<   2013年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

裏山登れば

この土日も裏山ウォーキング

f0219710_635523.jpg

土曜日はこんな景色

f0219710_6355866.jpg

台風は過ぎたが、未だどんよりとした雲間から光道

f0219710_6365648.jpg

晴れた日曜日は何処か秋の色が

f0219710_6401968.jpg

山道に300mも入ると、センブリの花

f0219710_641981.jpg

1km程で今年も咲きだしたキッコウハグマ(亀甲白熊)、コウヤボウキの1/5位の小さな花。

f0219710_6442954.jpg


f0219710_6444635.jpg

毎年この頃の裏山歩きを楽しくしてくれる。

f0219710_647980.jpg

う~んこれはメグスリノ木かな?ナツハゼと共に赤を競っている。

f0219710_6491057.jpg

ウラジロの木の実がこんなにびっしりと

f0219710_6501842.jpg

沢山付いたアケビの実ももう中身は空っぽ

下山してくると、変な所で草刈機の唸る音

f0219710_6525523.jpg

ある町内会の有志が石垣の棚田のあった道を甦らそうと言う。

私も30年前には散歩していたこの道をもう一度歩いてみたい・・・すぐさま畑に鎌を取りに行き

f0219710_6575251.jpg


f0219710_6581578.jpg

50m程笹薮を切り開いた

f0219710_6591769.jpg

池建設の碑が見えて来た。

昔人の大変な苦労の跡、絶対に復元したいものです。私もメンバーに加えてくださいね!
by yuzu-miu | 2013-10-28 07:02 | 山歩き | Comments(2)

久地冠山

10月23日は月例で予定していた久地冠であったが・・・台風の余波か天気予報が悪く、誰からも参加の
連絡が無かったが、22日に「天気持ちそうですが、山行きはどうなります?」とメールがあり・・・

急遽全員にメール「明日は何とか雨が持ちそうだけど、登りますか?」すると私を含め7人が参加となった。
皆んな台風の前に、登っておかないと・・・同じ気持ちなのだな。


広島市安佐北区久地に位置するところから久地冠山と呼ばれる(標高573m)

f0219710_1236738.jpg

どんより曇った空のもと間野平発電所横の空地に駐車。

この天気だといつ降り出すか判らない、宇賀峡へ降りるのは止めてピストンすることに。

急な登りに耐えて2本目の鉄塔付近で雨脚が速くなる。「頂上を極めないとこの山に登った事にならない!」
「此処から往復30分あれば登ってこれる、荷物は此処に置いて行こう!」

f0219710_12452220.jpg

1時間半で頂上を極めました。すぐさま下山です。

11時半には下山して、昼飯は何処で???

JA安佐の花みどり公園に行こうあそこなら雨はしのげる・・・

f0219710_12485894.jpg

花みどり公園のイベント会場大屋根の下で弁当・・・こんな弁当もいいね~
by yuzu-miu | 2013-10-26 12:52 | 山歩き | Comments(0)

裏山登れば

10月16日から22日まで連続で裏山を散歩した。

f0219710_815997.jpg

我が菜園の直ぐ傍、小学生の声がにぎやか・・・・稲のの刈り取り体験。今年は収穫が少ないねえ~

f0219710_8183572.jpg

おんや!もうコウヤボウキが咲き始めたぞ

f0219710_8191412.jpg

これから当分楽しめるな

f0219710_820926.jpg

アキノキリンソウもぽつぽつと

f0219710_821617.jpg

ツルアリドウシの実が熟れて可愛い

f0219710_822269.jpg

ママコナも未だ頑張っている

f0219710_82315100.jpg

山頂のナツハゼやドウダンツツジの紅葉が始まったな

f0219710_8242647.jpg

ナツハゼの実誰も食べていないな~ 私だけが少しずつ、懐かしい味を堪能しています。

f0219710_8275763.jpg

イナカギク(ヤマシロギク)も白を浮き立たせる

f0219710_831946.jpg

アズキナシの実

f0219710_8315756.jpg

カマツカの実

f0219710_8334413.jpg

今頃咲くのはナツグミか?

