鷹ノ巣山のカタクリ

4月29日 広島の山ガイドブックによると、東広島市福富町の鷹ノ巣山(922.1m)の山頂部南斜面にカタクリが咲くという。

出かけて見ました。

f0219710_7305852.jpg

県央の森公園駐車場から→鞍部→カンノ木山→鞍部→鷹ノ巣山→駐車場歩行時間はほぼ3時間。

f0219710_7353619.jpg

こんな奇妙なキノコに逢う、スミレ以外に見る花もなく・・・

f0219710_7365622.jpg

12時丁度に鷹ノ巣山山頂に・・・昼食を済ませ、他の登山客にカタクリはどの辺りに咲くのか尋ねるが???

下山しだして200mカタクリの葉が点点と・・・でも花は見当たらないな~

f0219710_74147.jpg

オオッ逢ったぞ!咲いてるぞ!

f0219710_7415648.jpg

いやッここにもほらね!

しかし、見つかったのは開花が二輪、蕾が二輪だけだった。やっぱり5月2日の船通山に期待しょう!

f0219710_7445222.jpg

ミヤマカタバミもこれ一輪だけ

f0219710_7454519.jpg

シハイスミレ(紫背菫)、ほかにも2種類ほどのスミレが咲いていた。

帰りは向原・吉田経由で・・・乃美に差し掛かると

f0219710_7505676.jpg

シバ桜の石垣の上にお城の様な民家が

f0219710_7525734.jpg


f0219710_7532856.jpg


f0219710_754062.jpg


f0219710_7543453.jpg

廻りは田植えの準備真っ最中

f0219710_7553789.jpg

田んぼに写る込む山

無料で楽しい風景を楽しむ事が出来ました。

by yuzu-miu | 2011-04-30 07:57 | 山歩き | Comments(0)

裏山の今

24日の日曜日、mmちゃんとskuちゃんを8:00から14:00まで預かり保育で疲れた~

f0219710_795838.jpg

mmちゃんはすっかりおね~ちゃんに、でも少しストレスを感じてる様。skuちゃんは一歳になったけど、未だ這い這いしか・・・だからskuちゃんを抱っこして、mmちゃんの手を引いて公園に散歩に出るのも大変です。

14:30パパ・ママが迎えに来たので、やっと自分のウォーキングの番です。勿論裏山へ一目散・・・

f0219710_7171695.jpg

元祖ミツバツツジの色鮮やかなこと・・・

f0219710_7182994.jpg

もうコバノガマズミが開花しようとしている。

f0219710_7193293.jpg

サンキライ(サルトリイバラ)の花も盛りです。里(九州)ではこの葉で包んだ餅をカシワ餅と言っていたな~。

f0219710_7223834.jpg

コシアブラの新芽(バカノメ)、山菜の王様天婦羅にして頂きました。

f0219710_725025.jpg

カンアオイも

f0219710_7254018.jpg

シュンランも

f0219710_7263326.jpg

名前がわjからないが白い小さなツツジ

f0219710_727503.jpg

こんなに可愛い何?スミレも

f0219710_7284582.jpg

そして更に小さくて可愛いヒメハギも咲いている。

裏山の春は既に初夏に向っている。

by yuzu-miu | 2011-04-26 07:31 | 独り言 | Comments(2)

ワアーッ 凄い! 凄い!

4月20日:山桜・ツツジ・レンギョウそれにワラビはどうだろう?とJR芸備線井原市駅の東にある「神ノ倉山」へ
そして下山後に向原のカタクリ・ミツマタは?更に土師ダムの桜は?と盛りだくさんの嗜好をこらして・・・

f0219710_743022.jpg

雨上がりの為、重たくて泳ぎ難いのか?井原市駅前の鯉のぼり。これからいい天気になるからね!

f0219710_745182.jpg

山の中腹では、ドウダンツツジが迎えてくれた。

f0219710_7511895.jpg

桜のトンネルと絨毯の中で、ワラビ採りなんて贅沢だね~(両手一杯持ちきれないほど採れた)。

f0219710_7542788.jpg

ツツジも満開

f0219710_7554882.jpg

山桜とモクレンのコラボ

f0219710_757013.jpg

ここも見事だね!

f0219710_7575622.jpg

死ぬ前に一度はTEKE OFFしてみたいな~(ハングライダー)

f0219710_801654.jpg

カタクリの里は18日から閉鎖され、遠くから目いっぱいズームして・・・

f0219710_823685.jpg

ミツマタ群生地はご覧のように満開でした。

f0219710_834642.jpg

ワアーッ 綺麗 綺麗! こんなに沢山綺麗に咲いたミツマタ見るの初めて~ 感動!

f0219710_855795.jpg

アッ 取っちゃいけませんよ!

f0219710_8768.jpg

最後に土師ダム湖畔で、コーヒーを飲みながら・・・あれッ噴水の廻りに虹が!

f0219710_893153.jpg

対岸の満開の桜に噴水の虹のコラボ。こんなのって滅多に見ること出来ないよ!

