雪の臥龍を一人旅

2月28日に雪山登山お願いしますのメールに舞い上がったのか、今月28日と思い込み、天気はどうか?
何処にしようか?と考えて・・・待合場所・時間をメールすると・・・「御免なさい、明日は都合つきません!」

てなことで、またもや一人旅となりました。

朝8時、気温3℃ 天気もまあまあかな?出発!加計を過ぎ温井ダムまでは雪も殆ど見られずだったが・・・
大泊ダムへ差し掛かると道路路肩や周辺の山・畑に積雪が段々と深くなり・・・

八幡洞門を潜ると更に雪深くなり、外気の気温は0℃に下がる。しかし新雪はなかった様で木々の着雪は全く
見られない。 ちょっとがっかり・・・・

f0219710_7181865.jpg

除雪された かりお茶屋の路肩に車を止め、茶屋裏手に廻ると・・・八幡小学校児童の野外授業

f0219710_7213879.jpg

やがて小高い丘でソリ遊びが始まった  (後方のゲレンデの山は191スキー場)

f0219710_7232860.jpg

ズームして見るが、リフトも動いてない様だし、滑っている人影も見当たらない

f0219710_7275183.jpg

茶屋の裏手まで延びた、臥龍の支尾根を一気に南へ登る

f0219710_7303681.jpg

夏には低木や笹のブッシュでとても登れない場所も、雪の下に埋っているこの時期は快適な登山道だ!

f0219710_733111.jpg

茶屋から1000m程までは、スノーシューでも5~20cm程沈み込む。自分だけの足跡をつけて登る。

f0219710_7355546.jpg

臥龍から掛頭への縦走路(主尾根)に立つと、雪は固まり、もう靴だけで歩ける。
そして、木々はうっすら樹氷(霧氷)で覆われて来た。

f0219710_7405982.jpg

突然に雪の下から 臥龍の主が頭を持ち上げた  ・・・どう、龍そっくりでしょう!

f0219710_7435569.jpg

以下 霧氷の景色を

f0219710_7445080.jpg


f0219710_7451645.jpg


f0219710_7454081.jpg


f0219710_746614.jpg


f0219710_7463178.jpg


f0219710_746516.jpg

青空、日差しが無い事を理由にするが、納得のいく写真が撮れないな~~~

f0219710_7483643.jpg

これはブナの木に絡む、ツタウルシの小枝に付着した霧氷です。北向きに1cmほど成長しています。

f0219710_7514222.jpg

山頂に着きました。 誰の姿もありません、私一人の貸切の頂です。

f0219710_754026.jpg

三脚を立て セルフタイマーで  積雪は70cmほどでした。

降りは千丁原へ、急降下。 スノーシューでは滑る、軽アイゼンに履き替えて降りる。

f0219710_7585056.jpg

雪冷水も足元の雪の下に埋もれている

f0219710_852153.jpg

千丁原へ降りて、振り返る臥龍山、山頂部のみが白く輝く

f0219710_87374.jpg
 
霧氷の木々が輝いているのだ!

f0219710_8111259.jpg

広い雪原(湿原)に

f0219710_8114962.jpg

足跡を残し

f0219710_8122523.jpg

影と遊んで

f0219710_8131581.jpg

姿を現した湿原に もう一度寒波が来るから、また埋もれるね! と別れを告げ

f0219710_816276.jpg

やっと 茶屋まで戻りました。

茶屋(9:40発)~~主尾根(11:10)~~山頂(12:00 昼食 12:30)~~茶屋(14:20着)でした。

mae ・sumiさん2月28日にはきっとだよ!

by yuzu-miu | 2015-01-29 07:25 | 山歩き | Comments(0)

大茶臼~丸山~火山~武田山

25日予定していた益田市の水仙見物も、ブロ友にご不幸があり中止となった。

仕方ない それでは一人で山歩きでもと・・・

f0219710_10261616.jpg

S,G我家(8:00発)~②コンビニ(8:20 :25)~③高速4号トンネル横(9:00)~④畑峠(9:35 :40)
~⑤大茶臼山頂413m(9:50)~⑥展望岩(9:55 10:00)~⑦畑峠(10:10)~⑧丸山457m(10:35
:45)~⑨観音山426m(10:55)~⑩石山425m(11:02)~⑪権現峠(11:10)~⑫小堀山(399m)~
⑬火山488m(11:35 昼食 12:00)~⑭水越峠(12:12)~⑮363P(12:16)~⑯武田山411m(12:42
:47)~⑰カガラ山210m(13:20 :25)~⑱登山口(13:45)~⑲安田女子大前バス停横(13:50)~⑳
我家(14:48着) 