f0219710_8355684.jpg

ドングリも

f0219710_8363213.jpg


f0219710_8365717.jpg


f0219710_8371742.jpg


f0219710_8373840.jpg

広葉樹から常緑樹のドングリまで色々、皿の形も色々

f0219710_8393586.jpg

こてはクリ

大分溜まった栗、そろそr栗ご飯にしようかな!
by yuzu-miu | 2013-10-24 08:42 | デジカメウォーク | Comments(4)

紅葉狩り 第一弾(2)

伊予富士を下山して、本来なら瓶ヶ森林道を西進すれば30分ほどで土小屋にいけるのだが・・・
瓶ヶ森辺りで道路崩落があり不通という。仕方なく寒風山トンネル口まで戻り、高知県いの町長沢=長沢ダム
=よさこい峠=シラザ峠=土小屋へと1時間半もの山岳ドライブを余儀なくされた。

土小屋の白石ロッジは満員。駐車場は溢れかえりスカイラインの道路脇にもズラリと駐車。


懸案の明日の登山ルート・・・・どうしようか?色々考えて眠れないかなと思っていたが・・・今日のドライブと
伊予富士登山の疲れか、直ぐにぐっすりと眠れた。

f0219710_620379.jpg

6時過ぎ朝食の前にロッジのベランダから、朝焼けに染まる石鎚山。今日もいい天気だぞ!

f0219710_622340.jpg

今日の登山ルートは? 前々から迷っていたのは・・・一般ルート(赤波線)は一般登山者で溢れ、クサリ場
では成就ルートからの登山者とも一緒になり、大混雑だろうし。

東稜基部からの岩稜歩きは、経験浅い今回の仲間には無理がないだろうか?・・・
かと言って、私は岩稜コースを未だ登ってないから行きたいし・・・ ままよ東稜基部まで行ってからだ!


歩行距離:9km  歩行時間:4時間  累積標高差:800m? 歩数:15,000歩




f0219710_633461.jpg

7時に出発しベンチ2まで来ると、石鎚ガリバーが見えて来た。

f0219710_6345182.jpg

左のオデコは南先鋒、鼻は天狗岳そして顎は弥山です。ヒゲ面のガリバーが見えるでしょう!

f0219710_6382457.jpg

彼女達これからが大変な事になりそうだよ、頑張ってね~!

f0219710_6411790.jpg

東稜基部のベンチ3で休憩後、東稜コースに入る人を見かけ、私の気持ちは決まった!
皆を説得し、脇道に入るといきなり進入禁止の看板が・・・前途の多難を思わせる。

f0219710_6455334.jpg

段々熊笹が深くなり、傾斜もきつくなる(後方の左が岩黒山、右が筒上山)

f0219710_649851.jpg

熊笹を掴みながら四つんばいで苦しんだが・・・これからはあの左右の大石の間を直登するよ!

f0219710_652502.jpg

あれが矢筈岩かな?紅葉は綺麗だが、道は更に険しくなる。

f0219710_6542310.jpg

さああの岩と岩の間を突き進め!  使う事が無い事を祈りつつも、ザイルを取り出して・・・

f0219710_6564711.jpg

見事な自然美。名うての庭師も、これに勝るものは作れまい。

f0219710_65964.jpg

南先鋒ががんと立ちはだかる。これから岩登りが続くぞ

f0219710_713976.jpg

南先鋒の頂きに人影が見える。あれは弥山から縦走してきた人達だろう。

f0219710_74132.jpg

最大の難関を切り抜けて一息(後方は岩黒と筒上)

f0219710_762853.jpg

命を預けるには心もと無い、細い古びたロープにぶら下がり、死ぬかのの覚悟で登ってくれた仲間達
良く私を信じて頑張ってくれましたね、有り難う(後方は瓶ヶ森)。

f0219710_7112888.jpg

この尾根にはシャクナゲが群生しているな。今度は花の季節に来て見たいものだ。

f0219710_7131186.jpg

カニの横ばい。niさん岩にしがみ付かずに、体を起こして!それでは足元が見づらく、体も動きづらいよ~

f0219710_717596.jpg

maさん、muさん その調子 いいよ頑張れ!

