三十数年ぶりの帝釈峡

三十数年前、義父母、妻、子供と歩いた帝釈峡を懐かしく歩いてみた。

f0219710_7262642.jpg

⑧神石民族資料館横の駐車場に車を止め、⑮白雲洞を折り返すよていだった・・・・・・・が???

f0219710_7315010.jpg

矢不立城址公園で  これは二ガナでしょうか?

f0219710_7342763.jpg

これはタツナミソウだよ!

f0219710_7354274.jpg

神龍湖を行く遊覧船を見下ろし、幕岩、鏡岩手前で渓谷道は通行禁止の立て札が???
仕方なく左の山道へ

f0219710_7374337.jpg

この花はホタルカズラでしょ

f0219710_7421425.jpg


f0219710_7431747.jpg

大汗かいてやっと渓谷へ下りてきた

f0219710_7443927.jpg

ヤマブキソウ、初めて会いました。

f0219710_7462770.jpg

雄大な雄橋、全部収める事が出来ません

f0219710_7483731.jpg

その雄橋の川原で、長いことカメラを向ける人がいた・・・

f0219710_7501526.jpg

狙いはどうもこのカワトンボのようだ、

f0219710_7513383.jpg

白雲洞の王様 白雲天

f0219710_7525459.jpg

月の兎

f0219710_7533783.jpg

そして最近営業を始められたという カフェレス茶屋 「渓山荘」さん

10:00に紅葉橋を出て、ここに着いたのは13:00少し前 あ~腹減った~
虹鱒の塩焼き定食(1000円)美味しかった~

しかし長い且つ山越えの道引き返すのはもういいよ~タクシー呼ぶ?
お店の人に・・・ 送ってもらえないかな~  相談したら

良いですよ!と一発返事・・・・駐車場まで車で15分程度送って頂きました。
「渓山荘」のおかみさん、本当に有り難う御座いました!

by yuzu-miu | 2012-05-30 08:03 | デジカメウォーク | Comments(4)

あれこれ

23日:2週間前に下調べしていた日の平・立岩・市間山のコースであったが、参加者が4人と少なく車が2台
無いため、仕方なく市間山登山口に車を止め、市間→立岩→市間のピストンとした。

f0219710_136277.jpg

市間登山口から植林の急登道を喘ぎながら行くと、右植林、左自然林の道がしばらく続く。

f0219710_1391210.jpg

一時間で市間山に

f0219710_1395715.jpg

更に一時間で立岩山に立つ

f0219710_13111537.jpg

下見の時見過ごしたサルメンエビネの大株

f0219710_13123146.jpg

猿の顔に見えますかね?

f0219710_13133662.jpg

帰りに棚田に寄ってみた

f0219710_1314595.jpg


f0219710_13174756.jpg

裏山の登山道にタツナミソウが咲き始めた。

f0219710_13184989.jpg


f0219710_13192724.jpg

この時期ノイバラも綺麗です

f0219710_13203740.jpg

ツマグロヒョウモンは名のとおり?ツマ(妻)が黒い。それとも羽の先(褄)が黒いということ???

by yuzu-miu | 2012-05-28 13:23 | 山歩き | Comments(4)

可愛い訪問者

22日はお姉ちゃん25日は妹が具合が悪くて、病院にそして我が家保育となりました。

f0219710_148479.jpg

お昼ねの後、菜園に「ジージmmちゃんもskちゃんも野菜に水あげるからジョロ貸して~」
「ダメダメジージのジョロは大きくて持てないよ!(4リットル)  今度来た時ジョロ用意しとくからね」

f0219710_1413848.jpg

水やりの仕事を終え帰路につく フタリともお尻に手を組んで・・・誰が教えたのかな?

f0219710_1416492.jpg


f0219710_14162479.jpg

あ~あもう疲れた~

by yuzu-miu | 2012-05-26 14:16 | | Comments(0)