今日も一日、感動の人の声を聞き・・・いい企画だったな!満足してもらえて嬉しい一日だった。

by yuzu-miu | 2011-04-22 08:13 | 山歩き | Comments(8)

沼田アルプス? 初縦走

去る3月13日の事である、無残な震災の報道に心が痛み・・・無性に歩いていたい、そんな気持ちになり。

我が家を8時半に出て、家~大原~細坂~若葉台~久地境原~岳山登山口~千年杉~岳山~姫路峠~
??峰~横滝山~天狗嶽山~奥畑バス停~三城田~我が家迄の約20km歩破を試みた。

(緑は舗装された車道。赤線が整備された登山道、赤破線は踏み跡の消えた尾根道。舗装道が行き帰りで約13km、山道が約7kmだが・・・尾根道が行けるだろうか?

しかし、強行軍が後に長患いの原因となったようなのだが・・・

f0219710_914965.jpg

岳山は久地の皆さんにより、登山道も整備され、千年杉も保護管理されており登山者も多い。

しかし、峰続きの奥畑の山は地図にも名前の記載も無く、尾根の道も荒廃しているらしい・・・行けるかな?
家から一時間20分程度で登山口、それから10分程度で千年杉へ

f0219710_9214435.jpg


f0219710_922958.jpg

パワーを貰いさあ岳山へ・・・とそこへ携帯電話・・・我が菜園にイノシシが入って荒しているとの事。
前々日に荒されて、ジャガイモの半分を食べられ、急遽に植えなおし防獣柵も手直ししたばかりなのに

がっくりときたが、この山歩きを終えてからでもと・・・更に歩きを続けた。

f0219710_9285637.jpg

岳山山頂から久地境原の棚田。一休憩の後姫路峠へ・・・凄い急登道を滑るように降りる。

f0219710_9331458.jpg

峠の道標。右は阿戸をへて加計へ、左は阿戸をへて水内・湯来へと・・・

しかし此処から先の尾根筋は本当に、登山道と言えるものではなかった。倒木やブッシュを乗り越え、潜り抜け①の511mピークには山名を書いてたと思われるプレートが落ちていたが、全く読めないものだった。

そこからいくつかのピークを進み②の637.2mのピークには、

f0219710_9482451.jpg

横滝山の文字が読み取れる。H12,2,2 に登ったようだが・・・きっと雪道を歩いたのであろう。

③のピークには天狗嶽山と読めそうなプレートが残っていた。

f0219710_958691.jpg

尾根は見晴しの利く所は少ないが、沼田カントリーゴルフや

f0219710_9594766.jpg

戸山地区、東郷山が見える。

f0219710_1014873.jpg

約7kmの尾根を昼飯も立ち食い状態で4時間の歩行時間で降りてきた。

f0219710_1042043.jpg

中国道の下を潜り、家までの7kmを一時間20分。家にたどり着いたのが4時20分、合計7時間50分。
やあ~疲れた!・・・・帰宅したその足で菜園へ走る。

f0219710_10914100.jpg

見事にジャガイモも食い荒らされて・・・一メートル程の川崖からイノシシが・・・今まで川からの侵入は無かったのに・・・

その日は応急手当をし、翌日、翌々日とジャガイモの植えなおしと、川側の柵取り付けを行った。
金棒格子柵・杭それに種ジャガイモの購入に13,000を要した、痛い出費だ!

この後から、喉が痛く、咳が止まらず20間ほど苦しみました。

by yuzu-miu | 2011-04-18 10:19 | 山歩き | Comments(4)

久地冠山を越えて

昨年noraさんに教えてもらった宇賀峡のサツマイナモリは未だ咲いているだろか? と訊ねて見たくなったけど、宇賀峡だけに行くのは、面白くない・・・そうだ久地冠山を越えて行こう!

