<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大万木山(1228m)

昨日13日(木)に久々7人のメンバーで大万木山(おおよろぎさん)に登った。
この山は奇しくも我が山クラブ発足後の最初に登った山である。’08,10,24紅葉が始まった時期だった。

今回は、この山にしか見られないであろうサンカヨウ(山荷葉)の花を見たいが為である。
サンカヨウは花の時期が短いと聞いている。週末から来週中頃まで雨模様だし、この日しかない!

f0219710_16375395.jpg

島根県飯南町頓原に位置し、島根県民の森公園の一角にある。
門坂谷駐車場に10:40分に着き、10:45滝見コースを登る→山頂(12:40昼食13:50発)→渓谷コース→門坂谷駐車場(15:20着)

全工程:4・5時間 歩行時間:3.5時間 歩行距離:7.5km 累積標高差:795m

出発点からタチカメバソウが沢山咲いていた。

f0219710_16564165.jpg

色は違うけど花の形、大きさはヤマルリソウに良く似ている。

イチリンソウやツクバネソウも所々で顔を出す。この登り道にはハナイカダ(花筏)があるとネット検索していたが、なかなか見つからない・・・・追いついた別のパーティーの人から「ハナイカダありましたよ!硬い蕾でしたが」と聞いて、2人だけカメラ抱えて後戻り。

f0219710_173732.jpg

なかなか見つからず、仲間の所へ引返そうとしたその時、「ワッツこれかあ~」
メチャ小さい蕾です、もう2週間ぐらい先でないと咲かないだろうな~チョット残念・・・でも木や葉っぱの形を知ることが出来た。

イカリソウもチラチラ咲いていた。

f0219710_178319.jpg

標高1000m付近のブナ林の尾根道(ブナの芽吹きは未だだった)。さああ~そろそろサンカヨウは咲いてないか~?

f0219710_1712553.jpg

ここれだッ!初めてのご対面!

f0219710_1713610.jpg

ふと廻りを見渡すと・・・あるはあるあるブナ林の一面に うひゃ~これが見頃の時だったら凄いだろうな~

f0219710_17154984.jpg

う~ん可愛いな!霧吹きして透きとおった花びらが撮りたかったな!

f0219710_17181827.jpg

山頂の食卓で、皆が感動の余韻を語りながら美味しいお昼となりました。

f0219710_17201373.jpg

記念スナップ。今日は他の登山者が沢山居られたので、私も一緒・全員集合の写真となりました。

後半に続く・・・
by yuzu-miu | 2010-05-14 17:23 | 山歩き | Comments(10)

白木山(889m)

昨日5/9日は「母の日」「相方の誕生日」だったが・・・お礼の言葉も、労いの言葉も言わず・・・
畑の水遣りを済ませて、逃げるように山歩きに出かけた。

白木山(889m)は広島市安佐北区の最高峰であるが、40数年前に2度ほど登った事はあるが・・・あまり記憶に残ってない(感動するものが無かったのだろう)。

f0219710_7485229.jpg

結構人気のある山のようであるが、ネットで調べると、殆どが白木山駅から直登して、上深川か中深川への縦走ルートの紹介ばかり。このメジャールートは止めて、赤線でしめす沢を詰めるルートで登り、押手山をピストンして、別当山ルートを下山する事にしたが・・・

沢に入れば何か山野草に逢えるのでは?と考えたのは大間違い。

f0219710_8164937.jpg

平均斜度50度を越える岩海とガレ道(およそ道ではない)を登り、こんな滝や

f0219710_8193099.jpg

こんな滝(4つ位あったっけ)に出くわす度に、60~70度の斜度の崖を迂回し滝を越え

f0219710_822485.jpg


f0219710_8222994.jpg

延々とこの様なガレ場を歩く事2時間で尾根に出た。

f0219710_8242051.jpg

ずっと見晴らしのない道で「落し文」を沢山発見。

f0219710_8271572.jpg

2時間と10分で山頂に立ちました。春霞で眺望も今一で、山頂であった人に押手山へのルートを訪ねると、見晴らしのないルートと聞き、押手山ピストンは止めにした。

f0219710_832015.jpg

南西へ尾根道を縦走するが、ヒノキ林の銃走路で、見晴らしは無い。なんと植生に乏しい山なんだ!

