3代目

1代目:NECラビー(WINDOWS 98)(平成3年) 2代目:TOSHIBAダイナミック(WINDOWS XP)(平成12年) 役10年ピッチで更新してきたパソコン。

2代目もメモリー不足とスピード不足で、youtubeなどの動画はコマ送りでしか見れなかった。
新しいパソコンが欲しいと・・・新聞チラシを物色してきたが・・・先日某家電量販店のリニューアルオープン

で、29,800円の売り出しが・・・開店1時間に並んだが・・・3台限定で売り切れ。
仕方なく、他を見ていると・・・アウトレットで32,900円のRENOBOが残っていた。

直ぐに買い求め、家に帰って梱包を解くと、本体と付属品それに数枚の取り扱い書だけ・・・日本のパソコンなら、懇切丁寧な分厚い取り扱い説明書が数冊付いているのが普通だが。

そして買った3代目 {LENOBO}はWINDOWS 7 初めての機種で、各種設定の要領がXPとかなり異なり丸一日設定に苦労し何とか、順調に起動するする事が出来た。

やはり早い起動でYOUTUBEもらくらくと閲覧出来るように、これで快適なパソコン生活が出来るぞ!

f0219710_9184481.jpg

これが最後の友達だ!息子の援助で買えました、有り難う!

f0219710_9212364.jpg

でも夜は、光の電源を切られてしまうので、秋の夜長は読書しています。これら本も息子夫婦から借りています。

有り難うね!mmちゃん、skちゃんのお守りしっかりやるからね!        

by yuzu-miu | 2011-10-31 09:27 | 独り言 | Comments(4)

聖山・高岳 -縦走ー

広島県北西部北広島町と島根県益田市匹見の県境にある、聖山(1113m)と高岳(1054m)を縦走してきた。

今回は、4ヶ月振りのMさん、10ヶ月振りのTさんの参加があり、何時にも無く盛り上がった。

f0219710_1229417.jpg

以前は反時計廻りに高岳→聖山だったが、今回はこのガイド本通りに登った。男3、女4の計7名。
歩行距離:10.5km 歩行時間:3時間40分 累積標高差:±632m

f0219710_12342530.jpg

先ずは整備された未舗装の快適な林道を歩く。紅葉はまだ始まったばかり・・・
因みに今朝の気温は7~8℃、Mさんはフードを被って出発です。

f0219710_12362165.jpg

林道を南西に30分、十文字峠で一腹。

f0219710_1239291.jpg

ウリハダカエデの赤い絨毯に歓声が上がる。

f0219710_1240553.jpg

その絨毯を松江パーティー(11~12名)に先に踏まれる。

f0219710_12431430.jpg

木の間に聖湖と臥龍山が見えた。

f0219710_1245612.jpg

これは、龍ではないか?

f0219710_12461823.jpg

赤く紅葉してるのは、ウリハダカエデばかり。

f0219710_12472588.jpg

10ヶ月振りに復帰したTさんだが、流石に一回り若い元気な足取りです。

聖山山頂は眺望無く、直ぐ近くの展望広場も今や木々が生長し、日本海どころか殆ど眺望得られず。
すぐさま高岳へと進む。

f0219710_12531836.jpg

高岳山頂は既に松江のパーティーに占拠され・・・広い山頂ですから、そんな事ありません。
因みにこのパーティ、年に60回程も歩いているそうな、どうりで健脚なのが理解できる。
その一員に80歳(男性)の方が居られたのにはビックリ!俺もそこまで登り続けたいものだ!

f0219710_1351718.jpg

臥龍山。そういえば、2年前の10月26日は浜田の女子大生が失踪し、11月6日にこの臥龍山で胴体が発見されたであった。

f0219710_1392639.jpg

聖湖(右端がダム堰堤)と深入山、いい眺めだ!

f0219710_1311356.jpg


f0219710_1312090.jpg

尻餅をついたSさん!もうお尻は乾いたか?  まだまだ滑るから用心されよ!

f0219710_13135656.jpg

ヤッパリ私は枯れ葉色が好きだ。

f0219710_13152289.jpg

下山完了!えッ まだ咲いてたよアケボノソウ。

f0219710_13165674.jpg

湖に写る紅葉も未だ未だだ!

f0219710_13181688.jpg

緑取り残されたウリハダカエデ。

f0219710_13192998.jpg

仲間に遅れじと、これから一気に紅葉するだろか?

