紅葉だより(1) 比婆7座を歩く

離れて行く 山仲間 引き留める気にならず・・・

寂しさを打ち消すように・・・自身を痛めつける、そんな山歩きが続いている。

今回も単独で比婆山連峰7座を駆け抜けるが如く・・・

f0219710_17420002.jpg
広島県民の森を囲む7座 立烏帽子・池の段・御陵・出雲烏帽子・毛無・伊良谷・牛曳の順に時計回りで・・・

S,駐車場7:50~1,展望園地8:17 :21~2,池の段駐車場~3,立烏帽子(1299m)9:35 :40~4,池の段(1279m)~5,おっぱら越10:40
~6,御陵(1264m)10:38 :45~7,烏帽子(1225m)11:00 昼食 11:15~8,大膳原東11:40 11:45~9,烏帽子12:10 :15

10,出雲峠12:30 :32~11,毛無(1144m)13:05 :10~12,伊良谷(1149m)13:35 :37~13,牛曳(1144m)~14,滝~15,白樺林~
G,駐車場14:55 総工程:7時間5分 休憩:1時間10分 ロスタイム:1時間(大膳原往復) 歩行距離:18km
歩行時間:6時間  3,500歩 

f0219710_18134718.jpg
8:00前宿泊棟の脇を展望園地(手前側)へ向かう

f0219710_18155789.jpg
展望園地から、今日最後の山 伊良谷、牛曳を望む

f0219710_18184255.jpg
辛うじて残ったブナの黄葉
f0219710_18213422.jpg
ウチワカエデ
f0219710_18251295.jpg
瓜肌カエデ
f0219710_18260897.jpg
ブナの木立に立烏帽子が見え隠れ
f0219710_18273427.jpg
立烏帽子山頂
f0219710_18285662.jpg
池の段への道
f0219710_18301600.jpg
立烏帽子を振り返る
f0219710_18312567.jpg
ケルン付近
f0219710_18323813.jpg
立烏帽子、船通山の右向こうに大山が見えたが霞んで写真にならない

f0219710_18351195.jpg
向かう御陵、左には吾妻山
f0219710_18363383.jpg
イザナミノミコトが眠る御陵
f0219710_18374984.jpg
烏帽子山頂には烏帽子岩が
f0219710_18395373.jpg
毛無山頂
f0219710_18404535.jpg
これから向かう伊谷・牛曳
f0219710_18420155.jpg
伊良谷山頂 写真撮ってるのに動かぬ山ん婆 
f0219710_18442333.jpg
牛曳は山頂らしき場所がない
f0219710_18464008.jpg
ここから見事な紅葉の中
f0219710_18475918.jpg
f0219710_18484904.jpg
f0219710_18493859.jpg
f0219710_18503200.jpg
f0219710_18512665.jpg
f0219710_18521772.jpg
牛曳谷滝   さあそろそろ白樺林

f0219710_18542106.jpg
f0219710_18550961.jpg
f0219710_18555910.jpg
f0219710_18564964.jpg
f0219710_18574031.jpg
ベニ万作もあったぞ!
f0219710_18584904.jpg
ベニ万作の花も咲いていた 

何故か? 感動が湧かない 一人だからかな? 空しさすら感ずる一日だった。

共有出来る仲間が欲しいな~~



by yuzu-miu | 2016-10-31 19:03 | 山歩き | Comments(0)

今日この頃

先日ジュンテンドウに玉葱苗を買いに行く時、家内が一緒に行くと・・・

慣れぬストックを使って歩いていたが、もう疲れたよと言う。

そうじゃろう!ストックも使い慣れぬと難しいからね、ほらッ腕組んで歩こう。(長い事腕組みしてなかったな~)

