<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

猿政山

7月23日(土);山猿なのに何故か行きそびれていた猿政山(1267.7m)に単独登山をしてきた。

f0219710_7331023.jpg


工程:西風新都IC(8:00)=中国道=庄原IC(9:00)=奥出雲町阿井内尾谷駐車場(10:15)(10:25)・・・車止め鎖(10:40)・・・林道分岐(11:05)・・・林道終点登山口(11:40)・・・1077mピーク(11:55)・・・猿政山頂(12:45)(13:10)・・・登山口(14:12)・・・林道分岐(14:45)・・・駐車場(15:25)=三次=西風新都IC(17:30)

歩行時間:4時間30分  歩行距離:8.5km  累積標高差:880m  その内、林道歩きが往復2時間半とアプローチが長すぎて、イザ登山となる前に疲れる。

f0219710_86113.jpg

みと乃恵泉。陰も少なく風も無い暑い林道歩きを一時間、この泉の恵みは美味しく有りがたかった。

f0219710_8113747.jpg

此処からが本当の登山道、キツイ登りが始まります。

f0219710_8134752.jpg

75度超え?の急斜面にはロープ張りの箇所が3箇所程。ロープに頼らざるを得ない状況だった。

f0219710_8193555.jpg

山頂は殆ど見晴らしが無い。疲れた顔してるでしょう!

やっと果たした猿政登頂、結構きつかったが良い事も沢山ありました。
先ずオオヤマレンゲやサンカヨウの咲く場所を確認出来た。来シーズン来ようかな?仲間達には少しきついかな?

f0219710_8285143.jpg

オオヤマレンゲの実。木が大きく無く、足場もいいので目線の位置で観賞出来る。

f0219710_8315955.jpg

山頂にナンゴククガイソウが咲いていた。

f0219710_8331533.jpg


f0219710_8343057.jpg

ロープ設置の急斜面には、色鮮やかなヤマアジサイ、シモツケソウ、ヤマジノホトトギスが元気付けてくれました。

f0219710_11185160.jpg


f0219710_11195085.jpg


f0219710_11202696.jpg


f0219710_11212445.jpg


f0219710_11221624.jpg


f0219710_1124854.jpg

サワヒヨドリも咲き始めた。アサギマダラも1頭飛んでいたが長い事頑張ったけど、滑空する姿を捕える事は出来ず残念!

f0219710_1129463.jpg

立烏帽子、御陵、吾妻山が垣間見えた。

f0219710_11321958.jpg

ブナの尾根道は熊笹が胸の高さほどある所あるが、それ程気にならない。

f0219710_1135366.jpg

その他の花として、オオバギボウシ

f0219710_1137990.jpg

長い林道を飽きさせないオカトラノオ

f0219710_1139848.jpg

ヒメジョオン

f0219710_11402965.jpg

何じゃっタっケ???  ダイコンソウでした。花後は丸い棘棘のクッツキボになります。

f0219710_11412555.jpg

キンミズヒキ

f0219710_11421273.jpg

キツリフネ

f0219710_11431261.jpg

ヤブカンゾウなど沢山楽しませてくれた。

f0219710_11443625.jpg

見事な植林美

f0219710_11453651.jpg

深い谷間と猿政山の雄姿

f0219710_114789.jpg

こちらは鯛ノ巣山だろか?真夏の緑も美しい。

今回の山旅、土曜日であったが急登を登りきる直前で下りてくる京都から来たという青年と、もう直ぐ下山完了の頃、タクシーで上がってきた福山から来たという同年代の男性の2人だけとの出会いだった。

そして、この男性「縦走して来たのか?」と聞けば・・・下山の時急登道への分岐を見過ごして、広島側高野町王居峠の方へ降りてしまったと言う。

山頂から分岐点までの所要時間や距離などを把握して、少しでもおかしいと思ったら、直ぐに引き返して見る事が大事だよな!
by yuzu-miu | 2011-07-24 08:37 | 山歩き | Comments(4)

待ち遠しい夏休み

広島はどうやら大した被害も無く台風6号は東へ抜けてくれたようです。

去る7月16日の事:裏山・畑から戻ると孫3・4号がじーちゃん川へ行こうと・・・

f0219710_7271827.jpg

近くの奥畑川に  3号はつり吉三平にはまっています。4号はやんちゃ娘川遊びが大好きです。

f0219710_73057100.jpg

釣りは成果なし、結局川遊びに没頭です。

f0219710_7331538.jpg


f0219710_734561.jpg

もう直ぐ夏休み、この水飛沫が快感なのでしょうね!

