カテゴリ:山野草( 139 )

深入山・八幡

さあ、今日は何処へ行こうかね?

八幡湿原はどう? いや虫が来るし蛇もいるから。

じゃあ備北丘陵公園の秋桜を見に行こうか? いや遠いし秋桜は家にも咲いてるけ。

今日はなにやらご機嫌が悪い。 なんや折角誘ってやってるのに!・・・・

じゃ一人で言って来るから、昼ご飯、おかずはこれを食べて、食後の薬を忘れずにね!・・・

f0219710_19180299.jpg
憩いの村ひろしまのある、東登山口から登り始めると、ママコナ、シラヤマギクに交じり竜胆や

f0219710_19214586.jpg
ツリガネニンジン、いやサイヨウシャジン

f0219710_19225786.jpg
センブリが、ムラサキセンブリは未だかな?

f0219710_19245076.jpg
あの左カーブを曲がれば

f0219710_19261090.jpg
おッ 山ラッキョウ

f0219710_19265813.jpg
アキノキリンソウ

f0219710_19273957.jpg
ウメバチソウが

f0219710_19283122.jpg
そして遂にムラサキセンブリが

f0219710_19292639.jpg
f0219710_19294921.jpg
う~ん満足まんぞく!
f0219710_19311611.jpg
今日は家族連れが楽し気に

f0219710_19323969.jpg
蔵座高原のグランドは仮設駐車場に、 そうか今日はウォーキング大会をやってるのだ。

f0219710_19345148.jpg
火口薊

f0219710_19360159.jpg
山頂も楽し気だが、私は一人寂しく直ぐにもと来た道を引き返す。

f0219710_19373933.jpg
この松虫も

f0219710_19381700.jpg
この竜胆の紫も何故か空しくて、

ぶな工房の輝子ちゃんに逢いに行こう!

f0219710_19410495.jpg
タムラソウの湿原は早くも紅葉が

f0219710_19421897.jpg
ぶな工房定食

f0219710_19430268.jpg
このコーヒーも付いて1,100円 安くてとっても美味しい。輝子ちゃん 御馳走様また来るね!

f0219710_19462739.jpg

f0219710_19470453.jpg
赤(マムシグサ)と白(サラシナショウマ)

f0219710_19480812.jpg
八幡は明日からの冷え込みで一気に秋が深まるかな~?









by yuzu-miu | 2017-10-11 19:49 | 山野草 | Comments(2)

秋吉台

秋吉台へ行ってもいい! うんいいよ。
初めて前もって山行きを告げて、快い返事を貰って

9月30日に出かけて来ました。

f0219710_11555711.jpg
のんびりさん達のルート(駐車地から西に直接龍護峰を行く)を行くつもりが、駐車場に入る前に龍護峰登山口
の標識を見つけたので、てっきり此れを行けばいいやと・・・

ところが北に真っ直ぐ一本道で何時まで経っても西への道が無い。ええいッこのまま行こう!

家族旅行村の駐車場を出発~龍護峰・西の西峰分岐~御鉢山。連れのご婦人の歩きから判断し龍護峰への
アップダウンは諦めて、西の西山へ。分岐まで来て、これも諦めて展望台~駐車場となりました。

f0219710_12150717.jpg
あそこが龍護峰? いやあれは御鉢山で龍護は見えません。
木が一本も無い草原、秋の日差しとはいえ汗ばみました。

f0219710_12190928.jpg
此れってツリガネニンジンだよね! のんびりさんは、サイヨウシャジンとか書いてたけど・・・
どこでどう見分けるのかな?(白い花も在りました)

ツリガネはこんなに長い蕊を持ちません、ツリガネの下部も広がらずすぼみ気味だそうです。
これは蕊が長いね~ サイヨウシャジンが正解だね!

f0219710_12223648.jpg
これは何?と聞かれても、私も初めて見る花です。

f0219710_13420193.jpg
じゃあこれは? ええッ!これも初めてだな~ヤマルリトラノオ???

f0219710_13443216.jpg
う~ん何かな?

f0219710_13462570.jpg
めちゃピントボケですが
f0219710_13492827.jpg
のんびりさんの画像はこの様にピントバッチリですが、それでも分かりにくい花ですね~
いや!これは未だ蕾と言うことです。

f0219710_13525398.jpg
開花したらこのようにアザミの様になるそうです。近ければ開花後にまた来たいけどね~~

f0219710_13555932.jpg
ナンバンギセルはもう終わりを告げていた

f0219710_13571741.jpg
御鉢山到着です。龍護へ行くのは諦めましょう!引き返して展望台の方へ行って見ましょう!

