陽だまり登山

今回の陽だまり登山は峨眉山 っと言っても中国(外国)の山ではありません。

中国は中国でも、中国地方山口県光市室積にある山です。

山と言っても標高1169m・・じゃなく116.9mの丘、今までで最低の山に登頂して来ました。

f0219710_07001285.jpg
光市室積6丁目西詰フイッシングパークの駐車場Pに車を止め9:15出発~67mピーク~1、杵埼分岐72m~2、杵埼神社~3、峨眉山116.9m~4、62mピーク~5、護国神社~6、鼓ケ浦展望台(11:15 昼食 11:45)~7、灯台~8,大師堂~9、普賢寺~駐車場13:20着

薄曇りでガスっていましたが、寒くもなく約8kmの舗装遊歩道を五つのアップダウンと暖地樹林帯・瀬戸の海景色を楽しみながら・・・
心地よいウォーキングでした(歩数13,000歩)。

f0219710_07284549.jpg
コンクリート舗装の遊歩道です。

f0219710_07300634.jpg
山全体バラバラと剥がれ易い岩盤からなり、その岩盤をがっちりと木の根が抱きしめています。

f0219710_07332207.jpg
ワッツ 大蛇か?

f0219710_07352460.jpg
岩盤の痩せ尾根に普段目にしない大木が・・・木々の名紹介が欲しいなあ~

f0219710_07381638.jpg
1、杵埼分岐から普賢寺、象鼻ケ岬の眺め

f0219710_07411413.jpg
杵埼神社、この崖下の海岸は草フグの産卵地だそうです(5月~7月産卵期)

f0219710_07441913.jpg
峨媚山山頂 常陸宮殿下御登山記念碑がでんと・・・

f0219710_07470802.jpg
ほんと 何という木だろうね 根元からいくつもの幹がぐにゃぐにゃと大きく成長している

f0219710_07500979.jpg
f0219710_07511177.jpg
4、62mピークには日和山跡(推定)の碑が

f0219710_07533412.jpg
5、護国神社

f0219710_07543810.jpg
やっほう~ 6、鼓ケ浦展望地に立つ

f0219710_07571053.jpg
f0219710_07582134.jpg
ガスってなければもっと奇麗なのだろうが・・・

f0219710_08000422.jpg
設置されているテーブルで絶景を見ながらの昼食は格別に美味しかった。

f0219710_08020484.jpg
象鼻ケ岬の灯台 対岸の白い建物はかんぽの宿「光」です。

f0219710_08050275.jpg
f0219710_08054984.jpg
弘法大師像

f0219710_08075567.jpg
大師堂で読経する女性信者

f0219710_08100336.jpg
あの峰々を歩いたんだね~

f0219710_08132724.jpg
普賢寺雪舟庭前から峨媚山を仰ぐ

f0219710_08151841.jpg
大きな立派な仁王門もある普賢寺

f0219710_08174568.jpg
天井に干支の彫り物が

f0219710_08185996.jpg
私の干支申 奇しくも今年の恵方南南東に?

今回の山旅はこれからの我々山遊会の方向を印すのかな~




by yuzu-miu | 2016-01-28 08:25 | 山歩き | Comments(6)

峠は越したのか?

今季最強の寒波到来で心配したが・・・この3日ほど最高気温がー1℃~4℃と記録的な寒さに感じたが、積雪は精々15㎝程だった。

23日の裏山は

f0219710_14571139.jpg
雪は殆ど無し

f0219710_14582193.jpg
でも遠くの大峯山は白く雪化粧

f0219710_14593206.jpg
山頂に降雪の印し程

24・25は雪が降っていたので、麓歩きだけ

26日の裏山は

f0219710_15033148.jpg
雪に埋まらずしぶとく残るコウヤボウキ

f0219710_15050867.jpg
5~8㎝の残雪を踏みしめて

f0219710_15061759.jpg
開けた山頂だが、意外と多くの残雪だった。

f0219710_15074363.jpg
春日野団地の空き地に陽が差して輝いている

f0219710_15093002.jpg
屋根にもたっぷり残雪が

f0219710_15103115.jpg
東郷山も白いな~

f0219710_15114567.jpg
一番手前はタヌキかな? 小さな3本爪の足跡はテン?オコジョ?

