カテゴリ:ボランティア( 10 )

チョット違うな~

ボランティアも考えて やって下さいよ~

f0219710_14514125.jpg
秋雨前線に台風16号、ぐずついた天気が続いてますが 裏山歩きは雨の止み間を見て続きます。
f0219710_14544693.jpg
二本の高いビル、広島駅南北の再開発事業で出現しました。
f0219710_14570861.jpg
f0219710_14573528.jpg
山頂の廻り、ススキや萩がバッサリ 刈ったまま片付けはしない。
f0219710_15002031.jpg
私の仏石、石の間に育っていた松の木もバッサリ・・・風情のある石景色だったのに 何故? 自然のまま残せるものまで何故?
山頂を奇麗にしたいのなら、刈った草木は片付けよ! 萩やススキはこれから季節に有ってほしい物。

自然美が解らない人間が、へたにボランティア活動してほしくないものだ。
登山道もしかり、必要以上に溝掘りするな! 良く話し合ってみたいが・・・腹を立てるかな?


相方の最近

娘が「父さん、茶碗蒸しの茶碗何処に?」「何それ 俺は知らんよ」「一週間前に持ってきた茶碗蒸し、食べたんでしょ!
食器は何処に片づけた?」「茶碗蒸し 知らん 母さんが食べたのかな? でも食器は洗ってないよ」・・・

娘が家探ししだした・・・「母さん有ったよ この紙袋覚えているでしょ! 何でこんな食器棚の中に?」
「わあ~ 臭ッ 茶碗蒸し全部腐っとるよ!」「・・・・・・ ?????????????

「おい 母さん 何しとるの?」「160円がピアノの下に落ちたから 拾いようとよ」「何じゃそれ そんな棒で取れるもんか」
「棒の先に磁石付けて くっ付けようと おもとっとやけど いい具合にくっつかんと」・・・・・

「百円も五十円も十円も鉄じゃないけね、磁石にくっ付くわけがなかろ~ 判る?」「・・・・・・」

認知症進んで来たのかな~?
足も大分弱ってきて、家の中でもちょこちょこ歩きに・・・玄関と前道路の間の階段も買い物車を押して出れるようにスロープ化
しなきゃ、手すりも要るかな~~


by yuzu-miu | 2016-09-19 15:35 | ボランティア | Comments(4)

登山道に畑道

夏草の伸びた畑道は、朝露があると靴も裾もびっしょり・・・
私の散歩道でもある7~8人の畑道及び川淵の草刈りを・・・

f0219710_6594817.jpg

左は裏山への道、右は畑道 スッキリ!

f0219710_713216.jpg

吾菜園の横を流れる小川の草も スッキリ!

f0219710_731981.jpg

登山道も

f0219710_74796.jpg

スッキリと

15号台風の去った翌朝、山から下りてきたご婦人が (登山道に倒木があります、片づけてもらえませんか!)

この言葉には少しムッとしたが・・・

f0219710_782322.jpg

直ぐに鋸をもって・・・

f0219710_792110.jpg

片づけました。 もう1か所は山頂部

f0219710_7103764.jpg

う~ん 岩もありこれは危険だ!

f0219710_7113931.jpg

これで安心

f0219710_713227.jpg

皆さんが喜んでくれる事をした ご褒美か 宮島方面の景色

f0219710_7151273.jpg

祇園方面の景色 いい眺めでした。
by yuzu-miu | 2015-08-30 07:16 | ボランティア | Comments(2)

