カテゴリ:山歩き( 407 )

あさきた里山 ー29座目ー



そろそろゴールデンマスター取得申請しようかな?

今回は安佐北区小河内の滝山(692m)。直ぐ隣にある牛頭山は馴染だが、滝山は初めてだし情報も少ない。

「山歩きと山野草のページ」さんの情報をもとに単独登山して来た。(「山歩きと山野草のページ」さんいつもお世話になっております。)

f0219710_07032227.jpg
平黒瀬集落の最深部に登山口、何処まで車で行けるのか?止める所は有るだろか?と細いながらも舗装道路を注意深く進み、

P,点に広場を見つけ駐車した。(途中ヘアピンカーブ辺りには尾根道があるかもと探したが見つからず)

P,駐車地9:20発~1,登山口9:30~2,矢が谷口9:40~3,矢が谷集落跡地上10:00~4,主尾根鞍部10:25~5,滝山山頂10:40
11:07~6,鉄塔展望地を間違えて、行き止まりに11:30~7,鉄塔展望地11:55 昼食 12:10下山開始

*ここで、何故道を間違えたかは ①上の山地図を自宅に忘れていて、送電線が何処を走っているか判らず ②案内板の向きが
不明確且つ間伐材放置の為北尾根への道が塞がれていた為であるが・・・地図忘れが一番ミス!

~8,鞍部分岐12:20~9,集落跡地上12:40~1,登山口12:55~P,駐車地13:05着 14,000歩

f0219710_20001837.jpg
p,点左に下る道があり、その手前に広場が、勝手に駐車する。

f0219710_20041811.jpg
そこには、松田さん手作りの案内坂が、三つの水車を見て600mで松田邸。水琴窟や六角堂休憩所がありますので寄って下さいと・・・

f0219710_20084401.jpg
細いけどコンクリート舗装の道が続く、点々と民家が見られるが

f0219710_20135784.jpg
こんな廃屋が目に付く

f0219710_20122835.jpg
水車や

f0219710_20104474.jpg
キケマン

f0219710_20165837.jpg
カキドオシが迎えてくれて

f0219710_12400812.jpg
松田邸の庭には水琴窟、六角堂休憩所も設けられており、登山客にお茶のサービスで賑わったそうだ。そのご主人は昨年他界され、
奥様が受け継いで接待されています。

f0219710_12443030.jpg
僕が来るまで待ってくれてなかったね~~ 今から登って来ます!

f0219710_12464723.jpg
松田家代々の立派なお墓が・・・何代続いてきたのだろうか? その石像の後方に・・・

f0219710_12490086.jpg
うんあれが滝山だろう!

f0219710_12495430.jpg
登山口近くには種々雑多な廃棄物、あの廃船の先に登山口があるのかな?

f0219710_12524154.jpg
1,登山口  矢が谷コースとある・・・他にもコースがあるのだな。

f0219710_12562486.jpg
2,矢が谷口 左が矢が谷集落跡へ下りる道、登山道は右手の巻き道を行く、山頂まで1.3km

f0219710_13013200.jpg
イカリソウにも逢えた

f0219710_13025583.jpg
4,主尾根鞍部T字路 鉄塔展望地への向きが悪いな~(後で思った愚痴)右手山頂へ向かう

f0219710_13093436.jpg
5,山頂は北側のみが開けていて

f0219710_13124591.jpg
木々の向こうに見える山は?・・・そうだ龍頭山だ!右から前龍頭、中龍頭、本龍頭と判る姿だ!

f0219710_13164428.jpg
鉄塔展望地で昼食しようと・・・4,の標識の向き、地図を持参してなくて送電線の位置が判らないなどで、鉄塔と反対側の
尾根を進むが、このピンクのテープを最後に道が無く、引き返す。

f0219710_19305445.jpg
7,鉄塔場 北側には送電線の先に五輪山、その向こうには大箒山

f0219710_19334908.jpg
南側の右手前は滝山の袖、送電線の先には牛頭山、その左先には堂床山 その間のはるか向こうに白木山が見える。

さあ今日はこれで下山するが・・・滝山山頂の東に延びる道と南に下る道を確認出来たので、次回は周回コースを歩いて見よう!

f0219710_19445181.jpg
裏山は散り始めたコバノミツバツツジ、此処は満開の時期だった。

さあ次は何処に?







by yuzu-miu | 2017-04-21 07:38 | 山歩き | Comments(1)

