<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東鳳べん山(734.2m)

ひがしほうべん山:ほうべんが漢字変換出来ませんが・・・山口市と萩市の境にある山です。

f0219710_7184310.jpg

「深い谷道を登り、展望尾根から萩往還を下る」 このガイドコース通りを歩きました。

ゆっくり休憩を含め、登り1時間50分、下り1時間30分ほどでした。 が登りは至る所に倒木があり、乗り越
えたり、潜ったり はたまた何度も沢を渡るなど・・・私なりには楽しめましたが・・・・

尾根道や下山コースは整備が行き届き過ぎて、木段の連続は興ざめでした。しかし萩往還は歴史を感じつつ
の気持ちいい下山でした。

f0219710_730549.jpg

登山口のヒガンバナのお出迎え

f0219710_7323577.jpg

錦鶏の滝

f0219710_7333720.jpg


f0219710_734516.jpg

これからが倒木とジグザグの急登が続きでした。

f0219710_7361781.jpg

主尾根鞍部を過ぎると  ほら正面にポールが見える、あれが山頂だ!

f0219710_73878.jpg

あと50m この様な木段の道が至る所に  管理のご苦労は有り難いのだが・・・

f0219710_7412294.jpg

新200名山? 

f0219710_743545.jpg

眼下に山口市街、遠くにキララドームも見える

f0219710_7465033.jpg

東には右田ヶ岳、大平山、烏帽子岳。 北には薊ヶ岳、弟見山、十種ヶ峰、青野山 360度の大展望を
小一時間ほど楽しみました。

f0219710_7532110.jpg

そらには秋の筋雲

f0219710_7541586.jpg

一行8人が愈々秋山本番の前の集結でした。

f0219710_7561899.jpg

板堂峠からは萩往還を下ります。

f0219710_757891.jpg

萩往還の説明

f0219710_7573565.jpg


f0219710_7581842.jpg

キンチジミの清水  先ほどの説明版、飲んで冷たさにチジミあがったとあるのだが・・・足を漬けてキん玉が
チジミ上がったのではと 下ネタ好きの私。

f0219710_852775.jpg

昔はこんな石畳や砂利道を、草鞋で歩いたんだよね~

f0219710_872328.jpg

峠近くには 休憩の茶屋や旅籠

f0219710_885228.jpg


f0219710_892833.jpg

当時の旅の苦労を妄想していたら、またヒガンバナがお帰りなさい

f0219710_8115266.jpg

有り難う! ただいま帰りました!

気持ちいい秋晴れの 楽しい山旅が出来ました。
by yuzu-miu | 2012-09-27 08:14 | 山歩き | Comments(4)

トリカブト&ヒガンバナ

ナンバンギセル観察の後、八幡湿原まで足を伸ばしました。

ミヤコアザミ・サワギキョウ・ビッチュウフウロ・タムラソウ・オタカラコウ・ミゾソバ・イヌタデ・カキツバタ・
ツルニンジン・ツリガネニンジン・ミコシグサ・ノコンギク・マツムシソウ・シラヒゲソウ・コウホネ・アサザ・

スイレン・サラシナショウマ・ツルリンドウなどなど30種を超す秋の花を満喫しました。
そんな中で


f0219710_6511337.jpg


f0219710_6515762.jpg


f0219710_6523532.jpg


f0219710_6532159.jpg


f0219710_6534765.jpg


f0219710_6541487.jpg

立ち姿・葉の形・茎の肌触りなどが微妙に違う様な・・・

ヤマトリカブト、タンナトリカブト・サンヨウブシ・シコクブシなどトリカブトも色々な種類があるそうな。
八幡湿原管理センターにはヤマトリカブト・シロバナヤマトリカブトの名で写真展示してあった。

あれこれ うがった(疑ったじゃなく、専門的だよ)見方をせずとも トリカブトはトリカブトでいいよね!

f0219710_773077.jpg


f0219710_78482.jpg


f0219710_784014.jpg


f0219710_79488.jpg

これだって ヤマシロギク(イナカギク)だけど、シラヤマギク(茎が赤み)と区別する必要ある?

f0219710_7115174.jpg


f0219710_713722.jpg

それにしても 道中でヒガンバナを全く見かけなかったね~ 今年は一日彼岸がずれてるからかな?

私の菜園には今年初めて彼岸花が顔を出したよ!


f0219710_7205338.jpg


f0219710_7214068.jpg


過去3年間、耕作放棄で笹や雑草で荒れ放題になっていた所を草刈して来たので・・・
ずっと以前からあった球根が芽をさましたのであろう。
by yuzu-miu | 2012-09-24 07:26 | 山野草 | Comments(10)

9月22日はナンバンギセルの日だって!