f0219710_14003164.jpg
北→東→南180度の展望。日本一のカルストはさすがにスケールがでかい。

f0219710_14034284.jpg

f0219710_14051058.jpg
羊が何匹いるのかな?

f0219710_14063507.jpg
鬼の穴の向こうてっぺんにホテル(グランドホテルだったかな?)。

f0219710_14104752.jpg
遠く一番高い所が登って来た御鉢山その左後方のピークが断念した龍護峰。
咲きはじめのススキも奇麗だね!

f0219710_14133608.jpg
盛りのススキも輝いて美しい

f0219710_14151281.jpg
展望台までやって来た。観光客が沢山いるな~

f0219710_14170998.jpg
あの林と草地の境目をずっと左から歩いて右端まで行き、手前へこの展望台で歩いたね!
右の高い峰が西の西山、今度来たらあの峰も登ってみたいな~

f0219710_14235731.jpg
少しづつ秋色が出つつあるが、此処の紅葉はどうだろね~

f0219710_14260724.jpg
駐車場に着いて、龍護峰で吹きたかったオカリナの二重奏を聞きました。

お疲れ様!また付き合ってね~

のんびりさん ヨシオガマ、ヒナノキンチャク、セキワタに逢いたかったよ~~


by yuzu-miu | 2017-10-02 12:24 | 山野草 | Comments(10)

彼岸花 ー吉舎町ー

23日(土)お彼岸に、あの有名な吉舎町の彼岸花群生地を尋ねて

カミさんをあっと言わせてやろうと・・・連れだって出かけたのはいいが・・・

f0219710_13124967.jpg
何これっ!家の近くにこれ以上の場所は幾らでもあるよ!
カートを押して歩くのが楽で安心なのです。

f0219710_13165091.jpg
彼岸前後に間違いなく開花するから彼岸花。曼殊沙華、狐の松明、天蓋花、痺れ花、死人花、幽霊花
等とも呼ばれています。

169.png 赤い花なら曼殊沙華 阿蘭陀屋敷に雨が降る 濡れて泣いてるじゃがたらお春
  未練な出船のああ鐘が鳴る ララ鐘がな~る

f0219710_13245258.jpg
一番多く咲いてる所でこんな状態。

f0219710_13261152.jpg
例年ならこんなに咲くのだが・・・

f0219710_13274147.jpg
出かける前にこの新聞見たら来なかったに!
春先に鹿が葉っぱを食べつくしてしまった為、光合成がならず球根に養分の蓄積が不十分となったのが
原因だろうと言われています。

この花は別名 葉知らず花知らず とも言われるように、葉と花が一緒には見られません。
花が終わって朽ちると、葉が出てきて冬を越し、春から夏に掛け光合成で球根を太らせて絶えます。

その後秋の彼岸前から茎を伸ばして花を付けるのです。

f0219710_13394826.jpg
まあ残念だったけど、満足な写真が撮れたので 良しとしましょう!

f0219710_13463702.jpg
赤い蜘蛛糸の様なところから red spider lilyとも 「悲しき思い出」「あきらめ」「情熱」

f0219710_13412077.jpg
直ぐ近くの河原に コスモス(秋桜)が

169.png 薄紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽だまりに揺れている

f0219710_13451626.jpg
乙女の純真 美しいね~

2,000歩程度の歩きで、汗も出ませんでしたが・・・君田温泉 「森の泉」に浸かって帰りました。

ああ~あ やっぱり機嫌取りは疲れる~!


by yuzu-miu | 2017-09-24 13:54 | 山野草 | Comments(4)

八幡湿原

深入山周回も8800歩(裏山とほぼ同じ)で歩き足らないし時間もあるので、八幡湿原まで足をのばす。

今日は千町原湿原だけに・・・

f0219710_17512716.jpg
赤蕎麦畑と秋の空が美しい

f0219710_17532989.jpg
かりお茶屋の蕎麦天麩羅定食は 未だ新蕎麦ではなかった。もう一ヶ月先かな収穫は?

