<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

青春時代

青春時代は出会う異性全てと友達になりたくて・・・

f0219710_13475966.jpg

野球部のマネージャや

f0219710_13485891.jpg

職場のお姉さん

f0219710_1350479.jpg

職場の大先輩の娘さん

f0219710_1351555.jpg

フォークダンスの相手

f0219710_1352275.jpg

山仲間などなど、沢山の女性にチャレンジし・・・失恋の連続

その度に薬研堀のスナックやキャバレーに入り浸り・・・
貯金の一つも出来ないまま・・・
by yuzu-miu | 2013-09-30 13:58 | 回顧録

帝釈峡・吾妻山

マネキグサは咲いてるかな? と帝釈峡へ・・・・タムラソウは咲いてるかな?と吾妻山へ

f0219710_6445371.jpg

途中でヒガンバナ咲く稲田

f0219710_6432783.jpg

見事な石橋

f0219710_6441344.jpg

見つけた!マネキグサ

f0219710_65157.jpg

ヤマシロギク

f0219710_652896.jpg

吾妻山山腹に来ました

f0219710_6525949.jpg

マツムシソウ

f0219710_6533057.jpg

ワレモコウ

f0219710_654330.jpg

ウメバチソウ

f0219710_6544589.jpg

夢中

f0219710_657556.jpg

お目当てのタムラソウ

f0219710_658018.jpg

リンドウに

f0219710_6584819.jpg

アケボノソウ

f0219710_6592872.jpg

ゲンノショウコも美しい

f0219710_701329.jpg

天高く馬肥える秋が来たッ!
by yuzu-miu | 2013-09-21 07:00 | 山野草 | Comments(6)

熊城山・丸掛山

広島県北広島町の熊城山(998m)と丸掛山(櫛山1002m)に登った。



f0219710_131202.jpg

天狗シデ群落の手前三叉路にある駐車場に車を止め、天狗シデを撮影の後9:20分に遊歩道を登り、20分
程で舗装された林道に出て、丸掛山分岐の直ぐ手前まで伸びた林道終点10:05~モクレンの道分岐10:15

~熊城山(この図の山頂は間違いで、左(南)に3分ほどに三角点と山頂表示がある。10:45山頂~林道へ
の分岐11:05~丸掛山11:20,12:00~林道展望東屋12:35.12:45~駐車場13:15

熊城山-丸掛山の尾根道を含め、およそ登山道は無く荒いジャリ石を敷詰めた歩きにくい遊歩道で
すっかり興ざめした登山だった。下山後汗を流した田原温泉5000年風呂は良かった!

f0219710_13345074.jpg

天狗シデ駐車場

f0219710_1337157.jpg

天狗シデ 国定天然記念物

f0219710_13382133.jpg


f0219710_13385844.jpg

ナナカマドの実や

f0219710_13393346.jpg

ヤマボウシの実が秋の訪れを感じる

f0219710_13404936.jpg

オトコエシ

f0219710_13413536.jpg

熊城山山頂と間違えた奥(北)のピークで

f0219710_1343546.jpg

南に行くと山頂表示と三角点が

f0219710_13435080.jpg

丸掛山への縦走路も

f0219710_13451567.jpg

木の階段と荒いジャリ石の遊歩道がいただけない!

f0219710_13462588.jpg

フシグロセンノウ

f0219710_1347943.jpg

アキチョウジ

f0219710_13474194.jpg

これはシロバナゲンのショウコ?

f0219710_13483424.jpg

ミヤマママコナ

f0219710_134931.jpg

ヒヨドリジョウゴの花

f0219710_13494089.jpg

ヒヨドリジョウゴの実

f0219710_13502294.jpg

ヒガンバナ

f0219710_13505134.jpg

オオウラギンヒョウモンなどが

白けた山登りを慰めてくれた。
by yuzu-miu | 2013-09-17 13:52 | 山歩き | Comments(4)

八幡湿原(3) 尾崎沼

f0219710_6545818.jpg

尾崎沼の代表は シラヒゲソウに

f0219710_6562223.jpg

サワギキョウ

f0219710_6574667.jpg

おやツルリンドウも

f0219710_659182.jpg

オミナエシも

f0219710_6595317.jpg

ナガボノミズアオイだったかな? ホソナガバミズアオイだよね!

f0219710_712317.jpg

コウホネも未だ咲いている

f0219710_723760.jpg

カキツバタも未だ

f0219710_741339.jpg

おッ ワレモコウ(これは深入山の麓で)

f0219710_75977.jpg

う~ん こりゃなんじゃ???

