矢筈ヶ山(1358m) (1)

本来なら6日・7日と坊ガツルでキャンプして、ミヤマキリシマを楽しむつもりだったが・・・6日午前中に所要
が出来、午後からでは山開き前夜祭の為 駐車場ほか大混雑だろうという事で 久住は諦めて

7日朝5時に大山の直ぐ東にある矢筈ヶ山に向かった。走行距離187km、3時間で川床登山口傍に駐車。

f0219710_6352864.jpg

S、川床登山口(8:05発)~1、岩伏分岐(8:40 :45)~2、香取分岐(9:02 :04)~3、林道出合(9:15)
~4、甲川(10:05 :15)~5、主尾根(11:25 :30)~6、ゴジラの背(11:40 :45)~7、甲ヶ山(11:52
12:00)~8、小矢筈(12:45 :50)~9、矢筈ヶ山(13:07 :15)~10、大休峠(13:43 昼食 14:00)
~2、香取分岐(14:25)~1、岩伏分岐(14:45)~G、川床(15:11)

全工程:7時間6分 走行距離:約12km 歩行時間:5時間58分 ロングでしんどい一人旅でした。

f0219710_65673.jpg

川床出発点 この道は中国自然歩道、大休峠、大山滝をへて一向平まで続く

f0219710_72293.jpg

少し下ると阿弥陀川に掛かる橋

f0219710_741772.jpg

ヤブデマリ

f0219710_75312.jpg

ツルアジサイ

f0219710_761186.jpg

トリアシショウマなどの白い花に元気を貰う

f0219710_781840.jpg

岩伏分れ ここから甲川へ行こうと思ったが・・・

f0219710_7101826.jpg

テープは見えるものの 笹薮の中 次の香取分れはどうだろう?

f0219710_7125529.jpg

香取分れ 

f0219710_7133981.jpg

この道は良く踏まれて 快適コースだった

f0219710_714511.jpg

広々した林道に出て 

f0219710_7153950.jpg

50~60mほどで、再び山道へ入る

f0219710_717058.jpg

ギンリョウソウ

f0219710_7173515.jpg

サワフタギ

f0219710_7183744.jpg

ミズナラの大木のパワーを貰い

f0219710_7201828.jpg

少々の笹漕ぎも軽快に

f0219710_721175.jpg

おおッ 甲の頭がちょこっと見えた!

f0219710_7222979.jpg

甲川の清流で しばしミソサザイの歌声を堪能

f0219710_7242597.jpg

水嵩を心配していたが、幸いにも少なく楽に渡れて 此処からこの枯れ沢を詰めて登る

f0219710_7274810.jpg

何処までも続くガレ場

f0219710_7284624.jpg

そんな中 タニウツギが優しく労ってくれる

f0219710_7311019.jpg

あれは 大山の一部 三舗峰か?

標高差450m一気の急登と戦うこと1時間10分、やっとの思いで主尾根にたどり着く。

続きは明日にします。

by yuzu-miu | 2015-06-08 06:59 | 山歩き | Comments(0)