臥龍山

24・25日と九州遠征から帰って間もない28日は月例会

参加者は4人だったが、北広島町八幡の臥龍山に登った。

f0219710_6461477.jpg

かりお茶屋の駐車場に車を止め、グランドゴルフ東詰を抜け水無口谷湿原の山裾の散策道を八幡原牧場登山口へ
~猿木峠~雪霊水~山頂~展望大岩~鞍部~林道~雪霊水~千町原登山口~湿原散策道~こだまの丘~
かりお茶屋と大きく距離を稼いで歩く事5時間、20,000歩でした。

f0219710_6581876.jpg

猿木峠で一休み

f0219710_6592667.jpg

1,000m以上のぶなはもう落葉してる

f0219710_704114.jpg

雪霊水に到着 先日も報道されていた浜田女子大生未だに成仏出来ないでいるのか?

f0219710_731127.jpg

11時過ぎには はや山頂で昼食

f0219710_745151.jpg

枯れ木となったぶなの木に登るカズラ あのピンクは何? 実か花か?

f0219710_77021.jpg

限度いっぱいにズーム どうも実の様だな~

f0219710_781284.jpg

1,000以下の紅葉部に入る

f0219710_79177.jpg


f0219710_794590.jpg


f0219710_7102474.jpg


f0219710_7105892.jpg

雪霊水への林道に降りて来た

f0219710_7115818.jpg

急登を降りる

f0219710_713694.jpg

千町原へ下りて

f0219710_7141037.jpg

こだまの丘から

f0219710_7145744.jpg

臥龍山を振り返る

f0219710_7154327.jpg

茶屋前の広場の紅葉 700~800mが紅葉の見頃となっています。

200m/週のペースで紅葉は山を下りて来ますよ~

by yuzu-miu | 2015-10-31 07:18 | 山歩き | Comments(2)

英彦山(1199・6m)

24日の夜 由布岳から実家の兄夫婦・姉夫婦らと4年ぶりの会話をしたが・・・

8時頃には我慢出来なくて床に入るが、姉達の大声のしゃべくりに寝付けず11時頃まで眠れず。

翌朝5時半に起き6時過ぎには英彦山へ向けて出発。あんちゃん、ねえちゃん お世話になりました有難う!

