<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福田頭(1253m)

家の中の方が熱中症になりそうな、暑い夏が続いています。

この夏の夏山遠征は何処にしようか? 白馬? 槍穂高? 常念・蝶? それとも立山? 思案投げ首まだ決めかねています。

そんな中、トレーニングとして、庄原市の比婆山連峰の直ぐ南に位置する福田頭(毛無山)に8㎏程の負荷を掛け単独登山をしてきた。

f0219710_13551847.jpg
福田上集会場の駐車場に車を止め。8:50に出発~2か所の獣柵を開閉して50分程度で①林道終点部。以前来た時は未舗装で終点だったが
今は立派な舗装道路で、更に延長工事が進んでいた。

そこから、一の滝・二の滝・三の滝を10:45~福田頭山頂11:50昼食12:20~下山口13:15~~カンカン照りの車道を50分、一台もの
車にも逢わずに集会場まで14:05にたどり着く。 歩行距離:11.5km 累積標高差:845m 19,500歩 いいトレーニングだった。

f0219710_14192956.jpg
最後の民家前のこの橋を渡り獣柵を開閉して進む。

f0219710_14212639.jpg
オオバギボウシとコオニユリが見送ってくれた。

f0219710_14230401.jpg
立派な舗装林道は左手へ伸びているが、真っ直ぐ先へも重機が入り延長工事する様だ。直ぐ先の右手にある木の橋を渡りいよいよ
登山道

f0219710_14281063.jpg
ありゃ~ハナイカダの実が残ってる。

f0219710_14295679.jpg
見ごたえのある一の滝

f0219710_14310902.jpg
二の滝

f0219710_14314389.jpg
三の滝とマイナスイオンを吸い込んで

f0219710_14331497.jpg
カリガネソウの群生の中を進む

f0219710_14345741.jpg
これはダイコンソウか?

f0219710_14360021.jpg
フシグロセンノウもいい色だ

f0219710_14371503.jpg
これは?山人参だったっけ?

f0219710_14384722.jpg
ガマズミか?

f0219710_14394949.jpg
トチバニンジンの実がたわわに

f0219710_14411696.jpg
サラシナショウマは未だ先だな~

f0219710_14435317.jpg
ウバユリはやっぱりウバユリだ!

f0219710_14470492.jpg
頂上近くツリガネニンジンの歓迎を受ける

f0219710_14484606.jpg
そして頂上のオオバギボウシ

f0219710_14494473.jpg
あの山は猫山?ネコヤマヒゴタイは9月かな?

f0219710_14515463.jpg
イヨフウロも咲いていた

f0219710_14530331.jpg
アキアカネが里へ下りる準備か 無数に飛んでいた。

f0219710_14544637.jpg
生まれたばかりのオニヤンマも居た

f0219710_14562263.jpg
竜王、立烏帽子、池の段、御陵 比婆山連峰が一望出来る。

f0219710_14581723.jpg
比和町民運動公園とカサベルデが見える

f0219710_15000794.jpg
兎舞台頭へやって来た、此処からは急降下だ!

f0219710_15021540.jpg
滑る足元に咲くヤンジノホトトギス さよならまた来るね!

f0219710_15035431.jpg
昇竜の滝付近にはソバナが沢山咲いていた。

f0219710_15054015.jpg
車が全く通らない炎天下の車道を50分歩く

f0219710_15071117.jpg
咲いているのはゲンノショウコばかりだった。

f0219710_15082195.jpg
カサベルデで一息。左手が福田頭、右手の井西山には登れないのかな~?



by yuzu-miu | 2016-07-29 15:10 | 山歩き | Comments(2)

船倉山(545.6m)

16日の午後に孫達が来るとは思わず、一人寂しく安芸宮島の対岸大野町にある船倉山と高見山への下見登山でした。

f0219710_19451697.jpg
20年も前かな?出来たばかりは王舎城と言っていた、海の見える杜の美術館駐車場に車を止め、
P,駐車場(9:20)~1,白糸の滝横(9:40)~2,分岐~3,船倉山頂(12:05 :10)~4,徒渉点(11:00)~5,P580m(11:25)折り返し
~4,徒渉点(11:35)~2,分岐(11:45)~1,白糸の滝口(12:05 :10)~P,駐車場(12:40)

f0219710_20070372.jpg
美術館庭園内から王舎城と右が船倉山、左が高見山

f0219710_20101640.jpg
良く手入れされた庭園内を進む

f0219710_20111027.jpg
庭園を抜けると滝の横まで車道を登る

f0219710_20134231.jpg
タケニグサが咲いていた

f0219710_20143146.jpg
気が付いたら滝の横に出た。下山時に滝の下へ降りて見よう

f0219710_20163783.jpg
滝の上から眼下 宮島口の街並みと宮島の大鳥居とフェリーの軌跡が見える。
8月11日の花火大会とディナーの夕べ(15,000円)という美術館レストランSEIHOの案内がうなずける見晴らしだ!