車道約12kmを2時間30分、山道11kmを3時間12分 合計歩行時間=5時間43分
休憩時間65分 全工程6時間48分 38,500歩のロングな散歩となりました。

f0219710_11163684.jpg

伴中央のコンビニで、恵方巻・カップラーメンを買いました。

f0219710_11184831.jpg

広島高速4号入り口。後方のアンテナ山が大茶臼山、此処から畑峠(標高300m)まで谷間という谷間に
不法投棄のゴミ街道を・・・いやはや大変な状況です。

f0219710_11242586.jpg

大茶臼への登山口

f0219710_11252278.jpg

展望岩にやって来た

f0219710_11262357.jpg

田方の造成地。大型商業施設と大団地となるそうです。

f0219710_11292443.jpg

さあこれから向かう丸山の反射版が見える

f0219710_652788.jpg

丸山への登山口

f0219710_11314629.jpg

丸山直下の大岩。 年貢逃れの米俵を隠した、俵隠しの岩と言われています。

f0219710_11335821.jpg

丸山の山頂は旧国鉄の通信施設(反射版)があります。今はソフトバンク所有となっています。

f0219710_11372311.jpg

石山からこれから向かう火山(左)と武田山(右)

f0219710_11392043.jpg

権現峠の権現神社、地元の方が清掃作業されていた。(いつも有り難う御座います)

f0219710_11414545.jpg

我が裏山の火山山頂。 佐伯山クラブの方々と一緒に昼食を摂りました。

f0219710_11433156.jpg

水越峠、此処から300mほど下ると広島ダッシュ村がある。

f0219710_11455172.jpg

武田山城址の弓場跡

f0219710_11465199.jpg

武田山山頂から南東の広島市街地方面を望む

f0219710_11484122.jpg

同じく東方の街並と後方の松笠山

f0219710_11502268.jpg

吹通しを過ぎ

f0219710_11514056.jpg

カガラ山標識と今下りて来た武田山を振り返る

f0219710_11532861.jpg

カガラ山から北方、毘沙門台の大団地の後方に権現山と阿武山の土砂崩れの跡が見える

f0219710_11561396.jpg

左に下山道があったが、真っ直ぐ進むと墓地になっていた。

f0219710_122537.jpg

安川通りの安田女子大前バス停横へ下りて来た。今度は此処から鈴ヶ峰まで南広島アルプスを
完全走破にトライしてみよう!

by yuzu-miu | 2015-01-26 11:58 | 山歩き | Comments(0)

冠岳・燕山

すごく高山を想像させる山名ですが、実は広島県西部の大竹市北部にある山です。

あの三倉岳を挟んで、西の冠岳(487m)と東の燕山(489m)に登ってきました(19日)。

どちらの山も三角錐に尖った山頂部は大岩に覆われた岩峰です。

朝急に出掛けたので、カメラの充電をしていなくて、燕山の写真記録は皆無となりましたが・・・

f0219710_76646.jpg

冠岳 小瀬川ダム堰堤傍の駐車場から直ぐに尾根に取り付き、シダやアカマツの斜面をゆっくり登り、
残り高さ150m程から急登な岩尾根を這い上がる(約60分ほどで山頂に立つ)。下りは谷まで一気に
シダや小木に掴まりながら20分、谷筋はテープを見失いながらも更に50分で駐車場に到着。

f0219710_7253464.jpg

駐車場から車道の草むらに登山口の標識が見えた。

f0219710_7283091.jpg

数分上るとダムのサイレン塔が

f0219710_729840.jpg

短いシダの道

f0219710_7295081.jpg

赤松やコナラの道を登る

f0219710_7304991.jpg

二つ目のピークから冠が見えた!