「うん 有難う!」 ・・・「わあ~ ラクチンやわ~!」

しかし、昔に腕組んだ感触とエライ違いで づっしり重くすがって来る。

日頃は押し車を押して足早に歩いて、元気そうだが・・・捕まってないと歩けない程に、相当足腰が弱っている事を伺い知れた。

f0219710_06554787.jpg
玉葱300本植えつけた

f0219710_06564610.jpg
ここ数年べと病で不作続き べと病発生前に収穫出来ないものかと今年は速めの植えつけた。

f0219710_06594619.jpg
日照不足で大根の生育が悪いが・・・

f0219710_07013537.jpg
防虫ネットの中の白菜は順調に結球が始まった。

f0219710_07030549.jpg
裏山登山道には 千振が咲く

f0219710_07042271.jpg
f0219710_07045490.jpg
アキノキリンソウも

f0219710_07053461.jpg
はら キッコウハグマ(亀甲白熊)も

f0219710_07065030.jpg
一緒に見せてあげたいが・・・

f0219710_07080147.jpg
ほら 一番早く紅葉するウリハダカエデだよ! 





by yuzu-miu | 2016-10-28 07:10 | 独り言 | Comments(6)

白木~押手~白木~鬼ヶ城縦走す


               山思えば 人恋いし

                 人思えば 山恋いし
                         詠み人知れず

この時期になると、ひしと実感を感じるな~~~

24日 人思いつつ安佐北区の白木山(889m)、押手山(706.8m)、鬼ヶ城山(737m)の三座を縦走して来た。

f0219710_19114158.jpg
白木山駅裏に車を止めS,8:30発~1,穴地蔵9:05~3,5合目9:45~3,白木山頂10:40 :55~4,743mピーク11:20~5,押手山頂11:55 :57
~6,白木山13:10 昼食 13:25~7,狩留家分岐13:50~8,鬼ヶ城山頂14:30 :33~9,二十畳岩15:00 :10~10,車道出会い15:30~11,

上深川駅16:03 だが向井原方面(下り)への列車は16:51迄来ない・・・50分もあれば歩いても二駅先の白木山駅まで行けるかも?
16:11白木街道や三篠川沿いの農道を歩く・・・・・・・・・・・・・なんと1時間5分を要し17:15分に愛車に乗り込む。

歩行距離:約22km 全行程:8時間45分 歩行時間:7時間43分 37,543歩 いや~最後の二駅歩きが余分だったな~~

f0219710_19434209.jpg
登山口、右手の木段を一気に高度を稼いで尾根に乗る
f0219710_19464669.jpg
合目を刻む石佛が可愛く勇気をくれる

f0219710_19481703.jpg
穴地蔵

f0219710_19490391.jpg
化粧をした様な

f0219710_19504279.jpg
最期の水場で一息いれて

f0219710_19515224.jpg
白木山頂に立つ 360度の大展望、東南の山並みの更に向こうの雲海の向こうに石鎚山、瓶ヶ森、伊予富士、寒風山、笹ヶ峰の頭が
見えた。

f0219710_19565844.jpg
往復2時間を要した押手山頂、山頂も道中も殆ど植林で展望無し

f0219710_19591494.jpg
白木山頂に戻り 西方の阿佐山・天狗石・掛頭・臥竜・恐羅漢・十方・冠が見ながら昼食を

f0219710_20040356.jpg
狩留家の街並み この時はまさか此処を歩く羽目になるとは思わなかったが

f0219710_20060737.jpg
さあ~あの一番遠くのアンテナまで歩くぞ その向こうに広島南アルプスが横たわる

f0219710_20091814.jpg
これは?

f0219710_20100407.jpg
このアンテナ塔の為の林道から

f0219710_20114901.jpg
またこのガードレールの右手を抜けて とにかく林道は避け山道を探しながら進む

f0219710_20142582.jpg
尾根通しで鬼ヶ城山頂に出た。ここも展望は無し

f0219710_20162779.jpg
このアンテナ塔の左手を抜け急降下

f0219710_20180695.jpg
二十畳岩へやって来た でっかい岩がゴロゴロと

f0219710_20194550.jpg
大岩の向こうに高鉢山・槍が見える

f0219710_20213743.jpg
上深川の街並み

f0219710_20224392.jpg
南西遠くに宮島が浮かぶ

f0219710_20241717.jpg
降りて来た鬼ヶ城 大きな岩場が見える ズームしてみよう

f0219710_20262467.jpg
でっかい二十畳岩群

f0219710_20275663.jpg
三篠川沿い 狩留家駅近くから白木山(日が当たっている中央の山)

f0219710_20301509.jpg
もう少しで白木山駅の所で列車に追い越されたクッソ~











by yuzu-miu | 2016-10-25 20:33 | 山歩き | Comments(2)

紫千振・梅鉢草

体調不十分で瓶ヶ森は無理かな?・・・うう~んやめておこう!