芸北の紅葉はこれから1~2週間後が見頃だろう!

来週は備北の紅葉を見に行こう!

by yuzu-miu | 2011-10-27 07:53 | 山歩き | Comments(4)

スイミング 始めます!

現役引退後、畑の開墾から始まって、山歩き・地域のボランティア活動(おくはた分校)・男の料理・色鉛筆スケッチ・山クラブ結成などに取り組んできたが・・・・

また新しい事に挑戦、何がいいかな? と考えていた。
ある時 Hi-chanからスイミングやりませんか?と勧められ、やってみようかな~と思っていた。

ベニマンサク観賞だけでは物足りないので、「Hi-chan ベニマンサクの後、湯ノ山クワハウスの温水プールに行かない?」 「OK!」 ・・・・・・・


私の泳ぎの実力は、殆ど金槌状態。 子供の頃、家の手伝いをサボって、川遊びに行った為、父親から「そんなに川遊びしたいなら、ほら!まだ遊べ!」と川で溺らかされた事があり・・・

以後(水恐怖症)になり、水に顔を付ける事が怖く、顔を水につけなくて泳げる(抜き手)や(横泳ぎ)で辛うじて25m程度泳げる程度。

その後子供や孫達と海や川に遊びに行って・・・顔を水に漬けれるが、呼吸は顔を出してその時(吐いて、吸う)を同時にする事しか出来ず、クロールでも平泳ぎでも25m泳ぐのがやっとでした。

その後、水の中で吐き、顔を上げたときは吸うだけと知り、北島選手の泳ぎを見ていると、鼻から吐き出しているようだ・・・そうか鼻で吐いて、口で吸うのか・・・・ふ~ん(鼻出し)・パッ(口吸い)の要領だな・・・

Hi コーチの前で、泳ぎを見てもらうが・・・なかなか呼吸のタイミングが合わず、25mでどうしても息が上がってしまう・・・何故!

Hi コーチ曰く 「呼吸は水の中でブクブクと吐き、顔が出たらパッと口を開く(ひとりでに吸う)」・・・
エ~ッ!ふ~ん(鼻で吐き)・パッ(口で吸う)じゃなかったの・・・

じゃあブクブク・パッで泳いで見るね・・・・
やってみると・・・上手くタイミング取れた時は、25mが楽に泳げるではありませんか。不思議不思議!

しばらく感触をつかみながら泳ぎを楽しみました。
よ~ッし、これから週一位でプール通いして、年内には楽に25m折り返し50m位を楽に泳げるようになるぞ!

Hi コーチ有難うございました。見よう見まねだけではダメな事もあるんですね~思い違いでした。

そしてHi コーチを送り届けて、帰りにこんなお土産を頂きました。

f0219710_8164796.jpg

Hi コーチお手製のフルーツケーキです。

f0219710_8182343.jpg

今朝もこれを頂きながら、このブログを書きました。

美味しいです、ご馳走様!

by yuzu-miu | 2011-10-25 08:20 | 独り言 | Comments(5)

今は もう 秋 !

一足先に紅葉するベニマンサクを訪ねて、


広島県廿日市市大野のベニマンサク湖に行ってみた。

f0219710_744731.jpg

ベニマンサク湖 八幡湿原の尾崎沼についで、気分の安らぐ、お気に入りの場所だ。

f0219710_7471767.jpg

湖の辺のリンドウの小径  まだまだ咲いていたよ。

f0219710_7503376.jpg

トンボ池の辺 水に映った紅葉も美しい。

f0219710_752768.jpg

この方ナイスショット狙っている。

f0219710_7532813.jpg

私のショットはこんな物。

f0219710_7544162.jpg

またこの方は・・・

f0219710_7553013.jpg

私は光輝くこれがいい!

f0219710_7565015.jpg

こりゃどうじゃ!見事に染まったものですね~

f0219710_757532.jpg

少し残った緑も仲間入り

f0219710_7585113.jpg

おやッ これはヤクシソウだよね!

f0219710_804044.jpg

綺麗な紅葉みて、気分爽快! 秋満喫の一日でした。

by yuzu-miu | 2011-10-24 08:02 | デジカメウォーク | Comments(6)