前三ツ蔵・丸子頭・彦八縦走

広島県安芸太田町発行の西中国山地トレッキングマップに載る、全ての山、全ての登山コースを歩破を成し遂げる。
その目標も残り少なくなって来た。

今回は、十方山から北西に尾根を連ねる前三ツ蔵(1312m)・丸子頭(1236m)・彦八の頭(1152m)・彦八
(1166m)を那須を起点に周回した。

f0219710_7344673.jpg

那須登山口10:00発→藤十郎11:10→前三ツ蔵11:30→丸子頭11:35→藤本新道分れ12:15→彦八
13:00→内黒峠13:25那須への下山ルート口を探すのに25分のロスし13:50発→那須ゴール14:50

今回も昼食は歩きながらで、休憩も5分程度を3回の山伏走行だった。

f0219710_7481896.jpg

那須集落を1km程過ぎた舗装林道の終端にある登山口

f0219710_750284.jpg

シュンランが出迎えてくれた。

f0219710_751388.jpg

ギンリョウソウ?にしては頭が細いなあ~ギンリョウソウモドキかな?

f0219710_7532469.jpg

藤十郎?どんな謂れがあるのだろう?

f0219710_7581420.jpg

熊の爪跡  出てくるなよ!

f0219710_11265763.jpg

途中2箇所恐羅漢山を望む切り開きがり

f0219710_11293210.jpg

彦八

f0219710_11303364.jpg

内黒峠にある碑

f0219710_11313021.jpg

俺もこの人の様に、中国山地をこよなく愛して生きたい!

f0219710_1133119.jpg

峠から那須へ降りる入り口が判らず、結局このガードレールの端から植林帯へ降りてみた。

f0219710_11354579.jpg

すると間もなく、植林の中に踏み跡が・・・

f0219710_11384426.jpg

砂防堰堤が建設されていて、此処から先はコンクリート舗装の道となり約30分で登山口に辿りついた。

このコースはやはり紅葉の季節がいいだろう!

f0219710_1381797.jpg

見事なヤブデマリ

f0219710_139102.jpg

ヤブデマリの額片は五枚の内の一枚が退化しています。

f0219710_13115139.jpg

こちらは見事なオオカメノキ(ムシカリ)

f0219710_1313299.jpg

額片はちゃんと5枚ありますよ。

f0219710_13143779.jpg

こちらは可愛いオトコヨウゾメ

f0219710_13154017.jpg

誰です 男用済みという人は?

f0219710_1317448.jpg

これはホウの木の葉  ホウ葉味噌に使います。

f0219710_13184832.jpg

ほんでもって此方がトチの葉 違いが判りますか?説明できますか?

f0219710_13204648.jpg

ホウの花 高いところに咲いていて、中が見えません。

f0219710_13222429.jpg

そしてこれも高いところに咲いているトチの花 この実で橡餅を作ります。

f0219710_13242643.jpg

杉の木に登る藤の花

f0219710_13255722.jpg

おやあれは・・・ハクウンボクの花。もう咲いてるのか、すると今頃は裏山のエゴノキも咲いているのかな?

今日の一人旅も色々な花に出会えたな!!

by yuzu-miu | 2012-05-24 07:59 | 山歩き | Comments(7)

大万木山(1218m)

大万木山(おおよろぎさん)にはサンカヨウの群落があり、またハナイカダもありブナ林も良く人気の山である。
この日(5月16日)もウィークデーに関わらず、門坂谷駐車場には乗用車10台にマイクロバス一台の賑わいだった。

f0219710_13561291.jpg

マイクロバスは客を降ろし、下山口へ迂回してくれたので、かろうじて駐車出来た。
我々のパーティーはA,Bグループ混成の9人である。

f0219710_1401034.jpg

本日の工程は、門坂谷駐車場から滝見コースを1.5時間程の登りで山頂へ。下りは渓谷コースで1.5時間で
門坂谷駐車場の予定。歩行距離:7.5km、累積標高差:795m。

f0219710_1485383.jpg

イチリンソウを愛でながら

f0219710_1492617.jpg

権現滝を過ぎ

避難小屋の直ぐ先のハナイカダは話に夢中で見逃した。

f0219710_14123362.jpg

休憩広場で

f0219710_14142792.jpg

ツクバネソウ 真っ黒い実が付いたら本当に追羽根に見えるよ!