吉和冠・湯来冠・石見冠山・可部冠・中野冠に続いて六つ目の冠に登る事になる。

f0219710_7355877.jpg

野間平発電所の前の駐車場に車を止め、登山口→冠山山頂へ一時間程度で登りつく。
下山はダムサイトへの道では近すぎるし・・・赤い線ルートにしようと考えていたが・・・その分岐点に着くと、尻高山まで一時間の標識。

f0219710_743517.jpg

尻高山への縦走路は消えていると聞いていたが・・・いけそうな感じ。よしこの際だ尻高山へのルートを調べておこうと・・・

しかし、その後がいけなかった!元の下山ルートまで戻るのはシャクだッと道も無い尾根を宇賀峡の方へ。
杉・檜の尾根はブッシュも少なく歩けたが・・・最後の渓谷に降りるのが予想以上に険しくて、岩海の空滝を5~6mほど滑り落ちたり、もう無理かなと不安になったり・・・しかし何とか渓谷に降り立ち、川を渡って・・・宇賀峡の林道へ出れました。

f0219710_7541697.jpg

こんな垂直に近い岩壁を降りてきました。9:10に出発して降りたったのが12:20だった。

f0219710_757166.jpg

まず迎えてくれたのがカタバミの花

f0219710_758877.jpg

シュンランの様な葉をしたこの花芽は???

f0219710_7591871.jpg

ルリソウだッ

f0219710_8204221.jpg

可愛くて綺麗だな~

f0219710_8221131.jpg

スズシロソウも

f0219710_8225487.jpg

あったけど・・・お目当てのサツマイナモリは影も形も見あたらない・・・どうしたのかな?もう遅すぎたのかかな~

f0219710_8251437.jpg

キブシが咲き

f0219710_826123.jpg

マムシグサも咲き

f0219710_8264748.jpg

ダンコウバイも

f0219710_8274228.jpg

カキドオシ

f0219710_8281732.jpg

ウマノアシガタ

f0219710_8291649.jpg

桜の向こうにフィッシングに興ずる若者達

f0219710_8304246.jpg

ダム堰堤の下、桜の花見してる人たち

f0219710_8323265.jpg

菜の花の源風景

f0219710_8333845.jpg

大田川へ降りて来た。ここから更に川沿いに3~4km歩きます。

f0219710_8355693.jpg

やっと見えてきた野間平発電所。私の愛車も見えてきた。

今日も歩行時間は4時間を越えていた。

by yuzu-miu | 2011-04-14 08:37 | 山歩き | Comments(4)

石垣を好む花たち

桜を楽しんだ帰りは7kmの道のりを、田園風景を楽しみながら、棚田のあぜ道を歩いて帰ります。

棚田のあぜ道の石垣には・・・

f0219710_7324789.jpg

マスミレが咲き

f0219710_7335261.jpg

キランソウだったかな? キランソウ
f0219710_7343771.jpg


f0219710_7351323.jpg

これは?昨年調べて覚えたのに・・・思い出せない(クーッ) キジムシロ
f0219710_7364539.jpg

御免よ!また調べて忘れないようにするからね!
f0219710_73821.jpg

アッいけない!君の名も???  ムラサキサギゴケ
f0219710_7393377.jpg

やれやれ君の名も???スミレには違いないが・・・申し訳ないね~  タチツボスミレ
f0219710_741775.jpg

君はカキドオシ君だろ!隣との垣根を越えて蔓延る・・・いやいや?葉っぱがツタの葉状だからツタバウンランだったね!

やれやれ昨年一生懸命勉強したのに・・・名前が出てこないもどかしさ。

f0219710_746546.jpg

これはカラスエンドウ・・・豆の鞘で笛を作って遊んだ頃に戻りたい!調べ直ししました。

f0219710_7475459.jpg

今年は未だ土筆を食べてないと言っていた Tさんに持って帰ってあげようっと!

by yuzu-miu | 2011-04-12 07:49 | 山野草 | Comments(2)

花見遊山

超有名な花見スポットには行けないが・・・4月9日に長女と孫達のお供で佐伯区石内地区神原のシダレ桜を見に行った。

西風新都「こころ」にある、FRESPOに車を止めて10分ほど歩けば・・・

f0219710_8562570.jpg


f0219710_857106.jpg


f0219710_858132.jpg


f0219710_8583434.jpg


f0219710_859431.jpg


帰りは一人で家まで7km歩いて帰る。

f0219710_905969.jpg

花の木台の大塚小学校下の桜並木。

f0219710_924794.jpg


f0219710_93183.jpg


f0219710_94133.jpg


シダレもソメイヨシノも満開であった。世は満足じゃ!