9月19日深入山の帰りに寄ってみたナンバンギセルの宝庫。早速「ナンバンギセルが咲いてるよ、観に来ま
すか?」とメールしたら・・・・・ひとつ返事じゃなく、ふたつ返事で「はい22日に行きます、案内お願いします」

と言う事で福山始発の新幹線で来るブロ友、広島のブロ友それにその友達達を横川駅に迎えに・・・
そんな中、今日(22日)はナンバンギセルの日だとラジオで言ってたよ!

へえ~何でだろ?ナンバンギセルの花言葉は何かね~?  それにしても、今日その日にナンバンギセルを
観賞することになるとは奇遇だね。 と話しながら広島高速4号線のトンネルを抜けて、広島市安佐南区の

とある 高台の団地のノリ面にやって来た。

f0219710_75023.jpg


f0219710_753795.jpg


f0219710_75525.jpg


ここは2年前のこの時期に一人でウォーキングしている時に発見した。この私が第一発見者だと自負している。

チョット傾斜がキツイので、観賞も楽ではないが、辺り一面にょきにょきと100を軽く超える数の群生地。

f0219710_7111595.jpg


f0219710_7114191.jpg


f0219710_7115483.jpg


f0219710_712235.jpg


丁度見頃でした。よし9月22は我々のナンバンギセルの日にしよう!少なくともあと十年は、ここで再会する
事にしたいな~


皆さんどうでしょうか?
by yuzu-miu | 2012-09-23 07:16 | 山野草 | Comments(3)

深入山

9月19日:「大峯と深入どちらに登りたい?」 「深入でお願いします!」 と言う事で 安芸太田町の深入山へ

f0219710_715818.jpg
 
東登山口のママコナに迎えられ

f0219710_731036.jpg

何時も迷う トウヒレン? ホクチアザミ?

f0219710_752323.jpg

ええッ この実は何? 小さな樹木なのですが???

f0219710_77222.jpg

クルマバナで良かったかな?

f0219710_782490.jpg

銀秋にはちと早い ススキ野を歩く

f0219710_710897.jpg

これってセンボンヤリ?

f0219710_7121844.jpg

おおい その辺りからウメバチやセンブリが・・・良く見て!

f0219710_714859.jpg

これはムラサキセンブリでなく、センブリだね!    センブリもムラサキセンブリも開花は、未だ大分先に
なりそうだね(役2週間後かな?)

キバナアキギリ、アキチョウジを愛でながら大岩へ

f0219710_7205964.jpg

南登山口を見下ろして

f0219710_7215356.jpg

西口避難小屋 あの辺りのナンバンギセルは咲いてるかな?(残念見つからずでした)

f0219710_7242166.jpg

う~ん気持ちいいね~

f0219710_7253249.jpg

このアザミは?

f0219710_726073.jpg

これもちょっと違う種類(葉の形が違う)ようだけど???

f0219710_728283.jpg

ヤマボクチ(正式にはハバヤマボクチ) などと花の名前を勉強しつつ

f0219710_7303968.jpg

山頂に着いたら 萩市からこられたという十数名の団体様が 「こんにちわ!」

f0219710_7325978.jpg

ヤマラッキョウも未だ蕾

f0219710_734158.jpg

キアゲハは恋の季節のようでした。

f0219710_7354312.jpg

何時までもおしゃべりしたそうな君達!そろそろ下山しよう!

マツムシソウやウメバチソウに見送られ西口へ降りて行く

f0219710_7391152.jpg

うんあった! キュウシュウコゴメグサ

f0219710_7402697.jpg

アキアカネ もう寒くなるぞ そろそろ里へ降りなけりゃ

f0219710_7423843.jpg

おやおや未だ居たの アサギマダラ君!

f0219710_744537.jpg

実りの秋 栗の実の向こうに臥龍と掛頭

f0219710_7455969.jpg

ワレモコウもお疲れさんと言ってるようだ。

f0219710_7471848.jpg

ツルリンドウ また赤い実を見せておくれ

f0219710_7482394.jpg

キキョウの三兄弟が下山を労ってくれた。

ツチアケビは無残に枯れて、ナンバンギセルに逢えなかったが・・・・ムラサキセンブリやリンドウに
又逢いに来るからね!