f0219710_1415545.jpg

ブチューしてるのかな?

f0219710_14172219.jpg

ほら山頂近くになったら・・・サンカヨウのお出ましだ!

f0219710_14182880.jpg


f0219710_14192196.jpg


f0219710_14194787.jpg

大きな葉っぱの上にちょこんと乗っかるサンカヨウ。雨で濡れた姿は花びらが透けて見えとても良いらしい!

f0219710_1422893.jpg

私も見てよとミヤマカタバミが・・・しっかり開いてポーズとる。

f0219710_14235877.jpg

昼食後山頂で記念写真。 展望広場へ行ったが、黄砂で日本海も三瓶山も見えませんでした。

f0219710_14263649.jpg

emoticon-0159-music.gif大きなブナの木下で~

f0219710_14285799.jpg

ここから下山の始まり・・・未だムシカリの花が残っている所もあり

f0219710_14302293.jpg

タチカメバソウがお疲れさんと言っている。

f0219710_14321579.jpg

ジグザグの緑の小道を快調に

f0219710_1433242.jpg

イワカガミが

f0219710_1434123.jpg

これは?ハルリンドウ? フデリンドウ? ちっちゃな可愛いリンドウです。

f0219710_1435366.jpg

あや~見つけたぞハナイカダ

f0219710_14361461.jpg

これは未だ蕾だよね!

f0219710_14371653.jpg

これは何だ!オトコヨウゾメと思っていたが・・・チョット違うな~  調べてみようっと!

しかし今回は、サンカヨウもハナイカダももう遅いだろうと諦めていたのに、ラッキーだったなあ~!

by yuzu-miu | 2012-05-18 14:41 | 山歩き | Comments(6)

気持ちいい雨

15日午後霧雨の残る中をウォーキング・・・
もう一月もしたら入梅でしょうが、雨もまた良いものと感じた一日でした。

雨にちなんだ歌を口ずさみながらのデジカメウォーク

f0219710_7284052.jpg

emoticon-0159-music.gif雨あめ降れふれ母さんが~あやめ じゃなかった 蛇の目だったか

f0219710_7312418.jpg

イチハツの寝方で雨宿りするウラギンヒョウモン

f0219710_7342578.jpg

emoticon-0159-music.gif雨が~小粒の真珠なら~恋はピンク~のタニウツギ~

f0219710_736553.jpg

う~んこりゃ???

f0219710_736454.jpg

ツルニチニチソウもemoticon-0159-music.gif雨あめ降れふれもっと降れ~私のいい人連れて来い~

f0219710_739641.jpg

emoticon-0159-music.gifアカシア~の雨に打たれて このまま死んでしまいたい ハリエンジュ(ニセアカシア)

f0219710_7413964.jpg

ツクバネウツギに代わり今はコツクバネウツギが満開

f0219710_743943.jpg

マツバウンランも雨の重荷を背負って立っている

f0219710_7454846.jpg

ノアザミもこれからが美しい季節

f0219710_7464996.jpg

大好きな裏山登山道

f0219710_7473679.jpg

コツクバネと競って咲くコガクウツギの白も美しい

f0219710_749680.jpg

エンドウの白花も

f0219710_750229.jpg

ノイバラの白も

f0219710_7504443.jpg

除虫菊の様なこの花も、私の気持ちを和ませる。

気持ちいいデジカメウォークでした。

by yuzu-miu | 2012-05-17 07:54 | デジカメウォーク | Comments(0)

しわい登山(2)

f0219710_7185188.jpg

日の平山山頂には、山名標識も無く展望も利かない。

f0219710_7212930.jpg

市間山山頂も展望は期待できない。と言う事は弁当は狭いけど立岩山でということになるかな!