by yuzu-miu | 2011-04-11 09:06 | デジカメウォーク | Comments(8)

裏山の今

4月7日タムシバの最後を楽しもうと裏山を散策。

我が菜園を過ぎると直ぐに、

f0219710_7183519.jpg

湿地の中にネコノメソウが 「こんにちワン」

f0219710_7204150.jpg

ムラサキケマンも 「おはよウサギ」

f0219710_7225032.jpg

カンアオイの蕾みも 「ごくろうさマウス」 と挨拶しみんな仲良しに・・・・・

f0219710_7262127.jpg

そして今年は堪能させてくれたタムシバが今度は 銀の絨毯でお出迎え

f0219710_728899.jpg

同じく沢山の花を咲かせたヤブツバキが 赤い絨毯でお出迎え

f0219710_730279.jpg

そして今からは クロモジの花が

f0219710_7313980.jpg

ミツバツツジかな? 濃い赤紫だな~

f0219710_7332279.jpg

梅の様な花びらをしてるな~ バイカツツジというのがあったかなあ?・・・

f0219710_736497.jpg

タムシバはこんなに山を白く染めた(丸山)けど

f0219710_7375038.jpg

今年のコバノミツバツツジは少し異変が・・・

f0219710_7385685.jpg

花芽がみんな葉っぱに・・・残念今年は花が少ないのかな~

f0219710_7414810.jpg

おやッ もうショウジョバカマが咲き始めたぞ!

f0219710_743572.jpg

4~5本の花芽を伸ばしたシュンラン、もう20日後が開花かな?

これからも楽しいウォーキングが出来そうだ。

by yuzu-miu | 2011-04-10 07:46 | デジカメウォーク | Comments(0)

黒滝山・白滝山

咳も収まった4月6日、広島県竹原市忠海の裏山「黒滝山(270m)」とその直ぐ北側三原市小泉の「白滝山(350m)」に登ってきた。

今回は「あらかた7の会」で、ひさびさに復帰してくれたTさんを含め4人。桜の花を期待して出発。
山陽道に入ると直ぐに、山々の山肌を白く染めるタムシバの多さに感動しながら・・・今年はどの山もタムシバの開花が素晴らしい!

f0219710_9575672.jpg

咲き始めたミモザの花と瀬戸の海を眺めながら(大久野島が見える)。

f0219710_1002630.jpg

こんな快適な登山道を、おしゃべりしながら登って行く。

f0219710_1015466.jpg

高さ30cm、巾40cmの小さな「幸せの鳥居」をくぐりぬけ

f0219710_1034261.jpg

十三仏に願かけて

f0219710_105631.jpg

鎖を登ると石鎚神社

f0219710_1065999.jpg

石鎚神社の祭られている岩峰から

f0219710_108564.jpg

眺める瀬戸の多島美と忠海の町並み

f0219710_1094541.jpg

思わずヤッターと・・・感動の人

f0219710_1011768.jpg

黒滝山を後にして、これからあの山を目指します。あの山頂の岩肌に磨崖佛が掘ってあるよ!頑張ろう!

f0219710_10142188.jpg

そおら着いた、これが磨崖佛

f0219710_10153248.jpg

この他にも十数体の磨崖佛と石仏があります。

f0219710_10222451.jpg

帰りは元来た道を、満開の山桜を愛で

f0219710_102497.jpg

可愛いスミレを愛で

f0219710_1025459.jpg

少し早かったが「さくら堂」のソメイヨシノを愛でて

幸せタップリな気持ちで久しぶりの山歩きを堪能しました。

by yuzu-miu | 2011-04-08 10:28 | 山歩き | Comments(2)

タムシバ満開

山歩きしたいが、まだ咳が止まらず・・・少し動くとすぐに汗、そして悪寒が・・・
だから、汗をかく直前に休憩をとりながら裏山をゆっくりゆっくり登ります。

f0219710_710316.jpg


f0219710_7105737.jpg

ヤブ椿がどうしてもってせがむので・・・

f0219710_712479.jpg


f0219710_71311100.jpg


f0219710_7134069.jpg


f0219710_714817.jpg


f0219710_7143325.jpg

250m付近のタムシバは既に満開でした。

タムシバは高木の為、見あげての撮影は首が疲れます。登山道の目線の高さで且つ直ぐ傍にあるタムシバが満開になる頃には、体調も良くなる事を願いつつ・・・

体調を 気遣いながら 歩く道 待ってはくれぬ 春の駆け足

by yuzu-miu | 2011-04-01 07:25 | 地域情報 | Comments(10)