タグ:地域情報 ( 302 ) タグの人気記事

あさきた里山 ー29座目ー



そろそろゴールデンマスター取得申請しようかな?

今回は安佐北区小河内の滝山(692m)。直ぐ隣にある牛頭山は馴染だが、滝山は初めてだし情報も少ない。

「山歩きと山野草のページ」さんの情報をもとに単独登山して来た。(「山歩きと山野草のページ」さんいつもお世話になっております。)

f0219710_07032227.jpg
平黒瀬集落の最深部に登山口、何処まで車で行けるのか?止める所は有るだろか?と細いながらも舗装道路を注意深く進み、

P,点に広場を見つけ駐車した。(途中ヘアピンカーブ辺りには尾根道があるかもと探したが見つからず)

P,駐車地9:20発~1,登山口9:30~2,矢が谷口9:40~3,矢が谷集落跡地上10:00~4,主尾根鞍部10:25~5,滝山山頂10:40
11:07~6,鉄塔展望地を間違えて、行き止まりに11:30~7,鉄塔展望地11:55 昼食 12:10下山開始

*ここで、何故道を間違えたかは ①上の山地図を自宅に忘れていて、送電線が何処を走っているか判らず ②案内板の向きが
不明確且つ間伐材放置の為北尾根への道が塞がれていた為であるが・・・地図忘れが一番ミス!

~8,鞍部分岐12:20~9,集落跡地上12:40~1,登山口12:55~P,駐車地13:05着 14,000歩

f0219710_20001837.jpg
p,点左に下る道があり、その手前に広場が、勝手に駐車する。

f0219710_20041811.jpg
そこには、松田さん手作りの案内坂が、三つの水車を見て600mで松田邸。水琴窟や六角堂休憩所がありますので寄って下さいと・・・

f0219710_20084401.jpg
細いけどコンクリート舗装の道が続く、点々と民家が見られるが

f0219710_20135784.jpg
こんな廃屋が目に付く

f0219710_20122835.jpg
水車や

f0219710_20104474.jpg
キケマン

f0219710_20165837.jpg
カキドオシが迎えてくれて

f0219710_12400812.jpg
松田邸の庭には水琴窟、六角堂休憩所も設けられており、登山客にお茶のサービスで賑わったそうだ。そのご主人は昨年他界され、
奥様が受け継いで接待されています。

f0219710_12443030.jpg
僕が来るまで待ってくれてなかったね~~ 今から登って来ます!

f0219710_12464723.jpg
松田家代々の立派なお墓が・・・何代続いてきたのだろうか? その石像の後方に・・・

f0219710_12490086.jpg
うんあれが滝山だろう!

f0219710_12495430.jpg
登山口近くには種々雑多な廃棄物、あの廃船の先に登山口があるのかな?

f0219710_12524154.jpg
1,登山口  矢が谷コースとある・・・他にもコースがあるのだな。

f0219710_12562486.jpg
2,矢が谷口 左が矢が谷集落跡へ下りる道、登山道は右手の巻き道を行く、山頂まで1.3km

f0219710_13013200.jpg
イカリソウにも逢えた

f0219710_13025583.jpg
4,主尾根鞍部T字路 鉄塔展望地への向きが悪いな~(後で思った愚痴)右手山頂へ向かう

f0219710_13093436.jpg
5,山頂は北側のみが開けていて

f0219710_13124591.jpg
木々の向こうに見える山は?・・・そうだ龍頭山だ!右から前龍頭、中龍頭、本龍頭と判る姿だ!

f0219710_13164428.jpg
鉄塔展望地で昼食しようと・・・4,の標識の向き、地図を持参してなくて送電線の位置が判らないなどで、鉄塔と反対側の
尾根を進むが、このピンクのテープを最後に道が無く、引き返す。

f0219710_19305445.jpg
7,鉄塔場 北側には送電線の先に五輪山、その向こうには大箒山

f0219710_19334908.jpg
南側の右手前は滝山の袖、送電線の先には牛頭山、その左先には堂床山 その間のはるか向こうに白木山が見える。

さあ今日はこれで下山するが・・・滝山山頂の東に延びる道と南に下る道を確認出来たので、次回は周回コースを歩いて見よう!