f0219710_20234021.jpg
船倉山頂(二等三角点)

f0219710_20244157.jpg
山頂から東方には廿日市、五日市鈴峯~火山その向こうに阿武山、白木山まで見える。

f0219710_20282000.jpg
白糸の滝へ注ぐ川の徒渉点

f0219710_20303213.jpg
白糸の滝へ下りて来た。思った以上に爆滝だ~!

by yuzu-miu | 2016-07-20 20:11 | 山歩き | Comments(3)

生かされて72年

7月14日は誕生日でした。

此処まで大病、大怪我もなく五体満足で生かされて、いや生きて来ました。

これも神様・仏様・父母・子供・孫それに仲間たちに守られてきたお陰です。 感謝、感謝ただただ感謝あるのみです。

感謝御礼の気持ちを込めて・・・

f0219710_13082013.jpg
裏山登山道を塞いでいた松の枯れ倒木を鋸引きし道端に片づけ

f0219710_13112080.jpg
f0219710_13115674.jpg
畑の中道100m程を草刈りのボランティア

子供達へ野菜を送り届けた・・・・・が・・・・「何か 忘れていませんか?」とメールする。

何事も無い誕生日 寂しい!~~~~~~~

と、孫達から次々と電話やメールが掛かって来ました。「じーちゃん お誕生日おめでとう! 何歳になったの?」

そして16日(土)山登りから帰って来ると・・・孫5,6,7号ちゃん達がケーキを下げてやって来た。

f0219710_13231001.jpg
早速バースデイパーティーの始まり始まり

   



by yuzu-miu | 2016-07-18 13:36 | 独り言 | Comments(3)

日晩山(743m)

ここ数日のカミさんアッシーに、三度三度の食事準備・片づけや イノシシ騒動で気分も体力もへとへと・・・

金土と雨の予報だし・・・気分だけでもリフレッシュしなければ・・・

真夏日(7月7日)は島根県益田市の日晩山(ひぐらし山)への単独初登頂でした。

f0219710_06375591.jpg
広島から国道191号を益田市美都町へ、そこから県道54号戸を結ぶ秋令道を南下し上波田(真砂)の農協横の空き地に駐車。
S,駐車地(9:25発)~1,猿田彦大神(9:45 :50)~2,3,日晩峠・東屋展望地(10:20 :30)~4,日晩山頂(11:20 昼食 11:50)~
5,蛇滝観音12:20 :30)~6,東屋~7,車道~G,駐車地(13:20)  全行程3時間55分 歩行距離7km 歩行時間3時間丁度
歩数:14,000歩 標高差:540m 

***風の通らない蒸し暑く、蚊や虫に追われ且つマムシ4匹に遭遇する山歩きだったが、気分リフレッシュ出来ました。

f0219710_07195365.jpg
農協手前の日晩峠コース登山口の標識が立つ民家

f0219710_07470784.jpg
直ぐに天満宮と八幡宮の並ぶ道

f0219710_07484550.jpg
日晩峠は益田・匹見・安芸を結ぶ街道で今も手入れがされている石見空港建設記念事業だったのかな?)。

f0219710_07535264.jpg
峠までの中間点、猿田彦大神、昔人の旅の休み場だった様だ

f0219710_07572206.jpg
峠には菅原道真の歌、芭蕉の句等を刻んだ石が並ぶ。匹見へ下る道はもう灰道になっている。

f0219710_08024390.jpg
峠から直ぐに東屋のある展望広場があり、北西方面の比礼振山と益田市街地、日本海が霞んで見える。

f0219710_08064499.jpg
タマゴタケ 傘が破れて可哀想

f0219710_08080638.jpg
日晩山山頂 展望広場となっている。この後ろには鉄骨の見晴らし台も、昼食は展望台にあがり食べました。

f0219710_08113840.jpg
春日山の奥に臥竜、深入、恐羅漢、広見、赤谷、冠、寂地など中国山地の峰々が広がる

f0219710_08150990.jpg
西方には青野山、十種ヶ峰も霞んで見える。

f0219710_08165546.jpg
これが展望台だが、展望は今一虫を除け昼食・休憩には丁度良い。

f0219710_08190930.jpg
山頂にはオカトラノオが群生していた。下りは北へ少し下り、植林の谷筋を西へ西へと

f0219710_08221443.jpg
杉林の暗い道にはムラサキニガナ

f0219710_08244083.jpg
水流る道や徒渉を繰り返し下る

f0219710_08264906.jpg
ヤマジノホトトギス

f0219710_08281066.jpg
トリアシショウマを愛でつつ

f0219710_08303884.jpg
昔の本流だった?深く狭い谷に設置された階段を登り

f0219710_08333877.jpg
この画面の右上に蛇滝観音様の祠が見える

f0219710_08360359.jpg
大小の滝が並ぶこの蛇滝コースは下山する人が少ない様で、道はかなり荒れているが、面白いコースだ!