登りのルートも下りのルートもおよそ最近誰も歩いていない。やたらとくもの巣が顔に纏わりつく・・・

f0219710_8351297.jpg

やっとの思いで、八幡宮へ降りた。

f0219710_8394529.jpg

里に下りてやっと花を見つけた。

f0219710_841497.jpg

タンポポだろうけど、花びらが少し変って見える。

人気の山と言われているが、私的にはチットも魅力を感じる事が出来なかった(植生が貧弱すぎるから)。
by yuzu-miu | 2010-05-10 08:46 | 山歩き | Comments(8)

八幡湿原

刈尾山下山後、「ぶなの工房」でコーヒーブレイクと思っていたが、あまり時間も無いので、直ぐに尾崎沼へ直行した。

尾崎沼の直ぐ手前の赤松の林の方で、ツツドリの「ポンポンポンポン」という声に混じって「キョロロロ~キョロロロ」とアカショウビンの声が聞こえる。足音を偲ばせ体を低くして声のする方へ・・・・

「おッおった!」すぐさま、赤松の木に身を隠し、用心深くカメラを構え、露出を調節し、連写モードに・・・
シャッターを切った・・・が・・・再生すると被写体が写っていない!

もう一度と被写体を探したが、もう何処かへ飛んでいってしまった後だった。
しかし、もう一度再生すると

f0219710_7421131.jpg

かろうじて体全体が写っていたのが1枚だけありました。他は体のほんの一部が1枚と残りは木と緑だけ、でもこの写真が撮れただけでも・・・しばし興奮から醒めませんでした。

ヤッパリ一眼レフバズーカーに3脚が欲しいなあ~  そして「山野草」から「鳥」の追っかけに鞍替えしたいな。

f0219710_7515675.jpg

ひーちゃんが何時も天の川と言ってるのは此処かな?

f0219710_7534274.jpg

その天の川の直ぐ左奥に高さ50~60cmもある大きなゼンマイ状の見慣れないものが・・・次回どんなになっているか楽しみだ。

f0219710_7571134.jpg

例の場所で

尾崎沼を一回りして、堰堤の中ほどから側溝を伝い湿原へ降りる。

f0219710_8162841.jpg

おッこれは!ヤブデマリだ!飾り花がオオカメノキより一回り大きいし、5枚うち1枚だけ小さい花びら・・・
その通り!これがヤブデマリだ!

f0219710_8215495.jpg

そしてこれがオオカメノキ。違いが判りますか?

作業小屋(駐車場)から湿原を横切る道と出会ったら(四つ角)を右に少し山の方へ入ると・・・

f0219710_827933.jpg

今年も咲いてたリュウキンカとミズバショウ。

f0219710_8283420.jpg


f0219710_829568.jpg


ハウチワカエデとアカショウビン、初物に出会えた興奮の一日だった。
山頂で出会ったあの鳥写真家の情報では、来週辺り大万木山のサンカヨウが見頃ではと・・・

サンカヨウも初物だ!きっとゲットしたい花!
by yuzu-miu | 2010-05-07 08:34 | 山野草 | Comments(10)

刈尾山(1223m)

ブナの新緑はどうだろうと・・・広島県芸北の例の山に登ってみた。

f0219710_8412073.jpg

かりお茶屋の駐車場に車を止め、11:30に出発→猿木峠(12:20)→刈尾山(13:10昼食と展望岩ピストンし13:50下山)→千町原(14:50)→駐車場(15:00)

