大江高山(808m)

4月3日:800mの峰に咲く春告げ花に逢いたくて島根県太田市の南にある大江高山に出かけた。

自宅7:20発~西風新都~千代田jct~大朝~川本~山田バス停前8:55着 走行距離93km

f0219710_06574099.jpg
過去4回は山田~山頂~飯谷時計回り(3)と山田ピストン(1)だったので、今回は反時計回りで・・・

P,駐車地9:05~2,飯谷入口9:21~3,神社裏登山口9:45 :50~4,肩~5,山頂11:05 11:20~6,ぶな倒木展望地11:55 12:00~
7,ヤマエンゴサの丘~8,登山口12:50~P,駐車地12:58 13:05~~同じルートで~~自宅14:45着。

f0219710_07135731.jpg
南西の八反田辺りから大江高山。手前が779mピーク、奥が高山山頂

f0219710_07174245.jpg
地元の皆さんや小学校児童によって守られているのですが、・・・

f0219710_07201893.jpg
飯谷の田んぼでは、早やこだわりのエコ米作りの作業が開始され始めています。目指す山尾根は1km以上あります。

f0219710_07241188.jpg
植林の林の中には沢山のカタバミの花がお出迎え

f0219710_07255905.jpg
登山口手前の神社、安全祈願して・・・

f0219710_07274630.jpg
ミツマタ

f0219710_07283289.jpg
急登りの始まる前で えッこんな所にミスミソウがお出迎えに来てくれた。

f0219710_07305134.jpg
カンアオイの花 この葉っぱを好むギフチョウは尾根道を元気に飛び回っているだろうか?

f0219710_07335334.jpg
やッ 俺も居るぞっとヒオドシが

f0219710_07410824.jpg
希に見る急登に喘ぎながらも、この花が援護してくれるので
f0219710_07432213.jpg
f0219710_07440138.jpg
f0219710_07443404.jpg
頑張って・・・

f0219710_07452880.jpg
一等三角点の山頂に

f0219710_07462928.jpg
二人の男性先客が

f0219710_07475838.jpg
東に三瓶山が霞んで見える。サンドイッチで小腹を見たし、さあ~尾根の花畑へ・・・

f0219710_07504736.jpg
ところが・・・なかなかお目当てに出くわせない。獣か人の仕業か道の両脇は掘り起こされた形跡が続く・・・

f0219710_07540585.jpg
目を皿にして探す

f0219710_07552329.jpg
イズモコバイモもこれ一つの感

f0219710_07564767.jpg
ぶな倒木のオブジェ この付近には沢山のスミレが咲き乱れギフチョウが飛び交う場所だが・・・
何故かスミレも見当たらず、ギフチョウ一頭にも逢えませんでした。

ここから40曲がりの急降です。

f0219710_08012015.jpg
さよならコバイモさん

f0219710_08024955.jpg
40のつづら道の斜面には、エイザンスミレ他沢山のスミレが咲き乱れているはずが・・・今年は寂しい限りしか

f0219710_08061223.jpg
急降を終え、今度は植林のカタバミ群生帯へ

f0219710_08083671.jpg
カタバミだけは今年も見事に咲き乱れていた。

次はヤマエンゴサクの丘だ

f0219710_08110641.jpg
f0219710_08115696.jpg
f0219710_08124658.jpg
三種の色合いを楽しんで

f0219710_08140630.jpg
                                                                     
葉っぱは三つ葉の後ろに双葉が続いているから ジシバリ?ああ~記憶が戻らない~ッ  キジムシロでした、mama有難う!

少し花数が少なかったが、地元の皆さんのご苦労には感謝いたします、有難うございます。

そして、イノシシや心無い登山者達 花畑を荒らさないようお願いします。






Commented by pu-no-mama at 2017-04-04 10:23
ヤマエンゴサクが素敵ですね~~。
ジシバリはニガナだから花が違います。
これは小葉が小さいからキジムシロではないでしょうか?
季節が変わると花の名前を忘れてしまいますねぇ。
Commented by のんびり夫婦 at 2017-04-04 19:23 x
はじめまして。
沢山歩かれていますね。
私達もよい時季のタイミングで山を楽しんでいます。
大江高山は数年前コバイモを期待して行きました。 結局会えず終いでギフチョウで我慢した思い出です。
私達は逆回りで周回して、下りがとても急だったので怖かったのが記憶に残っています。
山行の様子が似ているようなので、また寄られてもらいますね。
Commented by usatyu4 at 2017-04-04 22:37
一人で山に登るといろんな花に出会えていいですね。
白いカタバミの花は家に生えているカタバミと違いますね。白い色も初めて見ました。同じ白い花でもいろんな種類があるのですね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-05 05:47
ギフチョウには逢えませんでしたか~
私は昨日富山市の里山トレッキングに行きましたが標高の低い場所でようやく見られました。
でも昨年や例年と比べると遅れています。
何時もなら姿を現す岐阜県の美濃地方でもまだ発生していないと言いますから、
中国山地も標高のある場所はこれからなのではないでしょうか?
もう一度チャレンジは?
Commented by yuzu-miu at 2017-04-05 06:51
> pu-no-mamaさん
そうキジムシロだよね!有難う。
どの引き出しにしまったのかが判らず、必要な時に
思い出せず・・・後日関係ない時にぽっと出てくる
いやだね~

Commented by yuzu-miu at 2017-04-05 06:59
> のんびり夫婦さん
訪問有難うございます。宜しく願います!
苦しい急登を頑張って登った方が、より大きい感動が得られるかな~と思い
また一人であった事もあり反時計回りしました。
Commented by yuzu-miu at 2017-04-05 07:06
> usatyu4さん
お早うございます。ミヤマカタバミは白、植栽されているカタバミはピンクや黄色も
ありますね。私は自然の中に自生する山野草が愛おしくて・・・一人で逢いに行くのです。
Commented by yuzu-miu at 2017-04-05 07:18
> sikisai03さん
おはようございます。お久しぶりです~
ギフチョウには裏山でも毎年1~2頭には逢う事が出来ますが、
この大江高山では尾根の花畑で乱舞する姿を見た年があり・・・
そういえば・・・初めてギフチョウの存在を知ったのはyoasさんのブログでしたよ。
この夏は50年ぶりに槍~穂高縦走か、始まての白馬にと夢めぐらせています。
by yuzu-miu | 2017-04-04 08:22 | 山歩き | Comments(8)

80歳に向かって更に元気に山歩きを続けます


by yuzu-miu
プロフィールを見る
画像一覧