f0219710_726358.jpg

ダイセンミツバツツジが未だ咲いている。

f0219710_7274773.jpg

ギンリョウソウも

f0219710_7283244.jpg

ユキザサも

f0219710_7291192.jpg

チゴユリも

f0219710_7302458.jpg

わあ~ヤマシャクヤクが咲いていた!

f0219710_7315951.jpg

オオカメノキに代わりコバノガマズミが咲き

f0219710_7325651.jpg

蕗の花後の綿帽子が綺麗

f0219710_7345835.jpg

ミツバxxx

f0219710_7364372.jpg

うん~なんだこりゃ?

f0219710_7372551.jpg

ジュウニヒトエ? ? ?

f0219710_7392144.jpg

カキドオシ

f0219710_7402829.jpg

ウワミズザクラ

f0219710_7415296.jpg

ヤマフジが沢山咲いていて、あたり一面いい香りが漂って・・・

f0219710_7432173.jpg

う~ん美しかばい!

f0219710_7454875.jpg

ミヤマキケマンの絨毯道

f0219710_7475223.jpg

emoticon-0159-music.gif土手のすかんぽさらさらよ~・・・今夜のサラダに頂いて帰りました。

f0219710_7504915.jpg

ヤマゼリ?

f0219710_7525466.jpg

およよよ!コケイランも

f0219710_754682.jpg

イチゴの花で一休みするのは、ヒメアカタテハかな?

延々と5km以上の舗装林道を歩いて下りて坂原集落へ

f0219710_7564482.jpg

見事なオオデマリや

f0219710_7592480.jpg

シャガも

f0219710_80973.jpg

二宮尊徳さんも、労を労ってくれました。

by yuzu-miu | 2012-05-15 08:01 | 山歩き | Comments(6)

しわい登山

13日(日):23日に予定している、安芸太田町の日の平山(1091m)・立岩山(1135m)・市間山(1109m)縦走。未だ完走した事が無い。

昨年立岩山までは登山道の具合を調べたが、市間山までの様子や林道本郷坂原線(昨年は通行禁止)の
道路復旧具合の下調べの為、単独登山に出かけた。

f0219710_1354832.jpg

中国自動車道 筒賀~吉和間に平行している国道186号線の坂原集落の無人野菜市を9:10に出発し、
立岩分岐10:40→日の平山10:50→立岩山11:30(5分休憩)→途中歩きながらサンドイッチ、アンパン

を食いカフェオレを飲みながら、突き進む→立岩山12:20(5分休憩)→13:05舗装林道→14:35国道186
→15:05坂原登山口着 実に全工程6時間(内休憩は30分未満)のしわい登山であった。

登山道は一部細い険しい所や倒木などがあったが、概ね良好(特に縦走路は広々)。しかしどちらからの
登山も20~30もの急登道が続く所があり、かなりしわい(やねこい)。雨の登山は滑りやすいだろう。

でも登山口のラショウモンカズラの群生、尾根道のサルメンエビネやイワカガミ、林道でのヤマシャクヤク、
ヤマ藤、ムラサキケマン、ミヤマキケマンの群生は見ごたえがあり、23日も未だ見頃だろう。

当日は林道を2時間も歩かせたらブーイングだろうから、車2台で1台を林道上部まで回しておこう。

f0219710_13361530.jpg

ラショウモンカズラの群生

f0219710_13365444.jpg


f0219710_13372143.jpg

xxイチゴの群生

f0219710_1339457.jpg

イワカガミあれこれ

f0219710_13394193.jpg


f0219710_13401328.jpg


f0219710_13411230.jpg

サルメンエビネのあれこれ

f0219710_1342664.jpg


f0219710_13441719.jpg


f0219710_1345630.jpg

看板の向こうに深入や臥龍が見える。

f0219710_13463337.jpg

立岩ダムの向こうに十方山、恐羅漢は十方の影にかくれている。

f0219710_13484211.jpg

縦走路はブナの巨木も多く気持ちいい

f0219710_13503456.jpg


f0219710_13511223.jpg

たっぷりのグリーンシャワーを浴びられる。

この続きは又明日!