新年の準備

今年も残り一ヶ月あまりと生りました。

2.5日に一回はお世話になった裏山、新年のご来光を迎える為の登山道整備に精を出しています。

道に張り出した木の枝、笹、シダ、萱などの刈り取り。道を塞ぐ倒木の切断撤去、イノシシの掘り返した跡の

地均し、流水の逃し溝の浚えなおし・・・そして今年は橋の架け替えもある。

f0219710_6593938.jpg

登山道に倒れこんだ松の老木

f0219710_703617.jpg

腐りかけているが直径40cm、鋸曳きに25分も要した。

f0219710_714774.jpg

邪魔にならない場所への移動も大変だった。

f0219710_732670.jpg

腐って隙間が出来、ブヨンブヨン いつ落橋してもおかしくない状態でした。

f0219710_761990.jpg

15cm超えの檜一本を切り倒し、2.5mを3本採り 鎹で束ねて新橋完成です。

此処までは一人でやれましたが・・・もう一方の橋は4.5mものスパンがあり・・・材は切断済みですが、

80kg超えの重さがあり、一人では運べません。 来月、裏山に登る人達皆さん協力して貰おうと思います。

f0219710_7164916.jpg


f0219710_7171330.jpg


f0219710_7174847.jpg


今日は、この裏山から丸山・宗箇山を経て三滝寺の紅葉狩りに行って来ま~す!
by yuzu-miu | 2014-11-27 07:20 | ボランティア | Comments(2)

裏山の道

今年に入り精力的に裏山(火山)の登山道整備に没頭している。

元気な内にやれる事やって、自分の存在を残しておきたいと・・・・・

もう25日間ほど(2時間/日ほど)、傾斜の急なすべり易い個所への木段設置や足掛りとなる石積など

f0219710_834523.jpg


f0219710_8351768.jpg


f0219710_8353631.jpg

表通りには既に50段ほどの木段を

f0219710_8364249.jpg


f0219710_837266.jpg

健脚人の中には、馬鹿な事するなとお叱りを受けるかもしれないが・・・

最近急激に増えた山登り愛好者(熟年高齢者)の為に安心して楽しめる登山道を守りたい。
表通りは略終ったので、今度は裏通りの改良に望むつもりだ。

f0219710_8442482.jpg


f0219710_8445323.jpg

そして何時か、この景色を

f0219710_8455013.jpg

この7番目の孫息子と爺の手がけた道を登り、眺める事が出来るまで元気で居たいものだ。
by yuzu-miu | 2014-02-24 08:47 | ボランティア | Comments(0)

とんど焼き

3年いや4年ぶりかな? 安佐南区沼田町奥畑地区の自然体験学習 おくはた分校 のとんど焼きの行事に
ボランティアしてきました。

18日は行事を支える電ボ隊(地域の住民・学生ボランティア)のみで、竹や笹を切り出して会場の田んぼへ
集めて下準備。

f0219710_793456.jpg

先ずは、孟宗竹の3本やぐらを立て、その足の間に昨年の果樹や庭木の剪定屑を積み重ねる

f0219710_7125173.jpg

その周りに笹竹をカズラで巻きつけて

f0219710_7163357.jpg

でっかい とんどやぐらが完成!

f0219710_7171733.jpg

いよいよ点火・・・なかなか上手く燃え上がらない

f0219710_7182121.jpg

勢い良く燃え出したら・・・書初めを竹ざおの先に差し、火へかざし着火。
書初めが燃えながら天高く舞い上がったら、習字が上手になるよ~  たしか揚げ字とか言った慣わし?

f0219710_7255100.jpg

ねえ~まだ餅焼きしないの~

f0219710_72655.jpg

もういいだろう! 一斉に餅をかざします

f0219710_728838.jpg


f0219710_7283143.jpg

焼いた餅は善哉にして頂きました。 今年も無病息災の一年となりますように!

久しぶりに帰ってきた おくはた分校 またボランティア活動してみようかな???
by yuzu-miu | 2014-01-23 07:32 | ボランティア | Comments(6)

老齢者の登山に思う

絵下山(広島市安芸区)に登山した、70歳越えの夫婦が途中で逸れてご婦人の方が、行方不明になって、
もう1週間もなるが、以前見つかっていないという・・・とても可哀相な事故が。

近年高齢者並びに、山ガールなる女性登山者が急増している。しかしこの方達、山登りに関する知識を習得
されているのだろうか?

山登りを始めるには、最初のうちは相当な山経験者に同行し、地図の読み方、磁石コンパスの使い方、天気
の読み方、歩き方etcを学ぶ事が大事と思う。

低山と言えども、十分な知識もない者同士や単独で地図も磁石も十分な装備もなく、登るのは危険である。
今回の絵下山などは、登山道が非常に整備された山であるが、コースが多岐にわたり分岐点が多い。

同行者間で少し離れてしまった場合は、その分岐点では先行者は必ず後者を待ってあげる配慮が必要だ。
最近は携帯電話で連絡しあう事が出来るが、山中では不通の場合が多い・・・笛などを携行して、居場所を

知らせるなどで逸れを防止したいものだ。
ともかく、どんな山でも安易な気持ちで登られては困ります。また登山での自分の出したゴミはもちろん、目に

ついたゴミは拾って持ち帰るなどの、山・自然に対する愛情を持っていただきたいものです。


19日(日)は雲ひとつない晴れ渡った空で、布団を干すとすぐさま裏山に、遠くまで見渡せいい気分だった。
しかし、12:30には俄に曇り、小雪がちらついてきたセーフ!