f0219710_17582542.jpg
うん咲いていたサラシナショウマ

f0219710_17595227.jpg
これは良く伸びたものだな~ 高さ2・5mを超え花穂の長さも50~80cmある。

f0219710_18024977.jpg
これは丸葉の保呂之?鵯上戸?はたまた悪茄子???見分けが出来ません~

f0219710_18064377.jpg
同上の実ですが?

f0219710_18080688.jpg
これは溝蕎麦と断言出来ます

f0219710_18095346.jpg
そしてこれは、秋の鰻掴です(茎に棘があり鰻を掴むのに都合が良い)。
そういや金平糖という砂糖菓子今でもあるのかな?

f0219710_18143096.jpg
そしてこれ、逆三角の葉と茎の凄い棘は継子の尻拭? いいえこれはイシミカワと思います。

f0219710_18181633.jpg
備中フウロ

f0219710_18213006.jpg
これはゲンノショウコ、フウロに比べるとかなり小さい花、もう少ししたら種がはじけて神輿の様に
なり、神輿草と呼ばれます。

f0219710_18250071.jpg
緑の絨毯の散策道、気持ちいいです。

f0219710_18262865.jpg
タンナトリカブト

f0219710_18280761.jpg
曙草

f0219710_18293365.jpg
タムラソウ

f0219710_18303834.jpg
沢鵯

f0219710_18313879.jpg
アキノゲシ

f0219710_18324201.jpg
花ばかりではありません、これから紅葉も美しくなるカンボク

また紫千振に逢いに来た時にも寄り道しようっと!


by yuzu-miu | 2017-09-23 18:35 | 山野草 | Comments(2)

龍頭峡

恐羅漢を12:30に下山後すぐさま龍頭へ~~

f0219710_07214327.jpg
なめら滝の滝壺で水遊びするパパと子供達、ママさんは滝上部でトドの昼寝をしています。

f0219710_07253875.jpg
咲いてましたイワタバコ。遊歩道の片隅で、興味がない人は見逃して歩く。

f0219710_07281046.jpg

f0219710_07284969.jpg

f0219710_07292363.jpg

f0219710_07295674.jpg
満足な写真が撮れなかったな~

f0219710_07313686.jpg

f0219710_07321906.jpg
光る飛沫! 納得出来ないな~

f0219710_07341667.jpg
草アジサイ これも色合いが今一だ!

じゃあ、この滝を眺めて、お涼み下さい
                 
いや これは私の作じゃないや!

私の作は

                 




by yuzu-miu | 2017-08-15 07:40 | 山野草 | Comments(2)

初見の花

片廻山から、北広島町豊平の山野草の里へ

f0219710_06343326.jpg
見事なシロバナの藤
f0219710_06361839.jpg
自然に溶け込んで美しい
f0219710_06403050.jpg
庭先の藤も
f0219710_06413873.jpg
道路のり面を飾るアヤメ どれも美しい

でも・・・
f0219710_06442648.jpg
植えられたスズラン
f0219710_06460478.jpg
クロユリ
f0219710_06472475.jpg
初見のムサシアブミや
f0219710_06484822.jpg
ユキモチソウ(初見)
f0219710_06494632.jpg
クマガイソウ(初見) さえ何の感動も湧いてこない、、、

山野草はやはり、野山の自生の姿がいいな! それが何度も見たものでも、また逢いに行きたくなる・・・



by yuzu-miu | 2017-05-15 06:57 | 山野草 | Comments(4)

花見 -ミスミソウー

カタクリの里の直ぐ傍には、未だ登った事の無い男鹿山・女鹿山があるので・・・登りたいが、山靴も時間も無いので・・・
登山口の確認にだけ行った。男鹿山は東京スカイツリーと同じ高さ634mで、山頂部に自生南限と言われるスズランが咲くそうだ。

5月下旬頃にスズランに逢いに来る事として・・・今日は富士山に登って帰ろう!