f0219710_19445181.jpg
裏山は散り始めたコバノミツバツツジ、此処は満開の時期だった。

さあ次は何処に?







by yuzu-miu | 2017-04-21 07:38 | 山歩き | Comments(1)

あさきた里山 ー28座目ー

靄色に染まってきた山々。 この日は26℃夏日の中あさきた里山の28座目、長者山(571m)に・・・

f0219710_06425165.jpg
市緑化植物公園から立石山~長者山コース

P,第4駐車場8:40発~1,立石直登口9:20~砂利敷管理道~2,畑賀峠9:34~3,立石山(500m)9:56 10:05~4,ミノコージ峠10:20 :30~
5,千畳岩(555m)10:40 :46~6,長者山(571m)~7,ミノコージ峠11:57~8,立石山12:20 ;25~9,緑相談センター12:40~P,13:07着

f0219710_07015896.jpg
駐車場の八重紅枝垂桜

f0219710_07031225.jpg

f0219710_07034423.jpg
山桜も満開

f0219710_07050098.jpg
管理道入り口のミツバツツジも満開

f0219710_07062467.jpg
にょきにょきと鎌首をもたげるマムシグサ

f0219710_07073466.jpg
これも満開だね~

f0219710_07091577.jpg
峠の展望台、此処から山道に

f0219710_07104495.jpg
整備が行き届いていて歩き安い尾根道

f0219710_07120985.jpg
木段もあちこちに

f0219710_07133461.jpg
立石山 ここはあさきた里山でないのか?

f0219710_07150923.jpg
心地よいアップダウンの尾根道が嬉しい。

f0219710_07170031.jpg
送電鉄塔から三本木山と二ヶ城?

f0219710_07203449.jpg
蓮華寺・高城山の向こうには鉾取山塊

f0219710_07230110.jpg
あの反射板のある山が長者山?

f0219710_07250172.jpg
千畳岩から白木山の長い尾根

f0219710_07263587.jpg
千畳岩の裏側はチョットした岩稜で嬉しい

f0219710_07284887.jpg
長者山山頂 自身あさきた里山の28座目の登頂だ!

f0219710_07305924.jpg
山頂に咲き残って待ってくれてたタムシバの花

f0219710_07323042.jpg
ヤブ椿も沢山

f0219710_07340785.jpg
植物公園に降りて来た、新緑の芽吹きが美しいな~

f0219710_07355945.jpg
おおッ フデリンドウだ!

f0219710_07373384.jpg
背丈はたったの1~2cm 可愛い花です。

f0219710_07394268.jpg
ベニモクレン?かな

初夏を思わせる一日、20,000歩超えの楽しい山歩きが出来ました。 感謝!



by yuzu-miu | 2017-04-17 07:43 | 山歩き | Comments(5)

花見 -ミスミソウー

カタクリの里の直ぐ傍には、未だ登った事の無い男鹿山・女鹿山があるので・・・登りたいが、山靴も時間も無いので・・・
登山口の確認にだけ行った。男鹿山は東京スカイツリーと同じ高さ634mで、山頂部に自生南限と言われるスズランが咲くそうだ。

5月下旬頃にスズランに逢いに来る事として・・・今日は富士山に登って帰ろう!

と三次市吉舎町、ユキワリイチゲの里の直ぐ西にある富士山(とみし山471m)に・・・・

僅か200~300mの道程で360度大展望の山頂に立てる。雲海やご来光が期待出来そうな所でした。

そこで思いもしない可愛い花に出会った。



ヒノキ林の中、植栽であろうけど自然に溶け込んだ???


f0219710_06520028.jpg
コバイモ? いや違うアマナだよ!

f0219710_06532800.jpg
カタバミ? 違うよこれはミスミソウ。 えッツなんでこんな所に!

f0219710_06553669.jpg
f0219710_06561851.jpg
f0219710_06565895.jpg
f0219710_06573487.jpg
f0219710_06581010.jpg
来てみて良かったね~!

f0219710_07001790.jpg
山頂には展望休憩所と街路灯まであり、宿泊して夜景・雲海・ご来光を楽しめるな~ 何時か泊まりに来ようよ~!

