タグ:山野草 ( 368 ) タグの人気記事

岳浦山(491m)

kirakuさんの登山記録を参照して、呉市倉橋町にある岳浦山へ登って来た。


倉橋火山には3度登っているが、その西にあるこの岳浦山には初めてである。

f0219710_12593125.jpg
西宇土港の突堤の根元の駐車地に車を停め、P,10:25発~突堤で写真~1,登山口10:45~谷筋の岩場道を行くつもりが、何故か尾根
に上がり気が付いたが、元に戻らずそのまま尾根道を進み~2,谷コース合流地11:00 :10~3,大向コース分岐11:35~4,岳浦山頂

11:55 12:10~5,大向下山口13:10~P,駐車地13:35 13,000歩 

f0219710_13161633.jpg
西宇土港突堤から岳浦山を望む

f0219710_13181456.jpg
登山口近く、山桜が満開状態

f0219710_13200328.jpg
登山口。右手の道は行き止まり、左手の谷筋に少し下って行く。

f0219710_13220731.jpg
この小さな沢筋を登って行くが・・・いつの間にか右(東)の尾根への道へ・・・まいっかそのまま尾根道を進む。

期待してた岩場が無かったが、谷筋コースの合流点で確認すると結構楽しめそうなコースだと思えた(今度はこの谷筋コースを登ろう!)。

f0219710_13321281.jpg
急斜面にしっかりと頑張るスミレ

f0219710_13341484.jpg
西宇土の集落と全く知らない瀬戸の小島が点々と。この日は春霞でスッキリ見えない。

f0219710_13375614.jpg
岩コースはあの岩の下を登ってくるのだろうか? あの岩鳥に見えませんか?干支の鳥に会えました。

f0219710_13413912.jpg
あちこちの孤立する岩にはロープが垂らしてあるが・・・もう登れる自信がありません!

f0219710_13443341.jpg
ヒサカキや

f0219710_13463402.jpg
シキミの花が満開で良い香りの中を高度を上げて行く

f0219710_13484357.jpg
山頂直近の岩場から桂浜方面の眺め

f0219710_13503538.jpg
倉橋火山

f0219710_13534252.jpg
二等三角点の山頂は木々に囲まれ展望無し

                
f0219710_13524550.jpg
左に降りれば西宇土、岩コースに未練が残るが・・・ここは右大向へ向かう。

f0219710_13580454.jpg
尾根道には珍しい竹が散見された。

f0219710_14003471.jpg
381ピークだったかな?能美島の砕石場が見えるが霞みの為、色(海・山・空とも)が無いのがね~

・・・・とここで、これ以上の撮影は出来ません(容量)の表示が出た。
えッツ 何故?調べて見るとSDカードが入っていない!本体メモリー容量が満杯なのだ。がっくり

ピーク、ピークで素晴らしい景色が有ったのに・・・もう黙々と下山するのみ!
下山後も車道を黙々と25分、駐車地へ

もう一度は登って見たい(岩コースと山頂から宇和木への尾根歩きもしてみたいものだ)。





by yuzu-miu | 2017-03-24 14:13 | 山歩き | Comments(0)

春花を尋ねて

総領町の節分草も吉舎町のユキワリイチゲももう公開終了した様です。

じゃあ何処へ・・・為重の福寿草?帝釈のケスハマソウ?ちょっと遠いな~~ う~ん 

津波のホソバナコバイモと戸河内のアズマイチゲにで逢いに行こうか!

f0219710_06533603.jpg
ちょっと寄り道 西風新都こころの梅園 まだまだ見頃でした。

f0219710_06555233.jpg
津波の梅も満開

f0219710_06564098.jpg
これぞ梅の花 いい香り

f0219710_06581091.jpg
咲いてたよ ホソバナコバイモ

f0219710_06590160.jpg
丁度見頃でしたね。ひーちゃんもしっかり撮ったかな~?

f0219710_07010875.jpg
アズマイチゲは未だお寝んねしてたので、三段峡黒淵のミスミソウに逢いたいと・・・

f0219710_07032906.jpg
ところがどっこい! 遊歩道には未だ残雪があちこちに 黒淵まで残り1km足らずの位置で坂道で、

もうこれ以上は怖いようとの声がかかり・・・引き返す。

f0219710_07090598.jpg
雪解け水たっぷりの滝

f0219710_07112008.jpg
陽気に誘われて 結構お客さんが来てました(東南アジア系の客が多かった)。

f0219710_07141368.jpg
2時前戸河内へ  おおお目覚めですねアズマイチゲさん!

f0219710_07155434.jpg
此方は早起きして待っていてくれたのかな?