明日は月例の陽だまり登山 室積の峨媚山ウォーキングだ! 天気になあれ!






by yuzu-miu | 2016-01-26 15:16 | デジカメウォーク | Comments(2)

耐寒訓練ウォーキング

21日:前日に立案した雲月山スノーシュー登山。目覚めが悪く家を出たのが8時30分。道路はバリバリのッルッッル186号線温井ダム
から先は時速30~40kmでしか走れない状態で、且つ途中で除雪がされていない道があり、迂回を余儀なくされなど・・・

60km程の道程を2時間要した。帰路も今度はシャーベットの道で1時間25分を要した。
山登りより危険を感じ、気疲れした雪道ドライブだった。

f0219710_06442109.jpg
前日は7時に家を出発し、うまくいけばピンクの大廻ルートを考えていたが・・・
現地(土橋)着が10:20分で雪も深く(60~70㎝)思うようには行かず、また午後から雪が降り出し・・・

帰宅時間の制約もあり、赤線で示す約5kmを3時間15分歩いただけとなった。

土橋消防前10:30~1、中の谷分岐10:50~2、尾根取り付き11:20~3、千人立山頂12:15~4、休憩所12:30昼食12:50~5、下
駐車場13:00~2、中の谷分岐13:10~ゴール13:45

消防前から先は除雪されてなく、60㎝を超える積雪でなだらかな車道でも20~25㎝程沈み込み50㎝以下の歩幅しか稼げない。
尾根に取り付くと10~20㎝の歩幅、且つ10回程60㎝以上嵌まり込んだ。内1回は腰まで嵌り、おまけにスノーシューが抜けなく

なって、周りを除雪しスノーシューを脱いで後で引き抜く大苦戦(10分程)もあった。

f0219710_07170203.jpg
温井ダムの展望園地

f0219710_07183050.jpg
ホテル後方の大箒山。此処にも登ってみたいなあ~

f0219710_07202202.jpg
土橋に着いた、この先は冬季通行止め。愛車の直ぐ先からはガードレールも完全に隠れた60㎝以上の積雪だ。

f0219710_07233045.jpg
これから先は獣以外の足跡は無く、吾一人の道 気持ちが昂る。

f0219710_07262623.jpg
蟹股の足跡を残して進む

f0219710_07275517.jpg
雲月の頭の一部が真っ白に

f0219710_07293698.jpg
自然の芸術を鑑賞し

f0219710_07304742.jpg
ヤマガラの声援を受けて更に進む。

f0219710_07341823.jpg
車道歩きも此処まで、右手のヒノキ林へ突入する。

f0219710_07370237.jpg
初めの内は藪も無く、立木をかわして・・・

f0219710_07391973.jpg

8合目過ぎた辺りで、左手に深くえぐれた山道と思える溝に出会うが・・・そのままブッシュを何度も嵌まり込みながら進む。

f0219710_07434681.jpg
初めて登った千人立(877m)は葦が茂る平原だ、だから千人が立てるという訳か。

f0219710_07481217.jpg
目前に岩倉山が迫ってきた。

f0219710_07500211.jpg
登山口の看板が小さく見える

f0219710_07512732.jpg
休憩所が見えて来た。此処で昼飯を食べよう!

f0219710_07530301.jpg
休憩所屋根からずり落ちる雪

f0219710_07544295.jpg
正面に展望東屋が見えて来た

f0219710_07560306.jpg
東屋の後ろは高山 今度はきっと縦走しにくるからね~ さようなら~!

f0219710_07583331.jpg
やっと愛車が見える所まで。たった5km程の道程を3時間(6,000歩??? うそやろう~歩数計が作動していない、
少なくても12,000歩は)も要して・・・                                

たった一人の歩きもいいが、誰か一緒に行きたい人いませんかあ~~~emoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gif






by yuzu-miu | 2016-01-22 08:04 | デジカメウォーク | Comments(8)

雪景色を歩く

19日の雪は15cmを超えました。

f0219710_07204669.jpg
8時30分裏山歩きに出ようと思ったが、雪は未だ降り続いている・・・

f0219710_07242030.jpg
10時 雪は上がったが、溶けやすい雪が電線からボタボタ 山道も木々の雪がどさっと落ちて来そうだから・・・山歩きは止めておこう。

f0219710_07274870.jpg
安川沿い 伴駅を出るアストラム電車(平常運転してるようだ)

f0219710_07301434.jpg
下向Kさんの田んぼ道

f0219710_07314231.jpg
枝先の雪が溶け水滴が輝く

f0219710_07332441.jpg
トンネルの先は市立沼田高校

f0219710_07344391.jpg
遠く岳山を望む

f0219710_07361081.jpg
山陽道上り線はノロノロ運転してる

f0219710_07374875.jpg
裏山へ登った方が楽しかったかな? 




