後チャリンコで八幡湿原を巡りながら、13,ぶなの里工房

        でコーヒーブレイクし、14:20二川キャンプ地を後にした。
         登山工程:休憩45分を含め3時間55分 歩行距離:8.5㎞ 19,000歩
        チャリンコ区間 約5km  今後このチャリンコ併用で楽しい山歩きが出来そうだ!

f0219710_06174783.jpg
土草峠までの林道ではマムシグサがニョキニョキ  ササユリは未だ一ヶ月先だろな

f0219710_06200546.jpg
2,土草峠 大佐山からゼッケン5番の修道高校生が降りて来た。 一番乗りだぞ!
礼儀正しい元気な若者達に見送られ、掛頭山の急登に向かう

f0219710_06235010.jpg
ヤマツツジ
f0219710_06245174.jpg
キンモンガ
f0219710_06270457.jpg
生命力逞しい巨木が急登を後押ししてくれる

f0219710_06283607.jpg
サワフタギも咲きだした
f0219710_06300695.jpg
急登を乗り切るとカシワの木が目立ちだす、もうすぐ頂上だ!
f0219710_06315309.jpg
3,掛頭山頂は 木々の中 右鷹ノ巣 左臥龍 鷹ノ巣への道は未だ歩いてないな~
チャリンコ併用で大佐山への縦走もいいな。

f0219710_06362754.jpg
山頂から直ぐ林道へ出て、芸北国際スキー場の山頂駅へ出た。
f0219710_06392522.jpg
東方には天狗石や阿佐山が、オオヤマレンゲは咲いてるかな?
f0219710_06410853.jpg
深入山を少しズーム、山頂部カヤトが美しい
f0219710_06422094.jpg
これから向かう臥龍山、此処から再度登山道へ入る
f0219710_06452081.jpg
6,猿木峠 あっち こっち むこうなどの表記が可笑しいや
f0219710_06484584.jpg
グリンシャワーの尾根道は気持ちいい
f0219710_06511574.jpg
7,
7,1124mピークを過ぎた辺り、積雪期はこのヤブも気にならず真っ直ぐかりお茶屋まで
f0219710_08154276.jpg
ナナカマドの蕾がスタンバイ
f0219710_08164279.jpg
咲き残ってくれてたユキザサ
f0219710_08181790.jpg
8,臥龍山頂のシンボル岩 積雪期は少ししか見えません
f0219710_08211324.jpg
三角点の上にカメラを据えてハイチーズ!

f0219710_08225636.jpg
ヤブデマリの白い飾り花は4枚(一枚は退化)
f0219710_08243899.jpg
9,大岩の傍のカマツカの花
f0219710_08263055.jpg
大岩の上に登り新入山
f0219710_08272572.jpg
高岳・聖

f0219710_08291345.jpg
ミズナラ樹林帯を抜けると
f0219710_08301995.jpg
国道191へ出た
f0219710_08311965.jpg
12,駐輪地へやって来た 車輪の鍵だけでなく、倒木にチェーン掛けの防犯対策

f0219710_08342125.jpg
1,愛車の待つ所まで

f0219710_08360293.jpg
ニ川キャンプ場で、また逢った修道高校生 やはり優勝してたんだ おめでとう!
私も高校時代、一年間山岳部に入部していたが、家の農業手伝いがあり、

天気予報や読図など座学だけで、一度も山登り出来なかったよ~~
修道高校山岳部には、この掛頭山や絵下山で駆け上がっている姿を拝見したよ。

国体も頑張って下さいよ!

さあ来週は九重山系に一泊遠征(キャンプ)を予定してますが・・・天気はどうなる?






by yuzu-miu | 2017-06-05 06:08 | 山歩き | Comments(2)

裏山の今

裏山歩きのスタートは、畑廻りを一回りして・・・

f0219710_14515421.jpg
蕾が下向きだけど、ヒメジョオン? ハルジョオン? 未だ影だから半分眠っている。

f0219710_14555132.jpg
ユキノシタ 葉っぱの天ぷらは美味しいが、この花も食べれるのかな?

f0219710_14572968.jpg
スイカズラ 今朝咲いたのは真っ白い

f0219710_14585588.jpg
卯の花(ウツギ)もそろそろ終わりだね 169.png忍びね漏らす 夏は来ぬ~

f0219710_15012337.jpg
初夏に似合う ノアザミ

f0219710_15022709.jpg
えッ 初めてこの道で見た 白いノアザミ シロバナノアザミってところかな? 検索、検索

f0219710_15042550.jpg
湿地の黄菖蒲 此処から登山道へ

f0219710_15061036.jpg
コガクウツギも長い事楽しませてくれたね!

f0219710_15072478.jpg
コアジサイがこれからの楽しみだ!

f0219710_15083390.jpg
さあ~ 急登が始まるよ

f0219710_15095216.jpg
八畳岩に上がると、生暖かい湿気たっぷりの風、市内は霞んで見えません

f0219710_15115295.jpg
山頂広場のエントランス くれないのヤマツツジが美しい

f0219710_15131205.jpg
ただいま帰ったよ!

f0219710_15143489.jpg
おう 咲いてたかササユリさん 有難う!  2~3日前に咲いたようだね

f0219710_15161387.jpg
君は明日には咲くのかな?