比婆山 ~縦走~

10月17日 : 昨夜孫6号が熱が出たから、明日病院へ連れて行っての電話あり、迎えに行くと孫5号も保育園を休むという。仕方なく二人を預かり保育。送って行って 「明日、明後日と山行きで居らんからな!もう熱が出ても面倒見れんよ!」と・・・

10月18日 : sさん、kさんを迎えに行くと、二人とも待ち合わせ場所に居ない・・・まさか~ 家まで行くと・・・
そのまさか・・・二人とも、明日から出発と勘違い。ガックリ!カリカリ!すぐさま宿にキャンセルの電話・・・
とそこへ・・・息子が孫5,6号ちゃんを連れてきて、今日も預かって欲しいと。今度は5号が熱があるという、夕方迎えに来て病院に連れていくけえ~と。 「いいよ!今日からの山行きは中止になったから・・・」 今日も一日預かり保育。

10月19日 : 昨日の山行き中止のショックも薄らいで・・・野良仕事にいそしんだ。
サツマイモ15kgばかりとサトイモ10kgばかりを収穫した。明日も天気が持つという・・・よっしゃ明日一人で比婆山縦走に出かけよう!ついでに宿のキャンセル料を払って帰ろうと・・・。所が夜に電話がなり、孫5号が今度はメイボが出来たので病院連れて行ってと・・・ この山行きよっぽど嫌われたものだな~

10月20日 : 孫5号を迎えに行くと、「病院行かん!」と訴える・・・何なんじゃ もう!
時計を覗くと8:05、慌てて家に引き返し、山の仕度して高速ICへ・・・かろうじて通勤割引の時間内に滑り込みセーフ。一路比婆山へと向かう。

f0219710_88914.jpg

先週も通った道、芸備線の踏み切りで始めての列車待ち。

f0219710_81656.jpg

今回は一人だし、体力チェックを兼ねて、この地図の大外廻りを時計回りで縦走しようっと。

f0219710_8193019.jpg

管理センターの屋根越しに見える、御陵ー烏帽子の尾根。さあ~出発(10:30)

f0219710_8223279.jpg

ブナの黄葉が進む登山道を快適に飛ばし・・・

f0219710_8244538.jpg

おッ立烏帽子が見えた!池の段駐車場ももう直ぐだ。

池の段駐車場には10台以上の車が・・・皆地方紙の写真を見てやって来たのであろう。

f0219710_8291380.jpg

センターを出発し展望園地で5分の休憩しただけで、立烏帽子(1299m)に立った。(12:00)

f0219710_8343411.jpg

池の段で昼食をと思ったが、思ったとおり池の段は人だかりが出来ていた。仕方なく立烏帽子で昼食を済ませ(12:15池の段へ向かう)

f0219710_8384555.jpg

鞍部から池の段を仰ぎ見る。ホツツジやウラジロの紅葉が美しい

f0219710_841248.jpg

足元にはリンドウがこんにちわ!

f0219710_844253.jpg

池の段に立ち(12:25)立烏帽子を振り返る。

f0219710_8465377.jpg

池の段南稜ピークから戻って来る夫婦。いいなあ~

f0219710_8491357.jpg

次に目指すは、あの御陵(12:30発)。

f0219710_852646.jpg

地元の小学生達80人以上とすれ違い。昨夜センターに宿泊してたそうで、宿は満室だったと言う。

f0219710_8552462.jpg

本来なら前日縦走していただろう牛曳・伊良谷・毛無の稜線と管理センターが見える。

f0219710_8583759.jpg

ガマズミの実が輝く

f0219710_8595488.jpg

ニシキギの仲間コマュミの紅葉と赤い実

f0219710_923318.jpg

御陵の玄関口にあるイチイの巨木

f0219710_953924.jpg

杉やイチイの巨木に囲まれた御陵。社の後ろには伊邪那美神の稜墓がある。(13:10)

f0219710_9112186.jpg

出雲烏帽子の直ぐ手前、大膳原と吾妻山の雄姿。後方には猿政山も

f0219710_914823.jpg

出雲烏帽子に着く(13:30)。烏帽子岩、烏帽子にみえるかな?

f0219710_9165030.jpg

紅葉の始まった渓谷を降りていく。

f0219710_9181868.jpg

私の好きな色

f0219710_9194837.jpg

ミヤマシキミが 「おつかれさん、もう直ぐ出雲峠だよ!」

f0219710_9222255.jpg

出雲峠に下りてきた。後は自然歩道を下るだけ。

f0219710_924290.jpg

コシアブラの葉がすっかり濾し油になったよ!