by yuzu-miu | 2016-01-20 07:39 | デジカメウォーク | Comments(0)

雪降った

昨夜 雨から雪に代わり・・・

今朝は

f0219710_06415036.jpg
未だ暗闇だが、ベランダ越しに ヨツ雪だ!

f0219710_06434039.jpg
フラッシュ焚いて ベランダは10㎝余りの積雪だ! 今日はこれから裏山散策が楽しみだ。

f0219710_06470662.jpg
その前に昨日の裏山 気持ちだけの積雪だった

f0219710_06491310.jpg
黄金山の向こうに上がる煙、坂の発電所の蒸気だな

f0219710_06523028.jpg
大柴水門(太田川放水路分岐)の水面が光る

f0219710_06542478.jpg
沼田伴 大原駅前マンションに架かる虹の橋

f0219710_06563112.jpg
陽を受けて、今にも咲きそうなタムシバですが・・・これから冬将軍が居座るそうだから、しばらくはコートの襟を閉めておけよ!

f0219710_06595199.jpg
麓では 蠟梅の香りが

f0219710_07005882.jpg
こちらは 黄梅

f0219710_07014898.jpg
石垣に寄り添って咲く ホトケノザ 

雪景色も見たいが、春の花も待ち遠しい~~





by yuzu-miu | 2016-01-19 07:04 | 独り言 | Comments(2)

広島湾岸トレイル (2)

昨年は 裏山145回 他65回の山歩きをし、2007年10月以降8年余りで 裏山が770回 他416回 計1,186回 320の山に登頂した。

ここ数年はエスカレートしブレーキがかからない状態が続く・・・

今年も今回で12回(裏山9、他3)二日を開けることなく歩いている。誰か止めて~

今回16日の湾岸トレイル体験会は、私のお庭コース。大町登山口~カガラ山~武田山~黒谷山~火山~小堀山~石山~観音山~丸山~大茶臼
~己斐峠でした。

f0219710_07221281.jpg
これは15日、のろし岩から 薄霧の市街地幻想的です

f0219710_07241514.jpg
私が山歩きを勧めた皆さん このグループは毎週月曜・金曜に歩いておられます。

f0219710_07274655.jpg
さて16日当日、大原の駅ホームから今日歩く裏山の山並みを(7:45未だ陽は隠れています。

f0219710_07310511.jpg
大町登山口を出発です(8:45頃)

f0219710_07330942.jpg
で大町観音水で、説明を聞きながら 美味しい超軟水を頂きました。

f0219710_07355234.jpg
カガラ山 此処でも 山を守っておられる方のお話しを伺った。

f0219710_07381591.jpg
武田山山頂 (銀山城址)廻りの史跡説明を受けながら 絶景を堪能

f0219710_07412433.jpg
弓場跡で弓遊びする岳人

f0219710_07455977.jpg
裏山(火山)で昼食を済ませ・・・権現峠。権現峠の自然を守るUさんの話しを聞く。

石山・観音山・丸山を過ぎたところで14:30を廻った。一人旅なら、もう己斐峠に下山してる時間です。

このまま己斐峠まで行くと16:00近くになる、そこから我が家へは1時間20分程かかるな~

カミさんの夕食が遅くなるので・・・此処で皆さんとお別れし我が家へ向かい15:30に無事下山。

17:00カミさんと夕食を共にしました。 皆さんお世話になりました。また火山に来て下さいね~

有難うございました。emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif


by yuzu-miu | 2016-01-17 08:04 | 山歩き | Comments(0)

広島湾岸トレイル 体験会に参加

日本ロングトレイル協議会と言うのがあって、そのホームページの見出しには・・・

健康と自然志向のライフスタイルの関心の高まる中で 「自然・環境・旅・健康・学び」などのニーズは

「歩く」から、さらに「歩く旅」へと進化している・・・・これらニーズを活性化すべく結成された機関の様です。

既に全国10か所を超えるトレイルコースが立ち上げられており、広島県にも広島湾岸トレイルが立ち上げ準備されている。

13日にこの広島湾岸トレイル体験会に参加してみました。

今回は13回目という事で、阿武山-権現山コースです。

f0219710_13025174.jpg
f0219710_13032716.jpg
JR可部駅から柳瀬方面行のバスで発電所前で下車~登山口~阿武山~権現山~毘沙門登山口~緑井と約10kmのコースを
33名もの参加者と行動を共にした。