まだまだ、これから頭を出す株もありそうです。見頃はもう少し(5日ほど)先かな?



by yuzu-miu | 2017-03-20 07:19 | 山野草 | Comments(5)

咲いだでよ~

先んず咲いたでよう!マンサクの花が・・・

広島南アルプスでも、ここ丸山にしか見られない(かな?)マンサクの花

f0219710_14375495.jpg
市立大学を見下ろす位置にも もう5分咲きかな?

f0219710_14402737.jpg
遠くてピントが取りにくい

f0219710_14414953.jpg
目いっぱいズームしてもこの程度

マンサクが咲いたら さあ花の季節の到来だ!

セツブンソウやユキワリイチゲの開花の情報も届いてくる・・・

でもね、男一人でお花を見に行くのはチョット恥ずかしいな~~~

f0219710_14474137.jpg
ルリビタキがやって来たが カメラを向けると直ぐに飛び立ちそう 慌ててシャッター切ったのでピント外れに・・・

でもマンサクだけでなく、ルリビタキにも逢えて 何か得した気持ちで下山する。





by yuzu-miu | 2017-02-27 14:46 | 山野草 | Comments(0)

今日この頃

先日ジュンテンドウに玉葱苗を買いに行く時、家内が一緒に行くと・・・

慣れぬストックを使って歩いていたが、もう疲れたよと言う。

そうじゃろう!ストックも使い慣れぬと難しいからね、ほらッ腕組んで歩こう。(長い事腕組みしてなかったな~)

「うん 有難う!」 ・・・「わあ~ ラクチンやわ~!」

しかし、昔に腕組んだ感触とエライ違いで づっしり重くすがって来る。

日頃は押し車を押して足早に歩いて、元気そうだが・・・捕まってないと歩けない程に、相当足腰が弱っている事を伺い知れた。

f0219710_06554787.jpg
玉葱300本植えつけた

f0219710_06564610.jpg
ここ数年べと病で不作続き べと病発生前に収穫出来ないものかと今年は速めの植えつけた。

f0219710_06594619.jpg
日照不足で大根の生育が悪いが・・・

f0219710_07013537.jpg
防虫ネットの中の白菜は順調に結球が始まった。

f0219710_07030549.jpg
裏山登山道には 千振が咲く

f0219710_07042271.jpg
f0219710_07045490.jpg
アキノキリンソウも

f0219710_07053461.jpg
はら キッコウハグマ(亀甲白熊)も

f0219710_07065030.jpg
一緒に見せてあげたいが・・・

f0219710_07080147.jpg
ほら 一番早く紅葉するウリハダカエデだよ! 





by yuzu-miu | 2016-10-28 07:10 | 独り言 | Comments(6)

紫千振・梅鉢草

体調不十分で瓶ヶ森は無理かな?・・・うう~んやめておこう!

安芸太田町のシンボル山、深入山の紫千振・と梅鉢草に逢いに行こう!

f0219710_06544823.jpg
南登山道は止めて、東登山口へ向かう

f0219710_06565168.jpg
いち早い満天星躑躅の紅葉とススキが秋到来を告げる

f0219710_06591323.jpg
竜胆があちこちに顔を出す

f0219710_07004964.jpg
梅鉢も可憐に

f0219710_07021373.jpg
一服松までやって来た。 此処から先が紫千振の尾根道だ

f0219710_07040547.jpg
ほらッ もう一番上が開花しそうに あと一週間持つかな?

f0219710_07062278.jpg
f0219710_07065523.jpg
ひーちゃんが来るまで待ってやってね!

f0219710_07083512.jpg
大山火口はもう残骸化

f0219710_07104108.jpg
もうすぐ山頂

f0219710_07120338.jpg
これはまた 初々しい竜胆だ

f0219710_07130627.jpg
山頂。正面は臥龍山

f0219710_07143448.jpg
林道コースへ  今年は寂しい松虫草

f0219710_07160806.jpg
秋の麒麟草

f0219710_07172142.jpg
聖湖 バックは中央が高岳、右後方は春日山

f0219710_07192661.jpg
少しだけ残っていた黄花秋霧
f0219710_07213677.jpg
白山菊?
f0219710_07223867.jpg
山火口
f0219710_07232844.jpg
火口薊
f0219710_07242955.jpg
千本槍かな?
f0219710_07253991.jpg
楢林の紅葉はまだまだ先だな~

f0219710_07265438.jpg
南登山口へ下りて来た

f0219710_07274429.jpg
梅鉢草と竜胆のコラボレーション

男一人で花と会話する姿、どう受け止められているのかな~?