しばし遊んで家に帰ると

f0219710_7361051.jpg

長さ50cmもあるチョコレートロールケーキ、二日遅れの誕生パーティーが待っていました。

f0219710_7384975.jpg

皆で食べるとあっと言う間に

f0219710_7402250.jpg

skちゃん14ヶ月でようやくあんよが出来るようになりました。

さあもう直ぐ夏休み、タップリ元気に遊んじゃえ!
by yuzu-miu | 2011-07-20 07:44 | | Comments(4)

裏山の今

16日(土):久しぶりに裏山山頂まで登った(204回)。

f0219710_7375392.jpg

ノギランが今見頃

f0219710_7385143.jpg


f0219710_7392150.jpg

今年も咲いてたオオバトンボソウ

f0219710_7402411.jpg

私の作った展望園地「コシアブラの丘」 適当に陰もあり、涼しい風も吹いてきます。

f0219710_742474.jpg

その展望台には今リョウブの花が盛りです。

f0219710_7441634.jpg


f0219710_745780.jpg

山から降りてきて、今度は畑の水遣りです。オクラの花が綺麗です 天婦羅にすると美味しいとか。
by yuzu-miu | 2011-07-17 07:48 | デジカメウォーク | Comments(6)

嬉しいね!また頑張るぞ!

一人ボランティア活動として、裏山(火山)の登山道整備しているが、その努力が報われて先日の玉峰山登山のように天の恵みを頂きました。

7月14日は私の67歳の誕生日でした。家族の誰からも電話もメールも手紙一つもお祝いがなく、少ししょげて菜園に水遣りに行くと・・・

菜園の柵になにやらビニール袋が下げてあった。
中を覗くと、リポビタンD10本の詰め合わせだ!エーッだれだろう?俺に飲んでくれと言うのかな?

うんひょっとしたら・・・・
水遣りが済んだ頃、火・木週2回火山に登っている団地の熟女4人衆が降りてきた。

リポビタンは貴方達が? 「そうです、何時も登山道を綺麗に草刈りして下さってありがとう。気持ちだけですの物です召し上がって下さい」

という事で頂いちゃいました。

f0219710_7462575.jpg

奇しくも我が誕生日、嬉しい誕生プレゼントとなりました。有難う!また頑張って登山道整備するからね!

f0219710_750184.jpg

草刈り機、今年買いました。綺麗に仕上がります。

f0219710_7513356.jpg

1~1.5m巾を草や笹を根こそぎ刈ります。もちろん今から咲き出すキキョウなどの山野草は残します。

f0219710_7544192.jpg

道路が川にならないように、水逃がしの溝も掘ります。(左側の谷へ導く)

f0219710_7564944.jpg

未だ所々倒木の片付けが残っています。

ボランティアやってて、この様な感謝の声・気持ちが伝わってくると嬉しいものですね!
by yuzu-miu | 2011-07-15 08:00 | ボランティア | Comments(2)

玉峰山(820m)

10日11日12日と3日間、朝8時~11時まで裏山登山道の水抜き溝の溝さらえと、道幅1~1.5mの範囲の延べ距離1.8kmの笹や雑草を草刈り機で綺麗サッパリに整備した。