f0219710_07050810.jpg
とみしの里を撮っていたら

f0219710_07064924.jpg
うひゃ~ッ! ヒノキ花粉の飛散です。

帰ってから、花粉症が悪化して大変でしたが、桜・カタクリ・ミスミソウに逢えた楽しい一日でありました。



by yuzu-miu | 2017-04-13 07:11 | 山野草 | Comments(4)

花見 -カタクリー

御調八幡宮を後にして🚙🚙🚙府中市上下町宇根地区へ

男鹿山・女鹿山の北の谷、鹿の食害が無いのかな?と車窓から見る田園風景には鹿除けの柵は見当たらない。

鹿山と言いながら鹿が居ない(鹿害無い)みたいだね!

f0219710_13370673.jpg
おお見事、見頃だね~

f0219710_13381760.jpg
f0219710_13392246.jpg
f0219710_13400852.jpg
シロバナも

f0219710_13413405.jpg
ショウジョバカマとのツーショット

f0219710_13425912.jpg
直ぐ近くの休耕田には水芭蕉も楽しめる

f0219710_13444108.jpg
地元の皆さま手作りの山菜セット 土筆とシュンランの酢の物、雪の下・バラの花等の天ぷらそして桜の花が浮かぶお吸い物
とても美味しく頂きました。ご馳走様でした!

さあ次は富士山に登りに行こう!!

by yuzu-miu | 2017-04-11 13:49 | 山野草 | Comments(0)

花見 -桜ー

府中市のカタクリの前に、三原市御調八幡宮の桜見物に寄った。

このお宮の謂れについてはpuumama.exblog.jpを参照してね!

f0219710_06435112.jpg
f0219710_06451177.jpg
f0219710_06472744.jpg
f0219710_06481175.jpg
f0219710_06485978.jpg
イノシシが狛犬?
f0219710_06503745.jpg
石燈篭の苔雫も桜色
f0219710_06524722.jpg
f0219710_06532818.jpg
八重の桜も華やかだが

f0219710_06544282.jpg
やっぱりこれが一番!

さあ~カタクリの里へ~~~

by yuzu-miu | 2017-04-11 06:55 | デジカメウォーク | Comments(0)

あさきた里山 ー27座目ー

久し振りにあさきた里山に・・・

広島市安佐北区久地の花みどり公園の北に位置する高八山(429m)に初登頂。

久地通りの西川ゴム工場前を南に400m程道路が拡張している場所に駐車P,8:35分発~1,谷道・尾根道分岐8:38~2,夫婦ツガ8:50~
3,分岐9:38~4,山頂9:42 :45~5,特養老人ホーム上10:15~P,駐車地10:30着

登り1時間12分 下り30分 車道歩き15分 歩数5,300歩(四つん這いや滑り降りの為かやけに少ない)

f0219710_19461069.jpg
北(西川ゴム工場)を向いて右手の拡幅部に駐車。中央部に階段が見えるが、

f0219710_19490717.jpg
右手の階段を登り墓地の横の谷筋を登る(ここには登山口の標識は無い)。

f0219710_19515810.jpg
シュンランの花芽が・・・半月後が開花かな?

f0219710_19532957.jpg
1,尾根・谷分岐 左の尾根コースを取る  が谷コースの合流点は不明?(2,夫婦ツガに分岐があり、此処へ上がってくるのかな?)

f0219710_19580928.jpg
高度差約100m程の急登は四つん這いもしばしばに・・・

f0219710_20020676.jpg
2,夫婦ツガの巨木を分岐道から撮影し右手の山頂へ向かう

f0219710_20053292.jpg
4,山頂も途中も展望は無し。北東と南東にテープ道があるが南東の道を下る。

f0219710_20085166.jpg
古いテープはあるが、ふみ跡の薄い急降を滑るようにして・・・

f0219710_20105782.jpg
特養ホーム専用?のゲートボール場まで降りて来た。何スミレ?