うう~ん やっぱり寂しいな~~



by yuzu-miu | 2016-10-17 07:30 | 山野草 | Comments(2)

黒ダキ山(1085m)

広島県の山も130座を越えるともう登れる山を探すのが大変だ。

ネットで、この黒ダキ山のルート図を手に入れ この月の12日の月例会に計画していたが・・・

どうも気になって、下見登山してきたが・・・これじゃ仲間に怒られる事になっただろう!

f0219710_06375494.jpg
黒ダキ山? 地理院地図にも名前が無い。場所は十方山の南西、立岩ダムの入り口瀬戸の滝に近い所だ。
国道186号線吉和の女鹿平から県道296号に入り立岩ダム(竜神湖)手前の立野キャンプ場入り口の大きな看板を見て、鋭角に
左手の林道へ入ると直ぐにキャンプ場の駐車場がある。

S,駐車場8:30~1,尾根取り付き口9:40 :50~2,尾根出会い11:05~3,黒ダキ山頂11:25 昼食 11:45~4,出会い12:05~5,小松原橋
14:00 :05~G,駐車場14:25 全行程5時間55分(登り:2時間55分 下り:2時間40分)14,000歩

f0219710_07030018.jpg
出発点の立野キュアンプ場

f0219710_07040615.jpg
細見谷橋を渡ると直ぐに立ち入り禁止のクサリ、廃道になった林道を進む
f0219710_07074396.jpg
生い茂る笹や低木、倒木大きな落石を乗り越え崩落した斜面を横切り進む
f0219710_07110602.jpg
昔は馬車道だったのかな?岩を削って作った道を窺わせる場所もある。
f0219710_07150495.jpg
1,尾根取り付き口 沢山のテープを目印に急登する
f0219710_07175024.jpg
もはや道では無い踏み跡は殆ど無く、ひたすら尾根中央を進む、点々と残るテープを見つけるとほっとする。
f0219710_07203218.jpg
未だ辛うじて生きているブナの木におびただしいキノコ
f0219710_07214211.jpg
ヒラタケと思うが持ち帰らず
f0219710_07231702.jpg
熊ササの丈も短くて歩き安いブナ林
f0219710_07244785.jpg
ありゃッ これは季節外れのウスギョウラク?
f0219710_07265811.jpg
ミヤマアキノキリンソウ
f0219710_07274236.jpg
そしてシャシャンボ、ブルーベリーの味沢山食べて元気でました。
f0219710_07293027.jpg
北東に十方山が見え隠れ
f0219710_07314111.jpg
黒ダキ山頂 何故か灰皿がある。展望無し山名標識も無し
f0219710_07335239.jpg
ズームしてますが、南西遠くに吉和冠山が見え隠れ
f0219710_07352385.jpg
サワフタギの実も青から黒に
f0219710_07364342.jpg
尾根出会いにも灰皿が・・・ここからは下りだけ
f0219710_07382021.jpg
下りも殆ど藪漕ぎ続き
f0219710_07392639.jpg
ミヤマシキミの実が可愛い
f0219710_07401712.jpg
ナラタケ これも持ち帰らず
f0219710_07415880.jpg
マイタケ これも持ち帰らず・・・間違いないと思うのだがやっぱり怖い。
f0219710_07472603.jpg
川音が大きくなったもうすぐだ!
f0219710_07484155.jpg
小松原橋脚まで降りて来た。
f0219710_07495881.jpg
キャンプ場までの車道脇にアキチョウジ
f0219710_07503536.jpg
ヤマシロギクが労ってくれた。
f0219710_07522657.jpg
立野水力発電所への導水管

いや~下見して良かったな~ 12日は別の山にしよう!






by yuzu-miu | 2016-10-09 07:54 | 山歩き | Comments(4)

立山・大日を縦走する(3)

第三日目 26日は天気が崩れ70%降雨予報(25日朝の予報)、宿で相部屋だった山口、宮崎、金沢、韓国さんらと話しが弾んだが・・

明日の天気が心配で豪栄道の全勝優勝を見逃してしまった。寝る前にはほぼ終日雨、昼前後に5mm程度の雨の予報・・・

朝降ってたら止めて帰ろう! お休みzzzz・・・

5時起床、窓を見る おおッ 奥大日も剣御前も立山も頂がすっきり見える。 これで本当に雨になるの?