f0219710_926524.jpg

やっと公園広場へ降りてきた。

f0219710_9273995.jpg

管理センター傍のせせらぎ、秋ですね~

f0219710_9291443.jpg

管理センターの廻りのモミジやナナカマドの紅葉です。ここはもうすっかり秋です。

10:30登山開始して、14:30下山完了。約11km、累積標高差±900m?休憩時間45分を含めてたった4時間で走破した。まだまだ捨てたモンじゃないこの脚力、せめてもう十年続けたいね。

宿にキャンセル料を払いに行くと、もう請求書はsさんに送付しましたとの事。僕の分まで払って貰って、本当に気のどくい事をしてしまったな~・・・以後しっかりした山計画し間違いの起こらないように気をつけます。

昨日、今日とぐずついた天気ですが・・・この山行きのお陰で何とか持っておりまする。

by yuzu-miu | 2011-10-22 09:43 | 山歩き | Comments(2)

福田頭(1253m)

10月12日:庄原市比和町にある、地図上には毛無山とあるが地元福田では福田頭と呼ばれている。
庄原ICから比和町へ入る予定であったが・・・ナビまかせに行くと西城町を通り、熊野神社下ー池の段別れー吾妻山別れを通って、福田頭下山口へそして福田頭登山口へ遠回りしてきた。


地図をスクロールして廻りを見て下さい。東方には道後山、北には東から竜王・立烏帽子・池の段・御陵・吾妻山・猿政と続き西には大万木・琴引そして石見冠山。

f0219710_1056214.jpg

このガイド通りに福田上集会所の駐車場に車を止め、9:40に出発。

f0219710_121356100.jpg

小川のほとりに咲いてたが???

f0219710_121572.jpg

これは?フユワラビだったかな? フユノハナワラビでした。

f0219710_12161442.jpg

40分で一ノ滝

f0219710_12181647.jpg

もう終りですが、沢山のキバナアキギリが迎えてくれました。

f0219710_12201551.jpg

こりゃなんじゃったっけ?忘れてしまいました。もう一度調べなおしだ! カニコウモリでした。

f0219710_12224112.jpg

ここはユキザサの多い所、そこらじゅうに可愛い赤い実を付けていました。

f0219710_12253569.jpg

三ノ滝

f0219710_12264157.jpg

シラネセンキュウの向こうに名も無い滝

f0219710_12281972.jpg

イチイの実。甘いのだが私の好みじゃないなあ~ 種には毒があるし。

f0219710_12315781.jpg

これも判らないな~ なんとかアザミ???

f0219710_1233523.jpg

ムラサキマユミの実

f0219710_12341884.jpg

ハグマだろうか?葉っぱはモミジみたいだからモミジバハグマ???そんなのあったっけ?
  オクモミジハグマでした。  


f0219710_12375012.jpg

サラシナショウマも咲いてたぞ!

f0219710_12385393.jpg

アキチョウジとは違うなあ~ カメバヒキオコシかな?

f0219710_12402024.jpg

葉っぱの先が亀の尾の様に細くなってるよなあ?

f0219710_12422381.jpg

大波峠から道後山

f0219710_12434319.jpg

竜王のお尻と背中が見える。

f0219710_12454225.jpg

これもボクチの仲間だろうけど??? キクバヤマボクチでした。

f0219710_1250158.jpg

子沢山のキノコ カッワいい!

f0219710_125120100.jpg

ガマズミの実が色鮮やかに!

f0219710_12522331.jpg

気の早いモミジも

f0219710_12532281.jpg

ブナの巨木も色付いて・・・これから一気に紅葉が始まるぞ!

f0219710_12552126.jpg

おや フシグロセンノウも迎えてくれた。

f0219710_1256381.jpg

時ならぬスミレも点点と  ミヤマアキスミレとでも名付けようか。

f0219710_12583653.jpg

12時丁度、山頂に着きました。休憩を入れながらも、ガイド本の歩行時間内に登りついた。

f0219710_135227.jpg

二こぶラクダ、右は道後山、左は岩樋山 このずっと向こうに大山が見えるはずだが・・・

f0219710_139378.jpg

竜王と立烏帽子 御陵や猿政も見えました。

弁当食べて、12:30には下山開始です。

f0219710_13115231.jpg

快適な尾根道を行く(呉パーティーの5人)

f0219710_13133220.jpg

兎舞台頭 此処からは急な下りです。

f0219710_13154871.jpg

途中で見えた吾妻山の雄姿。見る方向が違うと山の形も違いますねえ~左の裾野に吾妻山ロッジが見えますか?

