2017年 04月 21日 ( 1 )

あさきた里山 ー29座目ー



そろそろゴールデンマスター取得申請しようかな?

今回は安佐北区小河内の滝山(692m)。直ぐ隣にある牛頭山は馴染だが、滝山は初めてだし情報も少ない。

「山歩きと山野草のページ」さんの情報をもとに単独登山して来た。(「山歩きと山野草のページ」さんいつもお世話になっております。)

f0219710_07032227.jpg
平黒瀬集落の最深部に登山口、何処まで車で行けるのか?止める所は有るだろか?と細いながらも舗装道路を注意深く進み、

P,点に広場を見つけ駐車した。(途中ヘアピンカーブ辺りには尾根道があるかもと探したが見つからず)

P,駐車地9:20発~1,登山口9:30~2,矢が谷口9:40~3,矢が谷集落跡地上10:00~4,主尾根鞍部10:25~5,滝山山頂10:40
11:07~6,鉄塔展望地を間違えて、行き止まりに11:30~7,鉄塔展望地11:55 昼食 12:10下山開始

*ここで、何故道を間違えたかは ①上の山地図を自宅に忘れていて、送電線が何処を走っているか判らず ②案内板の向きが
不明確且つ間伐材放置の為北尾根への道が塞がれていた為であるが・・・地図忘れが一番ミス!

~8,鞍部分岐12:20~9,集落跡地上12:40~1,登山口12:55~P,駐車地13:05着 14,000歩

f0219710_20001837.jpg
p,点左に下る道があり、その手前に広場が、勝手に駐車する。

f0219710_20041811.jpg
そこには、松田さん手作りの案内坂が、三つの水車を見て600mで松田邸。水琴窟や六角堂休憩所がありますので寄って下さいと・・・

f0219710_20084401.jpg
細いけどコンクリート舗装の道が続く、点々と民家が見られるが

f0219710_20135784.jpg
こんな廃屋が目に付く

f0219710_20122835.jpg
水車や

f0219710_20104474.jpg
キケマン

f0219710_20165837.jpg
カキドオシが迎えてくれて

f0219710_12400812.jpg
松田邸の庭には水琴窟、六角堂休憩所も設けられており、登山客にお茶のサービスで賑わったそうだ。そのご主人は昨年他界され、
奥様が受け継いで接待されています。

f0219710_12443030.jpg
僕が来るまで待ってくれてなかったね~~ 今から登って来ます!

f0219710_12464723.jpg
松田家代々の立派なお墓が・・・何代続いてきたのだろうか? その石像の後方に・・・

f0219710_12490086.jpg
うんあれが滝山だろう!

f0219710_12495430.jpg
登山口近くには種々雑多な廃棄物、あの廃船の先に登山口があるのかな?

f0219710_12524154.jpg
1,登山口  矢が谷コースとある・・・他にもコースがあるのだな。

f0219710_12562486.jpg
2,矢が谷口 左が矢が谷集落跡へ下りる道、登山道は右手の巻き道を行く、山頂まで1.3km

f0219710_13013200.jpg
イカリソウにも逢えた

f0219710_13025583.jpg
4,主尾根鞍部T字路 鉄塔展望地への向きが悪いな~(後で思った愚痴)右手山頂へ向かう

f0219710_13093436.jpg
5,山頂は北側のみが開けていて

f0219710_13124591.jpg
木々の向こうに見える山は?・・・そうだ龍頭山だ!右から前龍頭、中龍頭、本龍頭と判る姿だ!

f0219710_13164428.jpg
鉄塔展望地で昼食しようと・・・4,の標識の向き、地図を持参してなくて送電線の位置が判らないなどで、鉄塔と反対側の
尾根を進むが、このピンクのテープを最後に道が無く、引き返す。

f0219710_19305445.jpg
7,鉄塔場 北側には送電線の先に五輪山、その向こうには大箒山

f0219710_19334908.jpg
南側の右手前は滝山の袖、送電線の先には牛頭山、その左先には堂床山 その間のはるか向こうに白木山が見える。

さあ今日はこれで下山するが・・・滝山山頂の東に延びる道と南に下る道を確認出来たので、次回は周回コースを歩いて見よう!

f0219710_19445181.jpg
裏山は散り始めたコバノミツバツツジ、此処は満開の時期だった。

さあ次は何処に?







by yuzu-miu | 2017-04-21 07:38 | 山歩き | Comments(1)