f0219710_7183134.jpg

手前の絶壁が天狗岳北壁、右遠くが弥山頂上。

f0219710_7203750.jpg

よくもまあ、この岩峰の隙間を縫って登って来たものだ!

f0219710_7225761.jpg

さあラストの登り、笹藪の少し上に人影が見えるだろ!あそこを登って行くよ!

f0219710_7251124.jpg

やっと登り切った南先鋒より二ノ森山を望む、右に弥山と天狗も見える。

f0219710_7284272.jpg

小松、西条方面の街並と瀬戸の海も見える。

f0219710_7455776.jpg

成就神社からの一般道が眼下に見える

f0219710_7493738.jpg

あと一息で天狗岳(1982m)

f0219710_750578.jpg

天狗に登頂!

f0219710_7515482.jpg

てるこちゃ~ん、一人楽しんで御免なさい、愛してるよ~!
と懺悔しています。muさん足をしっかり持っててね!

f0219710_7551933.jpg

天狗を後に弥山へ

f0219710_7562996.jpg

二ノ森(1829m)も美しいなあ~何時か来るからね!

f0219710_7592461.jpg

弥山へ 平均台の様な岩を渉り

f0219710_80407.jpg

ごった返す弥山

f0219710_812947.jpg

休む間も無く記念撮影(弁当は下山途中で食べよう)

f0219710_834212.jpg

クサリ場(三の鎖は工事中)は避けて迂回路を・・・・途中で熊笹の向こうに筒上山、今度行くから持ってろよ!

f0219710_862995.jpg

最後にお山にお別れを

f0219710_872477.jpg


f0219710_874222.jpg

アサマリンドウにもお別れを

f0219710_883124.jpg

泊まった白石ロッジにもお別れを

f0219710_893989.jpg

スカイラインの途中から見上げる石鎚

f0219710_8103516.jpg

ほらあの右側の岩尾根をよじ登ったんだよ! 左のほうに山頂小屋も見えるね。

山登り始めて日が浅い皆さんに大変な思いをさせて御免なさい。
だけど、きっと忘れられない思い出をプレゼント出来たと、嬉しく思います。

これも皆さんの私を信じての頑張りの賜物です。また今度は烏ヶ山・蒜山を楽しみましょう!

お疲れさん、腕や腿の張りは治りましたか?
by yuzu-miu | 2013-10-16 08:18 | 山歩き | Comments(6)

紅葉狩り 第一弾(1)

紅葉狩りの第一弾は標高1、500m超の山からお届けしましょう。

10月12・13日に愛媛県の伊予富士と石鎚山へ

*一日目:広島(7時発)=福山西=今治=寒風山トンネル=登山口(11:20)~桑瀬峠~支尾根~
       伊予富士山頂(1756m,13:35着、13:55発)~ピストン~登山口(16:00)=土小屋(泊)

*二日目:土小屋(7:00発)~東稜基部(8:15)~矢筈岩~南先鋒(10:10)~天狗岳(10:30)~
       弥山(10:50、11:10発)~二の鎖~東稜基部(11:50、昼食12:10)~土小屋(13:00)=
       松山=今治=福山西=広島(18:00着)



f0219710_6505260.jpg

歩行距離:5.8km 歩行時間:3時間30分 累積標高差:±720m 歩数:15,000歩

f0219710_657771.jpg

旧寒風山トンネルの出口の駐車場に着いた時には既に満車状態で少し下った脇道に駐車し登山口

f0219710_711367.jpg

直ぐにリンドウ?が沢山出迎え

f0219710_723624.jpg

聞くところによるとアサマリンドウとの事

f0219710_733451.jpg

桑瀬峠、これを進めば寒風山へ・・・反対側(左)へ

f0219710_77660.jpg

尾根へ出ると、瀬戸内からガスが駆け上がってくる

f0219710_78327.jpg


f0219710_783447.jpg


f0219710_79040.jpg


f0219710_794686.jpg

これらは一瞬の晴れ間を撮影したもので・・・きっと晴れてくれると信じて登り切る。

f0219710_7114132.jpg

13:35に登頂し遅い昼食を摂る

f0219710_7143115.jpg

昼食を終えた頃には、ガスは消えて

f0219710_7162637.jpg


f0219710_717769.jpg

下山する頃には、登りでは見えなかった伊予富士の全貌が

f0219710_71969.jpg


f0219710_7195690.jpg

下山するその先には、寒風山、笹ヶ峰、ちち山そしてこの夏に登った冠・平家平の峰峰

f0219710_7243128.jpg

今度は寒風山・笹ヶ峰に来るからな待ってろよ!
by yuzu-miu | 2013-10-15 07:27 | 山歩き | Comments(6)

