<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

白石山(541m)

30日は予定通り、山口県山口市徳地町の巨岩の展望テラスと巨岩の宿坊があるとという、白石山へ


天気は良いが・・・雪は大丈夫か?とやって来たが殆どその心配は無かった。

f0219710_6462355.jpg

県道26号白石口バス停傍から、立派な案内標識に誘導されて10時前に登山口に着く。
良く踏み込まれた登山道を15分も登ると大岩の上、ちょっと休憩。

f0219710_6534370.jpg

石棺だったのかな?

f0219710_6553377.jpg


f0219710_65644.jpg

信仰の山なのだろう、あちこちに観音様が祭ってある。

f0219710_6582723.jpg

岩が転ばぬ様に?木切れのつっかい棒が沢山

f0219710_71143.jpg

接待岩の入り口

f0219710_715877.jpg

内部には水場や

f0219710_73913.jpg

20~30人が輪になって座れる広い部屋もあり

f0219710_751037.jpg

祭壇もある。毎年8月9,10日に夜を通して地元の人達による、接待の祭事があるという。一度お邪魔して
みたいものだ。

f0219710_781548.jpg

接待広間を出た所で

f0219710_793431.jpg

大展望岩(物見岩) 岩の周りは絶壁 ぐるりとステンレス製の鎖柵が チョット興醒め!

f0219710_715232.jpg

下りは滑らぬように気をつけて!

f0219710_7173695.jpg

つばめ岩?どこをどう見れば? その他こうもり岩、数珠掛け岩、七間岩などの巨岩や岩穴を幾つも眺め
今日も楽しい山歩きだった。

More 雪の棚田へ
by yuzu-miu | 2013-01-31 07:29 | 山歩き | Comments(2)

処女雪踏んで

今朝(28日)外見たら10cmの積雪の銀世界ですが、これは昨日の話です。

27日(日):目面しく朝から陽気が・・・よっしゃ今日は龍頭山(924m)に登ろう!


広島県北広島町豊平の道の駅 「どんぐり村」の北に位置する龍頭山(924m)は我が家から車で30分程度
で行け、雪も良く積もる所だ。このところの冷え込みで新雪と駒ヶ滝の氷結が楽しみだ!

f0219710_6565388.jpg

-4℃に冷え込んだ 「どんぐり村」へやって来た。 この辺は標高400m、後ろに構える龍頭山は924m
500m以上の標高差の登りです。 手前の雪中に撮影者の影が映り込んでいます。

f0219710_725616.jpg

「どんぐり村」 から20分程度で登山口。 期待に反してこの辺りでも積雪5cm程度。

f0219710_755753.jpg

駒ヶ滝に着きました。 此処まで誰の足跡もなかったのに、この上にある駐車場から写真を撮りに来た
先客がいた。

f0219710_783928.jpg

見事な氷結の滝。 さらに黒滝へ向います。

f0219710_7104434.jpg

黒滝、ここは殆ど氷結しています。

f0219710_7121960.jpg

長いのは2m近く成長しています。  此処から先は誰も歩いていない、
ボクだけの処女雪を踏みしめて前流頭へ向います。

f0219710_7155697.jpg

気持ちいい処女雪の道。 30cm程度の積雪でしたが、カンジキを着けて歩きました。

f0219710_7182230.jpg

前龍頭の展望台から、豊平の田園風景が素晴らしい!

f0219710_7204836.jpg


f0219710_7211984.jpg

「どんぐり村」のスポーツセンターやむすびのむさし、そば道場などが見えます。

f0219710_7241629.jpg

素晴らしい冬の田園風景を堪能し、さあ次の中龍頭、龍頭山へ・・・とこの頃から雪が舞い始めた。

f0219710_7273099.jpg

山頂への最後の急登  ほらあの雪の先に棒と右手に吾妻屋が見えるだろ

f0219710_730519.jpg

2時間20分程度で山頂に立ちました。 俺一人の龍頭山! 俺一人の処女雪!