汗タラタラの3日間だったが、このボランティア活動に天がプレゼントしてくれました。
13日の山登りは天気も素晴らしく、何より南側の谷から吹き上げる涼しい風が快適な山登りにしてくれました。

f0219710_12134292.jpg

コースはこのガイドブックどおり、五人パーティーで・・・登山口で大竹市からの4人のパーティーと一緒になった。

朝7:30西風新都IC→庄原IC(8:20)→亀嵩(9:40)→登山口(9:50着) 登山口(10:00発)・・・雄滝・・・
分岐・・・山頂(11:30着)(12:20発)・・・分岐・・・窓岩・・・雌滝・・・登山口(14:50着)

そして登山で流した汗を、麓の亀嵩温泉「玉峰山荘」ですっきりシャッキリ洗い流し、松本清張「砂の器」の舞台記念碑を見て、木次線「亀嵩駅」の割りこ蕎麦を食べて広島には6:30に着きました。

f0219710_12522473.jpg

雄滝のマイナスイオンで元気だし!落差は9mぐらいかな?

f0219710_1255840.jpg

小窓岩

f0219710_12562031.jpg

人一人がやっとすり抜けれるほどの岩のトンネル

f0219710_1259374.jpg

小窓岩の上から西方に三瓶山が見えた。

f0219710_131246.jpg

山頂の方位計。北には宍道湖・中海・日本海・島根半島、南には船通山・比婆山連峰・吾妻山・猿政山・大万木山が更に西には三瓶山が見えた。東の大山は残念ながら山頂からは見る事出来ず。尾根コースの東端から見ることが出来た。

f0219710_1381245.jpg

日本海見えたかな?

f0219710_1391347.jpg

じゃあズームして、これでどう?中海と弓ヶ浜その向こうに美保湾が見えるでしょう!

f0219710_1312161.jpg

吾妻山(右)と比婆山連峰(左の尖ったのが立烏帽子山)。

f0219710_13144058.jpg

ほら木々の間に大山が・・・何見えない!

f0219710_13164959.jpg

じゃあズーっとズームして、これならどう?紛れも無く裏大山の雄姿です。

f0219710_13192020.jpg

雲州そろばんの町並が箱庭の様に美しい。

f0219710_13215696.jpg

ナツツバキ(沙羅)がそこここに咲いていた。

f0219710_13244641.jpg

信仰の山なのか、大岩の傍には必ずといっていいほど、お地蔵さんがひっそりと。

f0219710_13273471.jpg

真っ暗い岩穴の中から落ちる雌滝。

f0219710_13291184.jpg

小滝に

f0219710_13301661.jpg

孫滝もあり

f0219710_13312537.jpg

こんな立派な散策階段もある。秋の紅葉の時期もいいだろうなあ~

f0219710_13332100.jpg

砂の器の記念碑を見て

f0219710_13342168.jpg

16:12木次線の一両の車両が亀嵩駅に入ってきた。

f0219710_13362369.jpg

シーズン限定だろうが、ここ二はトロッコ電車「おろち号」が走るそうな。一度乗ってみたいなあ~

f0219710_13382618.jpg

亀嵩駅舎の蕎麦を食べ、オカミサンにシャッターを切って貰いました。みんな風呂あがりでラフな服装しています。

やあ~今日も楽しい一日でした。でも往復5時間の車の運転はちょっと限界だな~・・・
by yuzu-miu | 2011-07-14 12:18 | 山歩き | Comments(2)

立烏帽子・池ノ段・竜王山ウォーキング

7月6日:梅雨の合間を縫って、県北の比婆山連峰を散策して来ました。

標高1,100m位かな?池ノ段駐車場に車を止め、外に出ると・・・ガラガラじっジジーンジーン上手く表現出来ない、凄くうるさい鳴き声が辺りの木々から聞こえてくる。その声の正体はセミのようだ。

梅雨縫って 山に入れば セミ時雨れ

すぐさま駐車場の隅に・・・でも例年咲いていたキツリフネは影も形もなかった。
先ずは目の前の立烏帽子に向う(10:00発)。

ブナの木立に入ると一層にセミの声が高くなり、会話が聞き取れないくらいに・・・

f0219710_833885.jpg

これがその鳴き声の主、ヒメハルゼミかな?兎に角異常発生ではなかろうかと思われる数であった。
今夜寝ていても耳鳴りのように聞こえてきそうだ!