と深入を後にして、・・・・そうだ、アソコノのナンバンギセルは?

f0219710_7541569.jpg

おひょ! 恥ずかしげに咲いてるじゃない。

f0219710_7545621.jpg

八月の草刈で心配していたが、今年も沢山咲いている。

ひーちゃん! noraさん! 22日を楽しみに来て下さい!
by yuzu-miu | 2012-09-20 07:57 | 山歩き | Comments(4)

吾妻山

帝釈峡から更に70km移動し、吾妻山の花畑へやって来た。

f0219710_12353262.jpg

ほらイヌタデがお出迎え

f0219710_12362820.jpg

おおい! 早く~マツムシソウにツリガネニンジンが咲いてるよ

f0219710_1237552.jpg

これは見事なツリガネニンジン

f0219710_1239194.jpg

吾妻山をバックにサラシナショウマ

f0219710_12401141.jpg

おっと ウメバチソウがあちこちに  踏みつけないようそ~っと そ~っと

f0219710_12413691.jpg

ワレモコウ

f0219710_1243291.jpg


f0219710_12433910.jpg

アケボノソウ

f0219710_12442389.jpg

タムラソウ

f0219710_1245573.jpg

ひーちゃん、さっちゃん いい写真撮れてますか?

f0219710_12461536.jpg

みんな写真家

f0219710_12465675.jpg

これは? イヌトウバナかな?

f0219710_12482480.jpg

アキノタムラソウ

f0219710_12493082.jpg

アキノキリンソウ   秋真っ盛り!

f0219710_12505724.jpg


f0219710_12515976.jpg

蕎麦の花と古民家

帝釈峡に吾妻山 秋を満喫できた 楽しい一日でした。

皆さん有り難う! 花仲間万歳!
by yuzu-miu | 2012-09-18 12:56 | 山野草 | Comments(4)

帝釈峡

ブロ友と帝釈峡散策を楽しんだ。

f0219710_725144.jpg

上帝釈峡の車止めから雄橋までを往復。

f0219710_7274324.jpg

辛うじて咲き残っていてくれたシデシャジン

f0219710_7292938.jpg

???う~んと 何だっけ おッ 思い出した ハグロソウだ。

f0219710_7311246.jpg

これはヤブマメだったよな!

f0219710_7321640.jpg

ミゾソバ 牛の額の様な形の葉っぱだよ!茎の棘も無いよ!
直ぐ傍に細い葉っぱの茎に棘のあるアキノウナギツカミもあったよ!

f0219710_7365331.jpg

キツリフネ

f0219710_7373966.jpg

カラマツソウ

f0219710_738472.jpg

岩穴を抜けると 有りましたマネキグサ 残念ピンボケです。

f0219710_7405413.jpg

これは? フジワラ博士???

f0219710_7415632.jpg

これは? フジワラ博士??? どうやらコメナモミ(ひーちゃんより)

f0219710_743758.jpg

下帝釈峡に場所を変え  と在る祠への道端にたった二株のヒナノキンチャク。
これもキンチャクにはピントがあっているが、肝心の花はピンボケ 花径が1mm程度の極小の花です。

f0219710_748718.jpg

ナガボノコウヤボウキも咲いていた。

また場所を変え

f0219710_750756.jpg

タカネハンショウズル 可愛いはなだね~!

他にこれから見頃のタイシャクアザミが

f0219710_7524158.jpg


f0219710_753961.jpg

のらさん、フジワラさん 有り難うお世話になりました。 また元気でお逢いしましょう さようなら!

お昼前帝釈峡を後にして 我々は吾妻山へ向います。
by yuzu-miu | 2012-09-17 07:56 | 山野草 | Comments(2)

やった~ あったぞ~ 見つけたぞ!

あれの自生する場所をメールで教えて頂いていたので、花は既に散ってるだろうが・・・
場所だけは確認しておきたいものと・・・午前中の畑仕事の後、12:00丁度に新しい愛車に乗り込んだ。

f0219710_12155125.jpg

ここは三段峡水梨林道、第4駐車場。大きな橡の木の下に愛車を止める。
家の車庫では派手すぎて  でもこうやって郊外の緑の中ではカッコいいなあ~

これからは、私が先か?この車が先か?まあ別れまで宜しくたのむぞ!

f0219710_12221795.jpg

と駐車場の周りを見ると   この花 見覚えがあるぞ!  そうだ大山の槍尾根から三の沢を下る時
初めてご対面した クサボタンじゃないか?

f0219710_122520100.jpg

え~ こんな所にも生えているの!

f0219710_12262669.jpg

チョッピリ残念な気持ちに  でも再び逢えて嬉しいよ!

f0219710_1229294.jpg

これは?シラヤマギクでもヤマシロギクでもないぞ???

f0219710_1230865.jpg

涼しい秋の風が流れる渓谷

f0219710_12321264.jpg


f0219710_12324135.jpg


水梨口から約1.4km

f0219710_1234547.jpg

此処だな 大きな倒木の下

f0219710_1235851.jpg

あった あった 花茎のみが3本程残っているぞ! よっしゃ来年はベストなタイミングで逢いにくるぞ!
by yuzu-miu | 2012-09-13 12:38 | 山野草 | Comments(4)