f0219710_7323519.jpg

雪が強くなってきた。むすびを食べ終える頃は、この写真に見える山(中龍頭)が全く見えなく程の雪となった。

急いで下山にかかったが、ものの10分程度で止んでしまった。前流頭を降りるころに一人登って来る人に
出合って 「ごめんなさいね! 雪を踏み荒らしてしまって」

f0219710_7384243.jpg

1時間10分で無事下山。 毎年の様にここへ来るが、今年が一番積雪が少なかった。
でも、昨晩から雪で相当積もっただろうな~

又、近いうちに来ようかな?
by yuzu-miu | 2013-01-28 07:42 | 山歩き | Comments(2)

孫のお昼寝のあいだに

火・水・木と孫の世話が続いたが・・・正月以来続けている12,000歩/日をストップするわけにはいかない。

食後の薬(風邪)で眠る孫をおいて、そっとウォーキングに出掛ける。
すぐさま裏山へ

f0219710_765785.jpg

干支に纏わる ジャノヒゲの実が可愛い

f0219710_781546.jpg

コウヤボウキの残骸も この時期には 嬉しい

f0219710_711732.jpg

一番手前中央の黄色の屋根と赤い屋根に囲まれた家が我が家。孫は未だ寝てるかな?

f0219710_713218.jpg

タムシバの花芽が膨らみだした、今年は沢山咲きそうだ。

f0219710_7143367.jpg

山頂三角点の周りはうっすらと雪化粧・・・・山を下りても未だ8,300歩、畑の周りを6週して
やっと設定した12,000歩のファンファーレを聴く。

次の火曜日あたりまで、極寒が続くようだが  風邪を引かない様に! 皆さんも気をつけてね!
by yuzu-miu | 2013-01-26 07:22 | 山歩き | Comments(2)

波にちゃぷちゃぷ

ある日の八幡川河口

f0219710_646551.jpg

白い服 白いシャツ ・・・  波にちゃぷちゃぷ浮かんでる

f0219710_6484221.jpg

ファインダーを夢中で覗く人あり・・・

f0219710_650347.jpg

れれれッ 鴨が寄って来た

f0219710_6511163.jpg


f0219710_6513210.jpg


f0219710_6515646.jpg

今日もいまいち ・・・
by yuzu-miu | 2013-01-23 06:53 | デジカメウォーク | Comments(6)

白銀を登る

1月20日:明日から天気崩れるという・・・・では今日の内、雪の山へ登っておこう!何処へ行こうか?
龍頭にしようか?深入にしようか?    よし今日は何時も火山から眺めている白銀の深入山へ行こう。

f0219710_6351359.jpg

9時50分「広島憩いの村」駐車場に着く。観光バス4台と自家用車5~6台が既に駐車しており、登山準備
する人、スタートする人、既に中腹を歩く人もいた。

f0219710_6404778.jpg

登山口から200m程まで、靴だけで登るが時折股上まで踏み込む箇所があり、以後カンジキを着ける。
ここから、夏山道は右の尾根を超えて尾根の右側を登るが、其方への踏み跡は無く、逆に左斜めの尾根

を超え、肩の展望大岩へ向う踏み跡を追尾して登る。

f0219710_7241745.jpg

夏山道からは見えない蔵座高原が眼下に見えて来た。

f0219710_6544794.jpg

追い抜いたスキー登山者

f0219710_6555541.jpg

みんな思い思いの道を行く。 雪山はどこでも道になる

f0219710_6575393.jpg

山頂の雪は私の頭頂の髪の如く薄かった、何故???

f0219710_6594683.jpg

聖湖はかなり凍り付いているようだな!

f0219710_705537.jpg

恐羅漢のゲレンデは賑わっているのかな?