f0219710_8373859.jpg

このルートは今盛りのコアジサイ。裏山より一ヶ月以上遅い開花です。

f0219710_8402722.jpg

ナルコユリや

f0219710_8412348.jpg

サワフタギを愛でつつ、30分ばかりで立烏帽子頂上(1299m)に立つ。

f0219710_8451312.jpg

今度はササユリや

f0219710_8462852.jpg

マツカゼソウ Kさん、Tさん間違えて教えました!これはカラマツソウでした。

f0219710_8474034.jpg

シモツケソウ(これは草でなく木でした)を愛でながら鞍部へ下りていく。

f0219710_849283.jpg

鞍部にはウツボグサやこのイブキトラノオが咲き乱れ

f0219710_8505946.jpg

下りてきた立烏帽子を振り返る。

f0219710_8524860.jpg

池ノ段の南稜尾根ではササユリの他キュウシュウコゴメグサに

f0219710_855464.jpg

何ツツジかなあ?色鮮やかなツツジが目を奪う。

湿原まで行こうかなと思っていたが、笹がタップリ露ばんでいるので湿原分岐から池ノ段へ引き返す。

池ノ段山頂(1279.5m)で昼食を済ませ、トラバースして再度駐車場の東の奥に行く。例年ならヒヨドリグサが咲き乱れ、アサギマダラも姿を見せ始めている所だが、

f0219710_911482.jpg

ヒヨドリグサは殆ど開花していないが、トリアシショウマが美しい。

f0219710_993133.jpg

こりゃ何だ!トンボソウではないし??? クモキリソウでした。蜘蛛の子が散るように見えますか?

f0219710_9105174.jpg

ギンリョウソウは既に実に生って

f0219710_9122746.jpg

ユキザサも実に生って

f0219710_9134046.jpg

駐車場から30分足らずで竜王山(1256m)山頂に、山ガールさんに遭いました。

f0219710_9161977.jpg

竜王の山頂も花の開花は遅れており、ギボウシも僅かな株が咲き始めた程度。

キスゲもサラシナショウマも未だ先に(半月以上)なりそうだ。

1200m超のピーク4つをユルリと2時間(歩行時間)、雨にも逢わず大満足。時間も早いし、これから熊野神社に寄って帰ろう。

More熊野神社
by yuzu-miu | 2011-07-07 09:37 | 山野草 | Comments(6)

羅漢山

6月22日の猿政山登山(月例)を雨で流し、ぐずつく天気でストレスが溜まったのか、仲間から電話あり「何処か行きませんか?」

じゃあ6月29日に再度猿政山にと思ったが・・・ブランクが長かった仲間もいる。
山ウォーキングをしようという事になって

f0219710_735456.jpg

このコースガイド通りに歩こうと・・・ ところが、この日は蒸し暑く・・・ハイランドロッジから小羅漢→羅漢山→憩の広場→ハイランドロッジで終り、法華山への登り直しは中止した。歩行時間はたったの一時間、史上最短の山歩きだったが・・・それでも色々話がはずみ楽しい一日だった。

f0219710_7455212.jpg

ウツボグサの紫がやけに鮮やかだった。

f0219710_7474295.jpg

ヒメシャラかな?通常のシャラより随分花が小さいが沢山蕾をつけていた。

f0219710_7505096.jpg

ヒヨドリバナ

f0219710_7544462.jpg

シロバナホタルグサ シロバナノホタルブクロ

f0219710_757213.jpg

ロッジ傍にある水芭蕉の池(此処にミズバショウが咲くのか!初めて知った!)に10種類以上の花菖蒲が咲きほこっていた。

f0219710_7591228.jpg


f0219710_80524.jpg


f0219710_8205416.jpg


f0219710_8221485.jpg

帰り道雉の雌に出合った。(運転席から)

f0219710_8243831.jpg

そこにはもう夏の顔が覗いていた。
by yuzu-miu | 2011-07-02 08:00 | 山歩き | Comments(6)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