菜園の今

日・月と苦しんだ嘔吐・下痢症状も治まり・・・秋野菜の発芽後の間引き・土寄せ作業を少しでもやっておこう。

f0219710_745256.jpg

ゲリラ豪雨で蒔いた種や幼い芽が洗われない様に、ネットで養生しているが。白菜・大根・聖護院・ホウレン草
・ネギ・人参・春菊・水菜・高菜・レタスは殆ど順調に発芽している。ワケギ・ニンニクも植えつけた。

キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの苗もバッチリ着根し成長し始めた。

f0219710_7142046.jpg

夏野菜は未だに、キュウリ・茄子・ピーマン・パプリカ・ゴーヤが毎日の様に収穫している。

f0219710_717156.jpg

これから収穫期は、サトイモ・サツマイモ

f0219710_7182039.jpg

珍しいかなウコンやショウガもこれから収穫だ。

f0219710_7212990.jpg

白菜の発芽状況

f0219710_7222081.jpg

大根の発芽状況

本日は白菜早稲と晩成の2種と大根の間引きと土寄せ(軽めの作業)を午前中に済ませ、午後は・・・
ナツエビネの咲く場所情報を得たので、花はもう無いだろうが場所の確認だけでもしておきたいと

三段峡へ走った。
by yuzu-miu | 2012-09-12 07:29 | 家庭菜園 | Comments(4)

龍王山(西条)

9月5日:体慣らしに先日一人で下見してきた東広島市西条の龍王山(575m)へ

県民の森公園は水曜日が定休日で、駐車場まで入れずにゲートの手前で駐車した。
山道を少し入ると小さな小川、その辺に母子の地蔵さん?

f0219710_12245284.jpg


急な木段の道を進むと、今度は父子のキノコ

f0219710_12295237.jpg


ゆっくり歩いても一時間ほどで山頂の大展望台へ

f0219710_12304476.jpg

西条盆地が一望出来ます。

あれが野呂山に灰ガ峰そして手前が小田山などと、美味しい弁当の時間でした。

山頂から40分も歩くと、県民の森公園芝生広場へ

f0219710_1231585.jpg


f0219710_12361738.jpg

酒どころ西条らしく、酒樽モニュメントの前で

f0219710_1238145.jpg

酒樽の前にはこんな可愛い木彫りの人形が

f0219710_123942.jpg

園芸種ではあるが自然に溶け込んで美しい。

f0219710_124012100.jpg

アレチノヌスビトハギとタカサゴユリのコラボ。

f0219710_1241137.jpg

帰りに並滝寺に寄った。

f0219710_1242466.jpg

子供坂 男坂 女坂 を上り

f0219710_1243622.jpg

藁葺きの本堂。でもかなり屋根が傷んでいる、来年には屋根修理が予定されている様だ。
by yuzu-miu | 2012-09-09 12:46 | 山歩き | Comments(5)

また三段峡へ

9月2日:どうしてもナツエビネの所在を確認しておきたいものと、今度は樽床ダム~餅の木間へ
191号から樽床ダムへ向おうとしたら、バリケードがあり、聖湖マラソンの為立ち入り禁止になっていた。

仕方なく恐羅漢への大規模林道へ入り餅の木から樽床ダムをピストンする事に・・・

f0219710_727948.jpg

娘滝を左に見て

f0219710_7281687.jpg

出会い滝を右に見て

注意深く探しながら・・・でも、花も葉も見つからない

f0219710_7313618.jpg

これはヤマシグレ? 花は終わりで実が付いている この花の時期を見たことが無いな~

f0219710_7334255.jpg

何年前かな、NHK野草の会の一行とすれ違った吊橋を渡り

f0219710_73630100.jpg


f0219710_7364756.jpg

さらに無名の滝を幾つか眺め、勿論ナツエビネを必死で探し・・・

f0219710_7392229.jpg

ついに三ッ滝まで来てしまった。

f0219710_740664.jpg

ついでに聖湖まで行こう

f0219710_7413169.jpg

臥龍山を抱える聖湖は十分な水量を蓄えていた。

f0219710_7434520.jpg

ムクゲの花が綺麗だった。

復路も目を皿にして探したが、またまたナツエビネには逢えなかった。

f0219710_746412.jpg

ママコナ

f0219710_7464975.jpg

クサアジサイ

f0219710_7472944.jpg

アキチョウジ

f0219710_748927.jpg

アゲハなどが、慰めてくれた。

もう今年は諦めた、また来年の楽しみにしよう!
by yuzu-miu | 2012-09-07 07:50 | 山野草 | Comments(5)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