f0219710_721556.jpg

下りは林間コース、あの休憩小屋へ一直線

f0219710_744171.jpg

風紋を見ながら

f0219710_752775.jpg

臥龍山を見ながら下っていると・・・・一人で登って来る人と出会う。
林間コースを下りて行こうとしたが、踏み跡が無く迷いそうなので引き返して来たと言われる。

じゃあ私と一緒に下りましょう。 ・・・と色々話しながら歩いていたら、先日火山で会った人だった。

f0219710_7112541.jpg

ツララ

f0219710_7115824.jpg

スノボー隊が踏み固めてくれた林間コース。お陰で楽に下れました。
二人で話しながらの下りはあっと言う間だった。

f0219710_71593.jpg

蔵座の運動広場から見上げる深入。

上り1時間、下り1.5時間 4km 8,300歩 帰宅後更にウォーキングし合計14,500歩の歩き。

一緒になった祇園の御仁さん、また何処かで会いましょう!
by yuzu-miu | 2013-01-21 07:23 | 山歩き | Comments(4)

1日1万歩何処まで続くか?

今年に入って19日まで、既に236,000歩一日も欠かさず歩き続けています。
その内わけは、裏山(火山488m)へ11回、他の山3回に安川沿いなどのウォーキングが5回です。

平地のウォーキングは120歩/分の速度で75cm/歩の歩幅で歩きます。
山歩きは平均60歩/分、60cm/歩程度でしょうかね?

昨年末、携帯電話を更新したら、歩数計の機能が付いていて・・・毎日の記録が残るので病みつきに

f0219710_715594.jpg

その日の記録、 歩数と距離。距離は65cm/歩で換算しています。

f0219710_744721.jpg

毎日の履歴です。 

f0219710_78251.jpg

その歩きによる消費カロリーも表示されます。

19日も裏山(8,000歩強)のあと、ビッグアーチ(広域公園)を歩きました。

f0219710_713122.jpg

紅梅は未だ蕾、もう2週間もすれば、開花するかな?

f0219710_7143453.jpg

シジュウガラ

f0219710_715547.jpg

ジョウビタキ

f0219710_7153350.jpg

ヤマガラ などの小鳥達も開花を待ちわびているようです。

f0219710_716483.jpg

サンフレッチェの本拠地ビッグアーチも、もう長くないのかな? (新サッカー競技場建設の機運が高まり)

f0219710_7193636.jpg

春は未だ遠いのか? フウの並木を突き抜ける風は冷たい。

この日の歩数は15,000を少し超えてた。
by yuzu-miu | 2013-01-20 07:22 | 独り言 | Comments(0)

安川のサギ

060.gif白鷺は 小首傾げて 水の中 お前と私も え~そじゃないか こんな唄がありましたね、
白鷺の仲間はアマサギ・コサギ・チュウサギ・ダイサギの4種類がいるそうですが・・・

f0219710_6455116.jpg

これは コサギ  全長60cm程 嘴と足が黒いが 足指は黄色が特徴。

f0219710_6503791.jpg

これは チュウサギ 全長70cm程 嘴は黄色で先端部は黒く、夏は黒い部分が多くなります。

アマサギはコサギより更に小降りで全長50cm程で嘴が黄色。ダイサギは全長90cm程ですが、チュウサギ
との識別は困難・・・安川では、この2種類は見かけた事がありません。

f0219710_71997.jpg

他に このアオサギ

f0219710_725228.jpg

ゴイサギ

f0219710_74378.jpg

ササゴイ などサギの仲間を時々見かけます。

18日:この安川沿いを2時間13,000歩歩きました。

More この1枚
by yuzu-miu | 2013-01-19 07:08 | Comments(2)

火ノ山縦走

1月16日:当初予定の矢筈ヶ岳は歩行時間が短すぎるので、火ノ山(304m)を縦走することに変更。



f0219710_10593081.jpg

セミナーパーク第五駐車場に車を止め、亀山登山口から 亀山・遠下山・梅ノ木山・火ノ山(高岳)・天神山
そして陶(すえ)ヶ岳の6っつのピークをアップダウンし松永邸~駐車場へ

歩行時間:3時間 歩行距離:5km 歩数:12,000歩 気持ちいい山歩きでした。
と言っても、低山であっても、岩や木の根の急な自然階段道 いたる所がロープの助けを必要とした。

地元の人たちの暖かい思いやりに感謝しながら楽しみました。 有り難う御座います!

