宇賀峡 ~その2

昨日アップの白い花、未だ名前が判りませんが・・・

f0219710_728447.jpg

このスミレは何スミレ?

f0219710_729965.jpg

この白っぽいタンポポは何タンポポ?

f0219710_7303990.jpg

これはマムシグサ?・・・エラが良く張っているし

f0219710_7321526.jpg

茎の袴の柄もマムシ模様じゃない、ミミガタテンナンショウですね。

f0219710_7383763.jpg

カタバミ。ミヤマカタバミじゃないよね!

f0219710_7402347.jpg

おおッこれは?

f0219710_7413245.jpg

キウリソウじゃないし???

f0219710_742552.jpg

ヤマルリソウかな?(まだ調べはついてません)

f0219710_7451431.jpg

そして、遂に見つけた!星の様!

f0219710_7465159.jpg

これがサツマイナモリだ!

f0219710_7485413.jpg

これも何だか判らない。

f0219710_7512552.jpg

これはウマノアシガタ。

f0219710_7523344.jpg

このスミレも先ほどのとは違うけど???

今回初めて入った宇賀峡は、植生豊富な所でした。何度も訪れる価値がある所だと思いました。
次回は渓流・湖の風景をアップします。
# by yuzu-miu | 2010-04-04 07:58 | 山野草 | Comments(6)

忠四郎山

広島市大竹市にある、忠四郎山(604m)に4人で登ってきた。

f0219710_7393217.gif


大竹市三つ石町から狭い道路林道を遡り三つ石分れに駐車して、
三つ石分れ(10:00発)→小ピーク(10:30)→米小屋山(544m:11:20)→車道(12:00)→峠(12:25)→

忠四郎山(12:45)→展望ピーク(12:55昼食、13:25発)→分岐(13:35)→三つ石分れ下山(14:45)
昼食30分と小休憩(5,5,5)の計45分を省いて、歩行時間は4時間の少しロングなトレッキングだった。

f0219710_7541635.jpg

先ずはコバノミツバツツジ(小さな小枝一つに花一つ)に迎えられ

f0219710_7561652.jpg

ゲンカイツツジ(小枝に2~3個の花)にも逢えました。

f0219710_7582849.jpg

ダンコウバイが沢山咲き初めていた。

f0219710_817044.jpg

此方はクロモジの花、ダンコウバイと見分けるには、枝を手折って匂いを嗅ぐ。

f0219710_8204862.jpg

登山道はかなり荒れていて、シダに覆われた道を掻き分け、風倒木を片付けながら・・・

f0219710_8245797.jpg

シキミも

f0219710_8262890.jpg

見事な大木の山桜

f0219710_8272941.jpg

綺麗だな~

f0219710_8293554.jpg

宮島や大竹コンビナート・岩国基地などの瀬戸の景色も素晴らしかった。
# by yuzu-miu | 2010-03-31 08:31 | 山歩き | Comments(6)

二つの岳山

広島県には安芸岳山と備南岳山がある。
安芸の秀麗岳山(だけさん:521.5m)は広島市安佐南区と安佐北区の境にある。

17日(水)に合同ウォーキングの折り返し地点から、皆と別れて安芸岳山に登った。此方は安佐北区久地地区の皆さんが、最近千年杉の廻りや新登山ルートなどの整備をされていた。

f0219710_975669.jpg

千年杉の紹介板。

f0219710_994377.jpg

幹廻り4.5m越え、直径にして1.5m位、一般に樹木は一年で直径にして1~2mmづつ成長すると言われるから、本当に千年に近い樹齢だろうと思う。

木の廻りには、ロープが巡らされ、大事な根を保護する対策がなされている。山の環境を壊さないで、親しみ易い登山道の整備をされてると感じた。

では、もう一方の備南岳山(だけやま:738.6m)はどうなのか?と22日(月)に単独登山をしてきた。
備南岳山は府中市上下町にある。車で片道2時間も掛かって行ったのだが・・・

f0219710_9241011.jpg

岳山→前岳と反時計廻りで縦走した。

f0219710_9264613.jpg

はさん岩、縁起でもない、これを見たものは破産しそうだ。

f0219710_9283144.jpg

ぬすっと岩、破産したので今度はぬすっとを働くの!

他に二郎岩・八畳岩・国引岩など大きな岩が沢山あったけど、奇岩と言えるほどでも無い。

f0219710_9323872.jpg

それよりも何よりも、山の頂付近の伐採が著しい。当日もチェーンソウで伐採していた。

眺望を良くしようとの整備事業と思うけど、これだけばっさり切り倒す必要があるだろか?
この様な無粋な山道整備は止めて欲しいものだ!

もうこの山には二度と来る気にならない。
残念な気持ちで一杯だったが

f0219710_9395719.jpg

見事な紅白のアセビに救われた。

f0219710_9412093.jpg


そしてこれ

f0219710_9421021.jpg

アケボノスミレ?ミヤマスミレ?葉っぱが丸くて小さいよ!

ぐるり回って、歩行時間は2時間足らず、またもや燃焼不足の山行きでした。
# by yuzu-miu | 2010-03-23 09:47 | 山歩き | Comments(7)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