f0219710_20124145.jpg
これも思い出せない? 鬼の落とし蓋とか言ったっけ・・・

f0219710_20142353.jpg
特別養護老人ホームの上から、荒谷山の長い主尾根を望む

f0219710_20164263.jpg
藤棚の道を下り金閣寺の池

f0219710_20180113.jpg
グランドゴルフ場から高八山を振り仰ぐ

f0219710_20193099.jpg
フッキソウ(富貴草)別名吉字草ともいうが、草ではなく木(ツゲ科)です。

f0219710_20233056.jpg
吉山川の上流には岳山が見える。

今日はお昼ごはんを一緒に食べれるぞ~~~







by yuzu-miu | 2017-04-01 20:26 | 山歩き | Comments(2)

岳浦山(491m)

kirakuさんの登山記録を参照して、呉市倉橋町にある岳浦山へ登って来た。


倉橋火山には3度登っているが、その西にあるこの岳浦山には初めてである。

f0219710_12593125.jpg
西宇土港の突堤の根元の駐車地に車を停め、P,10:25発~突堤で写真~1,登山口10:45~谷筋の岩場道を行くつもりが、何故か尾根
に上がり気が付いたが、元に戻らずそのまま尾根道を進み~2,谷コース合流地11:00 :10~3,大向コース分岐11:35~4,岳浦山頂

11:55 12:10~5,大向下山口13:10~P,駐車地13:35 13,000歩 

f0219710_13161633.jpg
西宇土港突堤から岳浦山を望む

f0219710_13181456.jpg
登山口近く、山桜が満開状態

f0219710_13200328.jpg
登山口。右手の道は行き止まり、左手の谷筋に少し下って行く。

f0219710_13220731.jpg
この小さな沢筋を登って行くが・・・いつの間にか右(東)の尾根への道へ・・・まいっかそのまま尾根道を進む。

期待してた岩場が無かったが、谷筋コースの合流点で確認すると結構楽しめそうなコースだと思えた(今度はこの谷筋コースを登ろう!)。

f0219710_13321281.jpg
急斜面にしっかりと頑張るスミレ

f0219710_13341484.jpg
西宇土の集落と全く知らない瀬戸の小島が点々と。この日は春霞でスッキリ見えない。

f0219710_13375614.jpg
岩コースはあの岩の下を登ってくるのだろうか? あの岩鳥に見えませんか?干支の鳥に会えました。

f0219710_13413912.jpg
あちこちの孤立する岩にはロープが垂らしてあるが・・・もう登れる自信がありません!

f0219710_13443341.jpg
ヒサカキや

f0219710_13463402.jpg
シキミの花が満開で良い香りの中を高度を上げて行く

f0219710_13484357.jpg
山頂直近の岩場から桂浜方面の眺め

f0219710_13503538.jpg
倉橋火山

f0219710_13534252.jpg
二等三角点の山頂は木々に囲まれ展望無し

                
f0219710_13524550.jpg
左に降りれば西宇土、岩コースに未練が残るが・・・ここは右大向へ向かう。

f0219710_13580454.jpg
尾根道には珍しい竹が散見された。

f0219710_14003471.jpg
381ピークだったかな?能美島の砕石場が見えるが霞みの為、色(海・山・空とも)が無いのがね~

・・・・とここで、これ以上の撮影は出来ません(容量)の表示が出た。
えッツ 何故?調べて見るとSDカードが入っていない!本体メモリー容量が満杯なのだ。がっくり

ピーク、ピークで素晴らしい景色が有ったのに・・・もう黙々と下山するのみ!
下山後も車道を黙々と25分、駐車地へ

もう一度は登って見たい(岩コースと山頂から宇和木への尾根歩きもしてみたいものだ)。





by yuzu-miu | 2017-03-24 14:13 | 山歩き | Comments(2)

あさきた里山 ー26座目ー

2月2日は夫婦の日だそうだが・・・我が家には何事もない けど・・・近場の山歩きにして昼食も一緒にしてやろう!