f0219710_762315.jpg

スイレン

f0219710_77029.jpg

ハスに止まるシオカラトンボ

f0219710_7262490.jpg

ミソハギも未だ鋸っていた

f0219710_775892.jpg

こちらはハスの種に止まるシオカラ  八幡はノシメトンボが多いけど、水辺はシオカラが巾を効かす

f0219710_7111184.jpg

この花達を含め 何種類の花を見ただろうか? 今度は千町原に行って ママコノシリヌグイを・・・・
by yuzu-miu | 2013-09-12 07:15 | 山野草 | Comments(3)

八幡湿原(2) 水無口谷

水無口谷 字が間違っているかも? むなくとたにと読みます。
ここで、各湿原の位置関係を紹介しましょう・


臥龍山の北に広がる標高800mの高原で、東八幡原に霧ヶ谷と水無口谷と更に西にもい一箇所。
そして、北西方向に西八幡原湿原(尾崎沼湿原)が在ります。

f0219710_6592699.jpg

①が霧ヶ谷、②が水無口谷底から西に千町原にも散策道がありますが、今回は行けませんでした。
③の尾崎沼の周りに行きました。

f0219710_753771.jpg

水無口の最初はワルナスビのお出迎え

f0219710_764856.jpg

実もついていた。

f0219710_78147.jpg

ビッチュウフウロ

f0219710_793227.jpg

これは?思い出せない

f0219710_7102442.jpg

カンボクの実が可愛く美しい

f0219710_16443888.jpg

トリカブトはやっと咲き始めた感じです。

f0219710_1646739.jpg

ママコナの群生

f0219710_1647429.jpg

マツムシソウ

f0219710_1648424.jpg

この実は?      ノササゲの実です

f0219710_16494425.jpg

これがノササゲの花

f0219710_16511853.jpg

カリガネソウ  ここからはブナの里工房さんの廻りの花です。

f0219710_1653024.jpg

ツルニンジン

f0219710_16534543.jpg

シモバシラ

f0219710_16542883.jpg

サラシナショウマ 湿原のサラシナショウマは咲き始めだったので、ここの花を撮りました。

コーヒーを頂いて、さあ尾崎沼へ出掛けよう(明日のアップ)。
by yuzu-miu | 2013-09-11 07:12 | 山野草 | Comments(0)

八幡湿原(1) 霧ヶ谷

8日 : 8日は雨が残るとの予報から、前日に延期を決定していたが、朝7時半天気が良くなりそうだ・・・・
「天気良くなりそうだよ、来週の日曜日が天気となるとは限らない、今日今から行く準備出来ますか?」

とメールする。「1時間まってくれれば準備出来ます、行きましょう!」と返事あり9時に集合して出発!

ところが虫木トンネルを越えると、二つの空、左半分は青空も、方や右半分は真っ黒な雲。
八幡湿原の前に右方向の雲月山に行くのだが、、、大丈夫かな?・・・・・・・・・・・・

どんどん天気が悪くなり、雲月山の駐車場に着いたころは本格の雨、これじゃ登ってもね~・・・・・
八幡湿原の方はどうだろか? ぶな工房のママさんに電話してみると、「こっちは曇りだけど雨は降ってない

よ}「あッ そう有り難う 今から其方に向かいます」という事で八幡に向うが途中も雨は止みそうに無い。
八幡洞門の手前でやっと小降りの雨、このトンネルを越えたら晴れてくれ~!

とトンネルを抜けるとうその様に雨が降ってなく道路も乾いていた。
早速霧ヶ谷の湿原に・・・・

f0219710_1262596.jpg

早速迎えてくれたツリフネソウ

f0219710_1272861.jpg

このアザミは ???アザミ

f0219710_1282873.jpg

一人足りないな~・・・・参加お願いしますのメールが入っていたのに、返事が無いとひとりむくれていた私
ひーちゃん御免ね!

f0219710_12114191.jpg

アキチョウジ

f0219710_12121265.jpg

オタカラコウ

f0219710_12124594.jpg

シラヤマギクかな?

f0219710_12133618.jpg

アケボノソウ

f0219710_12142416.jpg

ツタウルシの紅葉

f0219710_1216218.jpg

やはり一人足りない 一番花好きなひーちゃんが居ない。

f0219710_1218107.jpg

キセルアザミと思っていたら、マアザミと説明看板がありました。

f0219710_12194795.jpg

八幡のフウロはビッチュウフウロだそうだが、シコクフウロもイヨフウロも区別出来ない私。

f0219710_12224862.jpg

でもこれは判るよ!細い葉で茎に棘を持つのはアキノウナギツカミ

f0219710_12243442.jpg


f0219710_12251013.jpg

牛の額の様な葉で茎の棘が無いのはミゾソバ

f0219710_1227986.jpg

段々晴れてきて、秋の雲と空が顔出した。

f0219710_12283542.jpg

アキノゲシを最後に・・・次は水無口湿原に行こう(続く)
by yuzu-miu | 2013-09-10 12:30 | 山野草 | Comments(2)