by yuzu-miu | 2012-05-14 13:53 | 山歩き | Comments(2)

吉和冠山(1339m)

今年から第1、第3水曜日のAグループと第2、第4水曜日のBグループとに分け登山計画しているが・・・
どうも、目的の野草開花時期と外れる事が多くて・・・

今回の山も先週なら、カタクリに間に合っただろうが・・・でも淡い期待を込めて登ってきた。

f0219710_713064.jpg

潮原温泉から鉄製の橋まで車を乗り入れ、冠山のカタクリの様子しだいでは、寂地山まで行くつもりで・・・
だが、カタクリには遅かった。

冠山を往復するだけとなった。登り2時間、下り1時間15分、歩行距離:約9km、累積標高差:700m。

f0219710_7221794.jpg

中国道吉和IC料金所手前から振り仰ぐ冠山。もう5回目になるな~!

f0219710_7253897.jpg


f0219710_7272168.jpg

湯来冠や女鹿平

f0219710_7282081.jpg

広見、十方、恐羅漢

f0219710_7295265.jpg

大神ヶ嶽など

f0219710_7312925.jpg

展望大岩からオオカメノキの花越しに

f0219710_7335966.jpg

これはウスギョウラク?

f0219710_7351828.jpg

ブナの根っこで出来た木段の道

f0219710_7365722.jpg

額縁に持って帰りたい新緑美

f0219710_7382511.jpg

かろうじて残っていたカタクリ

f0219710_7401375.jpg

また逢えたねエンレイソウ

f0219710_7412314.jpg

ラショウモンカズラ

f0219710_7421224.jpg

ニリンソウ

f0219710_7425354.jpg

やっと咲き始めたユキザサ

f0219710_744083.jpg

エイザンスミレ

f0219710_7444814.jpg

タチカメバソウ などは何時も会う馴染みの花

今回初めて見る花はこれ!


f0219710_74774.jpg

オニノヤガラ  ラン科 多年草 腐生植物 ナラタケ菌と共生 ツチアケビなどと同類

下山後は魅惑の里の温泉に浸かり・・・

f0219710_7512291.jpg

ウワズミザクラや

f0219710_7523588.jpg

レンゲツツジにも逢えました。

by yuzu-miu | 2012-05-12 07:53 | 山歩き | Comments(0)

芸北を歩く

ゴールデンウィークの末尾に芸北の八幡高原と湿原をウォーキングして来た。

f0219710_7302585.jpg

臥龍山の麓の白い梨の花が綺麗だ!!

f0219710_7322878.jpg

未だヤマザクラも残っている。

f0219710_7352027.jpg

何を探しているのかな?

f0219710_7364834.jpg

霧ヶ谷湿原の中、緑芽吹きが美しい!でも花はまだまだ

f0219710_7384328.jpg

新芽が出たばかりなのに赤い実がついている?・・・ノリウツギ、実は昨年のが落ちずに冬越ししたのだろう。

f0219710_7413429.jpg

代掻きを終え、田植えを待つ田んぼ・・・昔々田植えしてた頃を思い出す。

f0219710_7443582.jpg

カキツバタの湿原も見頃までには未だ遠い。

f0219710_7464812.jpg

まばゆい純白の花オオカメノキ(ムシカリ)の花。

f0219710_749273.jpg

おや何を撮っているのかな? リュウキンカかな?

f0219710_751817.jpg

聖湖畔にやってきた!

f0219710_752457.jpg

連休最後を楽しむ家族連れ

f0219710_7534845.jpg

ボートを漕ぎ出して、パパは明日からの仕事大丈夫かな?

f0219710_755623.jpg

いいな~

f0219710_759660.jpg

布切れで作ったアザミの花・・・・「ぶなの里工房」さんで買い求めた。
明日9日はカミサンの誕生日、ささやかなお礼の気持ちです。

by yuzu-miu | 2012-05-08 08:02 | デジカメウォーク | Comments(4)