あさきた里山 ー28座目ー

靄色に染まってきた山々。 この日は26℃夏日の中あさきた里山の28座目、長者山(571m)に・・・

f0219710_06425165.jpg
市緑化植物公園から立石山~長者山コース

P,第4駐車場8:40発~1,立石直登口9:20~砂利敷管理道~2,畑賀峠9:34~3,立石山(500m)9:56 10:05~4,ミノコージ峠10:20 :30~
5,千畳岩(555m)10:40 :46~6,長者山(571m)~7,ミノコージ峠11:57~8,立石山12:20 ;25~9,緑相談センター12:40~P,13:07着

f0219710_07015896.jpg
駐車場の八重紅枝垂桜

f0219710_07031225.jpg

f0219710_07034423.jpg
山桜も満開

f0219710_07050098.jpg
管理道入り口のミツバツツジも満開

f0219710_07062467.jpg
にょきにょきと鎌首をもたげるマムシグサ

f0219710_07073466.jpg
これも満開だね~

f0219710_07091577.jpg
峠の展望台、此処から山道に

f0219710_07104495.jpg
整備が行き届いていて歩き安い尾根道

f0219710_07120985.jpg
木段もあちこちに

f0219710_07133461.jpg
立石山 ここはあさきた里山でないのか?

f0219710_07150923.jpg
心地よいアップダウンの尾根道が嬉しい。

f0219710_07170031.jpg
送電鉄塔から三本木山と二ヶ城?

f0219710_07203449.jpg
蓮華寺・高城山の向こうには鉾取山塊

f0219710_07230110.jpg
あの反射板のある山が長者山?

f0219710_07250172.jpg
千畳岩から白木山の長い尾根

f0219710_07263587.jpg
千畳岩の裏側はチョットした岩稜で嬉しい

f0219710_07284887.jpg
長者山山頂 自身あさきた里山の28座目の登頂だ!

f0219710_07305924.jpg
山頂に咲き残って待ってくれてたタムシバの花

f0219710_07323042.jpg
ヤブ椿も沢山

f0219710_07340785.jpg
植物公園に降りて来た、新緑の芽吹きが美しいな~

f0219710_07355945.jpg
おおッ フデリンドウだ!

f0219710_07373384.jpg
背丈はたったの1~2cm 可愛い花です。

f0219710_07394268.jpg
ベニモクレン?かな

初夏を思わせる一日、20,000歩超えの楽しい山歩きが出来ました。 感謝!



by yuzu-miu | 2017-04-17 07:43 | 山歩き | Comments(5)

大江高山(808m)

4月3日:800mの峰に咲く春告げ花に逢いたくて島根県太田市の南にある大江高山に出かけた。

自宅7:20発~西風新都~千代田jct~大朝~川本~山田バス停前8:55着 走行距離93km

f0219710_06574099.jpg
過去4回は山田~山頂~飯谷時計回り(3)と山田ピストン(1)だったので、今回は反時計回りで・・・

P,駐車地9:05~2,飯谷入口9:21~3,神社裏登山口9:45 :50~4,肩~5,山頂11:05 11:20~6,ぶな倒木展望地11:55 12:00~
7,ヤマエンゴサの丘~8,登山口12:50~P,駐車地12:58 13:05~~同じルートで~~自宅14:45着。

f0219710_07135731.jpg
南西の八反田辺りから大江高山。手前が779mピーク、奥が高山山頂

f0219710_07174245.jpg
地元の皆さんや小学校児童によって守られているのですが、・・・

f0219710_07201893.jpg
飯谷の田んぼでは、早やこだわりのエコ米作りの作業が開始され始めています。目指す山尾根は1km以上あります。

f0219710_07241188.jpg
植林の林の中には沢山のカタバミの花がお出迎え

f0219710_07255905.jpg
登山口手前の神社、安全祈願して・・・

f0219710_07274630.jpg
ミツマタ

f0219710_07283289.jpg
急登りの始まる前で えッこんな所にミスミソウがお出迎えに来てくれた。

f0219710_07305134.jpg
カンアオイの花 この葉っぱを好むギフチョウは尾根道を元気に飛び回っているだろうか?