元来人混みが嫌いな私としては、初めての団体登山でした。

f0219710_13130394.jpg
登山口10:15発

f0219710_13142031.jpg
象が足を折って座った、お尻に当たるいきなりの急登です。

f0219710_13170106.jpg
展望のきかない尾根道で振り返ると、高松山が見える大文字の跡が見えるが、先の土砂災害以降点灯されていない。今年もダメかな?

f0219710_13213020.jpg
阿武山山頂で昼食休憩

f0219710_13224852.jpg
可部の街並み

f0219710_13240974.jpg
権現山へ向かう 手前が権現山、その向こうに武田山・火山・丸山の広島南アルプスが連なる。

f0219710_13271713.jpg
毘沙門神社へ下りてきた。2月13・14日が初虎祭りだそうですが・・・全体的に修復作業中、間に合うのだろうか?

f0219710_13312365.jpg
参道を下る

f0219710_13320588.jpg
山門。ここで解散

f0219710_13331359.jpg
私は緑井浄水場へ回り、娘の家に寄って・・・

慣れない団体行動でしたが、皆さんと仲良く出来て 楽しい一日でした。 

皆さん 本当に有難うございました。emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0152-heart.gif

準備中の広島湾岸トレイルのユニフォームが気に入った。

f0219710_13421656.jpg
胸にHWTのロゴ

f0219710_13435972.jpg
背中に湾岸トレイルのコース、全長250kmに及ぶそうです。 私も一枚注文しました。



by yuzu-miu | 2016-01-12 13:46 | 山歩き | Comments(4)

鳥撮&嬉しき事

10日:今日はカミさんを五日市の美容院アッシーです。が出かける前に電話が入り「爺ちゃん 火山に登ろう」

これまで私の方から誘っていたが実現せずにいた。「せっかくですが またね!」

毛染め・パーマが終わるまで、八幡川河口の水鳥の浜公園周りをウォーキング。

f0219710_19362959.jpg
公園にやって来た。

f0219710_19371511.jpg
河口、満ち潮ですがカモ達が群れている。

f0219710_19391836.jpg
マガモの番い

f0219710_19400533.jpg
ヒドリガモの番い 何れも仲良さそうです。

美容室から帰り道、我々番いも仲良くお好み焼きで昼食。

家に着くと、息子の車が止まっている。 えッ裏山に登ったのか? 電話をかけるともう下山中と言う。

f0219710_19463253.jpg
5合目辺りで出会いました。のろし岩まで登って来たよ! 7号ちゃんはパパに抱かれて眠っていた。

「頑張ったね~ よっしゃ今度はきっと爺ちゃんと登ろうね!」「うん 爺ちゃんと登りたい」

頼もしい、嬉しいな~ 新たな楽しみが増えました。

我が家に帰り着くと、下関の大学に行っている孫1号君が、明日の成人式の為里帰りしてた。

f0219710_19541522.jpg
凄くでっかくなって、入学式の時に買ったスーツはもう着れなくなったとオニューを着ている。

ラグビー部で頑張っているから、太っているのもしょうがないかな?

前日は、月末に東京に転勤移動する孫3、4号にも逢って・・・孫1号(二十歳)から7号(3歳)まで皆元気に育っている姿を見て・・・

今日はぐっと来るものがありました。



by yuzu-miu | 2016-01-10 20:03 | | Comments(6)

鳥撮

裏山散歩以外にもカミさんの通院アッシー先で、じっと待っている事は無く万歩する。

こころの内科では、梶毛ダム(団地調整池)周辺を歩く。

f0219710_06453830.jpg
セントラルシティーこころ の公園にやって来た。 あの先の湖面に今年もオシドリが来てるかな~

f0219710_06490024.jpg
おやッ 湖面でバシャバシャ騒いでいるのは・・・ひょっとして

f0219710_06510221.jpg
いっぱいにズームしてもこの程度 おまけに手ぶれして・・・ しかしこれは確かにオシドリだ! 20~30羽はいそうだ。

f0219710_06533857.jpg
f0219710_06543139.jpg
時間が有ればもっと近くに寄れるのだが・・・

今度は西原の眼科アッシーで、古川沿いを緑井迄歩く

f0219710_06582871.jpg
西原から北へ向かう。一番右奥の山 阿武山の麓まで行きピストンだ!