安芸太田町のシンボル山、深入山の紫千振・と梅鉢草に逢いに行こう!

f0219710_06544823.jpg
南登山道は止めて、東登山口へ向かう

f0219710_06565168.jpg
いち早い満天星躑躅の紅葉とススキが秋到来を告げる

f0219710_06591323.jpg
竜胆があちこちに顔を出す

f0219710_07004964.jpg
梅鉢も可憐に

f0219710_07021373.jpg
一服松までやって来た。 此処から先が紫千振の尾根道だ

f0219710_07040547.jpg
ほらッ もう一番上が開花しそうに あと一週間持つかな?

f0219710_07062278.jpg
f0219710_07065523.jpg
ひーちゃんが来るまで待ってやってね!

f0219710_07083512.jpg
大山火口はもう残骸化

f0219710_07104108.jpg
もうすぐ山頂

f0219710_07120338.jpg
これはまた 初々しい竜胆だ

f0219710_07130627.jpg
山頂。正面は臥龍山

f0219710_07143448.jpg
林道コースへ  今年は寂しい松虫草

f0219710_07160806.jpg
秋の麒麟草

f0219710_07172142.jpg
聖湖 バックは中央が高岳、右後方は春日山

f0219710_07192661.jpg
少しだけ残っていた黄花秋霧
f0219710_07213677.jpg
白山菊?
f0219710_07223867.jpg
山火口
f0219710_07232844.jpg
火口薊
f0219710_07242955.jpg
千本槍かな?
f0219710_07253991.jpg
楢林の紅葉はまだまだ先だな~

f0219710_07265438.jpg
南登山口へ下りて来た

f0219710_07274429.jpg
梅鉢草と竜胆のコラボレーション

男一人で花と会話する姿、どう受け止められているのかな~?

うう~ん やっぱり寂しいな~~



by yuzu-miu | 2016-10-17 07:30 | 山野草 | Comments(2)

また急性胃腸炎に

12日は久々の月例会と楽しみにしていたが、11日夜中から突然の吐き気と下痢が・・・

翌朝仲間に断りのメールをして、病院へ・・・またもや急性胃腸炎 点滴を受け・・・もう大丈夫です。

13日は裏山歩きへ 高野箒は咲いたかな?

f0219710_07342231.jpg
可愛いキノコ でもこれは毒キノコ?

f0219710_07372588.jpg
これは?アカヤマドリ?それともノウタケ?

f0219710_07390315.jpg
ヤブコウジ

f0219710_07400321.jpg
おおッ 咲きはじめたなコウヤボウキ(高野箒)さあこれから秋が足早に来るぞ!

f0219710_07420067.jpg
宇品島のツチ鳥もちもそろそろかな?

今日の裏山はしんどかったな~~ 明日15日の瓶ヶ森は行けるかな???

15日朝:ダメじゃ~体調が優れない、足腰の関節がダルおも~というか脱力感が・・・

1,600mを越える山登りはチョットやばい・・・深入山の紫千振に逢いに行こうかな!



by yuzu-miu | 2016-10-14 07:46 | 独り言 | Comments(4)

黒ダキ山(1085m)

広島県の山も130座を越えるともう登れる山を探すのが大変だ。

ネットで、この黒ダキ山のルート図を手に入れ この月の12日の月例会に計画していたが・・・

どうも気になって、下見登山してきたが・・・これじゃ仲間に怒られる事になっただろう!

f0219710_06375494.jpg
黒ダキ山? 地理院地図にも名前が無い。場所は十方山の南西、立岩ダムの入り口瀬戸の滝に近い所だ。
国道186号線吉和の女鹿平から県道296号に入り立岩ダム(竜神湖)手前の立野キャンプ場入り口の大きな看板を見て、鋭角に
左手の林道へ入ると直ぐにキャンプ場の駐車場がある。