英彦山(ひこさん)は出羽の羽黒山、大和の大峰山と並んで、日本三大修験場として栄えた霊山であった。

先月登った姫路の雪彦山の他、新潟にも弥彦山と彦山の名がつく山がある。

f0219710_1248415.jpg

別所の駐車場に着いた時刻は7:10であったが、もう沢山の車が止まっていた。

S、駐車場(7;20発)~1、参道(石段)出会(7:40)~2、中津神社(8:35)~3、中岳山頂(9:05 :15)~
4、南岳(9:25)~5、鬼杉(10:15 :25)~6、玉屋神社(11:15)~7、泰幣殿(12:00)~G,(12:20)
~~~広島我が家(16:00着)

f0219710_1383819.jpg

駐車場から車道を歩いて、参道に出た。

f0219710_13101486.jpg

蹴上の高い石段道をうんざりしながらも

f0219710_13114734.jpg

紅葉を楽しみながら

f0219710_13123265.jpg

最後の石段を登る。

f0219710_13132694.jpg

中岳山頂の彦山神社上宮に参る

f0219710_1315592.jpg

南岳を目指す

f0219710_13164481.jpg

途中で中岳山頂を振り返る

f0219710_131819100.jpg

南岳山頂

f0219710_1319330.jpg

鬼杉へ向かう途中の山腹の紅葉が美しい

f0219710_13201439.jpg

キッコウハグマがあちこちに咲いていた

f0219710_13213342.jpg

鬼杉(樹齢1200年)

f0219710_13223078.jpg


f0219710_13225876.jpg

大岩の下の玉屋神社

登りのコースは石段だらけで興味なしだったが、下りのコースは岩場、クサリ場もあり楽しかった。
全行程5時間 19000歩を歩き

広島へ3時間半ドライブし、我が家に4時着 早速カミさんの待つ夕食作り。

何とハードな2日間であった。

by yuzu-miu | 2015-10-27 13:30 | 山歩き | Comments(4)

由布岳(1583m)

深田久弥が百名山に漏れたが、「個性のある山」と語る、登高欲がそそられる紅葉の双耳峰を訪ねて来た。

24日 : 真っ暗な4時半に五日市ICに入り、山口~福岡~湯布院IC~由布岳正面登山口の駐車場(8:45着)。

f0219710_1849449.jpg

S,正面登山口(8:55発)~1、標高1170m標識(9:50)~2、直登起点(10:20)~3、マタエ(10:40 :50)
~4、西峰山頂(11:00 :10)~5、東峰(12:10 :20)~6、日向岳分岐(13:20)~7、コース分岐(14:00)
~G、登山口下山(14:20) 大勢の登山客で賑わう中、全行程5時間25分の高速走行 18,000歩でした。

f0219710_1941442.jpg

登山口手前から 仰ぐ双耳峰が登行欲をそそる。

f0219710_1983979.jpg

此処からは双耳に見えないが、前を行く団体さんを次々に追い抜いていく。

f0219710_19134724.jpg

草原から樹林帯へ入ると、すぐに紅葉のジグザグ道

f0219710_19151155.jpg


f0219710_19153378.jpg

息も入れずに 快調に飛ばす

f0219710_19162960.jpg

1200mから森林限界 ようやく双子の頭が見えてきた。

f0219710_19193214.jpg

南はるかに九重連峰と更に左手遠くに歪になった阿蘇の涅槃像も横たわって見える。

f0219710_1922351.jpg

眼下には湯布院の町

f0219710_192365.jpg

もう少しで双峰の鞍部(マタエ)だ!

f0219710_19245943.jpg

マタエからいきなり西峰へのクサリ場だ

f0219710_19261278.jpg

一つのクサリ場を登りきった所で、マタエと東峰への登りを振り返る

f0219710_1928625.jpg

先を急ぎたいが・・・ハーネスを付けた女性をザイルで繋いで訓練登山がなかなか進まない

f0219710_19305468.jpg

初登頂!

f0219710_19323013.jpg

息もつかずに、東峰へお鉢を回って行くルートです。

f0219710_19352038.jpg

お鉢の底に一番近い所へ下りて来た。

f0219710_1938224.jpg

今降りて来た西峰を見上げる

f0219710_19391139.jpg

これから進む東峰への道

f0219710_1940278.jpg

先ほど乗り越えて来た岩尾根を団体さんがついてくる

f0219710_1941506.jpg

東峰山頂は異国語が騒がしい!

f0219710_19491790.jpg

ゆっくりも出来ず また一気の下り、あの日向岳の手前から、右手へ行けば・・・