f0219710_13185797.jpg

山頂から約70分で車道へ降り、これから延々と車道歩きです。

f0219710_1322252.jpg

でも、輝くススキの穂や

f0219710_1323657.jpg

ヤクシソウに

f0219710_1324363.jpg

ナギナタコウジュまでが、「お疲れさん!まだ先は長いけど頑張って」と

残り15分まで降りた時、さっき車で通り過ぎた呉パーティーの車が戻って迎えに来てくれました。
「旅は道連れ世は情け」 有難う御座いました。

呉パーティーは「かさべるで」で入浴すると言う。我々もそれじゃ一緒にと・・・

f0219710_13303477.jpg

「かさべるで」から見る福田頭。あの長い尾根を歩いたんだね!

歩行距離:11.5km 歩行時間:4時間20分 標高差:750m 累積標高差:850m
今日も楽しい一日だった。尚此処は植生も豊かの様だ、再々訪れたい山だ。

by yuzu-miu | 2011-10-14 13:38 | 山歩き | Comments(6)

夜神楽 in 大原

10月8日:昼間に火山に登ったその夜は、我町広島市安佐南区沼田町大原地区の金毘羅神社の秋祭り。
19時より二年に一回の奉納神楽があるという事で・・・デジカメ持って祭りの様子を収めよう。

何時ものように、ちょっとだけ祭りの様子を撮ろうと・・・ところが、sacchanと出会い、孫達の為に席取りしてあると聞いた。

一通り祭りの様子を写真に収め、神楽の一場面でも収めようと・・・客席を覗くと、sacchanが!えッその隣にはkei-chanが。孫達は来なくなったと・・・「それなら一緒させて貰いましょう」

あつかましくも、特等席にご一緒させてもらいました。

演じる神楽団は佐伯区湯来町の大森神楽団(http://www16.ocn.ne.jp/~morisan/)。なんでも今年の神楽グランプリで準優勝を獲得した、今売れっ子の神楽団という。演目は下記6目

1、四方祓   19:00~  2、源頼政   19:15~   3、安達原   19:55~
4、悪狐伝   20:40~  5、大江山   21:35~   6、八岐大蛇  22:15~

2演目位見たら帰ろうと思っていたのだが・・・・・・物凄い迫力と綺麗な衣装の早変りなどに感動し最後まで見てしまいました(終わったのは23:30だった)。

f0219710_139058.jpg

夜の帳が下り

f0219710_13121086.jpg

煌びやかな衣装の神楽が始まりました。

f0219710_13134026.jpg

源頼政の一場面  頭は猿 体は狸 手足は虎の化け物

f0219710_13183517.jpg

安達原の一場面  旅の娘を殺したが、それが我娘だったので気が狂って鬼と化す。

f0219710_13231180.jpg

大江山の一場面  「人が飲めば薬となり 悪鬼が飲めば毒となる」人便鬼毒の酒を飲む。

f0219710_13264860.jpg


f0219710_1328689.jpg

八岐大蛇の一場面 

兎に角圧倒され、デジカメの動画撮影続けて電池切れになりました。
本格的な神楽を始めて真近で堪能しました。sacchan特等席にお弁当までご馳走になって、有難うね!

続きは動画をアップして見ようと思います。

by yuzu-miu | 2011-10-10 13:35 | 地域情報 | Comments(4)

コウヤボウキ&ママコナ in 火山

10月8日:裏山(火山)の小さい秋を見つけに散策した。

大原登山口から登り始め、途中から沼田高校コースへトラバースし、急登をあえぎながら登っていると・・・

f0219710_7222165.jpg

オッ ママコナだ!

f0219710_7231445.jpg

アッ ここにも!

f0219710_7234927.jpg

でもこのママコナはまま粒が白でなく、黄色で且つはっきりしないな~・・・これがミヤジマママコナだ。

f0219710_7261284.jpg

オホッ ツルリンドウとツーショットだ。

f0219710_7273753.jpg

火山(488m)の山頂に咲くヤマハギ。すっきり!色も美しい!