f0219710_07010268.jpg
河原の遊歩道草むらでくつろぐヒドリガモ

f0219710_07023882.jpg
連れ合いはいないのか? マガモ君

f0219710_07034989.jpg
燕尾服が似合うね~セグロセキレイ君

f0219710_07051616.jpg
君も奇麗だよハクセキレイ君

f0219710_07084279.jpg
君は獰猛らしいが、警戒心が強いね~ モズ君 目いっぱいのズームでやっと捉えたよ

f0219710_07110596.jpg
阿武山の麓までやって来た。未だにブルーシートで養生されてる土砂崩れ現場が見える。11日に登るから待っていろ阿武山。

さあ~早く戻らないと 怒られる~~ 此処でも時間の無い 忙しい鳥撮いいショットなんて撮れませんよお~~~



by yuzu-miu | 2016-01-10 07:16 | デジカメウォーク | Comments(2)

寒曳山

作ってあげる料理の味や諸々に一言が入る・・・もう~ストレス溜るう~~~

え~くそッ! 雪山でストレス発散だ!と北広島町大朝の寒曳山へ向かう。
濃霧の中で周りの景色も見えず大朝に着いて、回りを見渡すが 雪のかけらすら見当たらない。

f0219710_12262133.jpg

山の上は残っているかもと、スノーシューを背負ったままで、浜田道に架かる橋の手前に駐車して8:50出発~橋を渡り直ぐに右手の山道に
所が直ぐにブッシュに出会い、舗装林道に引き返し林道を進み9:20に 1、林道終点

そこから先は殆ど踏み跡も消えがち、テープなどの案内も全く無し、イバラ、犬柘植、小木、倒木などの藪漕ぎが強いられて10:25やっと
2、鞍部~3、山頂(10:35)~4、ゲレンデコース分岐(10:55)~5、下山道入り口(11:00)~6、舗装林道出会い(11:35)~P、
駐車地点 登り1時間45分 下り1時間 全行程3時間10分 9,500歩

f0219710_13360371.jpg
荒れた登山道を避けて、舗装林道を進む。

f0219710_13375874.jpg
林道終点、しかし登山道の案内も何も無し、、、真っ直ぐ進むと直ぐにそれらしき道?に出た。

f0219710_13403557.jpg
踏み跡薄く獣道同様な道を行く

f0219710_13434567.jpg
f0219710_13442050.jpg
こんな道、仲間を連れては来られない

f0219710_13454602.jpg
いい加減嫌になるころ、ミヤマシキミが癒してくれる。

f0219710_13471176.jpg
やっと尾根鞍部に 右から登って来た 左に行けばゲレンデに出る 真っ直ぐ登れば山頂に

f0219710_13493272.jpg
山頂にも雪の残骸も見当たらない くっそうスノーシューを履く場所が無いじゃんか!

f0219710_12194537.jpg
山の北面ゲレンデにも全くの雪無しで・・・リフトが私たち動きたいんです!稼ぎたいんですが~と泣いていた。

f0219710_13545926.jpg
f0219710_13560220.jpg
しょうがない、今週末に寒波が来るそうだから・・・右手に青いテープ、此処がゲレンデからの出口

f0219710_13590973.jpg
この下りのルートは道幅も広く良く整備されている(ところどころい倒木があったが)。

f0219710_14013723.jpg
火の用心の鉄板を銜えたコナラの木

f0219710_14032524.jpg
これは馬?鹿?
f0219710_14043651.jpg
大きな苔むした岩、左下に鳥居が飾られているが、案内坂は朽ち果てて全く不明

f0219710_14081225.jpg
アメダスを降りてくると、松風荘?今は営業中止してるのか?廃屋か?

f0219710_14111362.jpg
f0219710_14120523.jpg
登る前は霧の中で見えなかった寒曳山(枝の宮付近から)

下りで歩いた道ならばたっぷりの積雪でも歩き安いから、雪が積もったら連絡してくれよ~
その時まで またな~!






by yuzu-miu | 2016-01-04 14:17 | 山歩き | Comments(4)