f0219710_7584739.jpg

三つ目のピークから、冠が近くなる

f0219710_7593081.jpg


f0219710_7344144.jpg

三倉・瓦小屋の山塊を眺めながら

f0219710_735379.jpg

さあ最後の岩場だ、あの岩の左手を巻いて登る

f0219710_7373726.jpg

着いたあ~ 山頂は大岩で覆われている。

f0219710_742895.jpg

眼下に小瀬川ダム

f0219710_743297.jpg


下りは、踏み跡も薄くテープを探しながら谷まで一気にすべり降りる。

f0219710_7452031.jpg

谷に下りても、この様な木々の中をテープを見失わ無い様に慎重に・・・全工程2時間20程でした。

f0219710_749244.jpg

燕山 三倉岳神ヶ原駐車場に車を止め、車道右手にピケ足場の橋を渡り

f0219710_801295.jpg

広い未舗装林道を離れ、#125送電鉄塔への登山道へ入る

左手に三倉岳の雄姿を眺めながら高度を上げる・・・がここでカメラの電池切れ

最後50mの登りは、岩登りの醍醐味が続く・・・古くなったロープに体重を預けるのも恐かった。

山頂から左手に三倉・瓦小屋、右手に広島西GC・広島紅葉GCを見下ろせる。

登り1時間、下り1時間の行程だった。時折強い風と共に雪が舞う一日だったがスカッととした一日でした。

しかし、我が山仲間をここへ連れてくるのはチョット考えさせられるな~~

by yuzu-miu | 2015-01-21 07:54 | 山歩き | Comments(0)

天狗城・天狗岩

14日:月例2回目は呉市天応&小屋浦の天狗城(293m)と天狗岩(370m)縦走です。一気の階段登り、
ヨツンバイでの岩尾根登り、6~7回の心地よいアップダウンの連続で楽しい山旅でした。

f0219710_9573598.jpg


f0219710_9491957.jpg

500段以上の階段で一気に高度をかせぐと、今度は岩場

f0219710_951484.jpg

駐車した呉ポーが眼下に

f0219710_9523813.jpg

クレアラインと天応の街並

f0219710_9535096.jpg

更に岩場を登る

f0219710_9543482.jpg

岩場を楽しむ我が女子隊員

f0219710_959742.jpg

天狗城から、これから向かう中天狗、小松尾山。その向こう鉄塔の見える絵下山の手前から大きく左折する。

f0219710_1023842.jpg

二艘木分岐を少し過ぎて、展望の良い休憩所で昼食を

f0219710_1051999.jpg

もうあと10程で天狗岩

f0219710_1063457.jpg

天狗岩の展望台

f0219710_1072553.jpg

ベンチにカメラを置き、は~いチーズ!

f0219710_1093327.jpg

金輪島に元宇品、ツチトリモチは顔出しているかな?

f0219710_1011680.jpg


f0219710_10113043.jpg

晴れてたら、海の色が綺麗だろうが・・・

f0219710_10125286.jpg

安芸の小富士の似ノ島も見える。

f0219710_10172196.jpg

縦走してきた天狗城、中天狗と左へぐーっと

f0219710_10185962.jpg


f0219710_10192058.jpg

この天狗岩の登山道はずっと立派な歩き易い階段道

f0219710_1021314.jpg

最後にもう一度、最初にとっついた天狗城。あの急傾斜を登ったのだ!

歩行距離:12km 歩数:18,600歩 全工程:5時間30分でした。

by yuzu-miu | 2015-01-15 09:55 | 山歩き | Comments(0)

鷲ヶ頭山(436m)

10日:新年初月例会は愛媛県今治市大三島の鷲ヶ頭山(わしがとうざん)。

8時に広島IC~尾道~しまなみ~大三島IC~大山祇神社横道の駅(9:30)・・・神社境内・・・安神山(267m)・・・鷲ヶ頭山(11:30 駐車場広場で昼食 12:10)・・・入日ノ滝分岐・・・入日ノ滝・・・道の駅(14:20 柑橘類買い物 14:50)・・・多々良大橋展望台(15:20)・・・広島IC(16:50着)