f0219710_11254548.jpg

駐車場からクロカンコースを歩く事15分、亀山登山口。

f0219710_11303257.jpg

いきなり急登道

f0219710_11312776.jpg

15分ほどで大岩の下で小休憩

f0219710_11343250.jpg

すぐさまロープを頼りの岩道を15分

f0219710_11364348.jpg

亀山にたどり着き、石鎚大権現の峯を見下ろす

f0219710_11384826.jpg

南西に南若川の河口やキララドームを望む

f0219710_1144451.jpg

亀山から遠下山・梅ノ木山と呼ばれているらしい2つのピークをアップダウンし

f0219710_11492036.jpg

日の丸が掲揚されている火ノ山へ辿り着く。

f0219710_11511565.jpg

火ノ山山頂で 今回は二人のニューフェイスを迎えてました。

f0219710_1155223.jpg

昼食を済ませた頃、雲行きが怪しくなり ポツリ ポツリ さあ陶岳はまだあの山の先だ!

f0219710_11583079.jpg

天神山を越えると見えてきた、あれが陶ヶ岳 凄い岩山だね~

f0219710_1205361.jpg

陶ヶ岳山頂

これより更に竜神山、竜神の森へ行こう!と持ちかけるが・・・女性達の賛同を得られず下山することに

f0219710_1252447.jpg

パラパラの雨だけで無事下山出来ました。

f0219710_1222566.jpg

下山後 ワ~ッ あの峰峰を左から右へ全部歩いたんだね~

心地よいアップダウンにとても良く整備された登山道、またツツジ咲く頃にでも来ようよ!
by yuzu-miu | 2013-01-17 11:31 | 山歩き | Comments(0)

花に逢いたくて

長いこと花に逢ってない・・・・山野草では無いけれど・・・市植物公園に行ってみた。

f0219710_6564620.jpg

枯れても葉が落ちない木(ヤマコウバシ) 孫の高校受験合格を願い、チョコット頂いて帰りました。

f0219710_705299.jpg

三波川冬桜

f0219710_714492.jpg

まだまだ短いリボンですが シナマンサク 直ぐ傍にロウバイがあるのですが、まだまだ固い蕾でした。

f0219710_735792.jpg

サザンカ 060.gif赤く咲いても冬の花~

f0219710_761399.jpg

霜にも負けず バラ一輪

f0219710_771421.jpg

クリスマスローズも寒そう~  寒いッ 温室へ行こう!

f0219710_783612.jpg

おお あったかい

f0219710_792443.jpg

変わったソテツの実

f0219710_7101341.jpg

これも変わった トケイソウ

f0219710_711382.jpg

これは? ネムノキの仲間かな~?

市植物園 65歳以上は入場無料だって 知らなかったな~ これから再々来ようっと!

More  とんど焼き
by yuzu-miu | 2013-01-15 07:17 | 山野草 | Comments(7)

カモ 鴨 カモン

地元安川上流部はここ数年護岸や川底の河川工事があちこちで行われている為か・・・・・
川石に付く藻の成長が少ないのであろう、川石の藻類を主食とする水鳥である、冬の使者鴨の飛来数が

減少し続けており  今年も所々にポツポツとしか見かけないのが寂しい。

f0219710_775461.jpg

コガモ 名の通り、鴨の仲間で最小(38cm)雄の目の周りから首にかけての緑の縁取りと、飛び立つ時に
羽の中央にも緑の羽が綺麗です。

f0219710_7155651.jpg

ヒドリガモ 茶色い頭にクリームべったり縫った雄の姿が特徴です。(50cm程です)

f0219710_7222388.jpg

マガモ 雄の輝緑の頭と黄色の嘴が特徴でアヒルの原種といわれています(60cm程です)

安川ではこの3種とカルガモ(雌雄同色)を毎年観る事が出来ますが、もっと他の水鳥が飛来して来る様に
綺麗な川を守りたいものです。
by yuzu-miu | 2013-01-14 07:36 | Comments(4)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