新婚・子育て時代

f0219710_7594342.jpg

片思いの恋ばかりで実らず・・・・・結局おやじの進めるお見合いをし、僅か3ヶ月で結婚となりました。

1971年11月21日めでたくゴールイン。会社からの貸金や親父からの援助で、、、、式も新婚旅行も新居の
敷金もかつがつだったな~

この列席者の大半はもう居ない。双方の両親も逝ってしまって久しい。

f0219710_8114340.jpg

新婚旅行はレンタカーで行き当たりばったりで・・・・

初夜は博多大堀公園のモーテルで、11月22日の未明に晴れていい夫婦になりました。

そして一男二女の子宝に恵まれた。

f0219710_8175975.jpg

山や

f0219710_8184511.jpg

渓谷

f0219710_8193931.jpg

これは土師ダムかな?

f0219710_8202719.jpg

祭りに家族で・・・何の歌を歌ったっけ?

f0219710_8215245.jpg

35歳でマイホームを建て、その団地のソフトボールのチームの家族と一緒に比婆山温泉に行ったっけ
この後にヒバゴン出現で話題になったな~



話し変わるが、先日火山で会った人へ

f0219710_8304561.jpg

こんな実かな? これはコマユミです。 赤い皮が弾けてオレンジが現れます

f0219710_832116.jpg

コマユミは葉もこの様に紅葉します。

f0219710_8333326.jpg

此方はオトコヨウゾメの実です。

貴女が撮った写真は、どちらだったかな?
by yuzu-miu | 2013-10-11 08:38 | 回顧録 | Comments(2)

三本木・藤ヶ丸山

ちょっと古いが9月25日の事、以前上り口を間違え途中で断念した三本木山へリベンジ。



f0219710_9381166.jpg

以前は一番手前(北側)の駐車場から登り始めてしまい、殆ど道なき道を2っの支尾根を藪漕ぎし、やっとの
思いで三本木・藤が丸の縦走路に出た時にはへとへとで、そこから下山してしまった。

今回は迷わず夜間封鎖のゲート手前の第3駐車場に駐車。すぐ右手に登る未舗装の管理道路をしばらく
登ると三本木、集いの広場の標識があり、標識通り三本木へ・・・ものの30分程度で鉄塔展望地、更に5分

で三本木山頂。

f0219710_9501424.jpg

三本木・集いの広場の分岐(この木段を登る)

f0219710_9515439.jpg

三本木山頂は展望は無い(486.3m)

f0219710_9542172.jpg

畑賀・福田線の車道を横切り、藤ヶ丸への木段を登る。

f0219710_956181.jpg

藤ヶ丸山頂(665.4m)も展望は一部だけ。

山頂より北東の尾根を山菜の森へ向けて下山し

f0219710_9592610.jpg

再び畑賀・福田の車道に出る手前の立岩展望台から、遠く白木山、阿武山手前に木の胸山と
歩いて来た三本機山を望む。

f0219710_1025525.jpg

車道を左に横切ると、緑化センターへ下りる遊歩道を降りる。

f0219710_104341.jpg

せせらぎにアケボノソウ

f0219710_1051257.jpg

アキチョウジが見られた。

f0219710_1054147.jpg

レストハウスの奥で全員アイスクリームを食べる

f0219710_107660.jpg

第3駐車場の谷側の則面にナンバンギセルの群生が見られた。

まだまだ暑い一日だった。
by yuzu-miu | 2013-10-08 10:09 | 山歩き | Comments(0)