ついでに、尾崎沼湿原をぐるり散策50分。全工程約4.5時間、歩行時間3.5時間、先日の右谷・寂地の半分でおちゃのこさいさいであった。

八幡高原は未だに山桜・コブシに道端は土筆が、広島市内に比べると1ヶ月以上の季節のズレを感じつつ、少し荒れた道を猿木峠まで・・・

f0219710_8573466.jpg

檜の樹林帯の道ではショウジョバカマやスミレの群生が出迎えてくれた。

f0219710_903314.jpg

猿木峠から刈尾山までの尾根道では、未だ硬い蕾のユキザサや

f0219710_922559.jpg

大きく長い花びらのスミレにミヤマカタバミが

f0219710_944140.jpg

そして何より嬉しかったのが、この花木

f0219710_955336.jpg

空に透かして見た。

f0219710_965085.jpg

そうオオカメノキ(ムシカリ)の花です。

f0219710_982299.jpg

今日も大変暑かった。山頂で唯一出合った鳥写真家にシャッター切って貰いました。アカショウビンの撮影が出来たそうで・・・500mmのバズーカーカメラが羨ましかった。

f0219710_9122728.jpg

雪霊水の湧き出るあの場所の反対側に例の女子大生を悼む花束が、合掌せずにはいられませんでした。

f0219710_9153028.jpg

下山中にふと見あげたら???

f0219710_9163764.jpg


f0219710_917994.jpg

なんと綺麗な花、なんと言う木の花だろう???調べたがわかりませ^ん・・・誰か知りませんか?

ひーちゃん有難う!ハウチワカエデと断定しました。

次は尾崎沼湿原の話です。
by yuzu-miu | 2010-05-06 09:20 | 山歩き | Comments(6)

右谷山・寂地山縦走

4/28(日)に山仲間と右谷山へカタクリを訪ねようとの計画だったが、自分が風邪を引いてしまって中止したが・・・風邪が治ると体がウズウズと・・・

5/3(日) : 謂わばリベンジです。昨年は吉和冠山と寂地山の尾根筋のカタクリを見たから、今回は右谷山に登ってみようと。

f0219710_763748.jpg

計画は寂地峡コースを登りミノコシ峠を西に右谷山(1234m)→ヤブカ峠→おそ越のよていだったが、ミノコシ峠のカタクリが少し物足りなくて、右谷山をピストンして寂地山(1337m)へ廻り寂地林道コースへ降りた。

寂地峡駐車場(8:30発)→ミノコシ峠(10:30,10:50)→右谷山(11:10,11:25)→ミノコシ峠(11:45)→寂地山(12:35,13:00)→犬戻し滝(14:35,14:45)→寂地峡駐車場(15:30) 全工程実に7時間、歩行時間6時間、歩行距離12km、累積標高差1200mと病み上がりにしてはチョットハードだったな。

f0219710_7301553.jpg

滝のオンパレードを見ながら手すりの付いた階段をぐんぐん高度を上げていく。

f0219710_7324690.jpg

木馬トンネルを抜けると階段は終り、渓谷沿いを歩くが、未だ木々の繁りが無い為、25℃を越える陽射しが暑すぎた。

f0219710_736682.jpg

今シーズン初のギンリョウソウの出迎えだ。

f0219710_7374792.jpg

あの遠くに見えるのは、オオカメノキ?いや飾り花がいやに大きいからヤブデマリかな?

f0219710_74085.jpg

ボタンネコノメ

f0219710_7405460.jpg

ヤマエンゴサク

f0219710_7441458.jpg

エイザンスミレ

f0219710_745474.jpg

ミノコシ峠のカタクリ

f0219710_7471645.jpg

ミノコシ峠で山口県美祢市の青年と出会い、右谷山、寂地山を一緒に縦走する事に、初登山だった君!足は大丈夫だったかな?(太ももパンパンでは?)

f0219710_7523220.jpg

寂地山山頂。右谷山では15人程、寂地山では30人程の登山客だった。どちらの山頂も眺望が望めないのが残念だ。

f0219710_7554761.jpg

問題のカタクリは殆ど全部がスカート全開して迎えてくれた(少し遅かったようだ)。

f0219710_7574345.jpg


f0219710_7584834.jpg

下りはミヤマカタバミの花盛り

登り道ではタチカメバソウが群生していたが、ピンボケ写真でアップに耐えないので止めとこう。

カタクリも3度目になると、あまり感動がなかったなあ~・・・自分一人ではダメなのかな?感動してくれる友がいないと・・・
by yuzu-miu | 2010-05-05 08:24 | 山歩き | Comments(4)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