f0219710_07335334.jpg
やッ 俺も居るぞっとヒオドシが

f0219710_07410824.jpg
希に見る急登に喘ぎながらも、この花が援護してくれるので
f0219710_07432213.jpg
f0219710_07440138.jpg
f0219710_07443404.jpg
頑張って・・・

f0219710_07452880.jpg
一等三角点の山頂に

f0219710_07462928.jpg
二人の男性先客が

f0219710_07475838.jpg
東に三瓶山が霞んで見える。サンドイッチで小腹を見たし、さあ~尾根の花畑へ・・・

f0219710_07504736.jpg
ところが・・・なかなかお目当てに出くわせない。獣か人の仕業か道の両脇は掘り起こされた形跡が続く・・・

f0219710_07540585.jpg
目を皿にして探す

f0219710_07552329.jpg
イズモコバイモもこれ一つの感

f0219710_07564767.jpg
ぶな倒木のオブジェ この付近には沢山のスミレが咲き乱れギフチョウが飛び交う場所だが・・・
何故かスミレも見当たらず、ギフチョウ一頭にも逢えませんでした。

ここから40曲がりの急降です。

f0219710_08012015.jpg
さよならコバイモさん

f0219710_08024955.jpg
40のつづら道の斜面には、エイザンスミレ他沢山のスミレが咲き乱れているはずが・・・今年は寂しい限りしか

f0219710_08061223.jpg
急降を終え、今度は植林のカタバミ群生帯へ

f0219710_08083671.jpg
カタバミだけは今年も見事に咲き乱れていた。

次はヤマエンゴサクの丘だ

f0219710_08110641.jpg
f0219710_08115696.jpg
f0219710_08124658.jpg
三種の色合いを楽しんで

f0219710_08140630.jpg
                                                                     
葉っぱは三つ葉の後ろに双葉が続いているから ジシバリ?ああ~記憶が戻らない~ッ  キジムシロでした、mama有難う!

少し花数が少なかったが、地元の皆さんのご苦労には感謝いたします、有難うございます。

そして、イノシシや心無い登山者達 花畑を荒らさないようお願いします。






by yuzu-miu | 2017-04-04 08:22 | 山歩き | Comments(8)

今日の裏山

2日の裏山。30日にタムシバ開花を報告しましたが・・・

f0219710_18420024.jpg
今朝はもう見頃を迎えた場所もあります。手前右手は10本程が株立したタムシバ

この木は表年だった昨年には、あまり花を付けてなかったけど、裏年の今年に一杯の花を付けてくれました。
(後方は荒谷山)

f0219710_18472547.jpg
これが咲けば春の農作業も本格化します。

f0219710_18491262.jpg
そして毎年二度咲きする、このツツジ・・・pu-mama何つつじだったっけ?

f0219710_18511045.jpg
???

f0219710_18521031.jpg
クロモジも開花宣言しましたよ!

明日は大江高山へイズモコバイモ・ミスミソウ・ギフチョウに逢いに行って来ま~す!



by yuzu-miu | 2017-04-02 18:54 | 山歩き | Comments(2)

あさきた里山 ー27座目ー

久し振りにあさきた里山に・・・

広島市安佐北区久地の花みどり公園の北に位置する高八山(429m)に初登頂。

久地通りの西川ゴム工場前を南に400m程道路が拡張している場所に駐車P,8:35分発~1,谷道・尾根道分岐8:38~2,夫婦ツガ8:50~
3,分岐9:38~4,山頂9:42 :45~5,特養老人ホーム上10:15~P,駐車地10:30着

登り1時間12分 下り30分 車道歩き15分 歩数5,300歩(四つん這いや滑り降りの為かやけに少ない)

f0219710_19461069.jpg
北(西川ゴム工場)を向いて右手の拡幅部に駐車。中央部に階段が見えるが、

f0219710_19490717.jpg
右手の階段を登り墓地の横の谷筋を登る(ここには登山口の標識は無い)。

f0219710_19515810.jpg
シュンランの花芽が・・・半月後が開花かな?

f0219710_19532957.jpg
1,尾根・谷分岐 左の尾根コースを取る  が谷コースの合流点は不明?(2,夫婦ツガに分岐があり、此処へ上がってくるのかな?)

f0219710_19580928.jpg
高度差約100m程の急登は四つん這いもしばしばに・・・

f0219710_20020676.jpg
2,夫婦ツガの巨木を分岐道から撮影し右手の山頂へ向かう

f0219710_20053292.jpg
4,山頂も途中も展望は無し。北東と南東にテープ道があるが南東の道を下る。

f0219710_20085166.jpg
古いテープはあるが、ふみ跡の薄い急降を滑るようにして・・・

f0219710_20105782.jpg
特養ホーム専用?のゲートボール場まで降りて来た。何スミレ?