と三次市吉舎町、ユキワリイチゲの里の直ぐ西にある富士山(とみし山471m)に・・・・

僅か200~300mの道程で360度大展望の山頂に立てる。雲海やご来光が期待出来そうな所でした。

そこで思いもしない可愛い花に出会った。



ヒノキ林の中、植栽であろうけど自然に溶け込んだ???


f0219710_06520028.jpg
コバイモ? いや違うアマナだよ!

f0219710_06532800.jpg
カタバミ? 違うよこれはミスミソウ。 えッツなんでこんな所に!

f0219710_06553669.jpg
f0219710_06561851.jpg
f0219710_06565895.jpg
f0219710_06573487.jpg
f0219710_06581010.jpg
来てみて良かったね~!

f0219710_07001790.jpg
山頂には展望休憩所と街路灯まであり、宿泊して夜景・雲海・ご来光を楽しめるな~ 何時か泊まりに来ようよ~!

f0219710_07050810.jpg
とみしの里を撮っていたら

f0219710_07064924.jpg
うひゃ~ッ! ヒノキ花粉の飛散です。

帰ってから、花粉症が悪化して大変でしたが、桜・カタクリ・ミスミソウに逢えた楽しい一日でありました。



by yuzu-miu | 2017-04-13 07:11 | 山野草 | Comments(4)

花見 -カタクリー

御調八幡宮を後にして🚙🚙🚙府中市上下町宇根地区へ

男鹿山・女鹿山の北の谷、鹿の食害が無いのかな?と車窓から見る田園風景には鹿除けの柵は見当たらない。

鹿山と言いながら鹿が居ない(鹿害無い)みたいだね!

f0219710_13370673.jpg
おお見事、見頃だね~

f0219710_13381760.jpg
f0219710_13392246.jpg
f0219710_13400852.jpg
シロバナも

f0219710_13413405.jpg
ショウジョバカマとのツーショット

f0219710_13425912.jpg
直ぐ近くの休耕田には水芭蕉も楽しめる

f0219710_13444108.jpg
地元の皆さま手作りの山菜セット 土筆とシュンランの酢の物、雪の下・バラの花等の天ぷらそして桜の花が浮かぶお吸い物
とても美味しく頂きました。ご馳走様でした!

さあ次は富士山に登りに行こう!!

by yuzu-miu | 2017-04-11 13:49 | 山野草 | Comments(0)

春花を尋ねて

総領町の節分草も吉舎町のユキワリイチゲももう公開終了した様です。

じゃあ何処へ・・・為重の福寿草?帝釈のケスハマソウ?ちょっと遠いな~~ う~ん 

津波のホソバナコバイモと戸河内のアズマイチゲにで逢いに行こうか!

f0219710_06533603.jpg
ちょっと寄り道 西風新都こころの梅園 まだまだ見頃でした。

f0219710_06555233.jpg
津波の梅も満開

f0219710_06564098.jpg
これぞ梅の花 いい香り

f0219710_06581091.jpg
咲いてたよ ホソバナコバイモ

f0219710_06590160.jpg
丁度見頃でしたね。ひーちゃんもしっかり撮ったかな~?

f0219710_07010875.jpg
アズマイチゲは未だお寝んねしてたので、三段峡黒淵のミスミソウに逢いたいと・・・

f0219710_07032906.jpg
ところがどっこい! 遊歩道には未だ残雪があちこちに 黒淵まで残り1km足らずの位置で坂道で、

もうこれ以上は怖いようとの声がかかり・・・引き返す。

f0219710_07090598.jpg
雪解け水たっぷりの滝

f0219710_07112008.jpg
陽気に誘われて 結構お客さんが来てました(東南アジア系の客が多かった)。

f0219710_07141368.jpg
2時前戸河内へ  おおお目覚めですねアズマイチゲさん!

f0219710_07155434.jpg
此方は早起きして待っていてくれたのかな?

まだまだ、これから頭を出す株もありそうです。見頃はもう少し(5日ほど)先かな?



by yuzu-miu | 2017-03-20 07:19 | 山野草 | Comments(5)

咲いだでよ~

先んず咲いたでよう!マンサクの花が・・・

広島南アルプスでも、ここ丸山にしか見られない(かな?)マンサクの花

f0219710_14375495.jpg
市立大学を見下ろす位置にも もう5分咲きかな?

f0219710_14402737.jpg
遠くてピントが取りにくい

f0219710_14414953.jpg
目いっぱいズームしてもこの程度

マンサクが咲いたら さあ花の季節の到来だ!

セツブンソウやユキワリイチゲの開花の情報も届いてくる・・・

でもね、男一人でお花を見に行くのはチョット恥ずかしいな~~~

f0219710_14474137.jpg
ルリビタキがやって来たが カメラを向けると直ぐに飛び立ちそう 慌ててシャッター切ったのでピント外れに・・・

でもマンサクだけでなく、ルリビタキにも逢えて 何か得した気持ちで下山する。





by yuzu-miu | 2017-02-27 14:46 | 山野草 | Comments(0)