ムラサキセンブリを訪ねて

深入山にしか無いのかな~ムラサキセンブリは・・・・

今年も深入山にやって来た。

f0219710_11392362.jpg

先ずはママコナのお出迎え

f0219710_11401727.jpg

リンドウ

f0219710_11405660.jpg

これはセンブリ

f0219710_1142848.jpg

ここにもリンドウ

f0219710_11425529.jpg

ウメバチソウ

f0219710_11433556.jpg

アキチョウジ

f0219710_11441888.jpg

オケラ

f0219710_11451816.jpg

ホクチアザミ

f0219710_1146144.jpg

ここにもホクチ

f0219710_11465298.jpg

ススキの原

f0219710_11473882.jpg


f0219710_11483756.jpg

ヤマボクチ

f0219710_11491766.jpg

お~い  先に行くよ~

f0219710_11511376.jpg

ツリガネニンジン

f0219710_11515875.jpg

うわ~ウメバチの群生だ~

f0219710_1153299.jpg

アキノキリンソウ

f0219710_1154513.jpg

さあここらあたりから

f0219710_11551918.jpg

ほらあったムラサキセンブリ

f0219710_1156895.jpg


f0219710_11564141.jpg

今年も会えたね!

f0219710_11574952.jpg

これは?ミヤマコウゾリナ?

f0219710_11583841.jpg

ヤマラッキョウ

f0219710_1159264.jpg

マツムシも未だ

f0219710_1201945.jpg

ガマズミの実

f0219710_1205382.jpg

サンキライの実

f0219710_1222132.jpg

3歳、5歳の兄弟も頑張って

f0219710_1232384.jpg


f0219710_1235675.jpg

空もススキも秋を彩る

f0219710_1245791.jpg

秋色も出てきつつある。

さあ~これから紅葉狩り本番に突入だ!
by yuzu-miu | 2013-10-07 12:06 | 山歩き | Comments(4)

里を歩けば

f0219710_6564047.jpg

いつものカワセミ君

f0219710_658976.jpg

町おこし

f0219710_659921.jpg

5年目、だんだんにぎやかに

f0219710_701051.jpg

今年はあまちゃんも登場

f0219710_703710.jpg

安佐南区の あさみ なみちゃんだそうです。

f0219710_724438.jpg

権現峠に寄ると 

f0219710_735169.jpg

権現峠の自然を守る会の皆さんによる、立派な案内版と

f0219710_761811.jpg

登山道の整備が・・・ご苦労さまです

f0219710_785415.jpg

それに引き換え、私の裏山では山道整備に反対者が居り、先日も岩場に取り付けたザイルが取り払われ
山中に投げ捨てらていました。・・・・何故?なぜ?
by yuzu-miu | 2013-10-04 07:14 | デジカメウォーク | Comments(0)

出雲山旅(3)

朝7時にテントを撤収し、次の山へ・・・

f0219710_658131.jpg

一畑電鉄高浜駅に位置する鼻高山(536.3m)
客垣谷入り口付近で駐車場所を探していたら、天王山キャンプ場への案内が見えた。
車道を登って行くと、来坂神社そばにキャンプ場への分れ道下に駐車広場が、其処へ駐車。

f0219710_710478.jpg

この右手に空地(駐車)。・・・ここから客垣谷へ戻り北に真っ直ぐ

f0219710_7145983.jpg

鳶岩、燕岩、夫婦岩、休岩、獅岩、ぼたもち岩。大岩などを見ながら登る。

f0219710_7191376.jpg

獅の背中越にイズモドームが

f0219710_7204348.jpg

一等三角点の上にカメラをセットし、自動シャッターを切る

f0219710_7225544.jpg

出雲ドームと三瓶山

f0219710_7241262.jpg

下山はトリカブト群生地をと探しながら下りたが・?????見つからず

f0219710_7265851.jpg

今回の二つの山の縦走路以外で、唯一木段などで整備されてたコース

それにしても、土日の二日間で登山者に出会ったのは二人だけ、、、松枯れ倒木で荒れ果てて人気も
なくなったのだろうか?

登り2時間、下り1時間の行程だった。

f0219710_7335556.jpg

帰りに寄った三瓶山定めの松。 この一枚で電池切れススキの景色が撮りたかったな~
by yuzu-miu | 2013-10-03 07:37 | 山歩き | Comments(2)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