f0219710_20124145.jpg
これも思い出せない? 鬼の落とし蓋とか言ったっけ・・・

f0219710_20142353.jpg
特別養護老人ホームの上から、荒谷山の長い主尾根を望む

f0219710_20164263.jpg
藤棚の道を下り金閣寺の池

f0219710_20180113.jpg
グランドゴルフ場から高八山を振り仰ぐ

f0219710_20193099.jpg
フッキソウ(富貴草)別名吉字草ともいうが、草ではなく木(ツゲ科)です。

f0219710_20233056.jpg
吉山川の上流には岳山が見える。

今日はお昼ごはんを一緒に食べれるぞ~~~







by yuzu-miu | 2017-04-01 20:26 | 山歩き | Comments(2)

大野権現山(699m)

ブロ友の梅花オウレン群生の写真を見て、何処に咲いてるのかな~~~

群生と言うほどではないが、私の知るのは大野自然観察の森だ。花を見るだけでは物足りない、後ろの山(権現山)もついでに・・・

f0219710_06513454.jpg
P,駐車場8:55~直ぐにせせらぎの小径へ下り~1,バイカオウレン撮影~2,広場散策9:35 :44~3,分岐10:12 :15~4,権現山頂10:38
10:57~5,分岐11:12~6,管理センター分岐11:41 :57~7,十字路12:13 :15~P,駐車場13:06 16,500歩

f0219710_07133642.jpg
おうッ 今年も逢えたね~
f0219710_07150004.jpg
f0219710_07152630.jpg
f0219710_07161648.jpg
林の中、せせらぎ傍を好む花 可憐に静かに気高く美しい姿です。

f0219710_07201819.jpg
ベニマンサク湖の土手へ上がり、向こうに見える権現山~おむすび山を望む

f0219710_07240085.jpg
湖面のさざ波と山帰来の赤い実のコラボレーションが美しい!

f0219710_07263300.jpg
権現山頂の展望地より北の佐伯工業団地と遠く大峯山の遠望

f0219710_07303307.jpg
南491ピーク、マンサク湖、瀬戸そして宮島弥山

f0219710_07342251.jpg
西南にゴルフ場と三倉岳

f0219710_07371230.jpg
おむすび岩と遥か遠くに宮島岩船山。右端のピークは経小屋山

f0219710_07393089.jpg
前方は烏帽子岩。此処から十字峠へ一気に下る。

f0219710_07425839.jpg
十字峠、前は烏帽子岩、左は佐伯、右公園管理センターへ谷間をゆっくり下ります。

f0219710_07455588.jpg
見つけたぞ!お前はルリタテハだろ

f0219710_07470770.jpg
ああ~ん ばれちゃった~

f0219710_07482329.jpg
ずっと足元に纏わってたのは?テングだったな。

f0219710_07543806.jpg
管理センターのサンシュウ  おむすび岩で出会ったご夫婦とここでも会って、見た事が無いと言われる
梅花オウレンのせせらぎへ案内

f0219710_07590783.jpg
お二人ともスマホ撮影。 あんまり興味無かったかな???




by yuzu-miu | 2017-03-27 07:06 | 山歩き | Comments(2)

岳浦山(491m)

kirakuさんの登山記録を参照して、呉市倉橋町にある岳浦山へ登って来た。


倉橋火山には3度登っているが、その西にあるこの岳浦山には初めてである。

f0219710_12593125.jpg
西宇土港の突堤の根元の駐車地に車を停め、P,10:25発~突堤で写真~1,登山口10:45~谷筋の岩場道を行くつもりが、何故か尾根
に上がり気が付いたが、元に戻らずそのまま尾根道を進み~2,谷コース合流地11:00 :10~3,大向コース分岐11:35~4,岳浦山頂