マーレ・グラッシャの塩風呂に浸かって帰りたかったが・・・遅くなるので今回はパス、ちょっぴり残念だった。

f0219710_7165836.jpg


f0219710_7201258.jpg

樹齢2,600年の大楠樹

f0219710_722128.jpg

大山祇神社本殿

f0219710_725226.jpg

③展望台から宮浦の街並を

f0219710_730170.jpg

安神山への岩尾根

f0219710_7332852.jpg

山頂までの殆どが、この様に小石をコンクリートに埋め込んだ道が続く

f0219710_7355343.jpg

安神山手前で登って来た道を振り返る

f0219710_73898.jpg

安神山三角点

f0219710_7411157.jpg

これから向かう鷲ヶ頭山、結構遠いなあ~

f0219710_7431182.jpg

岩を潜り

f0219710_7435937.jpg

コウヤボウキの群落道を

f0219710_745326.jpg

花の時期にも歩いて見たいものだ

f0219710_747351.jpg

モニュメントの様な岩山目指し

f0219710_748255.jpg

岩のテッペンには上がれなかったが

f0219710_7495972.jpg

素晴らしい尾根景色、信州の高山を歩いて居る様な気分だ

f0219710_823517.jpg

見事なサンキライの実

f0219710_832498.jpg

サンキライの花やワラビの時期も来て見たい

f0219710_85524.jpg

鷲ヶ頭山頂三角点  展望は良くない

f0219710_87286.jpg

山頂から200m南、舗装林道の終点広場で弁当。広島市安佐南区の46名と・・・此処には綺麗なトイレあり。

f0219710_8111324.jpg

入日ノ滝への下山口。 これって登山道?

f0219710_8125474.jpg

相当な急傾斜、膝も注意力も限界になる

f0219710_815661.jpg

尾根にはずっとこの様なネットの覆いがしてあった。

f0219710_8164988.jpg

谷に下りると 今度はシダ類のブッシュ道

f0219710_8182315.jpg

やっとの思いで、入日ノ滝に

f0219710_8201432.jpg


f0219710_8205861.jpg

入日ノ滝からは整備された自然探索道

f0219710_825711.jpg

そそり立つ巨岩

f0219710_826055.jpg

安神山くさり場登山道 時間が無くてクサリ場まで行けなかったが、今度来た時にはここを登りたい。

f0219710_8292286.jpg

奥ノ院に向かう手前の楠の御門(樹齢3,000年だそうです)

f0219710_8305579.jpg

御門樹と言うだけあって、幹の根元を潜り抜け出来ます。

f0219710_8322721.jpg

いないいないば~

f0219710_8331334.jpg

多々良大橋展望台から、生口島の観音山と多々良大橋

f0219710_8351053.jpg

モニュメント越しに

石鎚山を望む事は出来なかったが、天気はまずまず・・・新しい春の山旅でした。

by yuzu-miu | 2015-01-11 07:27 | 山歩き | Comments(0)

今年の初日の出

元日も二日も、雪がちらつき裏山の初日の出を拝めなかったが、三日は晴れそうだ・・・

2日の夕、mukaさんから「明日火山に登りますか?私も行きたいです、トンネルに6時で良いですか?」

「ハイ 6時で!行きましょう!」

4時に目が覚めた。6時にトンネルへ・・・mukaさんが既に待っていてくれた、出発!

f0219710_1045684.jpg

しらじら明ける市街地

f0219710_1054598.jpg

うん これなら素晴らしい日の出が拝めそうだ

f0219710_1072756.jpg

丸山、宗箇山も真っ白な雪化粧

f0219710_109184.jpg

さあそろそろ出るぞ!

f0219710_1095493.jpg

ほらほら

f0219710_10102230.jpg

昨年一年元気に過ごせました有り難うございました。

f0219710_10121516.jpg

今年も元気に山歩きできますように

f0219710_10134264.jpg

家族ともども元気で喧嘩なく過ごせます様に

f0219710_1014321.jpg

色々なおねだり申します

f0219710_10152690.jpg


f0219710_10154842.jpg


f0219710_10175178.jpg


f0219710_10183551.jpg

向山もピンクに染まった

f0219710_101917.jpg


f0219710_10193861.jpg


f0219710_1020394.jpg

下山まで この3人だけだった

f0219710_10205621.jpg


f0219710_10212032.jpg


f0219710_10214482.jpg

我が菜園も凍え付く

f0219710_10224015.jpg

ああ 良かったあ~

今年も良い事が期待出来そうな、今朝の日の出でした。

by yuzu-miu | 2015-01-03 10:25 | 山歩き | Comments(8)

あけまして

今年の裏山初日の出は雪の為拝めませんでした。

f0219710_9133880.jpg

これは昨年7月の白山から見た、雲海に浮かぶ北アルプスの尾根から登るご来光です。

f0219710_915442.jpg

左端の剣岳から立山・槍・穂高と右橋の乗鞍が一望出来ました。

今年は立山・常念への遠征を楽しみに頑張ります。

by yuzu-miu | 2015-01-01 09:22 | 独り言 | Comments(3)