今年こそは お礼の手入れと施肥してあげるからね! いや自然のままがいいのかな?





by yuzu-miu | 2017-06-01 15:19 | Comments(4)

立岩山~市間山縦走

金・土の畑作業の疲れか?土曜の夜は頭痛やらボーットするなど・・・
早く寝て(8時半)明日朝に山歩き出来るかどうか判断しよう! zzzzz~~~

4時半に目が覚めた。うんこれなら何とか行けそうだ・・・
目指すは安芸太田町の日の平山(1091m)~立岩山(1135m)~市間山(1109m)の3座縦走だ!

f0219710_18354662.jpg
国道186号戸河内ー吉和間の坂原集落を起点に時計回りで周回するコース。
以前に一度縦走しているが、その時は仲間がいて車が2台だったから・・・

坂原登山口近くに一台と市間山東の本郷坂原林道下山口に一台を置き
長~い林道歩きはしなかったが・・・今回はフル走破だ!行けるかな~

立岩谷の登山口200m程西の道路拡幅部に駐車して、7:07に出発~登山口7:11~
立岩分岐9:05 ~日の平山9:15~分岐9:27~立岩山9]56 10:10~市間山11:02
11:13~林道出会い11:57~国道186号13:11~駐車地13:33着

休憩含む全行程:6時間26分 歩行時間:4時間50分 歩行距離:17km弱
27,000歩  誰一人出会わず、熊に怯えながらの急ぎ足 いい訓練になった。

f0219710_19043174.jpg
駐車地から東方を、山の中腹を中国自動車道が走る。前方に架かる橋の左手に登山口がある。

f0219710_19075058.jpg
坂原登山口

f0219710_19122551.jpg
谷道は倒木だらけ、回り道

f0219710_19134150.jpg
潜り抜け

f0219710_19141730.jpg
乗越え~潜り抜けが7~8回程だったかな?

f0219710_19154334.jpg
そんな中、タニギキョウや

f0219710_19165499.jpg
サルメンエビネや

f0219710_19175546.jpg
コケイランなどが励ましてくれる。
だが如何せん、一人で探すのは大変で・・・大分見過ごしてしまっただろうな~

f0219710_19205298.jpg
日の平山三角点、展望は全く無し

f0219710_19221629.jpg
車軸の様な葉 この花はシャジクソウ? クルマバソウ?あ~~なんや出てこない!

f0219710_19261145.jpg

f0219710_19271566.jpg
サラサかと思いきや、べニドウダンだ~

f0219710_19291501.jpg
立岩山頂。立岩ダムを隔てて十方山に奥三つ倉、前三つ倉が見えるが恐羅漢山は後ろに
隠れている。

f0219710_19335633.jpg
立岩ダム湖が美しい

f0219710_19352807.jpg
北北東をズームすると左に臥竜、右に深入その間に掛頭も見える

f0219710_19393814.jpg
倒れたブナの巨木だが枝先はテンに向かって立ち上がる

f0219710_19413582.jpg
ブナ林の縦走路 クマよけにホイッスルを吹きながら、目は周辺を見張りながら
花を探す余裕は無い。

f0219710_19441961.jpg
古い傷だが熊の爪痕がアチコチに見られる。最近は居なくなったのかな?

f0219710_19463529.jpg
市間山 ここも展望は無し

f0219710_19480645.jpg
ブナ林の中にあって、山頂中央にはホウノ木が

f0219710_19494630.jpg
ホウ葉に光が射す、奇麗だ!

f0219710_19515668.jpg
なるほど、オオカメノキは虫刈(ムシカリ)だ!

f0219710_19540528.jpg
雨が少ないせいか足短け~ギンリョウソウ

f0219710_19555441.jpg
寝そべって夢中で撮影していたら、熊に襲われるぞ~ッ と我に返る。

f0219710_19582115.jpg
舗装林道出会いに出た。此処から駐車場まで5.3+1,2 6.5kmも車道歩き、1時間半
位かかるな~

f0219710_20023132.jpg
ヤブデマリの純白が美しい

f0219710_20041508.jpg
藪ウツギが真っ盛り

f0219710_20062557.jpg
しかしタニウツギにはかなわないな~


f0219710_20053270.jpg
カキドオシは夏期が意外とながいな~

f0219710_20091696.jpg
林道歩きの途中で2羽のキジが飛び立った時は スワッ熊っと脅されたが・・・
やっと国道186号とその上を走る中国自動車道にたどり着いた。

14時半に帰宅し、畑に向かい水撒き、家に戻り鉢花に水やり、
そして夕飯づくり、後片付けはさすがに疲れました~~



by yuzu-miu | 2017-05-29 20:17 | 山歩き | Comments(6)

江舟岳(600m)