f0219710_730675.jpg

火山から伴峠→ピーク→権現峠へ。小さな権現神社の社。
更に石山に向けて歩き出すと

f0219710_7334548.jpg

ワオッ! コウヤボウキの群生だ!

f0219710_7344958.jpg


f0219710_7352044.jpg


f0219710_735455.jpg

夢中でシャッターを切り続ける。

f0219710_7364616.jpg

誰が名付けたか石山。

f0219710_7374940.jpg

此処にある石群は単なる自然石とは思えない。古の人が石庭風に並べた様だ。
だから・・・私なら石山でなく、石庭山と名付けたい。

f0219710_74147.jpg

今来た火山(手前左)と武田山(手前右)の間の後方に阿武山を望む。

f0219710_7435859.jpg

コシアブラも緑が薄くなり、だんだんアブラ紙になりつつある。

f0219710_7454883.jpg

ネジキの葉っぱも色付いてきた。
もう紅葉の秋は始まっている。

そして、こんなものにも出くわした。




More 下山後の道端で

by yuzu-miu | 2011-10-09 07:57 | 山野草 | Comments(2)

ムラサキセンブリ in 深入山

昨年は9月29日と11月3日に登ったが、逢えなかったムラサキセンブリ。一昨年は10月12日に登り、満開に出迎えられた。その時の感激をもう一度の願いを込めつつ、未だ少し早いかな?咲いてるといいけどな~?
と案内人は気がもめつつ、仲間をリードする。

今回は三人の美女が夫々にカメラを用意して・・・写真教室みたいです。
アツ!ママコナだ(パチリ、パチリ、パチリ)、アツ!シラヤマギク(パチリ、パチリ、パチリ)、アツ!センブリ(パチリ、パチリ、パチリ)・・・・他にもアキノキリンソウ、ヤマボクチ、トウヒレンと・・・・

だから登るスピードは通常の1/3、何時になったらムラサキセンブリの咲く深入山の肩部に辿りつけるのか?

f0219710_7443894.jpg

おいお~い!置いていくぞ!

f0219710_7455685.jpg

またそこで撮影かよ~ッ!

シオガマ に ヤマハッカ に アキチョウジ に ウメバチソウ 全てにカメラを向け、名前をメモします。

f0219710_7503765.jpg

そうその辺りからムラサキセンブリがあると思うから気をつけて探してよ!

f0219710_7531283.jpg

何撮ってるの?

f0219710_7541436.jpg

ウメバチソウが可愛いよ~

f0219710_7553265.jpg

うんうん、一番いいときだね!

f0219710_7565918.jpg

お~いやった~!ムラサキセンブリが咲いてるぞ~!

f0219710_758218.jpg

わ~お綺麗!やっと逢えたよ!

f0219710_816968.jpg

肩部の大岩に着いたのが11:30通常なら40分もあればだが・・・1時間半も要しました。
後方に見える山(ゲレンデが沢山見える)が広島県一の恐羅漢山だよ!

f0219710_8214113.jpg

この大岩の廻りにもムラサキセンブリが咲いている。少し早いが此処で弁当。

f0219710_8242639.jpg

ほらあそこが頂上、最後の急登道

f0219710_8261368.jpg

あんなちっちゃな子が頑張っている!

f0219710_828218.jpg

やっと頂上に立ちました。

f0219710_828548.jpg

頂上には真新しい、廻りの山名を記す標識が2枚設置してあった。日本海、三瓶山も微かに大山も見えたね~

下山途中もリンドウ・オケラ・ヤマラッキョウ・マツムシソウ・キバナアキギリなどを撮影し・・・
林道コースを下り、吾妻屋で休憩コーヒーのサービス。どう美味しかったかな?

ここで、皆と別れいこいの村駐車場まで、一気に駆け降りた(約2kmかな)。車を皆が降りてくる正面登山口まで廻します。こうでもしないと私の運動量がたりませんから。

f0219710_8402192.jpg

ススキが光って

f0219710_842524.jpg

帰りは豊平のどんぐり村へ寄って・・・龍頭山

f0219710_843584.jpg

オーナー制の蕎麦畑

新ソバ粉は未だ出てなかったが・・・hi-chanは蕎麦粉をkei-chan,sacchanは手打ち生蕎麦を買い求めていました。

ともあれ、ムラサキセンブリに逢わせてあげれて良かったなあ~

by yuzu-miu | 2011-10-05 08:49 | 山野草 | Comments(7)