f0219710_1952156.jpg

このクサリ場を降りて来た

f0219710_1952558.jpg

また林間の水平道の紅葉を楽しんで・・・

f0219710_19541498.jpg


f0219710_19544010.jpg


f0219710_19551556.jpg

また草原に降りて来た 向かいの山すその笹原が眩しく光る

f0219710_1956432.jpg

さようなら

f0219710_19571471.jpg

由布岳よ さようなら 今度はミヤマキリシマの咲く頃に バイバイ(;_;)/~~~

当初予定はキャンプだったが・・・ 北九州市の兄・姉に長いことご無沙汰していたので、実家に帰り泊まる事に

話は尽きないが、私は今朝4時起きで4時間のドライブと5時間の山登りで疲れていますので・・・

明日はまた 早起きして英彦山へ登って広島へ帰ります。

by yuzu-miu | 2015-10-26 19:10 | 山歩き | Comments(2)

立烏帽子(1299m) -紅葉だよりー

21日 : 備北の紅葉だよりを聞くとじっとしていられない!

比婆山連峰の一角をなす立烏帽子・池の段へレッツゴー! 山歩き(カテゴリ)にしたが・・・実はウォーキング

標高1,100の池の段駐車場まで輪行でした。

f0219710_725248.jpg

立烏帽子へ登り始める

f0219710_733956.jpg

ぶなはもう枯葉化が進んでいるが

f0219710_75343.jpg

青空にナナカマドが奇麗

f0219710_763417.jpg

立烏帽子から池の段南陵の紅葉

f0219710_783118.jpg

さあ真っ赤に染まる池の段へ

f0219710_79197.jpg

猿政・大毛無その向こうに大万木の山々

f0219710_7115922.jpg

暫く 絶句の画像です

f0219710_7132011.jpg


f0219710_7135997.jpg


f0219710_7143261.jpg


f0219710_715253.jpg


f0219710_7154355.jpg

立烏帽子の左手に先日の船通山、そして更にはるかに大山まで見える

f0219710_7183184.jpg

今日は沢山の人が・・

f0219710_7224098.jpg

ホツツジが この山の赤を代表する。

f0219710_725594.jpg


f0219710_7253895.jpg


f0219710_7262867.jpg

今日は最高! モデルも 雲ひとつ、風も無い天気も最高でした。

f0219710_7285734.jpg

山頂からの展望を堪能し 今度はトラバースして林間を歩こう!

f0219710_731186.jpg

二人で歩けば最高でしょうよ ロマンチック街道

f0219710_7321582.jpg


f0219710_7324183.jpg


f0219710_7331467.jpg


f0219710_7334227.jpg


f0219710_7341393.jpg


f0219710_734368.jpg

おっと足元にも ルビーが・・・ ユキザサの実

f0219710_7362432.jpg

皆さん 堪能して頂けましたか? ダメ・・・なら現地に行ってみてね! 立烏帽子さようなら

f0219710_7381841.jpg

ついでに吾妻山ロッジに寄りました

f0219710_739121.jpg

ここも見事な紅葉でした。

f0219710_7401060.jpg

さあ皆さん 山の紅葉見物はお急ぎ下さいね~~~

by yuzu-miu | 2015-10-22 07:20 | 山歩き | Comments(10)

裏山歩けば

17日の散歩は丸山岩観音様をピストン。

8:30に家を出て

f0219710_12182088.jpg

9:00 伴峠(三田峠)

f0219710_12193749.jpg

9:15 権現峠の権現様に参り

f0219710_1223186.jpg

落ちそうで落ちない岩観音の石 最近は受験生の祈願スポットに・・・(9:15)

f0219710_12272950.jpg

大岩の中の観音様にもお参りし 9:55に引き返す

f0219710_1230485.jpg

石山から火山・武田山の稜線を 間に阿武山その右後方に白木山更に右後方に高鉢山・安駄山が続く

f0219710_12314921.jpg

スノキの紅葉が見頃

f0219710_1233519.jpg

このスノキの実を食べて・・・酸っぱい! だから酢の木と名がついた

f0219710_1235036.jpg

コバノガマズミ 実も葉も真っ赤に

f0219710_1236745.jpg

コウヤボウキも今盛り 11:10に我が家へ戻る 2時間40分 15,000歩でした。

