琴引山(ことびきさん1013m)

10月13日、NWC山クラブ7人で島根県飯南町頓原の南に鎮座する琴引山に登った。
「出雲風土記」に大国主命が琴を弾いたと記されている山だ。

f0219710_7512145.jpg

この案内書とは逆のコース、スキー場の駐車場に車を止め、十畳岩→大神岩→琴引山→琴の岩屋→敷波登山口→駐車場と歩いた。

累積標高差±580m、歩行時間:約3時間、歩行距離:6.5km。

f0219710_81821.jpg

真ん中のリフトの左側を登りつめ、其処から先が登山道。

f0219710_820096.jpg

どれが山頂か?

f0219710_820447.jpg

気をつけて行ってらっしゃいと言ってるのか?

f0219710_8221360.jpg

ゲレンデの途中から振り返ると、「ワ~ッ 三瓶山が~ッ!」

f0219710_8234775.jpg


f0219710_825029.jpg

大きな左右の夫婦岩の間の石段の上に琴弾山神社。

f0219710_8275733.jpg

山頂のケルンの向こうに大万木山。

f0219710_8293673.jpg

頓原?の町並みの彼方に三瓶山。

山頂でコーヒーを沸かし、タップリ一時間女性群のおしゃべりを聞き、「さあ~そろそろ降りようよ!」

f0219710_8324767.jpg

此処が琴の岩屋、右側の岩穴の中で大国主命が琴を弾いたそうだ。

f0219710_8354624.jpg

穴の入り口から階段があり、3mぐらい降りた所に

f0219710_837120.jpg

祭壇らしき段と広場が、さらにその奥にも狭いトンネルが地下深く続いているようだが、ランプが無ければ入れない。

f0219710_8393726.jpg

敷波の登山口に下りてきた(この鳥居が目印)。

f0219710_8412479.jpg

ベニバナボロギク

f0219710_8422681.jpg

季節外れの蛍草

f0219710_843560.jpg

未だ飛んでいたアサギマダラ

久しぶりの略フルメンバーでの山歩き、楽しい一日となりました。
今月末(27日)は三段峡で紅葉狩りと芋煮会開催が決定したぞ・・・楽しみだ!

# by yuzu-miu | 2010-10-14 08:47 | 山歩き | Comments(4)

鯛ノ巣山(1026m)

朝起きて急に猿政山に行こうという気になって、仕度をしていたら・・・「風呂の水残してるから、お風呂掃除お願いします」。カビキラーで床・壁の目地のカビ取りを終わらせたらもう八時半、すっ飛んで家を出ました。

三次から広島の北海道と言われる高野町を越え、島根県奥出雲町上阿井の可部屋集成館へ。この可部屋集成館の脇を橋を渡り内尾谷林道を入る、とガイドブック。

ところが、蕎麦屋の奥に真新しい橋があるのだが軽ならまだしも3ナンバーの車は通れそうにない。自然破壊を守ろうと、車乗り入れを拒んでの事か?

此処から林道を歩いて猿政山までは4時間位は掛かるだろうか?(現時刻10:30)
下山は17:00を過ぎるかも?・・・う~ん残念だが、今日は止めておこう!

このまま帰るのはやり切れぬ!と近くの鯛ノ巣山へ登った。

鯛ノ巣山の登山口からは、ツリフネソウ・サラシナショウマ・キバナアキギリ・ヤマハッカ・アキチョウジの群生が山頂まで楽しませてくれた。

f0219710_731253.jpg

シシウドも

f0219710_7313718.jpg

アキノゲシも

f0219710_7324537.jpg

どうした事か、ミヤマキケマンまで咲いていた。

f0219710_734328.jpg

ノコンギクも綺麗だった。

f0219710_7352240.jpg

アキチョウジの小道

f0219710_736116.jpg

地味だがカニコウモリも咲いていた。

f0219710_7371452.jpg

これは自然のナメタケだろうけど??? 採って帰る気にはなりません。

f0219710_738564.jpg

キバナアキギリの小道

f0219710_7394759.jpg

わあ~ユキザサの実だ~ッ!

f0219710_7405388.jpg

一時間半で頂上に(12:30)、あの左の頂が猿政山で右が毛無山。何時何処から見ても登りたくなる山だ。

この日は松江からの20人の団体さんや他3組9名の登山客にあった。
息子を連れた若い地元のパパに聞くと、「猿政山への内尾谷へ入る道はランクルでも十分入れます。
集成館の奥に広い橋が間違いなくあります。」との事、「帰りに今一度探してみましょう、有難う!」

f0219710_7515711.jpg

オオナルコユリの実

f0219710_7524796.jpg

ヤマハッカ

f0219710_7531613.jpg

ガマズミの実

f0219710_754030.jpg

オミナエシでなくオトコエシです。

駐車場に戻ると

f0219710_7551759.jpg

時分の顔の5倍位の大きなお腹をしたヤマカガシがお帰りと待っていた。
こんなお出迎えは要らないよ!

そして可部集成館の奥、内尾林道への橋を確認出来ました。イケメンのパパさん有難う!

# by yuzu-miu | 2010-10-12 07:59 | 山歩き | Comments(4)

池の段のトリカブト

昨年の初秋にnoraさんが紹介してくれた、池の段のトリカブトが見たくて・・・
初夏に下見に行って、池の段の湿地の場所を確認して・・・秋に行こうと思っていた矢先、noraサン達が行くと

の情報で12日、9時池の段駐車場で待ち合わせの約束し、9時丁度に着いたら、もう10分前に着いたとかで、「いらっしゃい!」「お久しぶり!」皆さん長靴でお迎えでした。

f0219710_721824.jpg

傍でキツリフネも出迎えてくれてました。

f0219710_7225961.jpg

立烏帽子と池の段の鞍部にトリカブトが、 何度も来た事があるのに、こんな所にも咲いていたのか!

f0219710_725554.jpg

イヨフウロ(シコクフウロ)

f0219710_7274536.jpg

イワショウブ

f0219710_7282944.jpg

これはトウヒレン?ホクチアザミ?ヒゴタイ?

f0219710_7304120.jpg

池の段から猿政・毛無を望み、今年も行きだせないかもね~

f0219710_7325494.jpg

リンドウ

f0219710_7335038.jpg

ウメバチソウ

f0219710_7344141.jpg

サラシナショウマ

f0219710_7353977.jpg

キュウシュウコゴメ

他アキノキリンソウ、マツムシソウなどを愛でながら

f0219710_737534.jpg

池の段南稜を湿原を目指して降りていく。向かいの山は福田頭の山塊です。

f0219710_74054100.jpg

湿原に降りると一面にシラヒゲがお出迎え

f0219710_7415886.jpg


f0219710_743254.jpg

アケボノソウも

f0219710_744762.jpg

そして目当てのタンナトリカブト

f0219710_7445683.jpg


f0219710_7453416.jpg

見事な花を満喫出来ました。

f0219710_7471479.jpg

池の段近くまで戻り、ちょっと早いが(11時前)弁当を頂きました。

f0219710_749201.jpg

池の段鞍部の中央には船通山とその右奥に大山が見えますか?

f0219710_7514490.jpg

頂付近に雲をかざした大山。秋の紅葉を見に行きたいなあ~

昼食後は竜王山へと向かいました。

# by yuzu-miu | 2010-09-14 07:53 | 山野草 | Comments(4)