沼田アルプス? 初縦走

去る3月13日の事である、無残な震災の報道に心が痛み・・・無性に歩いていたい、そんな気持ちになり。

我が家を8時半に出て、家~大原~細坂~若葉台~久地境原~岳山登山口~千年杉~岳山~姫路峠~
??峰~横滝山~天狗嶽山~奥畑バス停~三城田~我が家迄の約20km歩破を試みた。

(緑は舗装された車道。赤線が整備された登山道、赤破線は踏み跡の消えた尾根道。舗装道が行き帰りで約13km、山道が約7kmだが・・・尾根道が行けるだろうか?

しかし、強行軍が後に長患いの原因となったようなのだが・・・

f0219710_914965.jpg

岳山は久地の皆さんにより、登山道も整備され、千年杉も保護管理されており登山者も多い。

しかし、峰続きの奥畑の山は地図にも名前の記載も無く、尾根の道も荒廃しているらしい・・・行けるかな?
家から一時間20分程度で登山口、それから10分程度で千年杉へ

f0219710_9214435.jpg


f0219710_922958.jpg

パワーを貰いさあ岳山へ・・・とそこへ携帯電話・・・我が菜園にイノシシが入って荒しているとの事。
前々日に荒されて、ジャガイモの半分を食べられ、急遽に植えなおし防獣柵も手直ししたばかりなのに

がっくりときたが、この山歩きを終えてからでもと・・・更に歩きを続けた。

f0219710_9285637.jpg

岳山山頂から久地境原の棚田。一休憩の後姫路峠へ・・・凄い急登道を滑るように降りる。

f0219710_9331458.jpg

峠の道標。右は阿戸をへて加計へ、左は阿戸をへて水内・湯来へと・・・

しかし此処から先の尾根筋は本当に、登山道と言えるものではなかった。倒木やブッシュを乗り越え、潜り抜け①の511mピークには山名を書いてたと思われるプレートが落ちていたが、全く読めないものだった。

そこからいくつかのピークを進み②の637.2mのピークには、

f0219710_9482451.jpg

横滝山の文字が読み取れる。H12,2,2 に登ったようだが・・・きっと雪道を歩いたのであろう。

③のピークには天狗嶽山と読めそうなプレートが残っていた。

f0219710_958691.jpg

尾根は見晴しの利く所は少ないが、沼田カントリーゴルフや

f0219710_9594766.jpg

戸山地区、東郷山が見える。

f0219710_1014873.jpg

約7kmの尾根を昼飯も立ち食い状態で4時間の歩行時間で降りてきた。

f0219710_1042043.jpg

中国道の下を潜り、家までの7kmを一時間20分。家にたどり着いたのが4時20分、合計7時間50分。
やあ~疲れた!・・・・帰宅したその足で菜園へ走る。

f0219710_10914100.jpg

見事にジャガイモも食い荒らされて・・・一メートル程の川崖からイノシシが・・・今まで川からの侵入は無かったのに・・・

その日は応急手当をし、翌日、翌々日とジャガイモの植えなおしと、川側の柵取り付けを行った。
金棒格子柵・杭それに種ジャガイモの購入に13,000を要した、痛い出費だ!

この後から、喉が痛く、咳が止まらず20間ほど苦しみました。

# by yuzu-miu | 2011-04-18 10:19 | 山歩き | Comments(4)

久地冠山を越えて

昨年noraさんに教えてもらった宇賀峡のサツマイナモリは未だ咲いているだろか? と訊ねて見たくなったけど、宇賀峡だけに行くのは、面白くない・・・そうだ久地冠山を越えて行こう!

吉和冠・湯来冠・石見冠山・可部冠・中野冠に続いて六つ目の冠に登る事になる。

f0219710_7355877.jpg

野間平発電所の前の駐車場に車を止め、登山口→冠山山頂へ一時間程度で登りつく。
下山はダムサイトへの道では近すぎるし・・・赤い線ルートにしようと考えていたが・・・その分岐点に着くと、尻高山まで一時間の標識。

f0219710_743517.jpg

尻高山への縦走路は消えていると聞いていたが・・・いけそうな感じ。よしこの際だ尻高山へのルートを調べておこうと・・・

しかし、その後がいけなかった!元の下山ルートまで戻るのはシャクだッと道も無い尾根を宇賀峡の方へ。
杉・檜の尾根はブッシュも少なく歩けたが・・・最後の渓谷に降りるのが予想以上に険しくて、岩海の空滝を5~6mほど滑り落ちたり、もう無理かなと不安になったり・・・しかし何とか渓谷に降り立ち、川を渡って・・・宇賀峡の林道へ出れました。

f0219710_7541697.jpg

こんな垂直に近い岩壁を降りてきました。9:10に出発して降りたったのが12:20だった。

f0219710_757166.jpg

まず迎えてくれたのがカタバミの花

f0219710_758877.jpg

シュンランの様な葉をしたこの花芽は???

f0219710_7591871.jpg

ルリソウだッ

f0219710_8204221.jpg

可愛くて綺麗だな~

f0219710_8221131.jpg

スズシロソウも

f0219710_8225487.jpg

あったけど・・・お目当てのサツマイナモリは影も形も見あたらない・・・どうしたのかな?もう遅すぎたのかかな~

f0219710_8251437.jpg

キブシが咲き

f0219710_826123.jpg

マムシグサも咲き

f0219710_8264748.jpg

ダンコウバイも

f0219710_8274228.jpg

カキドオシ

f0219710_8281732.jpg

ウマノアシガタ

f0219710_8291649.jpg

桜の向こうにフィッシングに興ずる若者達

f0219710_8304246.jpg

ダム堰堤の下、桜の花見してる人たち

f0219710_8323265.jpg

菜の花の源風景

f0219710_8333845.jpg

大田川へ降りて来た。ここから更に川沿いに3~4km歩きます。

f0219710_8355693.jpg

やっと見えてきた野間平発電所。私の愛車も見えてきた。

今日も歩行時間は4時間を越えていた。

# by yuzu-miu | 2011-04-14 08:37 | 山歩き | Comments(4)

石垣を好む花たち

桜を楽しんだ帰りは7kmの道のりを、田園風景を楽しみながら、棚田のあぜ道を歩いて帰ります。

棚田のあぜ道の石垣には・・・

f0219710_7324789.jpg

マスミレが咲き

f0219710_7335261.jpg

キランソウだったかな? キランソウ
f0219710_7343771.jpg


f0219710_7351323.jpg

これは?昨年調べて覚えたのに・・・思い出せない(クーッ) キジムシロ
f0219710_7364539.jpg

御免よ!また調べて忘れないようにするからね!
f0219710_73821.jpg

アッいけない!君の名も???  ムラサキサギゴケ
f0219710_7393377.jpg

やれやれ君の名も???スミレには違いないが・・・申し訳ないね~  タチツボスミレ
f0219710_741775.jpg

君はカキドオシ君だろ!隣との垣根を越えて蔓延る・・・いやいや?葉っぱがツタの葉状だからツタバウンランだったね!

やれやれ昨年一生懸命勉強したのに・・・名前が出てこないもどかしさ。

f0219710_746546.jpg

これはカラスエンドウ・・・豆の鞘で笛を作って遊んだ頃に戻りたい!調べ直ししました。

f0219710_7475459.jpg

今年は未だ土筆を食べてないと言っていた Tさんに持って帰ってあげようっと!

# by yuzu-miu | 2011-04-12 07:49 | 山野草 | Comments(2)