19日は火山を越え安西へ下りる

f0219710_1253228.jpg

登り掛け いつもの水平道へ うん咲いてたぞ キッコウハグマ(亀甲白熊)

f0219710_1255051.jpg

また今日もスノキの実を食べて

f0219710_1256126.jpg

ヤマハゼも見事に紅葉した

f0219710_12571059.jpg

アキノキリンソウを愛で

f0219710_1258937.jpg

季節を間違えたツツジを愛で

f0219710_12585840.jpg

高取から毘沙門台の住宅地を眺め ・・・ 安西高校の上へ この日も2時間 13,000歩でした。

よくもまあ~ 飽きずに山歩きばかりするなあ~~~~~~~~~~~~~~

by yuzu-miu | 2015-10-19 12:39 | デジカメウォーク | Comments(6)

船通山(1142m)

島根県奥出雲町と鳥取県日南町の境にある船通山は山頂一面に咲くカタクリで有名だ。
過去2回5月初旬にカタクリ見物で登ったが・・・10月14日月例会で初めて秋登山となった。

f0219710_18501355.jpg

わくわくプールの駐車場(9:40発)~鳥上登山口(10:15)~鳥上滝(10:45 :50)~船通山頂(11:30
昼食 12:25)~亀石登山口(13:25)~わくわくプール(14:00) 8,5km 17,000歩

f0219710_18571515.jpg

鳥上から望む船通山(左端のとんがり)

f0219710_190717.jpg

登山口まで舗装道路を歩く

f0219710_1913190.jpg

登山口から直ぐに石段の道

f0219710_1922617.jpg

昔人はどうやってこんな石組みをしたのだろう? 

f0219710_1935730.jpg

と 苔むした岩の上 猿かな? 白骨が散乱していた。

f0219710_196464.jpg

鳥上の滝で一息

f0219710_196512.jpg

縦撮りが横になる(くっそー)

f0219710_19243719.jpg

尾根道に出た 青空にナナカマドの実がまぶしい

f0219710_1982353.jpg

ウリハダカエデの紅葉が進んでいる

f0219710_1994787.jpg

山頂はもうすぐだ!

f0219710_19102669.jpg

亀石コース分岐付近の木道を行く

f0219710_1912222.jpg

山頂に立つ

f0219710_19124382.jpg

北東に大山が もう紅葉の見頃に入ったかな?

f0219710_1914428.jpg

比婆山連峰も見える 立烏帽子・池の段のホツツジは真っ赤に染まったかな~

f0219710_19163669.jpg

登って来た尾根の紅葉具合

f0219710_19181448.jpg

亀石コース水平道のぶな林の紅葉具合

f0219710_19193940.jpg


f0219710_19195939.jpg

来週末頃が紅葉の見頃かな?

by yuzu-miu | 2015-10-17 19:21 | 山歩き | Comments(4)

畳山・阿佐山(北峰)

10月9日の事

冬山歩きのコースを探しに・・・瑞穂ハイランドの一角畳山(1029m)と阿佐山北峰(1217m)を単独歩き。

f0219710_19184467.jpg

S,管理センター横(8:40)~1、ゴンドラ駅(9:40)~2、畳山山頂(9:50)~3、1033ピーク(10:30)~
4、鞍部(11:10)~5、ゲレンデ端(11:40 昼食 12:00)~6、阿佐山北峰展望台(13:20)~
7、緩傾斜ゲレンデ出会い(13:35)~G,センター横(14:10) 累積標高差:±950m 20,000歩

両方のコースとも幅の広い管理道がゲレンデ横にあり、これを滑るスキーヤーもあろうが、これを登り降りに歩けそうだ。

f0219710_19384996.jpg

畳山へのコース

f0219710_19394136.jpg

阿佐山へのコース

f0219710_19403634.jpg

しばらくゲレンデを歩き、途中から管理道へ入る

f0219710_19422270.jpg

ゴンドラ山頂駅

f0219710_1943127.jpg

畳山へは藪漕ぎ状態だが、積雪があれば問題なし

f0219710_19452297.jpg

阿佐山分岐の鞍部から、ゲレンデ端へ下りて、北峰コースを見上げる

f0219710_19473892.jpg

シンボルツリーの紅葉が始まっている

f0219710_19483278.jpg

シンボルツリーを上から見下ろす 此処から急傾斜のゲレンデは避けて管理道を歩く

f0219710_19533456.jpg

もう一息で 展望台が見えてきた

f0219710_19551595.jpg