11:55 12:10~5,大向下山口13:10~P,駐車地13:35 13,000歩 

f0219710_13161633.jpg
西宇土港突堤から岳浦山を望む

f0219710_13181456.jpg
登山口近く、山桜が満開状態

f0219710_13200328.jpg
登山口。右手の道は行き止まり、左手の谷筋に少し下って行く。

f0219710_13220731.jpg
この小さな沢筋を登って行くが・・・いつの間にか右(東)の尾根への道へ・・・まいっかそのまま尾根道を進む。

期待してた岩場が無かったが、谷筋コースの合流点で確認すると結構楽しめそうなコースだと思えた(今度はこの谷筋コースを登ろう!)。

f0219710_13321281.jpg
急斜面にしっかりと頑張るスミレ

f0219710_13341484.jpg
西宇土の集落と全く知らない瀬戸の小島が点々と。この日は春霞でスッキリ見えない。

f0219710_13375614.jpg
岩コースはあの岩の下を登ってくるのだろうか? あの岩鳥に見えませんか?干支の鳥に会えました。

f0219710_13413912.jpg
あちこちの孤立する岩にはロープが垂らしてあるが・・・もう登れる自信がありません!

f0219710_13443341.jpg
ヒサカキや

f0219710_13463402.jpg
シキミの花が満開で良い香りの中を高度を上げて行く

f0219710_13484357.jpg
山頂直近の岩場から桂浜方面の眺め

f0219710_13503538.jpg
倉橋火山

f0219710_13534252.jpg
二等三角点の山頂は木々に囲まれ展望無し

                
f0219710_13524550.jpg
左に降りれば西宇土、岩コースに未練が残るが・・・ここは右大向へ向かう。

f0219710_13580454.jpg
尾根道には珍しい竹が散見された。

f0219710_14003471.jpg
381ピークだったかな?能美島の砕石場が見えるが霞みの為、色(海・山・空とも)が無いのがね~

・・・・とここで、これ以上の撮影は出来ません(容量)の表示が出た。
えッツ 何故?調べて見るとSDカードが入っていない!本体メモリー容量が満杯なのだ。がっくり

ピーク、ピークで素晴らしい景色が有ったのに・・・もう黙々と下山するのみ!
下山後も車道を黙々と25分、駐車地へ

もう一度は登って見たい(岩コースと山頂から宇和木への尾根歩きもしてみたいものだ)。





by yuzu-miu | 2017-03-24 14:13 | 山歩き | Comments(2)

魅せられて

一週間ほど前 ブロ友のこの写真に魅せられて・・・

f0219710_07011362.jpg
そう大山のこの容姿 山歩きする人は誰しも登りたい!と血が騒ぐでしょう。毎日大山の天気予報と睨めっこ・・・


11日(土)は日中晴れの予報だ! 3時過ぎに目が覚めた、慌てて仕度4時に車を発車~庄原~日南~日野~溝口~大山寺駐車場7時着。

大山寺橋から見上げる山は? 半分以上がガスの中・・・ちょっとう・・・登り着くころには晴れてよの~と夏山登山道口7:40発。

f0219710_07190658.jpg
標高1,000~1,400m付近は風も無く、段々天気が良くなっていく様な気配もしてルンルンと登る。

f0219710_07241276.jpg
f0219710_07245846.jpg
f0219710_07254713.jpg
美しい樹氷を愛でながら高度を上げて行く

f0219710_07271044.jpg
遠くに勝田山と甲ヶ山も見えて来た。ところが1400~1600mの木々の無い尾根は荒れ狂う強風が・・・

容赦なく顔を打つ砂嵐の様な雪、突如体を持って行かれそうで蹲る事も・・・
一人だけなら、もう断念して下山したかも・・・しかしこの日は多くの登山者があり、勇気づけられて・・・

ホワイトアウトも経験、ルートを示す5m置に立つピンを探して上へ上へと・・・

f0219710_07301206.jpg
気が付くと山頂の避難小屋の屋根の横だった。二階建ての屋根も埋まる積雪だ!あの太陽の真下に7~8人の姿が見える
あそこが山頂だ!

f0219710_07454441.jpg
皆がガスの上がるのを待つが・・・

f0219710_07465819.jpg
避難小屋に入り、少し待機・・・しかし直ぐには晴れる気配が無い、夕飯の支度が無ければゆっくり待てるのだが・・・

10:30に下山開始。下山は完全にアゲインストの強風の中走るように・・・

f0219710_07530162.jpg
三鉾峰が見えて来た、もう少しで晴れそうだな・・・だがもう戻る気がしない。

f0219710_07551911.jpg
大山寺橋に降りると、全容が見える程に晴れ上がっているじゃないか!
仕方ない、これも因縁、試練の日だったと諦めよう。

f0219710_07585470.jpg
豪円山展望台付近から、もう一度

f0219710_08005101.jpg
そして溝口へ下る途中でもう一度、伯耆富士だな~ 有難うさようなら~!