アケボノツツジの次はシャクナゲが見たいと・・・広島の山で群生する所は聞かないし、
九州・四国は遠すぎるしと思い悩んでいたら「のんびり夫婦」さんの所で

山口県萩市かな?長門峡の近くに江舟岳という山に自生する物があると知り・・・
キンランやエビネには遅いかも知れないがシャクナゲは残っているかもと、

21日6時20分に広島を立ち、山陽道防府東ICから北上、江舟集落へ入る手前で
落石の為通行止めの表示がええッ! じゃあ長門峡温泉の先から南下しようと

回り込んだら、又落石通行止めの表示、どの辺かなと少し入ると・・・

f0219710_11212084.jpg
700m入った所で大規模な落石があり、石は道路脇に寄せてあるが・・・
未熟な運転では怖いな~ 目的の林道入口まで700mとカーナビの表示

道端に駐車しS,8:20発~1,林道入り口8:35 :40~2,コース分岐8:55~
3,T字分岐9:13~4,尾根鞍部10:00 :05~5,江舟岳山頂10:15~

6,シャクナゲ自生地A 10:30 :35~7,シャクナゲ自生地B 10:45 :55~
8,尾根道合流11:05~9,No10鉄塔11:10 :20~10,コース分岐11:11:40

~11,林道入り口11:45~G,駐車地12:05着

f0219710_11472889.jpg
落石地点、かつがつ通れそうだが、この手前の道幅が広い所に駐車した。

f0219710_11493539.jpg
何じゃったかな?
f0219710_11503354.jpg
??一度覚えた花だが???思い出せない

f0219710_11515489.jpg
1,林道入り口にやって来た。先客がリアガラスには山ガールのステッカーが、
微かな期待をして、小屋の右手の林道へ入る。

f0219710_11554937.jpg
ウツボグサの様に群生するタツナミソウ
f0219710_11565697.jpg

f0219710_11573135.jpg
シズカに俺を待っていたの?

f0219710_11593542.jpg
ミズタビラコも

f0219710_12004444.jpg
だけどキンランは待ってくれていなかった。 169.png遅かったのかい?

f0219710_12042222.jpg
169.png君の事を・・・  5年ぶりに逢えると期待してたのに134.png

f0219710_12060829.jpg
コケイラン
f0219710_12084989.jpg
エビネは何とか間に合ったね

f0219710_12103810.jpg
鉄橋や
f0219710_12114189.jpg
樹脂階段 中国電力の点検路でしょうが、有難いね~

f0219710_12140475.jpg
落ち葉の積もった雑木斜面に気エビネ2株
f0219710_12154815.jpg
奇麗に咲いていた。

f0219710_13552990.jpg
山頂は一等三角点の様ですが、展望は全く無く
f0219710_13565907.jpg
山名表示も古びたこれ一つ

f0219710_13581327.jpg
ホンシャクナゲ自生地
f0219710_13591675.jpg
f0219710_14000300.jpg
f0219710_14004167.jpg
保護の為と言うが、余りにも周りの木を伐りすぎでは?
また、十種ヶ峰が見えるハシゴなどは、やりすぎ私物化してると思います。

f0219710_14040475.jpg
別の自生地の方が、花が奇麗に見えましたよ!
f0219710_14052779.jpg
シャクナゲは陰の方が似合う
f0219710_14063221.jpg
シロバナもいいね!
f0219710_14072571.jpg
2011年5月7日の犬が岳以来の自生のシャクナゲを堪能出来ました。
「のんびり夫婦」さん繋がりの「shironamako」さんご夫婦に出会い

ましたが、山ガールさんはこの人達だったのか?
もう一組のご夫婦にも出会ったけど、同じ趣味を共有されてるのを

拝見すると羨ましくて、コンチクショー!!(笑い)

f0219710_14153530.jpg
駐車地はあの落石箇所の50m先だ。

長門峡温泉で一汗流したいが・・・可愛いカミさんが夕飯を楽しみに待っているので・・・





by yuzu-miu | 2017-05-22 12:17 | 山歩き | Comments(8)

亜・レ・子・レ

畑から裏山へ

f0219710_09033613.jpg
石垣に登るこのつる性の花は?
f0219710_09044582.jpg
里のタニウツギは満開だが、山は6月に入ってやな~
f0219710_09061595.jpg
ヨメナ?
f0219710_09071532.jpg
シラユキケシだったかな?もう終わりだな~
f0219710_09083245.jpg
ツルニチニチソウは咲き続ける
f0219710_09093694.jpg
ニガナが盛りになって来た
f0219710_09103311.jpg
                            
ノイバラももう終わり
f0219710_09135295.jpg
コガクウツギや
f0219710_09143825.jpg
エゴノキの次は卯の花(ウツギ)だが・・・

そしてササユリの順だが

f0219710_09182300.jpg
立派な標識が設置された。

私が設置した物は全て破損魔に破棄されたが、、これまで破棄したら許せない!
f0219710_09220211.jpg
山頂にも立派な物が、どなたか知りませんが 有難うございます。

f0219710_09235213.jpg
山腹の黄色は新芽か花か?

f0219710_09245369.jpg
ズームして見ると花です。何だろうか??

さあササユリの状況を見に行こう!





by yuzu-miu | 2017-05-18 09:27 | デジカメウォーク | Comments(6)