天気予報を確認、1~2mmの雨予報である。その程度なら登って帰ろう!早く出れば剣岳の姿を見れるかも・・・

支度を整え、6時に朝食を終えるとすぐさま出発!
f0219710_06561645.jpg
ヒュッテ発6:07~新室堂乗越6:42~2511mピーク8:00~奥大日岳8:40 :45~中大日岳10:10 :20~大日小屋10:30~大日岳往復~
大日小屋11:30~大日平小屋13:30 (本来ここで宿泊の予定だったが、このまま下山する事に)13:50~登山口15:25~称名滝往復~
バス停16:40(最終便)~立山駅17:00 :20🚙立山IC~🚙🚙🚙🚙🚙敦賀🚙🚙舞鶴🚙🚙加西🚙🚙新見🚙🚙広島🚙自宅着1:50

朝5時から翌日2時まで、山歩き10時間 ドライブ9時間 一睡もせずの強行軍でしたが 無事戻ってこれました。

f0219710_07232917.jpg
6:07さあ あの山へ 手前は2511ピーク、右が奥大日岳、左が大日岳 天気が持ってくれれば良いが~~
f0219710_07304728.jpg
雄山の山頂もくっきり見える
f0219710_07324564.jpg
6:50 新室堂乗越えから 雷鳥沢ヒュッテと地獄谷の噴煙が見える。 しかしこの後すぐに小雨が・・・
f0219710_07370053.jpg
奥大日への尾根道が続く
f0219710_08212694.jpg
私が来るのを待って咲いてくれたような チングルマ一輪
f0219710_08242387.jpg
ミヤマリンドウは未だ眠っていた
f0219710_08263579.jpg
ヤッホー 剣岳 50年程前 宇奈月~トロッコ~欅平~阿曾原~池ノ平~小窓~三ノ窓からヘルメットも特別な装備も無く登頂し、
黒部ダム~針ノ木~扇沢へと降りた事を思い出すが、今の様に記録写真を撮ることが無かったな~~
f0219710_08362595.jpg
あの早月尾根を登ってみたいな~~
f0219710_08385891.jpg
GOTHOさん早く~ッ 剣が見えるよ! 早くしないとガスにかくれるかもよ~!
f0219710_08422022.jpg
GOTHOさんにシャッター切って貰った 有難う!
f0219710_08442280.jpg
咲いていたミヤマリンドウ
f0219710_08464367.jpg
あれに見えるは薬師岳
f0219710_08480175.jpg
f0219710_08484187.jpg
雨のハシゴ場、クサリ場 滑るから気を付けて!
f0219710_08504174.jpg
七福園の岩 あのてっぺんに雷鳥が止まっていたのだが・・・ズームしているまに逃げちゃった
f0219710_08535763.jpg
七福園の池 
f0219710_08564742.jpg
10:30大日小屋に到着 GOTHOさんは此処で泊まり、明日室堂へ下って帰るという、また何処かでね さようなら!
f0219710_09000611.jpg
大日岳山頂の祠 私の守り本尊である大日如来に無事の下山を祈願しました。この頃から雨脚が強まる中急な岩道を降りる
f0219710_09044342.jpg
2時間の急な下りを降り大日平の長い長い木道を進む
f0219710_09070582.jpg
大日平小屋でカップラーメンを食べ、小屋の裏手の展望所から不動滝を見る
f0219710_09094736.jpg
延べ2kmは超える木道。特に湿原や野草があるようにないが、弥陀ヶ原と対でラムサール条約で守られているのだろう。
f0219710_09131846.jpg
岩に張り付いて咲く大文字
f0219710_09143007.jpg
ヤマハハコ
f0219710_09154204.jpg
ヨメナ?
f0219710_09162790.jpg
アキギリ
f0219710_09171701.jpg
ヤマハッカ
f0219710_09183165.jpg
テンニンソウかな?
f0219710_09201125.jpg
クロバナノヒキオコシ
f0219710_09212048.jpg
フユワラビ
雨で滑る岩道、泥濘もこの様な花に見守られ
f0219710_09234622.jpg
もう少しで称名滝だ
f0219710_09243714.jpg
落差350m(日本一)だそうです。