夏山登山口7:40~~山頂9:55 10:20~大山寺橋11:40~~~~豪円山散策12:30~自宅15:40着 16,000歩


by yuzu-miu | 2017-03-12 08:08 | 山歩き | Comments(4)

吉和冠山

今日から季節は春・・・053.gif

最期の雪山かな? いいや、大山春山登山の訓練にと・・・

広島・山口・島根の県境域にある吉和冠山(1339m)を尋ねた。

このところ降雪も冷え込みも無いので、新雪も霧氷も期待できないが・・・

f0219710_06452936.jpg
汐原温泉の奥、登山口の鉄橋 この辺りで40~50cmの残雪あり、バリバリに固まっていて、

もうスノーシューは要らない、アイゼンを装着していざ出発。

f0219710_06492874.jpg
おおたきの氷柱もみすぼらしい

f0219710_06504472.jpg
おおたきの直ぐ上の真新しい林道 ガードレールの頭だけが見える。

f0219710_06525811.jpg
仲良きかな 小さなポットの中に身を寄せて

f0219710_06554960.jpg
肩までやって来た。目指す冠の頂きが顔を覗かす。

f0219710_06584102.jpg
左が夏山登山道だが、右手に踏み跡が続く よしッ何処へ行くのか辿って行こう!

f0219710_07013735.jpg
冠の直ぐ真東まで回り込み、あの先から左に傾斜を直登するのか? 面白い初めてのコースだ!

f0219710_07043945.jpg
30度を超す勾配を30分程格闘し

f0219710_07060673.jpg
登り切った所が山頂だった。

f0219710_07081301.jpg
懸崖で雪の上にカメラを置き、記念写真の自撮り

f0219710_07105842.jpg
女鹿平と立岩・市間がラップし(右)、その左手に十方山

f0219710_07154417.jpg
手前広高の山裾の向こうに赤谷・大神ヶ岳。松の木方面から夫婦連れが登って来た。

私はこれから狗留孫仏岩を経由して下山しよう!

f0219710_07184662.jpg
狗留孫仏岩別れの大きなブナの木の下で昼食

f0219710_07233471.jpg
樹氷も霧氷も無いけれど 透けるような青空に手を伸ばす木々が美しい!

f0219710_07255412.jpg
狗留孫仏岩へやって来た。この岩の上に登れば、冠の雄姿が見えるのだがアイゼンを脱ぐのが面倒じゃ さあ下山!

f0219710_07294531.jpg
おおたきまで降りて来た。

f0219710_07304786.jpg
キラッと光って撮ってくれと言うのかへ!

f0219710_07321668.jpg
今日のルート。登り2時間40分、下り2時間10分 20,000歩超でした。

冠山の懸崖から中国山地の眺めです。

 



by yuzu-miu | 2017-03-01 07:37 | 山歩き | Comments(2)

裏山歩き

気が滅入る日々

午前中は歩きです、その7割は裏山歩き(火山、火山→丸山、火山→武田山)

f0219710_13240007.jpg
神が降りて来ないかな?

f0219710_13253400.jpg
山頂の名盤 最近新しく取り付けられた物が撤去されている。誰が?何が気に入らないのか?心無い人間がいるもんだ。

f0219710_13290679.jpg
広島駅廻りの再開発 かなり進んで・・・一度見物に行かなきゃな~

f0219710_13320094.jpg
冬場は良く見えるな~ 音戸の瀬戸や灰が峰まで そろそろスギ花粉やPM2.5など 春霞の季節になるな~

f0219710_13355502.jpg
あの深入山の雪もそろそろ終わる

f0219710_13372531.jpg
此処は何処? 相田3丁目から・・・

右手の山は阿武山と権現山、左手は野登呂山ですよ。

丸山のマンサクは未だ蕾、来週頃には開花宣言かな?

今年はタムシバが全く期待できないし、コバノミツバツツジも今一つかも?

アケボノツツジ(四国)やミヤマキリシマツツジ(九州)はどうなんだろうね?

今夏の遠征は何処へ行こうかな?~~~槍・穂高にしようかな???



by yuzu-miu | 2017-02-24 13:47 | 山歩き | Comments(0)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