18日(土)昨夜の雪がほんの少し。(裏山に登る)

f0219710_1257214.jpg

気持ちいい小道を歩くと

f0219710_12582624.jpg


f0219710_12591252.jpg


f0219710_12594554.jpg


f0219710_1301943.jpg

ここ二日で掲示した樹木名版。まだ10種類ぐらいだけど、原版は既に70種ほど完成している。
日々掲示して行こうと思っている。

18,19日の作業は、

f0219710_135255.jpg


f0219710_1354516.jpg

登山道案内標識の設置と

f0219710_1364916.jpg


f0219710_137996.jpg

火山山頂からの眺望案内の設置である。

設置と言っても、ラミネート加工したぺらぺらの写真に荷札を付けて木にぶら下げただけのものだ。
どなたか協賛できる人、資金援助してもらえないだろか!バッチリした掲示にしたいものだ。
by yuzu-miu | 2012-02-19 13:12 | ボランティア | Comments(4)

生きている 生かされている

久しぶりに孫mmちゃん(4歳)、skちゃん(2歳)の保育園参観に行きました。
二人とも1歳児から保育園に通い頑張っています! しっかり生きています 成長しています。

f0219710_12563356.jpg

こんなちっちゃな椅子

f0219710_12575456.jpg

先生のお話をしっかり聞いています。

f0219710_12584995.jpg

あッ ジージを見つけ!

この後、おやつの時間には自分で手を荒い、エプロンを掛けて、あのちっちゃな椅子に座り、バナナの皮を
剥きミルクと一緒に頂きました。 みんな先生の言うことをちゃんと聞いてしっかり行動しています。

f0219710_1352367.jpg

こちらは4歳児、こちらは班単位の行動が多くなり、友達関係が出来るようになっています。
mmちゃんも班の仕切り役をしていました。

こんな子供達がしっかり生きようとしています。このジージも彼らの行く末を見守るべくしっかり生きて行かねばね・・・



生きている実感・・・  それは??? 人に自分の存在を知ってもらいたい。
人の為に何かをしていたい。       それが生きていく励みになると思うのである。


その自分の人生の一環に、裏山の登山道整備を続けているが・・・
ここ数年、裏山への登山者が急に増加しており、登山道の整備をする人も3~4人と増えて来た。


そこで、次の企画はこれ

f0219710_13215044.jpg


f0219710_13221237.jpg

樹木や草花の名称図鑑だ!

既に30種以上の原版を作成(ラミネートで覆っている)済だ!これを裏山登山道に掲示して・・・
登山者にもっともっと自然を楽しんで貰いたいと思っている。

ひーちゃん!noraさん!この春には一度裏山(火山)に遊びに来て下さい!
by yuzu-miu | 2012-02-08 13:30 | ボランティア | Comments(6)

嬉しいね!また頑張るぞ!

一人ボランティア活動として、裏山(火山)の登山道整備しているが、その努力が報われて先日の玉峰山登山のように天の恵みを頂きました。

7月14日は私の67歳の誕生日でした。家族の誰からも電話もメールも手紙一つもお祝いがなく、少ししょげて菜園に水遣りに行くと・・・

菜園の柵になにやらビニール袋が下げてあった。
中を覗くと、リポビタンD10本の詰め合わせだ!エーッだれだろう?俺に飲んでくれと言うのかな?