f0219710_08392466.jpg
東屋広場へ下りて来た。石見空港開港記念事業の石碑がある。此処からは舗装道路で

f0219710_08420696.jpg
バス道へ降りて来た。この直ぐ上方に石見交通のバス停がある。

f0219710_08450148.jpg
上波田から、今縦走(右から左へ)してきた日晩山を仰ぐ。 島根の山ももうすぐ40座だな~












More こんな生き物が

by yuzu-miu | 2016-07-08 08:53 | 山歩き | Comments(2)

アーティーチョークの開花

イノシシに荒らされた畑の隅にあるアーティーチョーク(朝鮮アザミ)には被害無く・・・やっと咲きました。

f0219710_19071339.jpg
畑の中程に柵を移設、左側はもう耕作放棄します。柵の外にはナス・ピーマンが実ってますが、これらにはイノシシの興味は無い
のか被害は有りません(今のところ)

f0219710_19092642.jpg
その移設した柵のすぐ内側に ほら背丈150cmの茎の先に10cm程の大きな花が咲きました。

f0219710_19145619.jpg
青い蕊の直径は5㎝ほどです。

f0219710_19160487.jpg
種を撒いてから一年以上経ってやっと開花しました。 なかなか目づらしく、奇麗なので種を取り来年は耕作放棄地に撒こうかな?

畑の後片付けのあと

畑の周りを散策です。

f0219710_19203278.jpg
尻尾の短いオカトラノオ

f0219710_19213847.jpg
可愛い食べれそうなキノコですが・・・フクロッルタケという猛毒キノコの様です。

f0219710_19245893.jpg
ヒルガオですかね?

f0219710_19254333.jpg
右巻き、左巻き二本並んだ ネジリバナ

f0219710_19271054.jpg
忘れた名

f0219710_19275288.jpg
ヤブカンゾウ

チョット歩けば色々楽しめるな~





by yuzu-miu | 2016-07-04 19:29 | Comments(0)

一部耕作放棄

6月28日の朝 : 3年ぶりかな? 菜園にイノシシが入り、南瓜3本根こそぎ掘られ全滅。里芋も20/24本掘り起こされ、サツマイモも
根元掘り起こし5本の被害。 里芋、サツマイモは埋め戻したが・・・

f0219710_06533360.jpg
慌てて埋め戻しした里芋だが・・・

f0219710_06555035.jpg
6月30日 前回進入口と違う場所から もう埋め戻しても根付かない程に株元を食い荒らされた。

f0219710_06590776.jpg
これから実が大きくなる矢先の枝豆も葉っぱの殆どを食い尽くされ、光合成による充実は無理だろうか?

f0219710_07022389.jpg
収穫最盛期のキュウリも実もッルも引きちぎられ・・・

畑の周りの8割がたは、金格子で囲っていたが、1.5~2.0mの石垣のある部分は大丈夫だろうと・・・事実3年間は被害なしだった。

もう追加して金格子を購入・設置に投資する気にはならない・・・と言うことで、50坪の内の日当たりのあまり良くない4割程を耕作

放棄して、余った金格子を石垣の上に設置した。

これから、トマトやトウモロコシも実ってくるが、今度はカラスに狙われており・・・ネット張りを鳥獣との闘いはもう疲れたよ~~

f0219710_07172255.jpg
裏山ではノギランが咲きはじめた。

f0219710_07185539.jpg
畑のアーティーチョークは無事だが

f0219710_07195110.jpg
これが花? 未だこれから咲くのかな?

f0219710_07210822.jpg
裏山で見つけたキノコ アカヤマドリと言うらしい、表側は食べれそうだが

f0219710_07234551.jpg
裏側や茎はスポンジ状で ほんとにこれ食えるのと図鑑やネットで確かめて・・・

バター焼きして見たら・・・これがなかなかの美味でした。一夜明けても体の変調は無く大丈夫でした(笑い)。




by yuzu-miu | 2016-07-04 07:27 | 家庭菜園 | Comments(4)