長々と閲覧して頂きありがとうございました。 明日は動画をお見せしますよ!


by yuzu-miu | 2016-09-30 07:38 | 山歩き | Comments(6)

立山・大日を縦走する(2)

第二日目 9月25日 一ノ越山荘4時7分発~雄山5:10 :20~大汝山5:40 :50~富士ノ折立6:15 :20~真砂岳7:25~別山7:55

北峰ピストン~南峰8:15~剣御前小屋9:00 :25~雷鳥沢河原11:00~雷鳥沢ヒュッテチェックイン11:30~ミクリガ池廻りを散策し、

山荘の温泉で二日ぶりの汗を流す。

f0219710_13185492.jpg
5:10 ガレ場の急登をヘッドランプ一個で(こんなに早く登り始めたのは私一人だけ)雄山山頂に立つが、周りは真っ白なガス

f0219710_13242496.jpg
雄山神社も神主が寝ていて参拝出来ず

f0219710_13275886.jpg
5:40 大汝山頂 休憩所も空いていない

f0219710_13295188.jpg
5:50 大汝の岩の向こう ガスが色ばむ しかし縦走が終わるまで日差しに恵まれず。

f0219710_13340635.jpg
6:15 富士ノ折立山頂

f0219710_13353257.jpg
f0219710_13360502.jpg
イワツメグサ もう冬が来るよ(尾根道は気温6℃、5m程の風を受け更に冷たい)

f0219710_13404653.jpg
7:25 真砂岳山頂  剣山(剣沢)から帰る若者にシャッターお願いして

f0219710_13434108.jpg
7:55 別山(南峰)山頂

f0219710_13452993.jpg
9:00 剣御前小屋に到着 ここで朝食はどんべ~一個

f0219710_13474739.jpg
剣沢への道 少しの雪渓が見える

f0219710_13493407.jpg
下山に掛かると ガスが晴れて来た
f0219710_13503602.jpg
紅葉が美しい中 こころ弾ませるんルンに下る
f0219710_13521794.jpg
噴煙の上がる地獄谷 その直ぐ近くに今夜の宿雷鳥沢ヒュッテが見える
f0219710_13545208.jpg
そうあの白い建物がヒュッテです

f0219710_13562375.jpg
f0219710_13571076.jpg
チングルマの紅葉に囲まれてシラタマが映える

f0219710_13584806.jpg
f0219710_14004799.jpg
ミネカエデの紅葉の真下に今夜の宿が見えた
f0219710_14031699.jpg
ミヤマキンバイが咲き残っていた
f0219710_14052196.jpg
沢へ下りて来た 今日ガスの中を歩いて来た 立山がすっかり晴れ渡って チクショースタートがもう2時間ほど遅ければ
後ろ立山の山並みも遠く槍・穂高反対側の白山も見えたかも~~!

f0219710_14102714.jpg
f0219710_14152316.jpg
もう宿入りか~ やっぱりスタートを遅くしておけばな~ しかし(ガスで見れなかった)ご来光も見たかったしな~

f0219710_14182771.jpg
しょうがない室堂平を観光客と一緒に散策しよう
f0219710_14202725.jpg
ミクリガ池も風波の為 雄山を映していないな~

宿に戻って温泉に・・・アツ 熱いッ! 全く湯船に浸かれず仕舞いでした。

夜はまた、明日の天気が気になり寝付けない。70%雨という、雨だったらもう明日にでも広島へ・・・

ZZZZZZZ・・・・・




by yuzu-miu | 2016-09-28 14:28 | 山歩き | Comments(5)

立山・大日を縦走する(1)

夏に行く予定だったが、急性胃腸炎で中止してた立山遠征。

9月24・25・26日に一人旅して来ました。

その第一日目は 広島🚙立山駅🚠美女平🚌室堂平・・・浄土山・・・一の越山荘(泊ZZZ・・・)

f0219710_06530630.jpg
9月24日 広島自宅発1:20🚙福山SA・草津PA・小矢部川SA・立山駅P10:00着🚠・🚌室堂平12:00 12:15~浄土山北峰・南峰13:25~

一ノ越山荘14:10チェックイン 約9時間のドライブの方が疲れた一日だった。

f0219710_07113658.jpg
室堂平は観光客で賑わっていた。(半分は台湾他の外国人?)