展望台より阿佐山本峰(1218m)を 自然林の紅葉が始まっているな~次々週にまた来ようかな?

f0219710_19584824.jpg

登ってきた畳山を見下ろす

スキーヤーの写真撮りには良いが・・・雪景色としては余り面白くないかな~

by yuzu-miu | 2015-10-15 19:52 | 山歩き | Comments(2)

裏山登れば

畑仕事の前 裏山散策が日課です。

f0219710_9425548.jpg

我が畑(右下)の直ぐ横の登山道 レれれッ 通行止め? 土砂崩れでもあったのかな?

f0219710_9455146.jpg

直ぐ左手の大木は 毎年このオオスズメバチが樹液に集まり・・・巣作りを心配していたが

f0219710_948273.jpg

その10m先にこの立て札 正面のコナラの木にスズメバチの巣が出来た。

f0219710_9493349.jpg

30cmを超える巣、今も大きくなっている。 このスズメバチ 今話題の外来種かと心配したが・・・
先ほどのオオスズメバチに比べ一回り小さく、もんすずめ蜂のようです。区役所曰く、おとなしいし登山道とj反対向いて

いるから、このまま様子を見ましょう。 とそっけない返事 退治したいが 刺されるのが怖いし~~

f0219710_1015050.jpg

おや  コウヤボウキが咲き始めたぞ!

f0219710_1033284.jpg

また 裏山歩きの楽しみが・・・

f0219710_1041346.jpg

クロモジの黄葉も始まった

f0219710_1061731.jpg


f0219710_1063626.jpg


f0219710_1071948.jpg


f0219710_1073626.jpg

宇品島のツチトリモチの顔出しは何時かな~

by yuzu-miu | 2015-10-05 09:59 | 山歩き | Comments(6)

ムラサキセンブリ咲いたかな~?

273日目 :(9月30日)残りも92日となりましたね~

癌摘出手術から4か月ぶりに復帰した仲間も加え、久しぶりの大勢(7人)で、ムラサキセンブリを訪ねて深入山へ

f0219710_724540.jpg

広島いこいの村から登り、林間コースを降りる。

f0219710_742548.jpg

先ずは リンドウのお出迎え

f0219710_751594.jpg

アキノキリンソウ

f0219710_754856.jpg

山ラッキョウ 秋の花の3連発 でも縦どりの写真が寝てしまうよ~

f0219710_79890.jpg

シオガマ

f0219710_795319.jpg

オケラ

f0219710_7103597.jpg

オオヤマボクチ

f0219710_7113828.jpg

一息入れて ここからムラサキセンブリを探して登ろう!

f0219710_713123.jpg

ほらあった! ムラサキセンブリ あれッ花びらが4枚と5枚が並んでる。

f0219710_7152389.jpg


f0219710_7155585.jpg


f0219710_716314.jpg

それで こちらはセンブリ 一回り小さい花だね、 あれここにも 花びら4枚と5枚が共存してる。

f0219710_7225069.jpg

肩の大岩でもう一息して

f0219710_7235016.jpg

またリンドウ

f0219710_7243328.jpg

カワラナデシコがたった1輪

f0219710_7255492.jpg

アキノキリンソウの群生

f0219710_7263860.jpg

あの 最後の登りを頑張ろう!

f0219710_7274944.jpg

360度の展望を楽しみながら お弁当 でもこの日は寒いくらいでした。

f0219710_730283.jpg

恐羅漢山や

f0219710_7304613.jpg

大江高山

f0219710_7311969.jpg

天狗石のその向こう 三瓶山も見えました。

f0219710_7322282.jpg

聖湖が翼を広げた鳥のように見えます。

f0219710_7334684.jpg

さあ林間コースを降りていく

f0219710_7344942.jpg

真っ赤に色づいたガマズミの実と葉

f0219710_7355424.jpg

キバナアキギリ

f0219710_7363497.jpg

ホクチアザミ

f0219710_7374353.jpg

南登山口まで降りて ウメバチの畑

f0219710_7384743.jpg

すっかり見頃に

f0219710_7393052.jpg

温井ダムの紅葉は1か月先だな~

9か月273日を終わり、今日までの登山回数は火山110回、他47回 計157回 二日も空けずに山登り

この元気いつまで 続くかな?

by yuzu-miu | 2015-10-01 07:19 | 山歩き | Comments(6)