100回達成

今年100回目を達成しました。 何の事でしょう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2006年から通産400回目です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

f0219710_6492829.jpg

それは山登り・・・・・・・だが裏山(火山)登りの回数です。

f0219710_652279.jpg

9月のウォーキングメモ   4日と5日は5日間続いた雨後の登山道整備でした。

丸数字が今年の火山への回数。その右の139回は他の山を含めた登山回数です。

その右の14は、一日の歩行歩数で14,000歩、その右の61は9月の累積歩数で61,000歩
0は意図的な歩きをしなかった5,000歩以下だった日を0としています。

f0219710_762487.jpg

登山道を跨いでいた倒木を鋸で挽き、傍らに肩具蹴る(5本もあった)。

f0219710_793575.jpg

登山道を流れる水を谷へ導く溝の砂ゴミをさらえる(20箇所以上)。

毎日の様にこの道を登る人に云いたい! 木切れ拾いや、邪魔になる木の枝や笹竹の一つでも手折る
くらいの山愛をお願いしたいものである。

f0219710_7172135.jpg

sハイツの則面の南蛮煙管、昨年は8月後半に驚くほど咲いていたのが、今年は1本探し当てただけだ!
異常気象の影響か?今から咲き出すのかな?


今朝は早く起き、2020オリンピック開催地決定の瞬間を

f0219710_7223233.jpg


f0219710_7224879.jpg


f0219710_723462.jpg


オメデトウと言うべきだろうが・・・・原発の終息と東北の復興を第一に願いますよ~
by yuzu-miu | 2013-09-08 07:26 | 独り言 | Comments(4)

宝仏山(1005m)

どんな宝があり、どんな仏様に会えるだろうか?
山名に釣られて8月28に鳥取県日野町にある宝仏山へ出掛けた。



f0219710_10262085.jpg

日野町歴史民族資料館の駐車場に車を止めさせてもらい、登り3時間下り2時間半ほどのピストン。
標高差800m急登の多い、登りがいのある山だった。

f0219710_1037924.jpg

歴史民族資料館の敷地右端から登り始めて直ぐに崩壊個所があり復旧工事中の為、仮登山道となっているようだ。

f0219710_10401073.jpg

林道を横切った所に仮登山道の案内が、このアルミハシゴを登れとある。

f0219710_10431570.jpg

ハシゴを登りきりしばらく行くと、右下の谷間に砂防堰堤の建設現場が見えた。

f0219710_1047681.jpg

以後、キツイ登りの連続でやっと山頂へ・・・しかし期待してた大山はガスが掛かったまま。

f0219710_10505843.jpg


f0219710_10513129.jpg

山頂のブナの木

f0219710_10521886.jpg

毛無山方面

f0219710_10525931.jpg

気落ちした我々を慰めてくれるのかマルバハギ

f0219710_1056382.jpg

オオカメノキの実も

f0219710_10572886.jpg

チョットだけの岩場を抜け下山開始

f0219710_10593973.jpg

曲がりくねったブナの虚から新しい若木が延びている。不思議だな~

f0219710_1123273.jpg

カニコウモリの花

f0219710_1133288.jpg

ヤブレガサの花  地味な花ばかりだなと思っていたら

f0219710_1145257.jpg

申し訳なさそうにツリガネニンジンや

f0219710_1154810.jpg

ツルリンドウ

f0219710_1162511.jpg

オトコエシ   登る時はキツクテ目に入らなかったな~

f0219710_1175878.jpg


f0219710_1182572.jpg

キツイ下りに・・・ さよなら もう2度とこない!と悪態つく仲間

f0219710_11102712.jpg

そんな事言わないで また来てねと アベマキの大木

f0219710_1112832.jpg

斑入りの葉と実のマムシグサ

f0219710_111246100.jpg

やっと下山 根雨の街並が見えて来た。

千屋いぶきの里温泉で汗を流したまでは良かったが・・・金持神社に願掛けするのを忘れてしまい、
そのまま新見へ・・・

何の宝も仏様もまた金持ちにも縁が無い登山となりました。
by yuzu-miu | 2013-09-01 11:20 | 山歩き | Comments(2)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