f0219710_07142428.jpg
所謂立山 右から雄山・大汝・富士ノ折立 全山紅葉の真っ盛り

f0219710_07181526.jpg
先ずは浄土山を目指す

f0219710_07194986.jpg
これは? シラタマノキかな?

f0219710_07211880.jpg
チングルマの紅葉と花毛

f0219710_07232132.jpg
団体さんが登って来る

f0219710_07242812.jpg
頂上直下は石道 チョッピリ楽しい

f0219710_07272168.jpg
浄土山には 山名も標識も何もない 軍人慰霊碑 富山大学立山研究所なる建設物があるだけ。

室堂平など眼下は見えるが遠くの山並みは雲の中で、黒部ダムを隔てたすぐ東の針ノ木・爺ヶ岳・鹿島槍南の薬師岳も全く見えない。

明日を期待して今日の山小屋一ノ越へ降りよう!

f0219710_08092391.jpg
山荘が見えて来た。

f0219710_08120207.jpg
この赤い実は?アカモノかな?

f0219710_08143088.jpg
正面の別山の後方にうっすら頭を覗かせているのは剣岳? ズーム

f0219710_08174443.jpg
ーイン やっぱり剣だ!

f0219710_08193957.jpg
山荘へ下りて来た(右の建物は公衆トイレ) 明日は此処を登るのか~

f0219710_08213601.jpg
夕日が見たいと頑張るが・・・望みなし 今日は未明1時起床で眠い・・・はよ寝よう・・・

でも明日の天気が・・・zzzz・・・zzzz・・・

夜半になって激しい風が窓・屋根を叩く、目が覚めたらもう眠られず・・・

by yuzu-miu | 2016-09-28 07:31 | 山歩き | Comments(6)

金峰山(山口790m)

きんぽうざん みたけさんとも呼ばれている山口県周南市北部にある金峰山。
3年前だったか?初登頂を計画していたが・・・その金峰山の東2~3kmにある金峰郷集落で5人を殺害し4軒を焼き払うという事件

があり中止が続いていたが・・・もうよかろうと・・・出かけてみた。

f0219710_06271391.jpg
二俣橋を渡った道路脇の駐車場に車を止め P,8:25発~1,分岐8:45~2,最期の水場8:55~3,思い出の丘9:25 :30~4,一の岳9:45
~5,金峰山10:00 :10~6,明神藪コース分岐10:20~7,送電鉄塔廻り10:35で明神藪への道を探すが、見つからず15分程タイムロス

~8,林道出会い11:10~9,垂門バス停11:50~P駐車場12:50 15,000歩 
明神藪の湧水とかやらを見たかったが、道標どころか全く整備されてない藪漕ぎ状態で・・・断念せざるを得なかった。

古いガイド版やねっと情報は これだから大変!山頂部も足元が全く見えない状態で三の岳への道も不明だった。

f0219710_06593243.jpg
出発点

f0219710_07013616.jpg
もう彼岸花が咲きだした
f0219710_07033465.jpg
f0219710_07044726.jpg
最期の水場 此処からが登山道

f0219710_07063270.jpg
良く手入れされた植林帯 道もしっかりして

f0219710_07081586.jpg
思い出の丘?

f0219710_07092156.jpg
急登に咲くシラヤマギク

f0219710_07132454.jpg
苔むす岩場の急登道 もう少しで一ノ岳だ

f0219710_07152267.jpg
一ノ岳 その向こうが二ノ岳(金峰山)だ!

f0219710_07173380.jpg
山頂直下は足元の階段が全く見えない藪漕ぎ(50mほど)

f0219710_07200094.jpg
f0219710_07204906.jpg
二等三角点もカヤの中

f0219710_07221609.jpg
f0219710_07243084.jpg
ロープ止めがあるが、此処から石ゴロゴロ夏草茂る道を明神藪コースへ

f0219710_07280212.jpg
あの鉄塔の手前から左に折れるのだな

f0219710_07295015.jpg
しかし、明神藪への道は見つけられず もうこんな藪漕ぎは嫌だ!

f0219710_07321186.jpg
林道に出てしまった。この林道は垂門への林道だな・・・道程は長いがもうしゃない歩こう!
f0219710_07352929.jpg
f0219710_07360618.jpg
f0219710_07371896.jpg
垂門の車道から 右が一の岳 中が金峰山 左が三の岳
アスファルトの道を1時間40分も歩く長旅だった。



by yuzu-miu | 2016-09-12 07:41 | 山野草 | Comments(2)