25座目はあさひが丘団地の北の守り権現山(445.2m)

f0219710_12084790.jpg
広島動物公園を過ぎて左折、広島最大級の住宅団地あさひが丘団地の八丁目の北の端、日浦中学校の後ろに座るのが権現山。

P,団地外れの道に駐車して、9:08出発~1,十字路9:20~2,日浦神社9:40~3,展望地~4,三角点9:50~5,488m(後山?)10:00
10:10~1,十字路10:20~6,エドヒガン別れ10:28~7,エドヒガン大木10:36 :40~8,あさひが丘一丁目車道10:55~P,駐車地
11:20着 10,000歩

f0219710_12330045.jpg
登山口 左の細い道を行き、最初のお宅の手前から左の山道に入る。

f0219710_15100732.jpg
植林の斜面を徐々に登る

f0219710_15113750.jpg
十字路 直進します

f0219710_15124309.jpg
燈明杉

f0219710_15134829.jpg
でっかい パワーを貰えそう!

f0219710_15162438.jpg
f0219710_15175561.jpg
三角点は山頂より40m以上低い所に(何故?)

f0219710_15212546.jpg
荒谷山の西に岳山、その向こうに東郷山も見える。眼下にはあさひが丘団地

f0219710_15234148.jpg
先日登った野登呂山の右向こうに武田山・火山・丸山・大茶臼が見える

f0219710_15293689.jpg
東には、やはり先日登った押上山、すぐ後ろに阿武山が

f0219710_15313740.jpg
エドヒガン大木 彼岸の頃に咲くというが、3月下旬頃にもう一度訪ねて見よう!

f0219710_15340006.jpg
f0219710_15344735.jpg
下山後振り返る

f0219710_15355745.jpg
真ん中の登山口も確認、左の道へ進んですぐ山道が、次回はこのルートを登りエドヒガンへ降りよう!

何とか昼前に帰り着き、さっそく夫婦で昼食 夫婦の日が終わった。











by yuzu-miu | 2017-02-03 12:30 | 山歩き | Comments(2)

あさきた里山 -25座目ー

もう2月に 早いなあ~ と言っても1月は裏山13回、他6回の計19回の山歩きしてるのだから・・・しっかりと生きている。

31日は本串山(572.5m)へ

f0219710_06395160.jpg
国道191号線を加計に向かう途中、布の集落を過ぎ左手太田川の対岸に水力発電所を見て、更に鋳物工場をやり過ごして道が左に
カーブする所で右に鋭角に曲がる細い道路がある。しゃくなげ園・つりぼりへ向かう道を遡り右平花園の里入り口前に駐車。

P,花園の里入口8:55出発~1,山の家9:10~2,大杉神社9:20~3,十文字峠9:40 :45~4,#72鉄塔10:00~5,#73鉄塔10:08~
6,本串山山頂10:10 :15~7,尾根分岐10:20~8,#75鉄塔分岐10:45~9,#75鉄塔10:55 11:10~6,本串山山頂11:48~
3,十文字峠12:05~10,展望地12:20 :25~11,折り返し点12:30~3,十文字峠12:45~2,大杉神社13:13~P,駐車地13:40着

f0219710_07243522.jpg
花園の里入口の看板、右手の橋を渡るのだが、格子戸が閉まり入れない・・・仕方なくその先の橋を強引に渡り入園(ごめんなさい)

f0219710_12463750.jpg
無数のシャクナゲの林の中を潜り山道に入る。

f0219710_12492698.jpg
多くの花芽を付けたシャクナゲ、開園時は入場料を払わないといけないだろうけど・・・見ごたえがありそうだ。

f0219710_12524618.jpg
右平の滝を見て高度を上げて行く

f0219710_12542263.jpg
大杉神社 地主さんの守り本尊として、二本の巨木と一緒に祭られている。

f0219710_12572383.jpg
樹間から朝日が射す 良く手入れされた気持ちのいい杉林の中を進む

f0219710_13004411.jpg
3,十文字峠に着いた 左は牛頭山へ、直進は宇津への下山道か?右は本串山へ向かう

f0219710_13054028.jpg
4,#72鉄塔から あれに見えるは水越山?