S,駐車場8:30~1,尾根取り付き口9:40 :50~2,尾根出会い11:05~3,黒ダキ山頂11:25 昼食 11:45~4,出会い12:05~5,小松原橋
14:00 :05~G,駐車場14:25 全行程5時間55分(登り:2時間55分 下り:2時間40分)14,000歩

f0219710_07030018.jpg
出発点の立野キュアンプ場

f0219710_07040615.jpg
細見谷橋を渡ると直ぐに立ち入り禁止のクサリ、廃道になった林道を進む
f0219710_07074396.jpg
生い茂る笹や低木、倒木大きな落石を乗り越え崩落した斜面を横切り進む
f0219710_07110602.jpg
昔は馬車道だったのかな?岩を削って作った道を窺わせる場所もある。
f0219710_07150495.jpg
1,尾根取り付き口 沢山のテープを目印に急登する
f0219710_07175024.jpg
もはや道では無い踏み跡は殆ど無く、ひたすら尾根中央を進む、点々と残るテープを見つけるとほっとする。
f0219710_07203218.jpg
未だ辛うじて生きているブナの木におびただしいキノコ
f0219710_07214211.jpg
ヒラタケと思うが持ち帰らず
f0219710_07231702.jpg
熊ササの丈も短くて歩き安いブナ林
f0219710_07244785.jpg
ありゃッ これは季節外れのウスギョウラク?
f0219710_07265811.jpg
ミヤマアキノキリンソウ
f0219710_07274236.jpg
そしてシャシャンボ、ブルーベリーの味沢山食べて元気でました。
f0219710_07293027.jpg
北東に十方山が見え隠れ
f0219710_07314111.jpg
黒ダキ山頂 何故か灰皿がある。展望無し山名標識も無し
f0219710_07335239.jpg
ズームしてますが、南西遠くに吉和冠山が見え隠れ
f0219710_07352385.jpg
サワフタギの実も青から黒に
f0219710_07364342.jpg
尾根出会いにも灰皿が・・・ここからは下りだけ
f0219710_07382021.jpg
下りも殆ど藪漕ぎ続き
f0219710_07392639.jpg
ミヤマシキミの実が可愛い
f0219710_07401712.jpg
ナラタケ これも持ち帰らず
f0219710_07415880.jpg
マイタケ これも持ち帰らず・・・間違いないと思うのだがやっぱり怖い。
f0219710_07472603.jpg
川音が大きくなったもうすぐだ!
f0219710_07484155.jpg
小松原橋脚まで降りて来た。
f0219710_07495881.jpg
キャンプ場までの車道脇にアキチョウジ
f0219710_07503536.jpg
ヤマシロギクが労ってくれた。
f0219710_07522657.jpg
立野水力発電所への導水管

いや~下見して良かったな~ 12日は別の山にしよう!






by yuzu-miu | 2016-10-09 07:54 | 山歩き | Comments(4)

不順な天気

26日遠征最終日から今日10月1日 雨☂☂☂☂☂6日間連続です。日照不足で畑の野菜は大丈夫かな??

これ以上続くと収穫に影響が・・・私の心身にも影響が出て来そうです。

立山遠征の画像を見ながら気分転換しています。

先ずは「雄山を降りてくる」: ひーちゃん見てね!貴女でもまだ登れると思うから。

雄山の頂(2992m)は見えませんが、登山者が一ノ越(2700m)へ下りてくる様子を撮りました。結構なお年寄りから児童達も、石ころ道

を降りています。此処から更に室堂(2500m)へは立派な石畳の道です。累積標高差は±600m足らず、往復距離5km、登り3時間下り2時間

もあれば十分です。


次は「雷鳥沢から200度展望」: 左(西北西)奥大日岳への室堂乗越え尾根から別山~真砂岳~立山(富士ノ折立・大汝山・雄山)~

一ノ越までの紅葉パノラマ映像です。フルスクリーンにしてご覧くださいね!


ラストは称名滝 : 落差日本一の瀑布ですが・・・周りに紅葉をあしらった滝の方が良いな~~


拙いカメラワークですが、観覧有難う御座いました。

ああ~秋の山旅にまた行きたいよ~~~



by yuzu-miu | 2016-10-01 10:00 | 独り言 | Comments(6)