タイワンVsアメリカ  -フウー

トヨペット広島広域公園前店に車検に出したついでに、車検完了まで広域公園を散策した。

f0219710_7141257.jpg

例のフウの並木道の紅葉は既に終りを迎えていたが、このフウ並木で今頃気付いた事がある。

f0219710_716534.jpg

5~7裂に深く切れ込んだカエデみたいなのが、カエデバフウ即ちアメリカフウで、後述のタイワンフウより先に紅葉し先に落葉する。

f0219710_7202381.jpg

実もタイワンフウのそれより少し大きめだ。

f0219710_7214075.jpg

一方タイワンフウはこの様に、葉っぱは3裂である。

f0219710_7231920.jpg

実は同じ様だが、少し小振りである。

まじまじと観察出来ました。皆さんは知っていましたか?

f0219710_7251943.jpg

広域公園にはメタセコイアの紅葉も見られます。

f0219710_7262277.jpg

紅葉と言うより枯れ葉ですね。

f0219710_7272561.jpg

ツグミがいたのでシャッター切ったら飛び立つ寸前でした。

f0219710_7284262.jpg

ツワブキがこれから私の番よ!と言ってるようだ。

一時間のウォーキングで戻れば車検完了し11万円の請求書、痛いなあ~

この無料ブログも制限容量にあと少し、どうしょうかな?

# by yuzu-miu | 2010-12-03 07:33 | デジカメウォーク | Comments(2)

日浦山(346m) 陽だまり登山

12月01日:「あらかた7の会」今回はTさんご夫婦が風邪で不参加だったが、新たにIさんを加え3人の熟女との陽だまり登山でした。

出発は何時もの8:30このまま直に山登りに向えば、頂上での昼弁当には早すぎるなあ~・・・
そこで、宇品島の「ツチトリモチ」を見せてあげようと例の場所に行ってみた。

f0219710_721199.jpg

ありました「ツチトリモチ」。少し早かったみたいで、小振りなものが多かった。

f0219710_7223780.jpg

この案内も未だに健在に残っています。

f0219710_7234871.jpg

何時見ても不思議な植物だなあ~

f0219710_7254196.jpg

そしてこの巨大な楠の木

f0219710_727186.jpg

このパワーを貰おうと、熟女が手を回したが半分しか届かない5人がかりでやっとかな?

f0219710_7295439.jpg

目的の日浦山は、JR海田市駅の北東に横たわる安芸区民の人気の山です。春ゲンカイツツジやコバノミツバツツジの頃が最高な里山です。

計画は、このガイドコースどおりをと考えていましたが・・・今日は小春日和もいいとこで・・・ペースが落ち、結局鞍部からDコースを降りて、海田市駅のすぐ西にある区民センターの駐車場まで旧山陽道を歩いて帰りました。

f0219710_7393758.jpg

大師寺にお参りし・・・

f0219710_7404698.jpg

ネックレスした石地蔵さんに見送られ、ここから愈々登山道へ

f0219710_7424479.jpg

八十八箇所霊場の石仏とここからお別れし

f0219710_7441694.jpg

なだらかな道やこの様な急な木段を登る。この頃は既に汗だくだった。

f0219710_746361.jpg

わ~やっと頂上に・・・(この写真下山しかかって、あッ記念写真を撮ってなかったと引き返して撮りました)

f0219710_750185.jpg

私の後方に霞んで見える山は黄金山(この日は小春日和の春霞でちょっぴり残念な眺望でした)。

f0219710_7532491.jpg

この山の真下を潜る新幹線レール(幾度も新幹線があっと言う間に通りすぎましたが、シャッターが間に合いませんでした)。

f0219710_756267.jpg

こんな岩場もありました

f0219710_7573068.jpg

下山後に振り返る歩いた尾根。

f0219710_7582973.jpg

帰りの旧山陽道は所々古い屋敷や旅籠風民家に神社・仏閣も・・・こんな観音像もありました。

# by yuzu-miu | 2010-12-02 08:02 | 山歩き | Comments(0)

展望園地 「コシアブラの丘」

裏山(火山)へ登る人が大変多くなった。(20人/日位はいるだろうか?)
その内、山頂まではしんどくて・・・急登の始まる手前(標高300m付近)で折り返しておられる高齢者の方も数人おられるようだ。

これ等の方は一般道よりこの山道の自然の中を毎日ウォーキングする事が日課になっておられます。
しかし、その折り返し点は眺望が全くありません。

自分もいつかは、この方達の仲間入りせざるを得なくなるだろうなあ~・・・そこで、展望の効く折り返し点を今のうちに(元気なうち)作っておこうと考えついた。

一人で、既に展望園地造成を開始し一週間になる。

f0219710_7572167.jpg

標高250m位かな、登山口から25分~30分の位置、右にカーブして降りる登山道の左の尾根に入る道を開いた。

f0219710_80437.jpg

現在10m四方のシダ、笹竹、雑木の伐採と倒木の片付けを終えている中央部。

f0219710_833685.jpg

今現在、瀬戸内団地、若葉台、大原地区が見通せる。これから更に広域公園(ビッグアーチ)まで見通せる様にする予定である。

そして、最終的には、そうめん滝へのアクセス道もと考えている。そして登山道や園地の木々に名札も設置したい。これが私の「最後の残したい仕事」にしたいものである。

f0219710_8102449.jpg

この園地の名は、丁度その場所に直径30cmもありそうな、このコシアブラの木がすっくと立っているからだ。

f0219710_8124150.jpg

どなたか、この計画に賛同される人がおられたら手伝っていただけませんか?

作業を終えて帰り道、菜園に寄って野菜の収穫をして帰ります。

f0219710_8154361.jpg

白菜、大根、ニンジン、レタス、春菊などを収穫中。ビニールトンネルの中はほうれん草、水菜、小松菜などを栽培中。

先日、畑の出入り口の扉が誰かに開けられていて、イノシシが入り玉葱やえんどう豆、そら豆などの幼い苗を掘り返えされて・・・ついに扉に鍵を設置しました。

家に帰りつくと、可愛いお客人が

f0219710_822288.jpg

skちゃんです。おねえさんのmmちゃんはカメラを向けると顔を隠して写真を撮らせてくれませんでした。

# by yuzu-miu | 2010-11-28 08:24 | ボランティア | Comments(4)