うんひょっとしたら・・・・
水遣りが済んだ頃、火・木週2回火山に登っている団地の熟女4人衆が降りてきた。

リポビタンは貴方達が? 「そうです、何時も登山道を綺麗に草刈りして下さってありがとう。気持ちだけですの物です召し上がって下さい」

という事で頂いちゃいました。

f0219710_7462575.jpg

奇しくも我が誕生日、嬉しい誕生プレゼントとなりました。有難う!また頑張って登山道整備するからね!

f0219710_750184.jpg

草刈り機、今年買いました。綺麗に仕上がります。

f0219710_7513356.jpg

1~1.5m巾を草や笹を根こそぎ刈ります。もちろん今から咲き出すキキョウなどの山野草は残します。

f0219710_7544192.jpg

道路が川にならないように、水逃がしの溝も掘ります。(左側の谷へ導く)

f0219710_7564944.jpg

未だ所々倒木の片付けが残っています。

ボランティアやってて、この様な感謝の声・気持ちが伝わってくると嬉しいものですね!
by yuzu-miu | 2011-07-15 08:00 | ボランティア | Comments(2)

初冠雪 -火山ー

12月9日:朝起きて廻りを見ると、山の半分から上が真っ白だ!9時過ぎて裏山(火山488m)に出かけた。

f0219710_7122758.jpg

標高300m急登の始まる手前にツチグリが沢山転がっていた。(雪は無し)

f0219710_7143696.jpg

400mの八畳岩から春日野団地、屋根が光って見えた(ほんの少し雪)

f0219710_7162599.jpg

450mの尾根道、雪が溶け残っていた。

f0219710_7172675.jpg

アセビの蕾み、来年は花が多く咲きそうだ。

f0219710_719255.jpg

火山頂上には1cm弱の雪景色。

f0219710_7201582.jpg

わが町伴東。

午前中は火山を上り下りだけ、午後は展望園地「コシアブラの丘」の整地作業。

f0219710_7225638.jpg

入り口もすっきりと

f0219710_7235291.jpg

エントランスマットは木片で

f0219710_7244041.jpg

園地の整地も7割方終り、素朴な丸木のベンチも設けました。

更に、工事はそうめん滝へのアクセス道へと進みますが、ここ火山をウォーキングする皆さん、ここで一息入れてくださいね!
by yuzu-miu | 2010-12-10 07:28 | ボランティア | Comments(2)

展望園地 「コシアブラの丘」

裏山(火山)へ登る人が大変多くなった。(20人/日位はいるだろうか?)
その内、山頂まではしんどくて・・・急登の始まる手前(標高300m付近)で折り返しておられる高齢者の方も数人おられるようだ。

これ等の方は一般道よりこの山道の自然の中を毎日ウォーキングする事が日課になっておられます。
しかし、その折り返し点は眺望が全くありません。

自分もいつかは、この方達の仲間入りせざるを得なくなるだろうなあ~・・・そこで、展望の効く折り返し点を今のうちに(元気なうち)作っておこうと考えついた。

一人で、既に展望園地造成を開始し一週間になる。

f0219710_7572167.jpg

標高250m位かな、登山口から25分~30分の位置、右にカーブして降りる登山道の左の尾根に入る道を開いた。

f0219710_80437.jpg

現在10m四方のシダ、笹竹、雑木の伐採と倒木の片付けを終えている中央部。

f0219710_833685.jpg

今現在、瀬戸内団地、若葉台、大原地区が見通せる。これから更に広域公園(ビッグアーチ)まで見通せる様にする予定である。

そして、最終的には、そうめん滝へのアクセス道もと考えている。そして登山道や園地の木々に名札も設置したい。これが私の「最後の残したい仕事」にしたいものである。

f0219710_8102449.jpg

この園地の名は、丁度その場所に直径30cmもありそうな、このコシアブラの木がすっくと立っているからだ。

f0219710_8124150.jpg

どなたか、この計画に賛同される人がおられたら手伝っていただけませんか?

作業を終えて帰り道、菜園に寄って野菜の収穫をして帰ります。

f0219710_8154361.jpg

白菜、大根、ニンジン、レタス、春菊などを収穫中。ビニールトンネルの中はほうれん草、水菜、小松菜などを栽培中。

先日、畑の出入り口の扉が誰かに開けられていて、イノシシが入り玉葱やえんどう豆、そら豆などの幼い苗を掘り返えされて・・・ついに扉に鍵を設置しました。

家に帰りつくと、可愛いお客人が

f0219710_822288.jpg

skちゃんです。おねえさんのmmちゃんはカメラを向けると顔を隠して写真を撮らせてくれませんでした。
by yuzu-miu | 2010-11-28 08:24 | ボランティア | Comments(4)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