f0219710_13110103.jpg
6,本串山山頂 展望は効かない

f0219710_13135322.jpg
7,の尾根分岐を右に行きたかったのだが、直ぐ間違いに気づいたがそのまま暫く行くと、点検路の分岐8,に出た。
此処から谷へ下り、登り返すと

f0219710_13193894.jpg
9,#75鉄塔へ 此処から525ピークへ急登し本串山へ引き返す

f0219710_13224839.jpg
本串山への道は、およそ登山道とは言えない雑木林の斜面を木々につかまりながらの喘ぎ道
途中でタヌキと鹿を見かけたが、写真には納められず・・・

f0219710_13272172.jpg
鹿が立ち止まっていた場所には、湯気が上がるおいしそうな甘納豆が・・・

f0219710_13294713.jpg
本串山へ戻ってきた。樹木の山頂の向こうに#73の赤白鉄塔が見える

f0219710_13342327.jpg
10,送電線下の木々を伐採した箇所に展望が開ける。

f0219710_13373003.jpg
飯室・勝木の街並みと水越山、ずっと先に白木山の山並みが続く

f0219710_13423813.jpg
飯室のコムズ、その後方に中国道のインターも見える

f0219710_13455668.jpg
11,引き返し点から、本串山を振り返る。

この日の歩数は16,000歩 1月の総歩数は420,000歩超え 一日平均13,000歩を達成だ!






by yuzu-miu | 2017-02-01 07:28 | 山歩き | Comments(2)

極楽寺詣で

極楽往生を願い、極楽寺参りに行こう!
どうせ行くなら長い道のりを歩いてみたいと・・・

ネットでルート検索するが、あまり長いルートを紹介したものが見当たらず。

地理院地図を開くと、沢山のルートがありそうで・・・歩ける道かどうかは不明だが、河内南の彩が丘団地から行けそうだと・・・

f0219710_07525453.jpg
途中確認出来なかった道もあるが、番号順に歩いて来た。
 
河内南一丁目の西端道路脇に駐車(P)し、8:40分出発~1,砂防堰堤右岸8:45~2,尾根鉄塔9:00~3,運動公園分岐9,05~4,風の沢9:25
沢を詰めて行くが、道は無しで引き返し9:48~5,荒谷林道別れ9:51~6,#69鉄塔10:03~7,小畑山(617m)10:30 :35~

8,椿乗越11:02~9,牛池分岐11:10~10,663mピーク11:30~11,三角点(693m)12:00 昼食 12:20~12,極楽寺12:25 :35~
13,蛇ノ池12:50~14,牛池13:05 :10~8,椿乗越13:25~15,荒谷林道口14:00~P,駐車地14:23

歩行距離:13km 全行程:5時間42分 歩行時間:4時間40分 25,000歩 頑張ったご利益あるでしょうか?

f0219710_08325616.jpg
駐車地から直ぐ、正面小高い位置に調整池がある。右手の橋を渡り沢沿いに調整池へ向かう

f0219710_08355576.jpg
1,砂防堰堤右岸 この先直ぐに沢に降り、直ぐに尾根へ取り付く

f0219710_08393341.jpg
2,尾根道には鉄塔が並ぶ

f0219710_08410068.jpg
3,運動公園分岐 植物公園まで2.7㎞だ

f0219710_08425682.jpg
f0219710_08431905.jpg
素晴らしく整備された中国自然道を進む

f0219710_08450482.jpg
4,風の沢 この沢を詰めれば大杉尾根への近道だが

f0219710_08465719.jpg
道らしい道は無く、遂に藪漕ぎ・・・いややめておこう引き返す

f0219710_08491858.jpg
7,小畑山617m

f0219710_08512537.jpg
8,椿乗越

f0219710_08524341.jpg
11,極楽寺山展望三角点(693m)

f0219710_08564319.jpg
極楽寺展望台から、右手の島が宮島。11日に参拝登山に行きますよ~

f0219710_08594237.jpg
カミさんのボケが進まぬ様に、しっかり祈願しました。

f0219710_09015307.jpg
蛇の池 この日は気温2~6℃だったので湖面の氷結は無く・・・

f0219710_09051737.jpg
15,荒谷林道へ2.5kmの分岐標識 その上部(降りて来た道)は倉重墓苑が売り出し中

f0219710_09092387.jpg
荒谷林道への道程は再び中国自然道

f0219710_09110317.jpg
オオルリの沢を渡り

f0219710_09123329.jpg
もと来た鉄塔尾根へ 正面には火山~鈴ヶ峰の広島南アルプスが横たわる

f0219710_09152450.jpg
チョットズームして、ほら左端が我が裏山の火山、中央に丸山 右端が大茶臼だよ!










by yuzu-miu | 2017-01-08 09:19 | Comments(2)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